Search

検索したいワードを入力してください

ブラックタンのチワワの性格とは?毛色の種類別チワワの特徴も紹介

チワワはの高い犬種ですが、その種類や毛色はいろいろあり、中でもブラックタンの毛色のが高いです。また、チワワのような小さな犬種は気が強い性格をしていて、一緒に生活がしにくいと思っている人もいますが、飼い主に慣れるとよく懐いてくれる性格をしています。

ブラックタンのチワワの性格とは?毛色の種類別チワワの特徴も紹介
ブラックタンのチワワの性格とは?毛色の種類別チワワの特徴も紹介
※画像はイメージです

チワワのブラックタンの特徴

犬と一緒に生活をしているという人は多くいます。その犬の種類の中でも、小さくて可愛らしいチワワは安定しての高い犬種となっています。しかし、チワワと言っても、その種類や毛色はいろいろなります。

のあるチワワの中でも、さらにのある種類としてブラックタンという毛色があります。

チワワのブラックタンの特徴1:毛色

のあるチワワの中でも、ブラックタンという毛色がとなっています。ブラックタンはスムースコートにも、ロングコーロにも、どちらの毛質でもある毛色です。

ブラックタンの「タン」とは犬の眉や目の周り、頬の部分に入る斑点模様のことで、ブラックタンはこのタンの模様が入ったブラックベースの毛色のことです。

チワワのブラックタンの特徴2:大きさ

チワワの毛色がブラックタンであるからと、体の大きさが変わったりはしません。チワワの大きさは500gから3kgくらいまで、チワワの理想の体重は1kgから2kgくらいと言われています。

ただし、体重が1kgから2kgの範囲でないからといって、必ずしも不健康な体型になっているというわけではありません。

チワワのブラックタンの特徴3:寿命

ブルータンなどは、毛色の遺伝子によって健康面に影響が出ると言われることもありますが、ブラックタンの毛色はそのようなことはありません。

小型犬は大型犬よりも寿命は長く、チワワの寿命は10年から15年ほどとなっています。ただし、動物医療やドッグフードの品質向上などによって、犬の寿命は長くなってきています。

ブラックタンのチワワの性格1:気が強く攻撃的

体が小さいチワワは気弱な性格をしているという印象を持つ人もいます。しかし、チワワは気が強い性格をしていることが多く、自分よりも大きな体をした人や生き物を相手にしても、引き下がらない性格をしています。
歯を見せて鼻にシワを寄せる威嚇状態
しっぽを立てて毛を逆立てる攻撃体勢
しっぽが垂れていく緊張状態

ブラックタンのチワワの性格2:警戒心が強く人見知り

チワワが攻撃的な性格になりやすい原因の1つとして、チワワは警戒心が強い性格しているということがあります。警戒心が強い性格をしていることで、知らない人などを見ると吠えてしまったりなどします。
歯を見せて鼻にシワを寄せる威嚇状態
しっぽがだんだん垂れていく緊張状態
首をかしげる知らない音や声を聞こうとしている

ブラックタンのチワワの性格3:慣れると懐っこい

チワワは気が強い性格のことが多く、特にブラックタンは気が強い性格になりやすいと言われています。しかし、基本的には甘えん坊な性格をしているので、警戒心が解けるとよく懐いてくれる性格もしています。
目を見てくる何かを要求している
口をなめてくる甘えている
体をこすりつける愛情表現
大きくしっぽを振る喜んでいる

ブラックタンのチワワの性格4:飼い主に献身的

ブラックタンはチワワの中でも特に気が強い性格になりやすいと言われています。しかし、知らない人に向かって吠えるのは、自分の身を守るだけでなく、飼い主のことも守ろうとしている場合もあります。
歯を見せて鼻にシワを寄せる威嚇状態
目をそらす敵意がないことを示す
お腹を見せる信頼している
甘噛みをするじゃれている

ブラックタン以外にもなチワワの毛色7選

チワワののある毛色はブラックタンですが、チワワにはブラックタン以外にもいろいろな毛色もあります。毛色によって性格が大きく変わることはありませんが、毛色は見た目の印象に大きく関わります。

そのため、チワワを家族にするのであれば、ブラックタン以外にもどのような毛色があるのか把握しておきましょう。

チワワの毛色の種類1:クリーム

チワワの毛色で、ブラックタンと並んでが高い毛色はクリーム色です。ただし、チワワの毛色で単色というのは珍しいので、クリーム色の一色という毛色をしたチワワは少ないです。

そのため、クリーム色の毛色と言っても、完全にクリーム色というわけではなく、ホワイトなどの毛が部分的に混じった毛色になります。
クリームの特徴1ブラックタンと並んで人気の毛色
クリームの特徴2ホワイトが混じっていることが多い
価格相場17〜22万円

チワワの毛色の種類2:レッド

レッドの毛色にはいくつか種類があり、茶色よりのレッドやオレンジよりのレッド、クリーム色のレッドなどがあります。色が鮮やかでのある毛色ですが、レッドの毛色は成長すると、薄くなってしまうことが多いです。

そのため、子犬のときの毛色と、成長したときの毛色の印象が変わってしまうことにじゃ注意が必要です。
レッドの特徴1レッドのバリエーションがある
レッドの特徴2成長すると色が薄くなることもある
価格相場18〜21万円

チワワの毛色の種類3:ブラック

チワワの毛色で単色は珍しいです。そのため、真っ黒なチワワがいないこともないですが、チワワのブラックと言うと、ブラックタンのことを指すこともあります。

ブラックタンはチワワの毛色の中でもの高い毛色となっています。また、タンには色合いが濃いリッチタンと、色が薄めのライトタンに分けられます。
ブラックの特徴1単色は珍しい
ブラックの特徴2ブラックタンは人気が高い
価格相場18〜22万円

チワワの毛色の種類4:ホワイト

チワワの毛色では単色は珍しく、ブラックと同様にホワイトの毛色も1色というのは珍しいです。そのため、ホワイトの毛色では、基本的にはベースカラーがホワイトで部分的にベージュやクリームの毛が混じっています。

白い毛色は綺麗ですが、汚れが目立ちやすいので、しっかり毛のケアをしてあげる必要があります。
ホワイトの特徴1単色は珍しい
ホワイトの特徴2ベージュやクリームが混じる
価格相場18〜22万円

チワワの毛色の種類5:ブラックホワイト

ブラックホワイトはブラックとホワイトが混じった毛色となります。このブラックホワイトにタンの模様が入っていれば、ブラックタンとなります。

ブラックホワイトでは、ブラックとホワイトの毛色の割合や、どのようにブラックとホワイトの毛色が分かれているかには個体差があるので、その模様はいろいろとあります。
ブラックホワイトの特徴1毛色の割合には個体差がある
ブラックホワイトの特徴2タンが入るとブラックタンになる
価格相場18〜22万円

チワワの毛色の種類6:チョコタン

チョコタンはチョコレートタンの略のことで、チョコレートのような毛色にタンの模様が入っています。ただし、子犬のときは濃いチョコレート色をしていても、成長するとチョコレート色が薄くなることはあります。

全体的にブラックタンよりも淡い色をしていて、ブラックタンよりもチョコタンを好む人もいます。
チョコタンの特徴1チョコレート色がベース
チョコタンの特徴2成長すると毛色が薄くなることがある
価格相場18〜23万円

チワワの毛色の種類7:ブルータン

ブルータンは薄いブラックでブルーに色みがかった毛色をしていて、タンの模様が入っています。ブルーに色みがかった毛色はグレーやシルバーに似たような色味をしていて、綺麗な毛色で好まれることもあります。

ただし、ブルータンは珍しい毛色であり、また皮膚が弱いという特徴を持ってしまうこともあると言われています。
ブルータンの特徴1グレーやシルバーに似た毛色をしている
ブルータンの特徴2皮膚が弱くなる場合がある
価格相場18〜19万円

ブラックタンのチワワの毛の手入れ方法

チワワは強気な性格をしていますが、小柄な見た目の通りに実際には強いわけではありません。

暑さにも寒さにも弱いので室温管理をしてあげたり、毎日散歩にいく必要はありませんが、適度に運動をさせてストレスを発散をさせてあげる必要もあります。また、毛のケアをして、清潔を保ち、健康を守ってあげる必要もあります。

毛の手入れ方法1: 飼育環境を整える

チワワは強気な性格をしていますが、実際に体が強いわけではありません。そのため、飼い主はチワワの健康を守るためにも、まずは室温や運動スペースなどの飼育環境を整えてあげる必要があります。

また、滑りやすいフローリングや高いところからジャンプしたりなど、怪我の危険のある場所には対策をしておきましょう。

毛の手入れ方法2:スムースコートの場合

チワワの毛の種類にはスムースコートとロングコートの2種類があり、どちらの場合もこまめにブラッシングをして、抜け毛などを除去してあげないと、皮膚病の原因となってしまうことがあります。

また、ブラッシングで毛をケアしてあげないと、ブラックタンなどの綺麗な毛色がツヤをなくしてしまうこともあります。

毛の手入れ方法3:ロングコートの場合

ロングコートの場合もブラッシングは必要となります。また、チワワは垂れ耳であったり、ロングコートは毛が長くて耳の入り口が毛で覆われしまうことがあります。

そのため、イヤーローションとめん棒を使って、月に1回ほど耳のケアをしてあげましょう。スムースコートの場合も、毛は短いですが耳のケアは必要となります。

毛の手入れ方法4:トリミングの仕方

ブラックタンやホワイトなど、綺麗な毛色をしていると綺麗な毛並みを維持するためににトリミングをしてあげたいと思う飼い主もいます。しかし、チワワは基本的にはトリミングは必要ありません。

チワワの毛は抜けやすく、伸びにくいです。そのため、トリミングよりも、しっかりとブラッシングしてあげる方が良いでしょう。

チワワのブラックタンはペット初心者でも飼いやすい犬種

チワワはの犬種で、中でもブラックタンの毛色のが高いです。そんな小さなチワワは気が強い性格をしていて、一緒に生活することに適していない性格をしていると思っている人もいます。

しかし、チワワは気が強い性格をしていますが、基本的には甘えん坊な性格をしているので、飼い主に慣れるとよく懐いてくれます。

また、よく懐いたチワワは飼い主には忠誠心が強くなる性格もしているので、気が強い性格は逆に頼もしくもなります。もし、小型犬を家族にすることを検討するのであれば、チワワも選択肢の1つしても良いでしょう。

Related