Search

検索したいワードを入力してください

どうして猫はクルルと鳴くのか?猫が短くクルルと鳴く理由を紹介

更新日:2020年02月08日

今回は、どうして猫が「クルル」と鳴くのか、また「ゴロゴロ」鳴く理由を紹介しています。猫の意外と奥深い気持を表現している「クルル」と「ゴロゴロ」の特徴を紹介しています。猫の気持を知る事で、あたなも愛猫ともっと仲良くする事ができますので、ぜひ読んでみてください

どうして猫はクルルと鳴くのか?猫が短くクルルと鳴く理由を紹介

猫がクルルと鳴く理由

猫が鳴く時に、ニャーではなくクルルとかプルルと聞こえてくる時があります。あの鳴き声は何を考えて鳴いているのでしょうか。クルルやプルルの猫の気持ちを知りたくなりませんか。


クルルという鳴き声は、他の猫や人と仲良くしたいなと気になっている時の鳴き声です。
恋の時期にも、他の猫を想って鳴く声とも言われています。そんなクルルという鳴き声についてご紹介していきます。

猫がクルルと鳴く時の気持ち

  • 甘えたい
  • 楽しい
  • 疑問を感じている
  • 疑問を感じている

猫がクルルと鳴く理由1:甘えたい

猫は、甘えたい時にクルルと鳴きながら、飼い主さんの足元や身体に、自分の顔をすり寄せてくることがあります。 そんな時は「僕、甘えたいよ」と話しかけています。

子猫が母猫に甘えたい時にもクルルと鳴くことがあるのも知っていますか。その反対に母猫が子猫を呼ぶ時にも、クルルと鳴くとも言われていますので、どちらも甘い声を出して互いに誘いあっているのでしょう。

猫がクルルと鳴く理由2:楽しい

遊んでいる時に、楽しいとテンションが上がり、おもわずクルルっという鳴き声が漏れてくることがあります。

とくに飼い主さんと一緒に遊んいる時や、猫が凄く嬉しい楽しい時、集中している時に、クルルという鳴き声を出します。

クルルは、猫の気持が高ぶった時、ご機嫌の良い時に鳴く声です。嬉しい声と聞くとクルルと鳴く声を何度も聴きたくなってしまいます。

猫がクルルと鳴く理由3:疑問を感じている

クルルという表現は、意外と幅広く使われています。例えば「あれ、おかしいな」「アレはなんだろう」と疑問に感じる時も、クルルと鳴く時があります。

また獲物を狙っている最中に、どこかに獲物を見失ってしまった時などに、クルルと鳴くこともあります 。

折角楽しく集中していたのに、突然に獲物を見失ってしまったという猫の気持の現れなのでしょうか。クルルの理由には、なかなか意味深いモノを感じます。

猫がクルルと鳴く理由4:仲良くしたい

猫の恋の季節になると、野良猫達の間では、クルルの声が盛んに聴こえきます。普段は猫同士では、あまり甘えることは少ないのですが、そんな猫でも恋の季節は、クルルと甘えた声を出すようになってきます。

猫は、飼い主さんや気になる人へもクルルと鳴くことがあるのを知っていますか。これは猫からのコミュニケーションだと考えてみてください。「仲良くしよう」「一緒に遊ぼう」「甘えたい」と猫が話しかけています。

猫がゴロゴロと鳴く理由

猫の鳴き声の中でも、一番有名なのは、このゴロゴロという鳴き声ではないでしょうか。猫好きの人なら、間違えなくこの声は必ず聞いたことがある猫の鳴き声でしょう。

この声は、猫の喉頭の筋肉を収縮させ、それが声帯を振動させてゴロゴロと音が聞こえてくると言われています。

クルルと同じように、猫のゴロゴロにもさまざまな理由がありますので、そのお話をしていきます。あの場面もこんな理由があったのかと知ることができます。

猫がゴロゴロと鳴く理由1:母猫へのコミュニケーション

ゴロゴロは、子猫と母猫の大切なコミュニケーション取るためにも多く使われています。母猫が子猫を愛しく感じて喉をゴロゴロと鳴らしている姿などは、とても幸せそうに見えてきます。

また子猫も、その母猫に甘えたいと同じようにゴロゴロと喉を鳴らします。 母猫の愛情と子猫の安心した気持ちが、猫のゴロゴロにはたくさん込められているのが、とても素敵に感じるでしょう。

猫がゴロゴロと鳴く理由2:リラックスしている

次のページ:猫の愛情表現5選

初回公開日:2019年08月06日

記載されている内容は2019年08月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related