Search

検索したいワードを入力してください

猫は一緒にいるだけで幸せになれる?猫のいる幸せ15選を紹介!

更新日:2020年09月20日

猫を飼うことによってどんな幸せを感じることができるのか、15のポイントに沿って解説しました。ストレスが解消したり、人として成長出来たり、人間関係が改善したり、猫を飼うと人生がより豊かになります。猫のいる幸せを知れば、猫に対する愛情ももっと深まるでしょう。

猫は一緒にいるだけで幸せになれる?猫のいる幸せ15選を紹介!
猫は一緒にいるだけで幸せになれる?猫のいる幸せ15選を紹介!

猫を飼うと幸せになれる?

「招き猫」など、昔から猫は幸福を呼ぶ生き物として扱われてきましたが、猫を飼うことで、実際に人は幸せを感じる機会を多く得ることができます。

猫を飼っている人は、猫の話をするだけで幸せそうです。自分の子供のように大切にしている飼い主もたくさん見かけます。

猫のいる幸せについて具体的に知ることで、今猫を飼っている人も、これから飼う人も、ますます猫を大切に思えるでしょう。

猫のいる幸せ15選

猫のいる幸せについて、15のポイントに沿って解説します。まだ猫を飼ったことがない人も、これを読めばきっと猫を飼いたくなるでしょう。

猫のお世話をすることで結果的に利点があるものもありますが、多くは猫の存在自体によってもたらされる幸福です。

猫のいる幸せは、すなわち心の幸せです。

猫のいる幸せ15選

  1. ゴロゴロ音はストレス解消につながる
  2. 何にでも挑戦する姿に勇気をもらえる
  3. 肉球を触るとストレス軽減効果がある
  4. 猫の話題で人間関係が深まる
  5. 猫の可愛い行動はストレス解消になる
  6. 孤独感を軽減してくれる
  7. 笑いが増える
  8. 会話が増える
  9. 猫とのかけがえのない思い出が増える
  10. 猫を可愛いがることでより幸福度が上がる
  11. 子供の発育に良い影響を与える
  12. 家の中を片付けるようになる
  13. 責任感が強くなる
  14. 心を開きやすい性格になる
  15. 家庭内の喧嘩が減る

猫のいる幸せ1:ゴロゴロ音はストレス解消につながる

猫が喉をゴロゴロと鳴らすのを聞いたことがありますか。主にリラックスしているとき、猫はこのゴロゴロ音を出します。

猫のゴロゴロ音の周波数はストレス軽減や自然治癒力促進の効果があると言われます。

海外ではセラピーとして取り入れている所もあるそうです。猫のそばにいるだけで心も体も癒されるなんて、まさに猫のいる幸せと言えるでしょう。

猫のいる幸せ2:何にでも挑戦する姿に勇気をもらえる

猫と暮らしていると、好奇心旺盛な姿に感銘を受けます。

人間社会は失敗するとリスクが大きいので、人はチャレンジを避けながら生きるようになります。

ところが猫は失敗など恐れず、高い所にジャンプしようと頑張ったり、獲れない獲物を夢中で追いかけます。

猫が何にでも挑戦する姿を見ていると、「失敗してもどうってことない」「また挑戦すればいい」と勇気をもらえます。

猫のいる幸せ3:肉球を触るとストレス軽減効果がある

猫の肉球は見ているだけでも愛らしいですが、触ってみるとプニプニ柔らかくて癒されます。

柔らかいものに触るとリラックスする効果があるため、猫の肉球も例外ではないのでしょう。

ただし、猫の肉球には大切な神経が通っています。クッションやセンサーの役割を果たす大切な部位なので、触りすぎないようにしましょう。

猫のいる幸せは、猫にとっても幸せでなければいけません。猫が喜ぶスキンシップを心がけてください。

猫のいる幸せ4:猫の話題で人間関係が深まる

共通の話題があると、コミュニケーションが深まります。特に同じものを好きな人同士は仲良くなりやすいです。

猫の話題を共有し合うことで、人間関係の幅が広がり、苦手だった人とも仲良くできる可能性があります。

人間関係が深まれば、人生の幸福度が上がります。これもまた、猫のいる幸せです。

猫のいる幸せ5:猫の可愛い行動はストレス解消になる

猫の仕草は愛らしく、見ていて飽きることがありません。

猫の可愛い行動は、見ているだけで気持ちが穏やかになり、ストレス解消になります。

まさに猫のいる幸せです。少し嫌なことがあっても、猫の可愛い姿を見ればきっと元気になれるでしょう。

猫のいる幸せ6:孤独感を軽減してくれる

生きていると孤独を感じることがよくあります。家で猫が待っていてくれるという安心感があると、孤独感がやわらぎます。

猫は友達であり、恋人のようでもあり、家族にもなってくれます。今孤独を感じている人は、猫を飼ってみてはいかがでしょうか。猫のいる幸せをすぐに実感できることでしょう。

猫のいる幸せ7:笑いが増える

猫の仕草や行動はユニークで、笑いを誘います。猫はいたって一生懸命なのですが、微笑ましくて時には大笑いしてしまうこともあります。

猫を飼っているだけで笑いの絶えない毎日を送ることができるので、生活にハリが出ます。

悲しいことがあっても、猫の姿を見ているうちに気持ちを切り替えられるでしょう。「笑い」も猫のいる幸せのひとつです。

猫のいる幸せ8:会話が増える

歳を重ねるうちに夫婦間の会話が少なくなったり、子どもが大きくなると親と口を利かなくなったりすることがあります。

猫がいれば、自然と猫に関する会話が生まれ、家族間のコミュニケーションが復活するでしょう。

猫との関係を通して家族の意外な一面に気付いたり、猫の世話を通して家族が協力するようになるからです。猫のいる幸せは、家族の幸せにもつながります。

猫のいる幸せ9:猫とのかけがえのない思い出が増える

いったん猫を飼い始めると、彼らはペットを超えて家族になります。

家族の一員になった猫との思い出は、日を追うごとに増えていきます。

人間の家族同様、良い思い出もあればつらい思い出もあるでしょうが、どれもかけがえのない家族の思い出になります。

猫のいる幸せは人生を豊かにすることでしょう。

猫のいる幸せ10:猫を可愛いがることでより幸福度が上がる

ペットを飼い始めると、自然と自分のことだけではなくペットの幸せを考えて行動するようになります。

猫の世話を通して、「自分には大切なものができた」という幸福感を得ることができます。

自分中心に生きているよりも、豊かで実りある人生が送れるでしょう。猫の幸せを考えることが、猫のいる幸せにつながります。

猫のいる幸せ11:子供の発育に良い影響を与える

子供が成長する過程で、感情面の発育や規則正しい生活を学ぶことは大切です。

猫を飼い、家族と協力して世話をすることによって、感情面においても生活態度の面においても、子供の成長にとって良い影響があります。

生き物の大切さを日常的に学び、猫の世話をすることで規則正しい生活ができるようになるからです。子供の成長を通して、家族みんなで猫のいる幸せを実感できるでしょう。

猫のいる幸せ12:家の中を片付けるようになる

猫は色々なものに興味を持ちます。家の中に物を放置しておくと、噛みついたりして壊してしまう恐れがあるだけでなく、口にして健康を損なってしまう場合もあります。

物を守り、猫の体を守るためには物を出しっぱなしにせず片付けるしかありません。

結果的に家の中が常に片付いている状態になります。直接的な効果ではありませんが、これも猫のいる幸せのひとつと言えるでしょう。

猫のいる幸せ13:責任感が強くなる

猫を飼うと、子供だけでなく大人も成長できます。生き物の世話をするということは簡単ではなく、いい加減な気持ちで猫を飼い始めると猫の命にかかわります。

猫の世話をすることによって生き物に対する責任感が芽生え、人として成長できます。

猫の寿命は人よりも短いです。責任を持って最後までその命を見届けることは、ある意味猫のいる幸せの醍醐味でしょう。

猫のいる幸せ14:心を開きやすい性格になる

人には無理でも、猫に対してなら心を開ける人が多いです。ペットは言葉が通じないからこそ、本当の自分として接することができるのでしょう。

猫との交流を通して次第に心が開かれ、人とのコミュニケーションにも良い影響が出る可能性があります。

このように、猫には飼い主を変えるつもりがなくても、自然に飼い主の幸せに貢献してくれることがあります。猫のいる幸せに感謝しましょう。

猫のいる幸せ15:家庭内の喧嘩が減る

家族に喧嘩はつきものですが、猫を飼うことで家庭内の喧嘩が減ってくるでしょう。

猫の愛らしい姿によって家族みんながリラックスできるので、喧嘩をすること自体がバカらしく思えてきます。猫のいる幸せを共有している家族の結びつきはとても強いです。

猫のいる幸せを知り実際に飼ってみよう

猫はさまざまな幸せを運んできてくれることがわかりました。今孤独を感じている人や、心が殺伐としている人は、猫を飼ってみてはいかがでしょうか。

猫のいる幸せを実感し、より豊かな人生を送りましょう。

初回公開日:2019年08月07日

記載されている内容は2019年08月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related