Search

検索したいワードを入力してください

犬がなつく理由とは?犬がなつく方法と愛情表現についてご紹介

初回公開日:2019年08月29日

更新日:2019年08月29日

記載されている内容は2019年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

犬は数いる動物の中でも最も人懐っこい動物だと言われています。しかし、そもそもなぜ犬はこうも人になつくのでしょうか?この記事では犬が人になつく理由について徹底解説しています。また併せて、犬になつかれるための方法についてもご紹介しているのでご覧ください。

犬がなつく理由とは?犬がなつく方法と愛情表現についてご紹介

犬がなつく理由

犬がなつく理由とは?犬がなつく方法と愛情表現についてご紹介
犬は、数いるペットの中でも最も人になつくペットであると言われています。では、そもそもなぜ犬は人になつくのでしょうか?

ここではまず、犬が人になつく理由についてご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

犬がなつく理由

  • 優しい雰囲気を出している
  • 犬の習性
  • 安定的に食事をもらえる
  • 安全な寝床を得られる
  • 人になつきやすい遺伝子がある

犬がなつく理由1:優しい雰囲気を出している

犬が人になつく理由としてまずご紹介したいのが、優しい雰囲気を出しているからということです。

犬は非常に賢い生き物であり、人間のちょっとした表情や仕草からもその人物の内面を読み取ることに長けているため、優しい雰囲気の持ち主はそれだけで犬がなつく理由を持っています。

おっとりとしていて穏やかそうで、なおかつ自分に攻撃的な態度を取ってこなさそうだからこそ、犬はその人物に対して心を開き、なつくと言えます。

犬がなつく理由2:犬の習性

犬の習性という要因も、犬がなつく理由のひとつとして挙げられるでしょう。

犬は野生時代から群れで暮らしてきた動物ですので、自分以外の動物や人間に愛着を抱きやすいという習性を持っています。

このような理由から、犬は人間に嫌なことをされるなどの経験やトラウマを持っていない限り、基本的には人間に対してとてもフレンドリーです。

他の動物と比べると、かなり人懐っこい性格をしていると言えるでしょう。

犬がなつく理由3:安定的に食事が確保できる

犬がなつく理由のひとつとして、安定的に食事をもらえるからということも含まれます。犬は、自分に毎日ごはんをくれる相手に感謝と愛着を抱くようになります。

たとえば、家族の中でも毎日犬のごはんの用意をする人が犬から最もなつかれやすいと言えるでしょう。

というのも、犬は毎日「自分にご飯をくれる人=自分に好意的な人」だと考えるからです。

このような理由から、犬になつかれたいのならば、毎日ごはんやおやつのお世話を積極的にすべきだと言えるでしょう。

犬がなつく理由4:安全な寝床を得られる

安全な寝床を用意してもらえるからというのも、犬が人になつく理由のひとつに数えられるでしょう。

犬は自分のために暖かくて快適な寝床を与えてくれる人間に対して、信頼と愛情を感じます。

自分のために安全な寝床を用意してくれていると、犬はきちんと理解することができるからです。

このような理由から、犬は飼い主さんに対して愛情を抱き、しばしば親のように飼い主さんを慕うとでしょう。

犬がなつく理由5:人になつきやすい遺伝子がある

犬が人になつく理由のひとつとしてご紹介したいのが、人になつきやすい遺伝子を持っているからということです。

犬の歴史を紐解くと、犬の祖先である狼の中で、特別に人懐っこい性質をもった狼だけが人によって家畜化されたことが近年の研究でわかってきています。

人懐っこい特別な遺伝子が代々受け継がれた結果、今現在のように人間に飼育される犬が誕生したと言われています。

このような理由から、犬は人間に懐きやすい遺伝子を受け継いできたため、本能的かつ遺伝的に人になつくと考えられるでしょう。

犬になついてもらう方法

犬は人になつくものですが、人の接し方などによってはなかなかなついてもらえないこともあります。

ここからは犬になついてもらう方法についてご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

犬になついてもらう方法1:信頼関係を築く

犬になついてもらう方法としてまず実践すべきは、犬と信頼関係を築くということです。犬に信頼してもらうことこそが、犬に愛情や好意を抱いてもらうスタートラインにほかならないからです。

このような理由から、まずは犬からこちらに近づいてくれるのを待ち、こちらからいきなり距離感を縮めたり、犬に無理やり触るのを控えましょう。

また、犬に恐怖や不安を与えないようにゆっくりとした動作や優しい声色を心がけることも不可欠です。

犬になついてもらう方法2:適度な距離感を保つ

適切な距離感を保つというのも、犬になついてもらう方法のひとつとして挙げられるでしょう。

いくら人懐っこい性質をもつ犬と言えども、初対面で急に距離感を縮めてくる人間に対しては恐怖を感じてしまいます。

いきなり触ろうとしたり抱っこしようとするのは、犬が人を嫌いになる主な理由です。犬に嫌われる理由をきちんと知り、犬に不安や恐怖を与えないようにゆっくりと距離感を縮めていくことを心がけましょう。

犬になついてもらう方法3:落ち着いて接する

犬になついてもらう方法のひとつとしておすすめしたいのが、落ち着いて犬と接するようにするということです。

落ち着いて接しなければいけない理由は、犬に恐怖心や緊張感を与えないためということです。

犬が可愛いからと言って大きな声をあげて「キャー、可愛い!」と興奮したり、無理やりスキンシップをしようとすると嫌われてしまうことでしょう。

犬がなつく人は総じて穏やかで落ち着いた雰囲気を持っているものですので、注意して接しましょう。

犬になついてもらう方法4:犬の気持ちになって考える

犬の気持ちになって考えるというのも、犬がなつく人になるための方法として大切でしょう。

犬に触りたいという自分の気持ちを優先させるのではなく、「今触られると犬はどう感じるだろう」と、犬の立場に立って物事を考えるようにしてみてください。

犬がなつかないのには、きちんとした理由があります。犬の気持ちになって考え、行動を変えるようにすれば、犬がなつく人になれるはずです。

犬の愛情表現5選

以上では、犬が人になつく理由や犬がなつく人になるための方法についてご紹介してきました。では、犬はなついた人にどのような行動を取るのでしょうか?

ここからは、犬がよくする愛情表現をピックアップしてご紹介していきます。

犬の愛情表現1:しっぽを振る

犬の愛情表現として最もポピュラーなのが、しっぽを振るという仕草です。しっぽは犬の感情と直結しており、飼い主さんへの愛情を感じた時に自然としっぽが揺れるものです。

たとえば飼い主さんに撫でてもらった時や、飼い主さんが外出先から帰宅した時には「嬉しい」「大好き」という気持ちが溢れて、しっぽを激しくふることでしょう。

なお、ご紹介している動画のように、飼い主さんに自分の名前を呼ばれたという理由だけで嬉しくなってしっぽを振る犬さえいます。

犬の愛情表現2:笑顔をみせる

笑顔を見せてくれるというのも、犬の愛情表現のひとつとして挙げられるでしょう。

犬を飼ったことがない人からすると意外に感じるでしょうが、犬はとても表情豊かな動物であり、嬉しい時や楽しい時には満面の笑顔を見せてくれます。

たとえば、ご紹介している動画のワンちゃんのように、飼い主さんになでなでしてもらったことが嬉しくて、満足そうな笑顔を浮かべることも多いでしょう。

犬の愛情表現3:スリスリする

体や顔を飼い主さんの体にスリスリするというのも、犬がよくする愛情表現の仕草のひとつです。

犬が飼い主さんにスリスリするのは、「大好きだよ」「飼い主さんのぬくもりをもっと感じたいな」と愛情を伝え、甘えたいからだと言えます。

また、体をスリスリとすることで、愛する飼い主さんの匂いを自分の体に染みつけたいと考えているのでしょう。

犬の愛情表現4:仰向けでお腹を見せる

仰向けでお腹を見せてくれるというのも、犬がよくやるポピュラーな愛情表現として挙げられます。

急所であり最も弱い部分であるお腹を無防備に見せてくれるというのは、こちらのことを心から信頼してくれていることの証拠であり、飼い主さんとしては喜ぶべきことです。

飼い主さんが頭などを軽く撫でると、すぐにお腹を丸出しにして「お腹もなでなでして」とおねだりする甘えん坊な犬も多いでしょう。

犬の愛情表現5:顔をなめる

犬の愛情表現のひとつとして忘れてはならないのが、顔をなめるという仕草です。

犬が顔をなめるのは人間が愛する人・大切な人にキスをするのと同じ感覚であり、「大好きだよ」という気持ちを伝えようとしているからです。

飼い主さんのことが大好きすぎる犬は、毎日何度も飼い主さんにキスをしようとすることでしょう。飼い主さんのことを自分の親のように感じているはずです。

犬がなつく理由を知ろう

今回は犬が人になつく理由や犬になついてもらえない時の対処法などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

犬がなつく理由を知り、なついてもらえるような行動を心がけることで、犬との絆をさらに深めることができるはずです。

また、犬がなつかない人の特徴を知り、それを反面教師とすることで犬に愛される存在になれるでしょう。

Related