Search

検索したいワードを入力してください

生後2ヶ月の子猫の育て方とは?|8コの注意点と必要物品9コ

更新日:2020年09月20日

生後2か月の子猫は、猫が成長していく上でとても大事な時期です。生まれて2か月の子猫は好奇心が旺盛でやんちゃで、なんでも貪欲に吸収していってしまいます。だからこの時期の子猫を育て方には、注意が必要なんです。生後2か月の子猫の育て方についてまとめてみました

生後2ヶ月の子猫の育て方とは?|8コの注意点と必要物品9コ

生後2ヶ月の子猫とは?

生後2ヶ月の子猫の育て方とは?|8コの注意点と必要物品9コ
生後2ヶ月の子猫の育て方を知るには、まずこの頃の子猫がどんな状態にあるのかを知っておく必要があります。

特に注意する点は何か、それらを踏まえた上で生後2ヶ月の子猫の育て方を考えていかなければいけません。

好奇心旺盛で何にでも興味を示す

生後2ヶ月の子猫は、とにかく成長真っ盛りのやんちゃな時期です。いろんなことに興味深々で好奇心がとても旺盛です。

この頃に、母猫から生きていくための術をたくさん教えてもらいます。狩りの仕方や採った獲物のとどめの刺し方などの技術を学び、また兄弟たちと過ごす遊びの中から、コミュケーションの方法なども学んでいくのです。

生後2ヶ月の頃の子猫の体重は約1㎏程度で、まだまだ小さく、成猫のようにはできることが少ないですが、走り回ったりジャンプしたり、自分のできることをすこしずつ増やしていく時期でもあるのです。

排泄もできる

まだ生まれたての子猫の場合には、排泄も自分ではできません。

母猫がそばにいれば、子猫の肛門をなめて排泄をうながしてあげることができるのですが、人間が飼う場合には、それも人間の手で行ってあげる必要があります。排便は1日に1回のペースで行うのがベストです。

ただ生後2ヶ月の子猫は、排泄も自分の力でできるようになっています。排泄が自分でできるようになるのは、生後4週目くらいなので、生後2ヶ月の子猫の育て方はそのあたりに関しては、ずいぶんと助かります。

離乳も完了している

生後1ヶ月の子猫は、まだ離乳が完了しておらず、離乳食への切り替えをしてあげる必要があります。

生後1ヶ月は乳歯が生えてくるころです。やわらかいウェットフードなどを用意して、1日に3回から5回くらいのペースで食事を与えます。栄養をたくさん必要とする時期なので、栄養価の高いものを選んであげましょう。

このように離乳食が完了するまでは、つきっきりというくらいの世話が必要なのですが、生後2ヶ月の子猫といえば、離乳食も完了しており、育て方はずいぶんと楽だと言えるでしょう。

生後2ヶ月の子猫の育て方の注意点8コ

生後2ヶ月の子猫の育て方については、注意点があります。

好奇心が旺盛でなんでも吸収していく時期で、体もどんどん大きくなってきます。しつけや健康面など、注意しなくてはいけないことがたくさんあるのです。

注意点

  1. 生活環境
  2. ご飯
  3. お風呂
  4. トイレ
  5. 寝床
  6. しつけ
  7. 温度
  8. 体調管理

生後2ヵ月の子猫の育て方の注意点1:生活環境

生後2ヶ月の子猫を育てることになったとき、まずその環境に慣れされることが大事です。

母親のもとにいたのか、どこでどんな風に暮らしていたのか、それぞれによって事情は違いますが、新しい環境へとやってきたことの違いはありません。

猫は元来、臆病で神経質ですが、生後2ヶ月の頃の子猫は、とにかくいろんな新しいものに興味津々で、なんでもすぐに吸収していってしまいます。比較的、早く環境に馴染みやすい時期でもあります。

しかし、とはいえ最初のうちは母猫を恋しがったり、不安だったりすることがあるので注意が必要です。

まずはケージの中で過ごすことに慣れさせる

猫とこれから生活を共にしていく上で、ケージは欠かせないものとなります。

ケージの中はとても安全で、猫がいつでもリラックスできる場所だということを認識してもらう必要があります。そのためには幼いうちからケージに慣れさせておくことが大事です。

生後2ヶ月の子猫は、好奇心が旺盛でちっともじっとはしていられません。そのため、すぐケージから出して欲しいと要求してくるでしょうが、そこはぐっと我慢しましょう。

要求するたびに出すと自分のいる場所ではないという認識をしてしまいます。育て方の大きな注意点です。

ケージの中に必要なもの

生後2ヶ月の子猫の育て方の注意点は、ケージを好きになってくれるように、ケージの中は快適な空間を作ってあげることが必要です。

猫は寒がりな生きものなので、毛布など暖かいものを入れておきます。また狭いところが大好きなので、段ボールで作ったおうちなども置いておくと喜んで使ってくれたりします。

また食事や飲み水なども、こまめに変えていつも新鮮なものを用意してあげましょう。

そしてやんちゃざかりの生後2ヶ月の子猫の好奇心を満たしてくれるような、楽しいおもちゃも用意してあげましょう。

生後2ヵ月の子猫の育て方の注意点2:ご飯

生後2ヶ月の子猫の育て方で気になるのは、ご飯は何を食べるのか、そしてそれをいつどんな風にして食べさせてあげればいいのかということです。

人間の子どもも同じですが、生まれたての赤ちゃんがはじめから固形のご飯を食べることはありません。まずはミルクから始まって、離乳食となっていきます。歯が生えそろってきたら、固形物の硬い食事も少しずつできるようになってきます。

子猫の育て方で、ご飯はとても大切です。子猫が成長する過程において健康面でも特に気を付けてあげなければいけません。

月齢に合ったミルクや離乳食などを与える

生まれたての、まだ赤ちゃんの子猫はまだまだ固形の食事をすることはできません。

成長に合わせて、少しずつ食事の内容を変えていきます。生後1週目くらいでは、まだ目も見えておらずただミルクを飲んで排泄をして寝ているだけの時期です。乳歯が生えてくるのは生後2週目くらいになってきます。

そして生後4週目あたりになってくると、そろそろ離乳食が食べられるようになってきます。

その子猫の成長の具合によってもさまざまに違いがありますので、成長に合わせてミルクや離乳食のタイミングを考えてあげましょう。

生後2ヵ月の子猫の育て方の注意点3:お風呂

生後2ヶ月の子猫の育て方の注意点として、お風呂をどうするかということも考えなければいけません。

猫は水があまり好きではありません。しかも体が濡れるのをとても嫌います。それが大きなストレスとなりますので、そんなに頻繫に入れるのも控えるべきでしょう。

ただ野良猫などの場合には、一度お風呂に入れて汚れを落としてあげる必要があります。保護したときに弱っているようなら体力が回復してからお風呂に入れてあげましょう。

小さいうちはお風呂になるべく入れない

生後2週間くらいになると子猫の目が徐々に見えるようになってきます。目安としては、そのあたりからお風呂に入れてあげることは可能です。

しかし子猫は体力もありませんから、様子を見ながら入れてあげるといいでしょう。

また猫は筋肉や脂肪が少ないため、体が冷えやすい傾向にあるため、お風呂から出たら、しっかりとドライヤーなどで乾かしてあげなければいけません。少しでも濡れたままになっていると体力のない子猫にとっては、致命傷になりかねません。

できれば小さいうちはあまりお風呂に入れない方が得策ではないでしょうか。

生後2ヵ月の子猫の育て方の注意点4:トイレ

生後2ヶ月の子猫の育て方で、忘れてはならないのが、トイレです。

この頃になると、トイレもひとりでできるようになっています。この時期にしっかりとトイレのしつけを行っておきましょう。

猫用のトイレなど、市販されているものも種類がたくさんあって迷いますが、自分の家とその猫に合わせて最適なものを選ぶようにします。

また生後2ヶ月の子猫なら、子猫用のトイレでもいいのではないでしょうか。

子猫用のトイレを準備する

生後2ヶ月の子猫の育て方において、トイレはとても重要なポイントとなります。

ここでしっかりとトイレの仕方を教えてあげる必要があるのです。しかしそのためには子猫にとって使いやすいトイレを用意してあげることも大事なことです。

市販のものに、子猫用トイレというのがあります。入り口が普通のものより低めに作られているため、小さな子猫でも無理なく安全に出入りすることができます。

また猫砂用のチップも、子猫に合わせて小さめを使用しています。そのため、小さな子猫の足でも掻きやすく、体に優しいものとなっています。

生後2ヵ月の子猫の育て方の注意点5:寝床

生後2ヶ月の子猫の育て方で、安心して眠れる寝床の確保もとても大切です。

基本的にはケージの中で眠るようにしつけておくようにするのがいいのですが、そのケージを置いておく場所も大事です。

また寝床用にと市販のものをいろいろと準備していても、気に入らなければ近づこうともしません。案外もともと家にあった古い座布団が気に入ってしまうこともあります。

子猫が気に入ってくれれば、用意したものを無理に使わせるのではなく、そこを寝床にしてあげればいいでしょう。

なるべく暗い場所を確保してあげる

猫は元来臆病で神経質な生きものです。そして狭くて暗いところにいると安心する傾向にあります。

そのため、できるだけケージを静かで暗めの場所に設置してあげるといいでしょう。またケージの中に、段ボールのおうちなどを入れておいてあげると、気に入って使ってくれることもあります。

寝床は猫が一番リラックスできる場所でないといけませんので、その環境づくりをしっかりと整えておいてあげる必要があります。

まだ生後2ヶ月の子猫なら、すぐにその環境に馴染んでくれるはずです。子猫の育て方でとても重要なポイントとなります。

生後2ヵ月の子猫の育て方の注意点6:しつけ

生後2ヶ月の子猫の育て方でしつけは絶対に必要です。

生後2ヶ月の子猫は、とても好奇心が旺盛で、なんにでも興味を示して、なんでもどんどんと吸収し覚えていきます。この時期の育て方はとても重要で、しっかりと正しいしつけを行うようにします。

まずはトイレのトレーニングを行います。また名前を呼んで、自分の名前を覚えさせます。そして嚙み癖がついてしまわないように、社会性を身につけるトレーニングをします。

猫は生後2ヶ月のころから兄弟たちと遊びながら、噛むことの意味を覚えていきます。

トイレのしつけを徹底してあげる

生後2ヶ月の子猫の育て方で、とにかくトイレのしつけは徹底して行う必要があります。

トイレに行きたくてもぞもぞしはじめたら、すぐに用意したトイレへと連れていってあげます。そこがトイレであることを覚えさせるためです。そこがトイレであるという認識ができるまで、根気よく続けることが大事です。

間に合わず途中でおもらしをしてしまっても、絶対に叱ったり大きな声を出したりしてはいけません。トイレをすることに罪悪感が芽生えてしまうと、隠れて排泄をするようになってしまいます。

生後2ヵ月の子猫の育て方の注意点7:温度

子猫は体力がなく、またとても敏感でデリケートです。

そして筋肉量が少なく、とても寒がりです。そのため、部屋の温度にはきをつけてあげなければいけません。成猫になれば、寒かったり暑かったりすると、自分で快適な場所を見つけてそこへ自由に移動できますが、まだ子猫にはそれは可能ではありません。

そういうことも考えて生後2ヶ月の子猫の育て方は慎重に行う必要があります。

子猫を飼う部屋の温度に気を付けよう

子猫は特に自分で体温調節ができませんし、体力もありませんので、部屋の温度をまめにきにしておく必要があります。生後2ヶ月の子猫の育て方の基本事項ともいえます。

ひとりでお留守番をさせるときなどは、特にその点には注意が必要です。知らない間に急激に温度が上がったり下がったりしてしまうと、命の危険にもさらされてしまいます。

猫は寒がりですが、最近は夏の暑さも尋常ではありません、暑いのが得意といっても限度がありますので、暑さ対策も必要です。

生後2ヵ月の子猫の育て方の注意点8:体調管理

生後2ヶ月の子猫の育て方において子猫の体調管理は飼い主としての大事な役目となっています。

元気でやんちゃ盛りの子猫ですが、まだまだ体力もあまりありません。ちょっとしたことで命の危機にさらされてしまううことがありますので、しっかりと注意してあげなければいけません。

毎日触れ合って、今体調はどんな具合なのかしっかりと観察をして、管理してあげるようにしましょう。

病院に連れて行って定期検診してもらおう

生後2ヶ月の子猫を育てることになったら、まずはすぐに診察をしてくれる動物病院を探しておくことは重要なポイントです。

何かあった場合には、すぐに診てもらえるようにかかりつけ医があると安心です。

そのためにも、定期健診をします。定期的に診察をしてもらっていれば、もし何か異変があっても専門的にすぐに対応してもらえますし、カルテがあるので、何かあった場合すぐにわかってもらうことができます。

何より安心した育て方ができます。

生後2ヵ月の子猫の育て方を知って準備するもの9コ

生後2ヶ月の子猫の育て方で必要なものとは何があるでしょうか。

子猫を受け入れる際に準備しておかなければいけないものをいくつかあげてみました。後から慌てることのないように準備は万全にしておきましょう。

準備するもの

  1. グルーミング用品
  2. 爪とぎ器
  3. おもちゃ
  4. 子猫のトイレ
  5. キャットフード
  6. ベッド
  7. 猫用食器
  8. 猫砂
  9. ケージ

準備するもの1:グルーミング用品

生後2ヶ月の子猫の育て方で必要なもので、グルーミングをするための道具があります。

グルーミングというのは、動物が毛づくろいなどをして、自分や仲間の体を衛生的に保つための行為のことを言います。猫はきれい好きで、常に自分の体をなめてグルーミングをしています。

しかし猫の毛は細く柔らかいためよく抜けます。放っておくと抜け毛がひどく、部屋中が猫の毛だらけになってしまうこともありますので、グルーミング用品を準備しておくことをおススメします。

グルーミング用品はいろいろとありますが、手袋型のものが一般的です。

準備するもの2:爪とぎ器

猫の爪は下からどんどんと伸びてきます。そのため、猫は爪のお手入れのため、定期的に爪とぎをしなければいけないのです。

常にお手入れをして新しい爪でいなければいけない理由は、猫が狩りをする生き物だからです。狩りをするためには鋭い爪が必要です。爪とぎをすることでその鋭い爪をキープさせています。

また爪とぎには、マーキングの意味もあるとされています。

生後2ヶ月の子猫の育て方で、猫の習性として必要な爪とぎをストレスなく解消させるのは大事なことです。そのために爪とぎ器は用意しておいてあげましょう。

準備するもの3:おもちゃ

生後2ヶ月の子猫の育て方で必要なものに、おもちゃがあります。

猫は遊ぶことが大好きですが、特に生後2ヶ月の子猫は遊び盛りです。眠っている時以外は、ちっともじっとしていません。いろんなことに興味があり、好奇心が旺盛です。

生後2ヶ月の子猫の育て方で、しつけはとても重要なポイントとなります。しつけをするときや、環境に慣れるためにもおもちゃはとても有効なアイテムです。

ぜひ準備をしておきましょう。

準備するもの4:子猫のトイレ

生後2ヶ月の子猫の育て方を知った上で、絶対に準備しておかなければいけないのが、トイレです。

トイレのしつけはとても大切で、生後2ヶ月の頃にしっかりと教えてしまわないといけません。自分でストレスを感じることなくトイレができるように、子猫用トイレを用意してあげましょう。

子猫用トイレは、子猫にはとっても使いやすく、しつけがしやすいものを選びましょう。

準備するもの5:キャットフード

生後2ヶ月の子猫の育て方を踏まえて、子猫用のキャットフードを準備しておかないといけません。

生後2ヶ月と言えば、離乳食から卒業するころです。しかしまだまだ大人の猫が食べるようなものは様子を見てからあげるようにします。

カリカリのように硬いものであれば、ミルクなどに浸して柔らかくしてからあげるようにします。離乳食と合わせて食べやすいものを用意してあげましょう。

生後2ヶ月の子猫の育て方を確認すればわかりますが、この頃は成長著しい時期でもありますので、栄養価の高いキャットフードを選ぶようにしましょう。

準備するもの6:ベッド

生後2ヶ月の子猫の育て方の、子猫の寝床について見てみると、環境が変わったばかりの子猫にとっては、ベッドはとても重要な意味があります。

子猫が安心して眠れる場所の確保は最優先に考えてあげるべきです。

猫はとても神経質で、臆病です。ベッドを用意しても気に入ってくれるかどうかはわかりませんが、猫は暖かくて狭くて暗いところが基本的には好きです。

生後2ヶ月の子猫は特にデリケートですから、育て方には注意が必要です。そんな子猫がストレスなく健康に育ってくれるよう快適なベッドづくりをしましょう。

準備するもの7:猫用食器

生後2ヶ月の子猫の育て方から、猫用食器も必要です。

生後2ヶ月の子猫といえば、そろそろ離乳食から卒業できるかどうかという時期でもあります。そのため、まだ自分ひとりで食事をするのも、上手とは言えません。

あまりにも大きなお皿や深いものだと、体の小さな子猫にはとても食べにくく、またあまりにも軽い素材でも、すぐにひっくり返してしまいます。

生後2ヶ月の子猫でも、失敗せず自分で食べやすい食器を用意してあげるようにします。浅めで広すぎず、ある程度の重さがあり、あまり動かないものを選ぶようにしましょう。

準備するもの8:猫砂

生後2ヶ月の子猫の育て方で、トイレはとても大切なことはわかっていますが、そのトイレに敷く猫砂についてはどうでしょうか。

猫砂は実際には砂を使うことは少ないですが、砂に変わって抗菌チップを使うことが多くなっています。子猫の場合には、チップの大きさが一番小さいものを選びます。

小さめのチップを使用して、子猫でもちゃんと砂をかくことができるように配慮してあげましょう。

準備するもの9:ケージ

ケージは、生後2ヶ月の子猫の育て方には必ず必要です。

環境が変わったばかりで緊張気味の子猫には、早く自分の居場所を決めて慣れてもらわないといけません。その居場所としてケージは基本的なアイテムとなります。

子猫がひとりで安心して眠り、またお留守番をするときにも、おとなしくケージの中で過ごしてもらう場所を確保するためにも、子猫のうちからケージには慣れておく必要があります。

2か月の子猫が体調不良の時の対処法

子猫はまだ成長途中で、元気そうに見えますが、体力は思いのほかなく、ちょっとしたことですぐに弱ってしまいます。

それが命取りとなる場合もあり、体調管理は子猫の育て方には欠かせません。

普段とどこが違うのかチェック

生後2か月の子猫の育て方で難しいのは、体調管理です。

何事も早期に発見することが、大切な子猫の命を守るためにはとても重要です。そのためには、常に子猫の体調や様子を観察しておかなければいけません。

普段と違うところをチェックして、少しでも様子がおかしければすぐに対処をしましょう。子猫の正しい育て方で、ストレスなく丈夫な猫を育てましょう。

すぐに病院へ

そして、もし子猫になにかあったら、いろいろと悩まずにすぐに病院へ連れていってあげましょう。

何もわからずに憶測で勝手に対応すると、あとで取り返しのつかないことになりかねません。早めに傷病を発見し、病院で正しい治療をしてもらうことをおススメします。

やんちゃ盛りでいつも走り回っていますが、子猫は思いのほか弱く、なにかあればそこから重大な病気になってしまうことがあります。

飼い主としてしっかりと子猫の成長を見守る正しい育て方を遂行しましょう。

生後2ヵ月の子猫は育て方が大切

生後2か月の子猫は、いろんなことを吸収し、また成長の著しい大切な時期です。

しっかりとコミュケーションの取り方、しつけ、そして体調管理を行うことが大切です。飼い主として、子猫の正しい育て方、責任を果たすことがとても重要な期間なのです。

生活の中においてストレスなく過ごすための環境を整えたり、栄養価の高いフードを与えたり、体調管理もしっかりと行ってあげましょう。

初回公開日:2019年08月21日

記載されている内容は2019年08月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related