Search

検索したいワードを入力してください

どうして猫はクルルと鳴くのか?猫が短くクルルと鳴く理由を紹介

初回公開日:2019年08月06日

更新日:2020年02月08日

記載されている内容は2019年08月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今回は、どうして猫が「クルル」と鳴くのか、また「ゴロゴロ」鳴く理由を紹介しています。猫の意外と奥深い気持を表現している「クルル」と「ゴロゴロ」の特徴を紹介しています。猫の気持を知る事で、あたなも愛猫ともっと仲良くする事ができますので、ぜひ読んでみてください

どうして猫はクルルと鳴くのか?猫が短くクルルと鳴く理由を紹介

猫がクルルと鳴く理由

猫が鳴く時に、ニャーではなくクルルとかプルルと聞こえてくる時があります。あの鳴き声は何を考えて鳴いているのでしょうか。クルルやプルルの猫の気持ちを知りたくなりませんか。


クルルという鳴き声は、他の猫や人と仲良くしたいなと気になっている時の鳴き声です。
恋の時期にも、他の猫を想って鳴く声とも言われています。そんなクルルという鳴き声についてご紹介していきます。

猫がクルルと鳴く時の気持ち

  • 甘えたい
  • 楽しい
  • 疑問を感じている
  • 疑問を感じている

猫がクルルと鳴く理由1:甘えたい

猫は、甘えたい時にクルルと鳴きながら、飼い主さんの足元や身体に、自分の顔をすり寄せてくることがあります。 そんな時は「僕、甘えたいよ」と話しかけています。

子猫が母猫に甘えたい時にもクルルと鳴くことがあるのも知っていますか。その反対に母猫が子猫を呼ぶ時にも、クルルと鳴くとも言われていますので、どちらも甘い声を出して互いに誘いあっているのでしょう。

猫がクルルと鳴く理由2:楽しい

遊んでいる時に、楽しいとテンションが上がり、おもわずクルルっという鳴き声が漏れてくることがあります。

とくに飼い主さんと一緒に遊んいる時や、猫が凄く嬉しい楽しい時、集中している時に、クルルという鳴き声を出します。

クルルは、猫の気持が高ぶった時、ご機嫌の良い時に鳴く声です。嬉しい声と聞くとクルルと鳴く声を何度も聴きたくなってしまいます。

猫がクルルと鳴く理由3:疑問を感じている

クルルという表現は、意外と幅広く使われています。例えば「あれ、おかしいな」「アレはなんだろう」と疑問に感じる時も、クルルと鳴く時があります。

また獲物を狙っている最中に、どこかに獲物を見失ってしまった時などに、クルルと鳴くこともあります 。

折角楽しく集中していたのに、突然に獲物を見失ってしまったという猫の気持の現れなのでしょうか。クルルの理由には、なかなか意味深いモノを感じます。

猫がクルルと鳴く理由4:仲良くしたい

猫の恋の季節になると、野良猫達の間では、クルルの声が盛んに聴こえきます。普段は猫同士では、あまり甘えることは少ないのですが、そんな猫でも恋の季節は、クルルと甘えた声を出すようになってきます。

猫は、飼い主さんや気になる人へもクルルと鳴くことがあるのを知っていますか。これは猫からのコミュニケーションだと考えてみてください。「仲良くしよう」「一緒に遊ぼう」「甘えたい」と猫が話しかけています。

猫がゴロゴロと鳴く理由

猫の鳴き声の中でも、一番有名なのは、このゴロゴロという鳴き声ではないでしょうか。猫好きの人なら、間違えなくこの声は必ず聞いたことがある猫の鳴き声でしょう。

この声は、猫の喉頭の筋肉を収縮させ、それが声帯を振動させてゴロゴロと音が聞こえてくると言われています。

クルルと同じように、猫のゴロゴロにもさまざまな理由がありますので、そのお話をしていきます。あの場面もこんな理由があったのかと知ることができます。

猫がゴロゴロと鳴く理由1:母猫へのコミュニケーション

ゴロゴロは、子猫と母猫の大切なコミュニケーション取るためにも多く使われています。母猫が子猫を愛しく感じて喉をゴロゴロと鳴らしている姿などは、とても幸せそうに見えてきます。

また子猫も、その母猫に甘えたいと同じようにゴロゴロと喉を鳴らします。 母猫の愛情と子猫の安心した気持ちが、猫のゴロゴロにはたくさん込められているのが、とても素敵に感じるでしょう。

猫がゴロゴロと鳴く理由2:リラックスしている

猫を抱っこした時に、喉を鳴らすのは、猫があなたと居る時にリラックしている証拠です

猫も大好きな飼い主さんに抱っこされることで安心しますし、また母猫に抱かれていた幼い日のことを考えてリラックスしていることもあるでしょう。

猫が心地がいい時に、人に心を許してくれている証拠ですから、こちらも猫に頬ずりをしたくなってしまいます。

猫がゴロゴロと鳴く理由3:嬉しさを感じている

猫は、嬉しい時にもゴロゴロと鳴きますから、この鳴き声を聞くと猫の気持を感じることができるので、ついついこちらも嬉しくなきます。

飼い主さんが、猫におやつをあげる時も、猫が嬉しさを表わすように、ゴロゴロと返事をしてくれるように鳴くことがあります。猫の幸せは、人も一緒に幸せにしてくれます。猫が大好きな人なら、きっとこの気持もわかって頂けるのではないでしょうか。

猫がゴロゴロと鳴く理由4:何かを要求している

あれ?いつものゴロゴロと少し違うなと感じることがありませんか。猫は不思議と、何かを要求している時にも、ゴロゴロと鳴くことがあります。

ほんの少しの違いなのですが、いつもより猫の鳴き声の音が、高く聞こえたと時などに、多いと言われています。ゴロゴロの違いに気づいてあげることで、猫の要求していることがわかることもあります。

猫がゴロゴロと鳴く理由5:不安や不快を感じて

不安や不快を感じていると時でも、ゴロゴロと鳴き声を出してきます。例えば、猫同士の喧嘩の時、負けそうな方の猫が小さくゴロゴロと鳴いていることもあります。

また猫を診察に連れて行って、猫が怖いと感じた時もこの鳴き声を出してくることがあるのですが、そんな時には「優しく大丈夫怖いくないよ」と声をかけてあげてください。猫のゴロゴロがいつもよりも少し低い音に聞こえてくるのが特徴なので、聞き分けることができます。

猫の愛情表現5選

猫の愛情表現を、ちゃんと気がついてあげていますか。猫は耳やしっぽ、またあのパッチリとした瞳を使って、さまざまな愛情表現をしていることをご存知でしょうか。

甘えん坊の猫も、ツンデレの猫でもちゃんと、他の猫や飼い主さんに愛情表現をしてくれています。どんな表現法があるのかを見ていきましょう。

1:しっぽをピンとたてる

ピンとしっぽを、立てたりしている時とは、飼い主さんと遊んでいる時や、猫が嬉しいとはしゃいでいる時などによくみられます。

この時の猫のしっぽの特徴は、嬉しければ嬉しいほど、ピンと真っ直ぐに立っています。とてもわかりやすく、猫の気持が手に取るようにわかるはずですから、これも猫のしっぽの愛情表現の一つになります。

2:ゆっくりまばたきをする

目を合わせた時、猫がまばたきをしていること見たことはありませんか。本来は猫が目をじっと見る時は、相手を獲物や敵だと認識した時になります。

目が合って猫がまばたきをした場合は、敵ではないと安心している時になりますので、相手にもわかるように「敵意はないよ」と、ゆっくりまばたきをして伝えています。

飼い主さんも同じように、まばたきを返してみてください、まばたきで愛情表現を互いにしてみるの面白いです。

3:後をついてくる

後をついてくるのは、飼い主さんのことが大好きだからです。猫が一緒に遊んで欲しかったり、甘えたかったりとにかく好きな人と離れていたくないという気持があるから後をついていきます。

今まで座っていたのに、どこ行くの?とトイレにまでついてくる猫もいるので、ストーカーのようですが、猫好きにはたまらない愛情表現ともえます。

4:お腹を見せる

本来は、お腹は猫の急所なので野良猫などはあまり見せることはしません、飼い猫はあまり敵を意識することを知らないので、猫がお腹を見せてくる時は、飼い主さんを信頼して安心している証拠です。

飼い主さんへ無防備に、お腹を見せて愛情表現をしています。愛情表現中でも、飼い猫に多くみられる一つです。

5:顔や体を擦り付けてくる

顔や体を擦り付けてくるのは、人に甘えたいとか、また飼い主さんに匂い付けをして、自分のモノだと主張していることもあります。

多頭飼いの時などは、匂い付けをして他の猫を寄せ付けないようして、また猫は自分の匂いがしないと不安になる習性を持っているためです。顔や体を擦り付けてくる行動は、飼い主さんを、独り占めをしていたいという猫の愛情表現になります。

猫がクルルと鳴く理由について知ろう

本来のニャーという鳴き声とは違う、クルルやゴロゴロという形で表現をしてくるところが可愛いです。猫の不思議な声、クルルと鳴く理由をこれで知って頂けたでしょうか。

クルルという鳴き声には特徴があります、その鳴き声を聞き分けることができると、猫と一緒に過ごすことがとても楽しくなります。

鳴き方の意味は、まだ謎の部分もあるので他にも猫がクルルと鳴いている理由を、あなたも探してみてください。

Related