Search

検索したいワードを入力してください

猫の爪切りで深爪してしまった時の対処法は?止血剤・切り方のコツを紹介

更新日:2020年09月20日

みなさんの家の猫は爪切りをさせてくれますか。なかなかさせてくれずお困りの飼い主も多いのではないでしょうか。ここでは、正しい爪切りの方法と爪切りの必要性について解説します。愛猫と健康に暮らすためには、爪切りはかかせないことなので、一緒に学んでいきましょう。

猫の爪切りで深爪してしまった時の対処法は?止血剤・切り方のコツを紹介

猫の爪切りをしなければいけない理由とは?

猫の爪切りで深爪してしまった時の対処法は?止血剤・切り方のコツを紹介
爪切が嫌いなネコちゃんが多いです。しかし、爪切りは定期的に行う必要があります。

ここでは、爪切りをしなければいけない理由、正しい爪切りの方法と、もし、出血をしてしまったときの対処法まで紹介します。

人を傷つけないため

まず1つ目の理由としては、人を傷つけないためです。猫の爪は伸びると先端が鋭利になります。

ネコにその気がなくとも、猫を抱っこしたタイミングなどで、飼い主を傷つけてしまう恐れがあります。

小さい赤ちゃんなどと一緒に住んでいる場合は、ケガをさせてしまうこともあるため要注意です。

家具やカーペットが破れるため

猫がフローリングなどの上を歩いているときに、カツカツと音は鳴っていますか。音が鳴るのは、爪が長いためです。床を傷つけてしまうので、爪切りをしてあげる必要があります。

また、床以外でも爪が出ている状態では、当然猫の爪に触れるものには傷がつく恐れが十分にあります。例えば、床、机などの家具、カーペットです。

カーペットは伸びた爪が引っかかってしまうと猫も大変歩きずらいです。猫の爪切りを適切に行うことで、家の中がボロボロにならずに済むので、定期的に爪切りは行いましょう。

巻き爪になって猫自身が怪我をするため

猫の爪は鎌のような形をしていて、内向きにカーブをして伸びます。定期的に爪切りをしていない場合、いずれは伸びた爪が肉球に刺さり、猫が大変痛く苦しい思いをしてしまいます。

野良猫の場合、硬いコンクリートやでこぼこしたアスファルトの上を歩いたり、木登りをしたりするので、自然と爪が削れていくため、爪切りをしなくても巻き爪の心配はほとんどありません。

家猫の場合、そのような環境ではないので、爪切りが嫌いだからといって、半年以上放置しておくと、巻き爪になるので危険です。

猫が深爪すると出血する理由

爪切りをしたほうが良いのは分かりました。しかし爪を切りすぎてしまい深爪をした場合、出血してしまいます。

人間でも深爪した場合痛みとともに出血が伴い、猫も同じです。ここでは、深爪をすると出血する理由を解説します。

猫の爪の構造

猫の爪は前足に10本、後ろ足に8本あります。また、ネコ科は爪を出し入れすることができます。肉球を押すと、爪が出て、肉球に力が入っていないと爪は引っ込みます。

これは、ネコ自身の意思で出し入れ可能です。一部のチーター以外のネコ科は「隠れて、忍びながら狩猟を行う」スタイルですので、爪が出ていると音が鳴ってしまい、敵に気づかれる恐れを防ぐ理由があります。

猫と遊んでいると、よく物陰に隠れながらオモチャを狙います。これは上記の狩猟スタイルからくる本能的な行動です。

猫の爪の内側のピンクの部分に注意

爪は外側と内側の二重構造になっております。さっそく家猫の爪を観察してみましょう。

内側には、神経や血管が入っており、こちらは絶対に爪切りで切ってはいけません。ピンクの付近ギリギリまで切ってしまうことを深爪といいます。

また、爪研ぎは、古くなった爪をはがすことしかできません。外側の爪は幾層にもなっていて、爪研ぎをすることにより、新しい爪が登場します。

鉛筆削りをイメージすると分かりやすいです。そのため、爪とぎをしても、爪は鋭いままなので、爪切りは必要です。

猫の正しい爪切りの仕方とは?

家猫だと爪切りが必須なことは分かりました。では、猫の正しい爪切りの仕方を紹介します。

間違った爪切りをしてしまうと、深爪で出血してしまったり、怪我をすることがあります。きちんとした知識をもって、正しい爪切りを行いましょう。

切るのはせいぜい1〜2ミリ

切るのは先端の尖っている部分を1~2ミリ切ってください。先端のするどい部分を切落すイメージです。

内側のピンクギリギリの部分まで切ってしまうのは、深爪といって、もしもの場合、出血や神経を傷つけかねません。

また、猫の爪切りは、「ハサミタイプ」が主流ですが、こちらは、爪を切る際の力が均一に加わらないと、爪が割れる恐れがあります。

また、爪が割れることにより、内側まで、ピンクの部分まで切れ目が入ってしまうと、神経部まで痛めてしまいます。老猫は爪が固く割れやすく深爪になりやすいので、さらに注意しましょう。

切るときは少しずつ

一気に切らないようにして、深爪を防ぎましょう。上記でも述べましたが、初心者の場合、一度に思い切って切ってしまうと失敗しやすいです。

また、嫌がる場合は即座に、爪切りをやめましょう。嫌がっているのに続けてしまうと、ネコは爪切りを嫌な思い出として認識します。

爪切りの道具を見るだけで逃げてしまい、今後一切爪切りができなくなってしまう恐れがあります。爪切りは、痛くない・怖くないという認識をしてもらうようにしましょう。

もし、嫌がっていたら、別の楽しいことをして忘れさせましょう!

使うのは猫専用の爪切り

まだ慣れていない方は猫専用の爪切りを使いましょう。猫の爪は人間と比べ硬いです。

人間の爪切りを使うと固くて切れないということがあります。また、衛生面でも人間と猫の爪切りは別々というほうが安全です。

また、爪切りに慣れてきた場合、人間用の爪切りを使うこともあります。人間用の爪切りのほうが、ヘッドが小さく、細かく切ることが可能というメリットがあります。

爪切りの注意点

続いては爪切りを行う際の注意点を紹介します。以下の3点に気をつけましょう。

共通して言えるのは、優しい気持ちを持って接することです。爪を切らないといけないからと、無理やりやることはやめましょう。
ポイント必要な気持ち
猫を無理やり押さえつけない穏やかさ、根気
爪の根本を優しく押す優しい気持ち
リラックスして行う配慮

爪切りの注意点1:猫を無理やり押さえつけない

無理やり抑えつけるのはやめましょう。猫がリラックスしてるときに行うのが正解です。

「今、爪きったんだ、気づかなかった」くらいのレベルでやることができるのならとても良いです。

無理やりやると、今後爪切りをさせてくれない可能性もあります。猫の様子をみながら、爪切りのタイミングを伺いましょう。

膝の上に猫を仰向けに座らせると、手を触りやすくなるのでです。普段から、手を触ったり、手を触りやすいポーズを探っておくと、爪切りがしやすくなります。

爪切りの注意点2:爪の根元を優しく押す

爪を切るためには、肉球を押して、爪を突出させます。その際、肉球を優しく押しましょう。それほど、肉球に力を入れなくても、爪は出てくれます。

また、猫の手は繊細です。手を触るときに、無理な角度に手首を曲げないようにしたり、所々に猫の気持ちになり、考えて行いましょう。

普段から、猫との間に信頼関係が構築されていると、猫もすんなり爪切りをさせてくれます。

爪切りの注意点3:リラックスして行う

猫自身も飼い主自身もリラックスした状態で行いましょう。爪切りは2週間に1度くらいは行いたいです。

爪切りの時間が憂鬱にならないよう、お互いに気持ちよく行いましょう。

正しい爪切り方法を学び、リラックスして行うと、爪切りをしているのにゴロゴロと気持ちよさそうに喉を鳴らすネコちゃんもいます。

爪を切り、すっきりすることが気持ち良いと猫に感じてもらえるように頑張りましょう。

止血する方法・対処法

上記では、猫の爪切りの必要性と正しい爪切りの仕方を紹介しました。では、気をつけて爪切りをしたけど、誤って深爪をしてしまい出血してしまった場合の対処法についても紹介します。

そういう場合焦ってしまうことが多いので、事前にもし深爪をしてしまったきの知識を入れておくことで、焦らず適切な対処を迅速に行うことができます。

止血する方法と対処法

  1. 病院で止血剤をもらう
  2. 圧迫して止血する
  3. 小麦粉で止血する

止血する方法・対処法1:病院で止血剤をもらう

爪切りが慣れておらず、深爪をしてしまうかもと不安な方は、事前に病院で猫用の止血剤をもらうことです。かかりつけの病院に行き、万一深爪をしてしまった場合の相談しましょう。

また、止血剤は薬局やネットでも販売されています。使い方は、病院や説明書をしっかりと読んでおきましょう。

前もって、止血剤があるということは、安心できるため、緊張せず、爪切りを行うことができます。

深爪をしてしまって万が一、出血して、止血剤を使用してもなかなか止まらない場合は、病院につれていき、深爪をしてしまった旨を伝えましょう。

止血する方法・対処法2:圧迫して止血する

まず、猫が慌てないように、タオルケットにくるむなどして落ち着かせましょう。飼い主も深爪してしまったことに焦らず対処しましょう。

一般的にネコは視界が見えなくなると落ち着く習性があります。暴れてしまう場合は、目を隠しましょう。

そして、清潔なガーゼで出血している深爪の根本の指をギュッと押さえます。

押さえる時間は2分~3分です。出血した際は、必ず深爪部分を必ず止血をしましょう。また、深爪で怪我をした部分を素手で直接触らないように注意してください。

止血する方法・対処法3:小麦粉で止血する

小麦粉に含まれる「デンプン」が止血の役割を果たしてくれます。デンプンは吸収性が高く、深爪をしてしまったときに出た血をすばやく固めることができます。

何年かに1度ネコをワクチン接種に連れていきますが、行った後、猫は注射された足の付け根部分などを丁寧に舐めています。このように猫は傷口を舐めてしまう習性があります。

薬剤を使っている場合、舐めてしまうのは良いのか、と不安になりますが、その点、小麦粉は食用なので、万が一、深爪部分を舐めてしまっても安全です。

猫の深爪対策にグッズ

深爪は怪我をしてしまうので、危険です。ここでは、安心安全に爪切りを行うことができるよう、深爪対策のグッズを紹介します。

深爪をしてしまわないような工夫が施された商品や、暴れてしまう猫を落ち着かせて爪切りをすることにより、深爪を防ごうという商品など紹介していきます。

猫の深爪対策にグッズ

  1. もふもふマスク
  2. life_mart ペット用爪切り
  3. BestFire ペット用つめ切り

猫の深爪対策にグッズ1:もふもふマスク

猫は目隠しをすると大人しくなると言われています。爪切りをする際にどうしても暴れてしまう猫ちゃんにはこちらの商品がです。

猫の骨格にピッタリ合うように設計されていて、オーガニックコットンを使用しているので、肌ざわりもとても優しいです。

サイズ展開もしておりますので、ご自宅の猫ちゃんにピッタリのサイズを購入しましょう。

暴れてしまうと、誤って深爪をしてしまったり、結果的に猫も飼い主も怪我をしてしまうので、このような商品を使うことにより、大人しく爪を切らせてくれる可能性があります。

いつもは反抗的なのに、情けなく甘えた声で大人しくなって、可愛いかったです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R35JY3YDKTV9... |

猫の深爪対策にグッズ2:life_mart ペット用爪切り

深爪防止用の安全カバーがついています。カバー部分が爪にあたり、深く切りすぎないようにしてくてる仕組みです。

カバーずらすと通常の爪切りも行うことができます。バネ構造のため、軽い力で安全に切ることができます。

また、切る幅や角度が調整しやすい工夫がされた商品です。ラバーハンドルでとても握りやすいのも特徴です。

さらに、ヤスリ付きで切った後の爪の表面をなめらかにすることもできます。爪切りが慣れてきて、美意識の高いネコちゃんへこちらの商品はです。

猫の深爪対策にグッズ3:BestFire ペット用つめ切り

丈夫で優れた切れ味が特徴です。ネコは老化すると爪が固くなると言われており、さらに爪が割れやすくなります。

固くてなかなか切ることができないと、時間がかかったり、余計な力が入ってしまい、ネコに負担やストレスがかかります。

こちらは握りやすい形状をしていて、さらに切れ味と耐久性が加わった商品です。素早く時間をかけずに、ネコの爪を切ることができる商品です。

しっかりと深爪対策をして猫に爪切りを嫌がられないようにしよう

爪切りの重要性が分かりました。爪研ぎが苦手なネコちゃんが多いですが、正しい爪切りの仕方を学び、嫌がられないようにしましょう。

爪切りを行うことは、家具を守ったり、ネコ自身が怪我をするのを防ぐことができる大切なことです。安心安全に暮らしていけるよう、正しい知識をもって猫と接しましょう。

公開前に削除してください

初回公開日:2019年08月16日

記載されている内容は2019年08月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related