Search

検索したいワードを入力してください

上昇中のサビ猫の可愛さとは?サビ猫の特徴と性格まとめ

初回公開日:2019年08月06日

更新日:2020年09月20日

記載されている内容は2019年08月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

上昇中のサビ猫とは?サビ猫は、優しい性格をしていて、猫界の中でも有数クラスの賢さなので、初心者の方にも比較的飼いやすい品種の猫です。また、個性的な柄をしていて、唯一無二の存在なのが魅力的です。ここでは、可愛い特徴を中心にご紹介していきます。

上昇中のサビ猫の可愛さとは?サビ猫の特徴と性格まとめ

サビ猫とは?

いま上昇中の可愛いサビ猫をご存知でしょうか。サビ猫というとピンと来ない方も多いのですが、誰しもが見たことのある可愛いの品種なんです。

その見た目から、鼻べちゃサビ柄や、雑巾猫、サビのかたまりなんて可哀想な名前で呼ばれることもあるのですが、それは黒色、茶色、グレー、白色などのまだら模様の毛色からくる呼び名です。

個体によって色の濃さや、混じり具合が違うので、唯一無二の存在とを得ています。

古くから日本に存在する猫

私たちがペットとして飼う猫の起源は、エジプトのイエネコです。リビアヤマネコという野生種だったのですが、害虫を駆除してくれることから大切にされるようになりました。

特に、農耕を営む人々にとっては、必要不可欠な存在となり、家畜化されたと考えられています。この家畜化された猫が、後にペットという文化となり、今日に至ります。

現在ではさまざまな品種の猫がいますが、サビ猫は三毛猫の一種で、三毛猫は突然変異や交配により生まれたと言われています。

比較的日本に多いとされていますが、世界各地に存在しています。

サビ猫の品種

サビ猫には、多くの呼び名があるのをご存知ですか?例えば、白色、茶色、黒色の3色は三毛猫と呼ばれ、縞模様はトラ猫、灰色が混じった猫は灰サビ猫と呼ばれます。他にもそれぞれの毛色によって呼び方が異なります。

また、保護活動者の間では、パステル・サビと呼ばれることもあります。これは、灰色が混じった毛色の猫ですが、グレーサビやブルーサビという呼び名が増えたからです。

サビ猫の美しい毛並みは、外国人からとても珍しがられています。英語では、トーティ・シェルと呼ばれています。これは、べっ甲色を意味します。

サビ猫の特徴

サビ猫の代表的な特徴は、やはりこの個性的で可愛い毛色です。全体的に黒っぽいと思えばお腹のあたりは白かったり、茶色のまだらに足元だけ黒色だったりと十人十色です。

サビのかたまりなんて言われますが、そんなことありません。

また、年月により毛色やヒゲに変化も出てくることがあります。毛の生え変わりの時期を機に、薄くなったり、濃くなったりする猫もいますし、ヒゲにグレーが混じったりもします。

こんな楽しみ方があるので、ますます愛着の湧く存在となっていきます。

2パターン存在する

ここまで、サビ猫の外見について説明をしてきましたが、大きく分けると2パターンに分けられます。

1つ目は黒に茶トラ柄が混ざったまだら模様のサビ、2つ目は茶トラ柄に黒が混ざったまだら模様のべっ甲と呼ばれています。

これは、どちらの配分が多いかによるので、分類しにくい個体も存在しますが、ぜひサビ猫を見かけた際はよく観察してみてください。

この、まだらの毛に覆われた複雑な柄が、可愛いサビ猫ファンが夢中になる1つの理由です。

サビ

サビは、黒に茶トラ柄が混ざったまだら模様なので、全体的に黒っぽい印象です。胸やお腹に淡い色の毛に、なっていることもあります。

べっ甲

べっ甲は、茶トラ柄に黒が混ざったまだら模様で茶色やベージュ、オレンジ色の印象です。こちらは光に当たると、より鮮やかな美しい色味に見えます。

ほとんどがメス

三毛猫のオスは珍しいというのは有名なので、ご存知の方は多いのですが、実はサビ猫も同じでとても希少な存在です。これは、猫の毛色を決める遺伝子の染色体に関係しています。

メスの染色体はXXなので、黒色と茶色の2色の毛色を同時に持つことができる一方、オスの染色体はXYなので1色となってしまいます。

稀に染色体異常の個体が生まれることがあるので、オスのサビ猫は非常に珍しいとされています。

猫も人間も比較的似ており、凛々しい顔のオスに対して、メスは愛嬌のある可愛い顔をしている場合が多いです。

サビ猫の可愛い特徴まとめ

それでは、そんな可愛いサビ猫の特徴をご紹介していきます。クリッとした瞳やふわふわの毛並み、それから頭が良く空気の読める魅力たっぷりの可愛い猫です。

そんな可愛いサビ猫を、見た目の可愛さと中身の可愛さに分けてみていきます。サビ猫のファンも多いので、グッズなど商品化しているものも多くあります。

例えば、猪又酒造さんで作られているサビ猫ロックという日本酒があります。

猫と音楽と日本酒を愛するすべての人に捧げるという意味を込めて作られており、純米の赤サビと特別純米の黒サビがあります。

見た目の可愛いところ

まずは、見た目の可愛いところからみていきます。メスが多いので、女性的な魅力がたっぷりです。お顔立ちもキュートですし、しなやかな身体付きです。

また、個性的でオンリーワンなサビ猫の毛質からは信じがたいほど、毛質もふんわりと繊細な触り心地なので、クセになってしまいます。

外見も行動も、見れば見るほど可愛いので、ぜひ機会があれば観察してみてください。大人しい性格なので撫でたり肉球を触らせてもらえたら、心を通わせてくれた証拠です。

可愛いところ

  • 表情が豊か
  • よく見ると美人で可愛い顔
  • 模様が個性的で唯一無二
  • 肉球が2色ある
  • 毛が繊細で気持ちがいい
  • しなやかでスリムな体型

表情が豊か

猫は一般的に表情が少ないと言われています。それは表情筋が少ないことが理由なのですが、サビ猫の表情は豊かです。それは、おっとりとした顔立ちによるものでしょう。

怒っている時、悲しい時、喜んでいる時、たくさんの表情をしっかりと見てあげてください。全く違うお顔をするので、見るたびに楽しくなります。

よく見ると美人で可愛い顔

ハードで強そうな毛並みのサビ猫ですが、実はとっても美人さんです。

丸みを帯びた柔らかい雰囲気と、くりっとした大きな目が特徴的です。オスは凛々しい顔立ちの個体が多いのですが、メスが圧倒的に多いので、ほとんどが該当します。

ハードに見えて、可愛い可愛い甘辛ミックスです。

模様が個性的で唯一無二

サビ猫の名前の由来ともなっている独特な毛色のサビ猫。この毛色を魅力的に感じるが多いです。

子猫の頃にははっきりしない模様の猫もいますが、成長とともに変化していく個性的な模様へハマっていく方が続出しています。

肉球が2色ある

多くのサビ猫は、肉球が2色になっています。

黒っぽい肉球と、ピンク色の肉球の両方を持ち合わせているキュートな手足です。ただでさえ可愛いのに、両方持ち合わせているなんて可愛さ倍増です。

毛が繊細で気持ちがいい

サビ猫の毛質はとても柔らかいです。全身にフワフワの毛を纏っているので、どこを触ってもとても気持ちが良いです。気分が良い時は、可愛いお顔で撫でて欲しいとおねだりしてきます。

ただし、デリケートで触ってほしくない部分もあるので、注意も必要です。

しなやかでスリムな体型

丸くて可愛いフワフワの毛で覆われているので、全体的に丸みを帯びているのですが、実はとってもスリムです。スタイルも良く、猫ならではのしなやかさを持ち合わせている美しい身体つきです。

性格の可愛いところ

ここまでは見た目の可愛いところをご紹介してきましたが、最後は性格の可愛いところです。我先にというタイプではなく、周りの様子を伺ってから行動する協調性をもちあわせています。

そのため、はじめは警戒心が強いのですが、強い信頼関係が築けると、べったりと甘え懐いてくる可愛い一面があります。

また、可愛いだけでなく頭がいいので、気配り上手です。また、母性本能が強く愛情豊かな品種なので、面倒見もよくトラブルが少ないです。

可愛いところ

  • 最初は凶暴
  • おとなしくて優しい
  • 繊細
  • 人見知り
  • 頭がよく賢い
  • ツンデレな部分も
  • 空気を読むことができる
  • 母性が強い

最初は凶暴

サビ猫は、懐くまでは少し時間がかかります。それは、猫界の中でもダントツの賢さのため、飼い始めたばかりの頃は警戒心が強く、凶暴な一面を見せてしまうこともあります。

慣れてくると、可愛い声で懐いてきますが、人間と同じで、初対面の相手には警戒します。

おとなしくて優しい

サビ猫は、穏やかな性格なので、病院の診察やなどでも暴れずに大人しくしてくれる子が多いです。他の猫の様子を伺ってから行動するという奥ゆかしさや、協調性の高さから良い性格の持ち主と言われています。

そのため、可愛いともてはやされることがあります。

繊細

性格が良いため、時にストレスを溜めてしまうことがあります。そんな時は、たっぷりと甘やかして可愛がってあげてください。そうすることで、認められていると安心してストレスを溜めにくくなります。

人見知り

サビ猫は、とても賢い性格の持ち主なので、初対面の人には警戒します。それでも、怖い人でないと分かったら、もう大丈夫です。人見知りな一面も、また可愛いところです。

はじめはゆっくりと接してあげてください。

頭がよく賢い

サビ猫の性格として、1番に挙げられる特徴と言えるほど、とても賢い猫です。おとなしい性格なので、暴れまわったりヤンチャをしたりするタイプはほとんどいません。

飼い主の表情や声色から、敏感に気持ちを感じとるのが上手なので、しつけがしやすいのが魅力です。

ツンデレな部分も

寂しがり屋でとても甘えん坊なので、飼い主にくっついて回ることが多いですが、気分屋な一面もあるので、適度なツンデレも楽しめます。これが猫好きにとってハマってしまう可愛い一面ではないでしょうか。

ただ、なるべくお留守番をする時間が少なくなるようにしてあげてください。

空気を読むことができる

猫は基本的にしつけが難しいとされていますが、サビ猫はしつけには苦労しません。周りをしっかりと観察して行動するので、空気を読むのがとても上手です。

一度注意されたことは即座に理解するので、繰り返すことはあまりありません。良いことをしたら、しっかりと褒めてあげましょう。

母性が強い

サビ猫は、遺伝子の関係上ほとんどメスが産まれます。メス猫なので、もともと母性本能が強くて愛情深い性格です。飼い主だけでなく、他の猫にも優しく接するので、多頭飼いにも向いている品種です。

まさに人間同様奥ゆかしい女性の様です。

可愛いサビ猫に魅力を感じる人が多くが上昇中!

可愛いサビ猫の特徴のまとめはいかがでしたか。初心者にも飼いやすい性格のため、これから猫を飼おうか考えている方にも、多頭飼いを検討している方にも品種です。

おっとりとした性格で頭の良いサビ猫のが上昇中です。

昔のように、雑巾猫や鼻べちゃサビ柄なんて呼ばせないくらい、可愛い魅力で溢れています。

Related