Search

検索したいワードを入力してください

猫がシャーと鳴く意味とは?|シャーと鳴く理由としつけの仕方3つ

更新日:2020年08月08日

家猫は野良猫とは違うため、攻撃のための威嚇をあまりしないこともあります。しかし、場合によっては意思表示としてシャーと鳴くことはあります。猫がシャーと鳴くときは何らかの意思表示をしているので、飼い主は猫の気持ちを理解して、適した対処をしてあげる必要があります。

猫がシャーと鳴く意味とは?|シャーと鳴く理由としつけの仕方3つ

猫がシャーと鳴く意味とは?

猫のは非常に高く、家で飼っているという人も多いです。また、猫が好きな人の中には猫カフェなどで猫と接するという人もいます。猫は接していると、いろいろな方法で意思表示をしてくれます。

しかし、猫と接しているとシャーっと牙をむき出しにして鳴かれることもあります。普段の可愛らしい姿と違って、シャーっと鳴く際の怖い表情にびっくりしてしまうこともあります。

猫がシャーと鳴く意味

  • 猫の威嚇するときの表現
  • 縄張りに入られたことを怒っている
  • びっくりした時に驚く
  • 飼い主に不満がある

猫がシャーと鳴く意味1:猫の威嚇するときの表現

上記で述べた通り、猫がシャーっと鳴くときは牙をむき出しにして怖い顔をしています。さらに、姿勢を低くして、いつでも飛びかかる事ができるような体勢をすることもあります。

猫がシャーっと鳴くときは、このような表情や体勢などからわかるように、威嚇をしているときの表現です。猫が近づいてきた人に恐怖心を感じたり、嫌がるようなことをされたときなどに、攻撃をすると相手に警告をしています。

猫がシャーと鳴く意味2:縄張りに入られたことを怒っている

本来の猫は縄張り意識の強い生き物です。そのため、野良猫の場合は自分の縄張り内に他の猫が入ってきて、目が合うなどすると喧嘩になったりします。

小さな頃から飼われている猫はあまり意識しないこともありますが、飼い始めたばかりで慣れていないときや、お客さんなどの知らない人が自分のお気に入りの場所を取ったりなどすると、警戒と自分のお気に入りの場所を守るために、威嚇してしまうこともあります。

猫がシャーと鳴く意味3:びっくりした時に驚く

猫は威嚇のときだけでなく、びっくりしたときにもシャーと鳴くことがあります。ただし、びっくりしたときに出るシャーは、牙むき出しにして怖い顔をするのではなく、飛び上がっていたり、後ずさりなどしたりなど、びっくりした物から距離を取る動きをします。

また、初めて見た長い物を天敵の蛇などと勘違いして、威嚇し続けたり、猫パンチなどで様子を見たりなどするあります。

猫がシャーと鳴く意味4:飼い主に不満がある

飼い主が構いすぎたり、嫌なことをされたりなどしたら、その不満を飼い主に意思表示するためにシャーと鳴くことがあります。

このときのシャーは攻撃前の威嚇ではなく、不満を伝えたいだけなので、1回だけシャーと鳴くだけのことが多く、その時点で飼い主が引き下がれば問題ありません。ただし、それでも飼い主が無理に構うと、猫は拒否の意味を込めて軽く攻撃してくることもあります。

シャーと鳴き声をあげる原因!気を付けたい行動

家猫は野良猫とは違うため、攻撃のための威嚇をあまりしないこともあります。しかし、場合によっては攻撃的な威嚇をする場面があったり、意思表示としてシャーと鳴くことはあります。

猫がシャーと鳴くときは、飼い主であっても攻撃されてしまう可能性があります。そのため、猫がシャーと鳴いたときに取るべき行動や、猫がシャーと鳴かないような対処方法を把握しておくようにしましょう。

1:スキンシップが多すぎる

猫は非常に可愛いです。そのため、飼い主もスキンシップを多く取ってしまいがちとなりやすいです。しかし、猫も寝ているときや、食後にリラックスしているときなど、そっとしておいて欲しいときがあります。

そっとしておいて欲しいときに、あまりに飼い主が構いすぎると、そのそっとしておいて欲しいという意思表示のためにシャーと威嚇されることがあります。猫とスキンシップを取るときは、猫の機嫌を見るようにしましょう。

2:子猫と一緒にいる時に触ろうとする

長く飼い慣れた猫であっても、さすがに子猫を産んで、子育てをしている最中の母猫は気が立っています。そのため、無理に子猫を触ろうとしたり、子猫がいる近くで母猫を触ろうとしてしまうと、子猫を守るためにシャーと鳴くことがあります。

この際のシャーは、猫が怒っていて攻撃的なシャーの可能性があるので注意が必要です。子猫はある程度は大きくなるまで触ることを避けて、母猫は機嫌を見て触るようにしましょう。

3:大きな物音をたてて怖がらせる

先に述べた通り、猫は驚いたときにもシャーと鳴くことがあります。もし、大きな音で猫を驚かせてしまった場合には、猫が自分の身に危険が迫っている可能性があると思って、周囲を警戒したり、緊張状態になったりなどします。

身に迫る危険に対してシャーと鳴いてしまうこともあるので、猫がいる場所では急に大きな物音を立てたりなどしないように注意しましょう。

4:先住猫に新しい猫を対面させる

すでに猫を飼っている環境で、新しい猫を迎え入れることもあります。先住猫は自分が生活している場に、急に別の猫が現れたことで威嚇としてシャーと鳴くことがあります。また、その威嚇を受けてひるまないで新入り猫が威嚇がシャーと鳴く可能性もあります。

このときは喧嘩にならないように注意しましょう。喧嘩になる場合はしばらくケージで対面して、お互いの匂いをかぐことで慣れてもらうなどしましょう。

猫がシャーとなく際の対処法

猫のシャーは攻撃前の威嚇という場合もあります。そのため、猫がシャーと鳴いたときに、誤った対処をしてしまうと、飼い主であっても攻撃をされてしまう可能性があります。

また、猫がシャーと鳴く理由や原因に合わせた対処が必要となるため、なぜ猫がシャーと鳴いているのかも把握しておく必要があります。

猫を刺激せず無視する

過剰なスキンシップをすることで、猫があまり構わないで欲しいという意思表示でシャーと鳴くことがあります。

このとき、怒って威嚇する猫をなだめようとして、さらに構い続けてしまうことは逆効果となってしまいます。

猫がやめて欲しいという意味でシャーと鳴いた場合は、猫を刺激せずに飼い主は引き下がるようにしましょう。

猫は人の気持ちがわかるので、それだけで猫は飼い主が自分の感情を理解してくれたとわかってくれます。

音を鳴らして怖がらせるのではなく驚かせる

飼っている猫がシャーと鳴いた際は飼い主が下がることで攻撃されることはありません。しかし、あまり猫の威嚇に飼い主が毎回引いていると、猫は威嚇すれば思い通りになると勘違いして覚えてしまう可能性もあります。

そのため、猫がシャーと鳴いたときに手を叩いて驚かすことで、猫は威嚇をやめます。威嚇を止められることを何度が経験しているうちに、飼い主には威嚇が効かないと覚えることもあ流ので、鳴き声しつけにもなります。

先住猫に新入りの匂いをかがせる

先に述べた通り、急に先住猫と新入り子猫を対面させてしまうと、喧嘩をしてしまうこともあります。もし、喧嘩をしそうな場合は、まず新入り猫をキャリーやケージに入れて先住猫と対面させましょう。

先住猫と子猫がお互い匂いに慣れてから対面させることで、喧嘩する確率を下げられることもあります。子猫と先住猫の相性が悪い場合は数日かけて匂いに慣れてもらわなければいけないこともあります。

シャーと声を上げる理由を知って猫の気持ちを理解しましょう

猫が怒る時はシャーシャーと鳴きます。飼い猫に威嚇されると悲しい気持ちになりますが、猫がシャーと鳴くときは何らかの意思表示をしているので、飼い主は猫の気持ちを理解して、適した対処をしてあげるようにしましょう。

初回公開日:2019年08月07日

記載されている内容は2019年08月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related