Search

検索したいワードを入力してください

ハッカ油は猫に危険?危険な理由と猫用ハッカ油

初回公開日:2019年08月01日

更新日:2020年09月21日

記載されている内容は2019年08月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ツイッターやネットなどで虫よけとして知られているハッカ油は、実は猫に、あまりできない物質であることをご存知でしょうか。猫を飼っている方は特に注意が必要でになります。ハッカ油の猫への影響と危険性とその使い方についてご紹介していきます。

ハッカ油は猫に危険?危険な理由と猫用ハッカ油

大見出し:ハッカ油とは?

ハッカ油は猫に危険?危険な理由と猫用ハッカ油
※画像はイメージです
ハッカ油は 精油の一つで、ペパーミント油とも言われているハッカ草という草から精製された植物性のハッカオイルになります。

スーとする成分を含んでいるので虫よけスプレーにもよく使われています。ハッカ油は、毎日生活で使用する商品の防虫、消臭 除菌などにも含まれていることがあります。

人にはとても便利な商品なのですが、精油が使われているものは、お家で猫を飼っている方には注意が必要です。

ハッカ油が使用されているアイテム

  • 虫よけスプレー
  • 臭い消しスプレー
  • お掃除スプレー
  • 暑さ対策スプレー

虫よけスプレー

ハッカソウで作られている、虫除けスプレーとしては有名で、天然の素材を使用していて人の身体に負担をかけないように作られています。

大抵の害虫は、このハッカソウの香りを嫌いますが、ハッカソウ自体に、虫を殺す効果はありません。良いハッカの香りもあり、また天然ということでがあるのでしょう。

やはりハッカ油を原料にしているハッカスプレーですから、猫には絶対に使用してはいけません。

臭い消しスプレー

ハッカソウとミントは同じシソ科ハッカ属の種類になります。ハッカソウやミントの良い香りはとても爽やかで気持も安らぎますので人が使用するのであれば問題はありません。

猫を飼っている人には、することはできません。猫はとても臭いに敏感ですから、ハッカの強い匂いが、部屋の中に充満するとストレスなることが考えられます。

また精油を使って作ることで猫には危険な臭い消しとなってしまいます。

お掃除スプレー

ハッカ油を使った、便利なクリーナーです、ハッカ油と炭酸水を混ぜ合わせることで作ることができます。

ガラス汚れや気になる場所の汚れを落としてくれる便利な天然のお掃除クリーナーは、ハッカ油を使って簡単に作ることができが出ています。

猫を飼っている方は、猫がハッカ油を舐めてしまうと危険ですので猫ハウスや猫のトイレなど猫が触れる場所には使わないようにしてあげましょう。

暑さ対策スプレー

スーとした、ハッカ油をスプレーにして、暑さ対策として多く宣伝されています。お風呂に入れて使ったりという人もいます。

ハッカ油を使い、清涼感などを感じることができますが、人でも使う時には注意が必要になります。人間が涼しくなるからといって、猫に使用するのはNGです。

猫は毛などに付着したモノを舐める習性を持っていますので、もし猫がハッカ油を舐めてしまうと危険ですから猫に使用しないでください。

猫にハッカ油は危険なのか

ハッカ油とは、ペパーミントから作り出された植物性の精油になります。精油はアロマオイルなどでも使われている、植物成分を濃縮して作られています。

この精油に含まれる成分を解毒する機能を猫は身体に持っていません。猫の体に有害な成分物質が溜まってしまうことで、肝臓や腎臓に悪い影響を与えることになります。

ハッカ油を使用して作られた、虫除けスプレーなどは、猫には猛毒になってしまうため使用すのはとても危険です。

猫は香辛料やハーブ類の匂いを嫌う

猫は、刺激のある匂いはとても苦手です。柑橘系の匂いや、またミントなどは、人間にはフレッシュで良い香りなのですが、猫にはとても迷惑な香りになります。

また香辛料の匂いも、苦手とする猫が多いです、猫が胡椒などを食べてしまうと、刺激が強く胃腸炎になる可能性もあります。

猫は刺激的な香りとても苦手です、とくにハーブは種類によって危険なモノがありますので注意しましょう。

匂いは猫の体に害がある

ハーブの香りの良いもの中で、ラベンターやレモンやティートゥリーは、猫には臭いを嗅ぐだけで危険となる種類になります。

アロマは皮膚からも成分が吸収されてしまうため危険ですので、お家でディフューザーなどにアロマオイル入れて使用することは猫の体には害になります。

香りだけなら大丈夫とは言えません、またアロマオイルを猫が舐めてしまう危険性も考えられるので猫を飼っているお家では注意しなければなりません。

猫を飼っていてハッカ油が使えない場合の対処法

猫を飼っていると、ハッカ油を使うことができませんが、ミントなどのハーブを使ってみたい人は、お庭でガーデニングなどで楽しんでみるのはいかがでしょうか。

ハーブ類は意外と簡単に育てることが可能です。

またミントやレモングラスは鉢植でも蚊除けになりますので、試してみてはいかがでしょうか。
  • ミントを育てる
  • 猫用のハッカ油スプレーを使う
  • 手作りでスプレーをつくる

ミントを育てる

キャットミントや、キャットニップやレモングラスは、猫が好むミントの鉢植えですので、お家で猫がいる方でも安全です。

匂いも猫が好むハーブなのでです。育てるのも難しくありません。

また猫を寄せ付けないようにミントを使いたいのであれば、香りの強いミントやゼラニウムをお庭に置いておくことで、猫が強い香りを嫌がるので猫が近づきにくなります。

猫用のハッカ油スプレーを使う

猫用のハッカ油スプレーといわれるものも販売されています。猫を家の庭に寄せ付けないために使用する人が増えています。

家の中で使うのと違い、野良猫であれば、臭いを嗅いで嫌であれば立ち去る子が多いでしょう。

たまに、ミントの匂いが大好きという猫もいるので、危険がないように使うことをします。

手作りでスプレーをつくる

まずミントの葉と茎をガラスの容器に入れましょう。アルコールを容器のフチのところまで葉が浸るように入れます。

冷暗所で1週間以上置きます。ガーゼでこしてからスプレーボトルに入れてください。これで良い香りのフレッシュミントスプレーのできあがりです。

ミントスプレーを作る時は、お家で育てたフレッシュミントを使うことをします。それなら毒性はありません。

ミントスプレー作る時に用意するもの

  • フレシュミントの葉・茎
  • 蓋のあるガラスの容器
  • 焼酎・リカーなどの、アルコール類 または精製水
  • ガーゼ
  • スプレーボトル

やってはいけない猫に危険なハッカ油の使い方

ハッカ油は猫に危険?危険な理由と猫用ハッカ油
※画像はイメージです
ハッカ油の刺激的な匂いやハッカ油が薄めてあったとしても、精油で作られているハッカ油の液を猫にかけることはとても有害です。

猫の皮膚は人間よりも薄くなっていますので、ハッカ油を猫に直接かけてしまうことは非常に危険です。

猫の中毒症が突然現れることもあります。また知らずに使ってしまうと今後の猫の身体に悪い影響を与えることになります。

直接猫に吹きかける

ハッカ油は、猫には危険な成分が使われているので、絶対に直接スプレーを向けたりハッカ油を吹きかけないようにしてください。

猫が身体についた、ハッカ油を舐めてしまうことで、中毒症状を起こしてしまう危険性があります。絶対に猫には吹きかけてはいけません。

スプレーを付けた手で猫に触る

ハッカ油のスプレーを付けた手で、猫は絶対に触らないでください。触れることでハッカ油が猫の顔や毛に付着してしまう危険性があります。

猫はグルーミングで自分の体を舐める習性を持っているので、あなたの手についたハッカ油を舐めてしまうことになります。

これはハッカ油でけではなく、すべての精油やアロマオイルにも言えることなのでとても注意が必要です。

安全!猫用ハッカ油スプレー3選

市販で売られている、ハッカ油を使ったスプレーをご紹介いたします。人がいなくても自動に噴射するタイプもあります。

お庭に猫が侵入しないように使用するのには、手軽に使用することができる商品です。

猫用ハッカ油スプレー1:猫まわれ右 猫よけセンサースプレー

猫が家の庭に入らないために作られたモノです、電池式なのでコンセントをさす必要はなく、庭に置くだけなので設置も簡単です。

猫を飼っていない方が、猫が侵入しないように設置して使うにはとても便利な商品になっています。

センサーで猫を感知して、シューと吹きかけられると猫がびっくりして逃げていきます。猫のお庭のおしっこやフンの被害に悩んでいる方にでしょう。

猫用ハッカ油スプレー2:犬猫立入禁止速効スプレー

猫が庭に入らないようにするための商品です。猫が嫌がる臭いをスプレーで発射するすることができます。

自分でかけるスプレー式になっていて、猫が侵入しては困る場所に、事前にスブレーを撒いておくという使い方になります。

侵入してきて猫に直接かけることが絶対にやめておきましょう。、猫を飼っているお家での使用はやめておいたほうが良いでしょう。

猫用ハッカ油スプレー3:Hakka Care

カメムシ・蚊・ダニ・ブヨ・ゴキブリ・蜂・コバエ、ほとんどの虫はハッカの匂いが嫌いなので防虫効果になります。

消臭やミントの香りで芳香剤の役割をしてくれるので、香りでごまかすだけでなく、不快な臭いを根こそぎとりさる実力のある商品です。

Hakka Careを使用した際は、猫に液がつかないように配慮してください。

ハッカ油などの精油成分入は猫に危険なため注意しよう

ハッカ油は猫に危険?危険な理由と猫用ハッカ油
※画像はイメージです
猫には、ハッカ油の精油成分が入った商品を使うのは、とても危険です。ペット用と書いてあるものであったとしても、他の動物は大丈夫ですが、猫には使用しないようにしましょう。

猫は人と違い、ハッカ油の精油に含まれる成分を解毒する機能を身体に持っていないので、成分物質が身体に蓄積されて肝臓や腎臓に悪い影響出る場合があります。

できるだけ安易にハッカ油を猫の側では使用しないようにしましょう。

Related