Search

検索したいワードを入力してください

愛猫の別れにどう向き合う?別れを受け入れる方法7つ

更新日:2020年09月20日

愛猫を亡くしてしまうと、精神的にショックを受けてしまうことでしょう。この記事では、そんな悲しみから立ち直り、愛猫との別れを受け入れる方法を7つ紹介します。愛猫の死を受け入れる方法として一番有効なのは、ひとりで抱え込まずに周りの親しい人に相談することです。

愛猫の別れにどう向き合う?別れを受け入れる方法7つ

愛猫が亡くなった際に飼い主ができること

愛猫の別れにどう向き合う?別れを受け入れる方法7つ
大事な愛猫が亡くなってしまうと、とても悲しいです。悲しみの中で行動を起こすことは難しいですが、自身でできることがあります。ペットと正式なお別れをするための、葬儀をすることです。

葬儀を行う

大切な愛猫との別れをきちんとした形で終えるためには、葬儀を行うことが大切です。飼い主は、正式な場で愛猫との思い出を思い返し、今までの愛猫への感謝をしっかり伝えることで、猫も安心して天国へと旅立つことができます。

葬儀の種類

ペットの葬儀の種類は色々あります。主な葬儀としては、自宅葬、土葬、個別葬、合同葬があります。

自宅葬、個別葬、合同葬は業者に依頼する形になりますが、土葬は自身の手で行います。

前者がお金はお金がかかりますが、その代わりに手間が少なく、逆に後者の土葬は、お金がかからない代わりに手間がかかります。
葬儀の種類価格手間特徴
自宅葬約1.5〜20万円業者に頼むので、あまりかからない火葬後、ご自宅でお別れ式・献花式などを行う
土葬0円自身で行うので、少し手間がかかるご自宅の私有地内に穴を掘り、御遺体や御遺骨を埋葬する
個別葬約2.5万円業者に頼むので、あまりかからない火葬、葬式などを業者が行ってくれる
合同葬約2.5万円業者に頼むので、あまりかからない火葬後、合同慰霊碑に御遺骨が埋葬される

自治体に依頼

業者に頼むのではなく、自治体が火葬などを行ってくれる場合があります。実際に仙台市では、ペット専用の火葬場を常設し、ペットを火葬するサービスを行っています。お葬式までは行ってくれない場合が多いですが、業者に頼む前に検討する価値はあります。

愛猫との別れを受け入れる方法7つ

葬儀も全て終わり、ペットと正式にお別れをすることができたとしても、あなたは大切な愛猫との別れを受け止めきれないことでしょう。

楽しい思い出に想いを馳せたとしても、実際にいなくなってしまった悲しみはそう簡単に消えることはありません。

そこで、愛猫との別れを自分の中で受け入れ、前向きに生きていくための7つの方法をご紹介します。

愛猫との別れを受け入れる方法7つ

  • 愛猫との別れを受け入れる方法1:我慢をしない
  • 愛猫との別れを受け入れる方法2:ひとりで抱え込まない
  • 愛猫との別れを受け入れる方法3:友達に話す
  • 愛猫との別れを受け入れる方法4:家族恋人と一緒にいる
  • 愛猫との別れを受け入れる方法5:無理に受け入れようとしない
  • 愛猫との別れを受け入れる方法6:ゆっくりと時間を過ごす
  • 愛猫との別れを受け入れる方法7:新しいペットを迎える

愛猫との別れを受け入れる方法1:我慢をしない

ペットが急にいなくなってしまった悲しみを乗り越える際に、その悲しい気持ちを吐き出さず、我慢してしまうことがあります。

我慢をしてしまうと、自身にストレスがかかるばかりか、亡くなってしまった愛猫もいい気持ちはしないことでしょう。

我慢をせず、泣き出してしまった方が気持ち的にさっぱりします。愛猫との別れを受け入れる前に、悲しい気持ちを吐き出すといいでしょう。

愛猫との別れを受け入れる方法2:ひとりで抱え込まない

愛猫を亡くしてしまったことをひとりで抱え込んでしまうと、不安が募るばかりか、永遠に悲しみが尽きることがなくなるでしょう。

また、親しい友人が愛猫との別れを受け入れられずに苦しんでいるあなたの姿を見れば、心配をかけてしまいます。

ひとりで抱え込まずに、インターネットに不安を書き綴ったりすることで、悲しい気持ちが払拭され、徐々に愛猫の死を受け入れることができるようになっていくことでしょう。

愛猫との別れを受け入れる方法3:友達に話す

愛猫を亡くしてしまったことを親しい友達に話してしまえば、あなたを慰めてくれることでしょう。

ペット好きな友人であれば、愛猫の死への向き合い方や立ち直る方法などを詳しく教えてくれるはずです。

また、友達に話すことで、孤独感も薄れ、愛猫の死を共有できるので、精神的にもいい影響をもたらします。友達との会話によって、愛猫との別れを実際に意識し、前向きに生きていくことができます。

愛猫との別れを受け入れる方法4:家族恋人と一緒にいる

いつも一緒にいた愛猫が突然いなくなると、孤独感を感じ、より愛猫の死を受け入れづらい状態に陥ってしまうことでしょう。

そのようなときには、家族や恋人など、自分にとって大切な人と安らかなひと時を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

家族や恋人と過ごすことで、孤独感が薄れ、愛猫の死を受け入れることができることでしょう。

愛猫との別れを受け入れる方法5:無理に受け入れようとしない

愛猫の死を受け入れようと躍起になってしまうと、逆に愛猫のことを考え過ぎてしまい、悲しい思いに引きずられてしまうことでしょう。

亡き愛猫のことを考え過ぎずに客観的に向き合うことで、自然と受け入れる準備ができるはずです。

愛猫のことは心の片隅においておき、今は自分の好きなこと、熱中できることに専念することで、ふと愛猫のことを考えたときにすでに愛猫との別れを受け入れることができているはずです。

愛猫との別れを受け入れる方法6:ゆっくりと時間を過ごす

時は問題を解決させます。愛猫との思い出に浸りながら、ゆっくりと日常生活を過ごすことで、新たな発見や、希望が見えてきます。

急がずに愛猫との別れを受け入れていくことが大切です。また、自分のリラックスできる環境で、静かに生活すると、心身の傷が癒え、愛猫との別れによってかかえたストレスも徐々に薄れていくことでしょう。

愛猫との別れを受け入れる方法7:新しいペットを迎える

今は亡き愛猫とのお別れを受け入れるためには、新しいペットを受け入れることもひとつの手です。

新しいペットが傷ついたあなたの心に癒しをくれることでしょう。また、若かった愛猫の姿を新しいペットに重ね合わせることで、改めて愛猫の死を受け入れることができます。

さらに猫とは違う種類のペットを飼うことになれば、今までとは違う新たな発見や気づきを得ることができ、新鮮で晴れやかな気持ちになることでしょう。

愛猫との別れを受け入れよう

今回は、愛猫との別れを受け入れる方法を7つご紹介しました。

愛猫を失ったことに対する孤独感を埋めるためには、周りの親しい友達、恋人、家族などに胸の内をさらけだし、慰めてもらったり、愛猫の死を受け入れるヒントを教えてもらうことが必要です。

自分ひとりで抱え込まずに、愛猫との別れを受け入れるための精神的な下地を作っていきましょう。

初回公開日:2019年08月20日

記載されている内容は2019年08月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related