Search

検索したいワードを入力してください

猫が粗相をした際の布団の洗い方|消臭方法や粗相を防ぐ方法8選

更新日:2020年09月20日

愛猫が粗相をして困っている飼い主さんは結構多く、お店や通販などでもさまざまな種類のペット用消臭剤が販売されています。しかし、「布団」のような大物に粗相されてしまうと、しっかり洗わないと臭いが取れません。この記事では、猫が粗相をした時の布団の洗い方を調べました。

猫が粗相をした際の布団の洗い方|消臭方法や粗相を防ぐ方法8選

猫が粗相する理由

猫の飼い主さんにとって愛猫は大切な家族ですが、大切な愛猫がトイレ以外で用を足してしまうことに悩んでいる飼い主さんも多いです。

猫が粗相するのにはさまざまな理由が考えられ、何の理由も無く粗相しているわけではありません。ここでは猫が粗相する理由を紹介します。

猫が粗相する理由

  1. ストレスをアピールしている
  2. 布団をトイレと勘違いしている
  3. マーキング

猫が粗相する理由1:ストレスをアピールしている

猫が粗相する理由の1つに「ストレスのアピール」が挙げられます。猫はとても綺麗好きなので、トイレが汚れているとストレスで粗相することがあります。

また、トイレの場所やトイレの砂が気に入らないのもストレスの原因になります。新入り猫が来たために遊んでもらえなくなってストレスで粗相する子もいます。

猫が粗相をしたら、まずは原因を探ってストレスを取り除いてあげましょう。

猫が粗相する理由2:布団をトイレと勘違いしている

猫が粗相をするのには、布団をトイレと勘違いしているケースもあります。

前に粗相したところにおしっこの臭いが残っていると、その場所をトイレと勘違いしてしまうことがあるため、洗濯やペット用の消臭スプレーなどですぐに臭いを消すようにしましょう。

猫が粗相する理由3:マーキング

粗相する理由が「マーキング」の場合もあります。猫は発情期になるとマーキングをして自分の存在を他の猫にアピールしますが、発情は本能的なものなのでやめさせることはできません。

トイレの場所を理解していてもやってしまうことなので、こまめに掃除や消臭スプレーなどで対策しましょう。

猫の尿が臭い理由

猫を飼ったことがある人なら、猫の尿が猛烈に臭いことはお分かりでしょう。猫のおしっこは、人間や犬とは種類が違う、ツーンとした刺激臭がします。

猫の尿が特別に臭いのには理由があり、子猫のときは刺激臭はしないのに大人になると猫の尿は臭くなっていきます。ここでは猫の尿が臭い理由を紹介しましょう。

猫の尿が臭い理由

  1. トイレの回数が少ない
  2. 去勢していないオスは特に臭い

猫の尿が臭い理由1:トイレの回数が少ない

猫の尿が臭いのは、トイレの回数が1日平均2~3回と少ないためです。

トイレの回数が少ないのは、猫の祖先が砂漠で暮らしていたことに由来します。猫の祖先は少ない飲み水で効率的に体内の老廃物を排出するために凝縮した尿をするようになりました。

猫はトイレの回数が少ないため、尿の色が濃く、臭いが濃厚になりました。

猫の尿が臭い理由2:去勢していないオスは特に臭い

子猫の尿は刺激臭がしませんが、大人に近づくにつれて臭いが強くなります。

猫の尿臭には、生後6か月以降の猫から増加し未去勢のオスで高い値を示す「フェリニン」と、生後3ヵ月頃から分泌が始まる「コーキシン」という2つの物質が関係しています。

「フェリニン」と「コーキシン」の分泌が合わさる生後6か月頃から、猫の尿臭は強まります。去勢していないオスは「フェリニン」の値が高いため特に臭いです。

猫が粗相をした際の布団の洗い方

次のページ:猫が粗相をした際の布団の消臭方法

初回公開日:2019年08月30日

記載されている内容は2019年08月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related