Search

検索したいワードを入力してください

猫との遊び方と遊び時間はどれくらい?適切な時間帯や遊び方を紹介

更新日:2020年09月20日

体力モリモリな子猫ちゃんとおばあちゃん猫では、遊び時間が違ってきます♪ちょうどいい遊び時間や遊び方を知って、愛猫に健康的でストレスフリーな生活を送らせてあげましょう。猫と遊ぶときに可愛いグッズのご紹介もあります!

猫との遊び方と遊び時間はどれくらい?適切な時間帯や遊び方を紹介

猫と遊ぶ時間の必要性

猫との遊び方と遊び時間はどれくらい?適切な時間帯や遊び方を紹介
猫を飼っている方にとって、おうちに帰って猫とのんびり遊ぶのはリラックスできる最高の瞬間です♪

そしてもちろん、飼い主さんと遊ぶことは猫にとっても必要なものです!猫にとって遊びは3つのメリットがあります。

猫と遊ぶ時間の必要性1:体の発達を促す

猫と遊ぶ時間を作ってあげて適度に運動させることで、健康的に成長することができます。

猫がどのくらいのスピードで成長するのかをご存じでしょうか。猫は3ヶ月から12ヶ月くらいまでに成長するといわれており、とくに生後7ヶ月まではぐんぐん成長する時期です。

成長期にあまり遊んであげないと、「うちの猫は体力がない・・・」「体力あげる方法は何かないの?」と後々悩むことになりかねません。

子猫のころから遊んであげて体の発達を促してあげましょう♪

猫と遊ぶ時間の必要性2:肥満を防止する

猫の運動不足を解消すると、肥満になるのを防いでくれます!

昔、猫が放し飼いされていたころには、猫ちゃんはひとりであちこちに勝手気ままにお出かけして、時には猫仲間と闘いを繰り広げて運動不足を解消していました。

しかし近年では猫といえば室内猫がほとんどです。室内猫の場合は健康管理は飼い主さんにかかっています!

体重は少しずつ増えていくのでなかなか気づきにくいですが、猫が「最近ちょっとポッチャリしてきたな」と感じたら、一緒に遊んでダイエットさせてあげましょう♪

猫と遊ぶ時間の必要性3:ストレスを解消する

室内猫は「退屈な毎日はイヤだ!」と思っていますので、遊ぶ時間を作ってあげましょう♪

野生の猫はたくましく、大変エネルギッシュな生活を送っていますが、室内猫の場合は敵も少なくてエネルギーがあり余っています!

室内猫の場合は刺激が足りずにストレスがたまっていますので、大人の猫ちゃんでも一緒に遊ぶ時間を作ってストレスを発散させてあげることが大切です。

猫と遊ぶ時の注意点

猫と遊ぶには4つの注意点があります。

猫の年齢や運動量を考えてほどよく健康的に遊ばせてあげて、少しでも長生きしてもらいましょう!猫と遊ぶ時の注意点をひとつひとつご説明しますので、ぜひ参考にしてみてください♪

猫と遊ぶ時の注意点

  1. 猫の年齢によって時間の長さを変える
  2. 猫が走り回れるぐらいのスペースを作ってあげる
  3. 適度に休憩を挟む
  4. 猫に無理をさせない

猫と遊ぶ時の注意点1:猫の年齢によって時間の長さを変える

猫と遊ぶときは、年齢によって遊ぶ時間を変えてあげるといいでしょう。 猫は大人になるとだんだん遊ぶ時間が少なくなってきます。

子猫の時は成長期の真っただ中ですので、1回につき30分くらい遊んでも大丈夫なのですが、成猫になると30分も遊ぶとバテてしまうので気をつけましょう。

成猫の遊ぶ時間は1回につき5分くらいです。年齢と遊び時間のバランスを考えて、短時間でも満足できるおもちゃを選ぶなどして遊んであげましょう♪

猫と遊ぶ時の注意点2:猫が走り回れるぐらいのスペースを作ってあげる

猫と遊ぶときは、走り回れるぐらいのスペースを用意して、おもいっきり楽しんでもらいましょう。猫は遊びを通して狩猟本能を学びます。

猫が追いかけっこしやすいように、モコモコでふわふわの階段を置いてあげたり、高いところで遊べるように工夫してあげるとGOODです!

猫ちゃんがウキウキするようなお部屋作りを心がけましょう♪

猫と遊ぶ時の注意点3:適度に休憩を挟む

狩猟本能を駆り立てるのも大切ですが、駆り立てすぎはよくありませんので、適度に休憩を挟んであげましょう♪

猫は犬ほど持続力がありませんので、すぐにバテてしまいます・・・。

猫が遊んでいる様子をじっくりと観察してあげてください。もし猫が息切れをしていたり、ペタンと座り込んでいたら疲れているというサインです。猫が疲れていたら休憩させてあげましょう。

猫と遊ぶ時の注意点4:猫に無理をさせない

遊び事に無理につき合わせないことも、猫と遊ぶときに大切なことです。猫がやんちゃにはしゃいでくれるのは2歳までといわれています。

3歳くらいからはだんだんと落ち着いてきて、縁側で日向ぼっこをするのを好むようになったりしますので、中には物足りないと思う飼い主さんもいることでしょう。

しかし「また寝てる・・・」などと思わずに、猫が遊びたくないときは、そっとしておいてあげましょう。何ごとも無理は禁物です。

猫と適切な時間で遊ぶ方法

体力モリモリなやんちゃな子猫に振り回されたり、昼寝ばかりしている成猫に物足りなさを感じたり、「どのくらい遊んだら良いのかわからない」と嘆く飼い主さんもいます。

猫と適切な時間で遊ぶにはどうすればよいのでしょうか?

猫と適切な時間で遊ぶ方法

  1. 短い時間で集中して遊ぶ
  2. 夜眠る前に遊ぶ
  3. 猫が疲れていないか確認しながら遊ぶ

猫と適切な時間遊ぶ方法1:短い時間で集中して遊ぶ

猫ちゃんは短期集中型です!猫とほどよく遊ぶには短い時間で元気よく遊んであげましょう♪

猫が大好きなネズミのおもちゃを追いかけまわしているときは、あまりの素早さに驚かされます。しかし、猫は瞬発力はあっても持続力はありません。

長時間ダラダラと遊ぶと、ストレスをため込む原因になってしまいますので、気をつけましょう。

猫と適切な時間遊ぶ方法2:夜眠る前に遊ぶ

「いつも夜中に猫の大運動会が開催される」とお悩みでしたら、夜眠る前に遊ぶのもです♪夜眠る前に遊ばせると、猫はほどよく疲れてぐっすりと眠ることができます。

また、日中は仕事があるから「猫と遊ぶ時間が取れない!」という飼い主さんも、夜でしたら余裕を持ってじっくりと遊んであげることができます。

猫と遊ぶことで飼い主さんも癒されて、リラックスした気分で眠れますので一石二鳥です♪

猫と適切な時間遊ぶ方法3:猫が疲れていないか確認しながら遊ぶ

猫との遊び時間がちょうどいいかどうかは、遊んでいるときの様子を見るのが一番です♪

猫は遊びたいときは放っておいても飼い主さんに近寄ってきますので、めいっぱい遊んであげましょう!

しかし疲れてくると、寝転がったり、呼吸が荒くなることがあります。寝そべったり、猫の息が荒いのは疲れたというサインですので、休憩を取ってあげましょう。

そして猫が遊ぶことに飽きて飼い主さんから離れていった場合は、追いかけまわしたりしないことが大切です。

猫と適切な時間で遊べない時の対処方法

お仕事をされていたり育児に追われていたりなど、飼い主さんにも生活があります。「猫と遊ぶ時間が取れない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

忙しい飼い主さんでも短い時間でがっつり遊ぶ方法をご説明します♪

猫と適切な時間で遊べない時の対処方法

  1. 5分でもいいので遊んであげる
  2. 一人でも遊べるおもちゃを買ってあげる
  3. 朝に相手をしてあげる

猫と適切な時間遊べない時の対処方法1:5分でもいいので遊んであげる

猫はたとえ5分でもいいので遊んでくれると、うれしい気持ちになります!

飼い主さんがフルタイムで働いていたりして仕事時間が長いと、猫と遊ぶ時間を確保するのはなかなか難しいです。

特に室内猫を飼っている飼い主さんにとっては「ずっと家にいるし、退屈なのでは?」と心配されていることでしょう。

しかし長時間遊んであげようとして飼い主さんがバテてしまうと、猫ちゃんも悲しみます。

大切なのは毎日一緒に遊んであげることです。「一日一猫」を目標に、短い時間でもいいので猫との時間を作ってあげましょう♪

猫と適切な時間遊べない時の対処方法2:一人でも遊べるおもちゃを買ってあげる

猫と遊ぶ時間がなかなか取れない場合は、ひとり遊びができる「おもちゃ」があると安心です♪

中には 一人遊びしない猫ちゃんもいますが、一人遊びができない猫の場合は、ただおもちゃを与えるのではなく、最初は飼い主さんも一緒に付き添って遊んであげるといいでしょう。

いったん遊び方を覚えると、家を留守にしているときも猫がひとりで退屈せずにすみますので、飼い主さんとしても助かります。

運動不足が解消できて、猫の性格にあったステキなおもちゃを選んであげましょう♪

猫と適切な時間遊べない時の対処方法3:朝に相手をしてあげる

忙しいので遊んであげる時間がとれないという方でしたら「朝に相手をしてあげる」という方法もあります!

仕事や家事や育児に追われている方でも、朝や夜でしたら比較的時間を取りやすいのではないでしょうか?

「朝弱いからダメ」という方は夜がですが、もし朝型タイプの方でしたら朝に相手をしてあげるというのもアリです。

朝は時間が限られているぶん、短時間でしっかりと効率的に遊ぶことができますし、猫と遊ぶと爽やかな気持ちになりますので、気分良く一日をスタートさせることができます♪

猫と遊ぶ時にグッズ

猫遊びといえばおもちゃです。猫と遊ぶ時にグッズについてご紹介します!

一人遊びができるもの、狩猟本能を呼び起こすものなど、選ぶのが楽しくなるおもちゃばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

猫と遊ぶ時にグッズ1:キャティーマン (CattyMan) じゃれ猫 宙返り

キャティーマン (CattyMan) の「じゃれ猫 宙返り」は、釣り竿をイメージしたおもちゃです。

飼い主さんが竿を上下左右に動かすと、獲物がまるで生きているかのようなリアルな動きが出せます。

シンプルなつくりですが、狩猟本能を呼び覚ますにはピッタリで、猫ゴコロをわしづかみにするおもちゃです。猫ちゃんが野生に帰りすぎないように気をつけてあげてください♪

電池いらずでコスパが良いのもうれしいポイントです。

猫と遊ぶ時にグッズ2:ペティオ (Petio) 猫用おもちゃ けりぐるみ エビ

ペティオ (Petio) の 「けりぐるみ エビ」は猫キック用につくられたおもちゃです!

キックしやすさを考えて細長い形に作られおり、中にはなんと猫の大好物である「またたび」が入っているというこだわりぶりですので、猫ちゃんもきっと食いついてくることでしょう♪

表生地は綿100%で、猫がキックしてもケガしにくいのもうれしいポイントです。

猫と遊ぶ時にグッズ3:キャティーマン (CattyMan) じゃれ猫 LEDにゃんだろー光線

キャティーマン (CattyMan)の「じゃれ猫 LEDにゃんだろー光線」はLEDを使ってレーザービームならぬチュービームを照射します。

壁や床に光線を当てるとネズミの形をしたシルエットがくっきりと浮かび上がりますので、きっと猫ちゃんの視線は釘付けになることでしょう♪

コンパクトサイズで0.034kgと持ちやすく、ジグザグに動かしてみたり自由自在に振り回せます。愛猫の運動不足解消にはもちろん、飼い主さんも一緒になって楽しむことができる商品です。

愛猫の遊ぼうサインを見逃さず正しい時間と遊び方で遊ぼう

飼い主さんが猫と遊んであげると、いいことが盛りだくさんです。子猫は健康的に成長することができ、大人になった猫は肥満にならずにすみます。

愛猫の遊ぼうサインをすかさずキャッチして、正しい時間で遊び、猫がよろこぶ遊びをしてあげると、ストレスも発散できますので、飼い主さんとの信頼関係もアップすること間違いありません!

せっかく猫を飼うのでしたら、なるべく一緒に遊んであげて幸せになってもらいましょう♪

初回公開日:2019年08月09日

記載されている内容は2019年08月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related