Search

検索したいワードを入力してください

猫のマーキングの防止方法・しつけ方法・対処方法|消臭剤

更新日:2020年09月27日

室内で猫を飼っている方の中には、おしっこをかけるマーキング行為に悩まされている方もいるのではないでしょうか。今回は猫のマーキング行為について原因や対処法をいくつかご紹介します。また、有効な消臭剤の作り方もご紹介しています。

猫のマーキングの防止方法・しつけ方法・対処方法|消臭剤

どう対処すればいい?猫のマーキング行為

猫にはマーキングと呼ばれ、自分のなわばりににおいをつける習性があります。家具や人の足に体を擦り付けたり、爪を研いだりしているのがそれにあたります。中にはなわばりにおしっこをかけてマーキング行為をすることもあり、室内飼いの場合には厄介です。

猫を飼っている方の中にはこのマーキング行為に悩まされている方も少なくないのではないでしょうか。今回は猫のマーキングについて原因や対処法に焦点を当ててご紹介させて頂きます。

マーキングの防止方法

まず、猫がなぜマーキング行為を行うのか、考えられる原因とその対処方法についていくつか例を挙げてご紹介させて頂きます。下記のものがすべてというわけではありませんが参考にしてみてはいかがでしょうか。

マーキング行為の後始末を行う

においが残った場所では再びマーキング行為をしますのでにおいを消す必要があります。ペット用の消臭剤でにおいを消すことが重要です。消臭剤については後ほど記述しますが、それでもにおいが残るようでしたら熱湯をかけることでおしっこのにおい成分が分解され解消されます。

また、自分の気に入らないにおいがある場合にマーキングをして自分のにおいをつけることもあるため、においに気を配ることも大事です。

トイレ環境を改善する

トイレが汚れていることによってマーキング行為をするという可能性もあります。トイレが汚れていて気持ちよく排泄できないから別の場所でしてしまい、トイレが綺麗でもそれ以外の場所でも排泄をする習慣がついてしまうという場合もあります。

対処法としては常にトイレを綺麗にして猫が気持ちよく使えるようにすることです。猫は綺麗好きなため、トイレが清潔でないと別の場所で用を足してしまうことがあります。

ストレスを取り除く

新しい猫がうちにやってきたり、引っ越しを行った際などは猫にとってはストレスの原因になります。また、自分の縄張りを主張するためにマーキング行為をすることもあります。

この場合はストレスを取り除いてあげることが重要です。猫が寝ているときにあまり構いすぎないようにしたり、近寄って甘えてきたら遊んであげたり、隠れられる場所を用意してあげるなどストレスの原因にもよりますが解決方法はあります。またたびやキャットミントなど猫が好きなにおいがするものを置いておくのも効果的です。

去勢

一般的に性ホルモンが原因という場合が多いため、去勢をすることでだいたい解決できます。去勢をしてもマーキング行為が改善されない場合は上記のような不満やストレスが原因の可能性があります。

その場合にはなぜストレスを感じているのか、どうすればストレスを改善できるのか考える必要があるため様々な可能性を考えて対処していくことが必要です。

猫にマーキングをやめさせるには

前述のとおり、マーキング行為ををやめさせるために去勢をすることでだいたいのことは解決できます。それ以外の場合は不満やストレスが原因の可能性があるためその原因を突き止めて臨機応変に対処していくことが必要です。もちろんこれら以外にも原因は考えられますが、これらを解決することによってマーキング行為が改善される可能性は大きいです。

猫がマーキング行為した場合の対応としては、トイレサインを見つけることができれば猫がマーキング行為をする前にトイレにつれていくことで未然に防ぐことができます。
また、前述のとおりおしっこのにおいが残っていると、その場所で再びマーキング行為をすることがあるので完全ににおいがとりきれなかった場合にその場所を立ち入り禁止にするなどの対処方法も考えられるでしょう。アルミホイルや柑橘系のにおいなど猫の嫌いなものを置き近づけないようにします。

猫によるマーキングの対処方法

次のページ:メス・オス別のマーキングはいつから?

初回公開日:2017年11月13日

記載されている内容は2017年11月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related