Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月10日

犬の好きな匂いとは?犬の好きな匂いと嗅覚についてご紹介

犬の嗅覚は人間のそれよりも何百万倍も発達していると言われています。鋭い嗅覚を持った犬だからこそ、私たちが気づかない匂いを敏感に察知できるのでしょう。この記事では犬の好きな匂い・嫌いな匂いについて特集しているので、ぜひ最後までご覧ください。

犬の好きな匂いとは?犬の好きな匂いと嗅覚についてご紹介

犬の嗅覚とは?

犬が人間よりもはるかに優れた嗅覚を持っていることは有名です。この記事では犬の嗅覚にまつわる情報や犬の好きな匂いについて特集しています。

まずここでは、犬の嗅覚に関する基本的な情報からチェックしていきましょう。

人間の100万倍

一般的に、犬の嗅覚は人間の100万倍も優れていると言われていることは有名です。

犬種によって嗅覚の鋭さには差があり、中でもブラッドハウンドやジャーマン・シェパードなどの犬種は犬の中でも頭抜けた嗅覚を持っています。

そのため、犬の嗅覚は人間よりも100万倍優れているというわけではなく、時と場合によってはその差は数千万倍まで広がると言われています。

匂いを伝達する嗅神経が発達している

では、そもそもなぜ犬は人間よりも何百万倍も優れた嗅覚を持っているのでしょうか?その秘密は、匂いを伝達する嗅神経が非常に発達しているという犬ならではの特徴にあります。

私たち人間も犬と同様に嗅神経によって匂いを感じ取っていますが、人間と犬のそれを比べてみると犬の嗅覚が優れているのは一目瞭然です。

嗅神経を構成する細胞は、人間は500万個ほどであるのに対して、犬はなんと1~2億個もあることが研究でわかっています。

このような優れた嗅神経ゆえに、犬は遠くから犬の好きな匂いがしても敏感にそれを察知することができるのでしょう。

匂いに反応する脳が発達している

犬の優れた嗅覚について知っておきたいポイントのひとつが、匂いに反応する脳の部位が発達しているということです。

嗅覚を司る脳の部位は右脳ですが、犬は人間に比べると匂いに関する脳の機能が非常に発達しているため、人間には感じることのないわずかな匂いであっても敏感に反応することができます。

たとえ睡眠中であっても、犬の鼻の近くに犬の好きな匂いのものを近づけると、犬は無意識のうちにひくひくと鼻を動かして犬の好きな匂いに反応することでしょう。

素早くかぎわけれる

素早く匂いを嗅ぎ分けることができるというのも、犬の嗅覚に関する基本情報のひとつに含まれるでしょう。

犬は優れた嗅覚をもつと同時に非常に賢い生き物でもあるため、ちょっと匂いを嗅いだだけでも、そこからさまざまな情報を読み取ったり匂いを正確に種類分けして嗅ぎ分けることが可能です。

だからこそ、犬は警察犬や麻薬探知犬として活躍してくれているのだと言えます。

犬の嗅覚がするどい理由

犬の好きな匂いについて詳しく見ていく前に、ここでは犬の嗅覚が発達している理由についてご紹介していきます。

犬が鋭い嗅覚をもつ理由を知れば、犬についてよりよく理解を深めることができるはずです。

犬の嗅覚がするどい理由1:えさの匂いをかいで判断するため

犬の嗅覚が鋭い理由としてまずご紹介したいのが、えさの匂いを嗅いで食べられるかどうかを判断する必要があるからということです。

人間のように火を使ってえさを調理し殺菌などを行うことができない犬は、嗅覚でもってえさが食べられるかどうか、お腹を壊さないかどうかを判断しなければ生きていくことができませんでした。

つまり、生き抜くための方法としてえさの分別のために嗅覚が発達したと言えるでしょう。

犬の嗅覚がするどい理由2:嗅覚細胞が1憶2000万~3憶個ある

嗅覚細胞が1億2000万~3億個もあるというのも、犬の嗅覚が鋭い理由のひとつとして挙げられるでしょう。

匂いを嗅ぎ分けるための細胞である嗅覚細胞が、犬は数いる動物の中でも頭抜けて多いため、他の動物には感じ取ることのできない匂いまで嗅ぎ取ることができます。

鋭すぎる嗅覚ゆえに、悪臭を敏感に感じ取ってストレスを感じてしまう犬も少なくありません。

愛犬にストレスを与えないためにも、犬の嫌いな匂いを遠ざけ、犬の好きな匂いをたくさん嗅がせてあげることが大切です。

犬の好きな匂い

では、犬の好きな匂いとはどのようなものなのでしょうか?ここからは、犬の好きな匂いをピックアップしてご紹介していきます。

愛犬の好きな匂いを知り、そのようなものを与えることで、愛犬を喜ばせてあげてみてはいかがでしょうか。

犬の好きな匂いとは?

  • 家族
  • タンパク質の多い食材(肉、魚、チーズなど)
  • 獲物
  • 群れ
  • 血液
  • 体液
  • 馴染みのある匂い

犬の好きな匂い1:家族

犬の好きな匂いとしてまず挙げられるのが、家族の匂いです。犬はとても愛情深い生き物ですので、愛する家族の体臭は犬の好きな匂いのトップ3に入ると言っても過言ではありません。

私たち人間の感覚からすると、たとえ家族と言えども体臭が強くする着用後の肌着・靴下は悪臭に感じられるものですが、これらは犬の好きな匂いに含まれます。

家族の匂いは犬の好きな匂いであると同時に、犬が安心してリラックスできる匂いでもあると言えるでしょう。

犬の好きな匂い2:タンパク質の多い食材(肉、魚、チーズなど)

タンパク質の多い食材も、犬の好きな匂いのひとつとして挙げられるでしょう。

お肉や魚、チーズなどの食べ物は犬の食欲をそそる美味しい匂いであるため、犬の好きな匂いの上位にランクインします。

飼い主さんが犬の離れたところでこっそりとこれらの食材を使った夜食を隠れて食べていると、犬は「美味しい匂いがする」と犬の好きな匂いにすぐさま反応します。

「何を食べてるの?」「美味しそうな匂いがするね」と聞くかのように、犬は飼い主さんのもとへやってくることでしょう。

犬の好きな匂い3:獲物

犬の好きな匂いのひとつとして、獲物の匂いも挙げられます。人間に飼われるようになったとは言え、狩猟本能を刺激される獲物の匂いは犬の好きな匂いの代表格だと言えるでしょう。

ここで言う獲物とは、たとえばうさぎやねずみなどの小動物を指します。

ただ、犬は種族が違っても小さい頃から生活を共にしていると、うさぎやハムスターなどであっても獲物として見なすことはありませんので、その点では安心してこれらのペットを共生させることができるでしょう。

犬の好きな匂い4:群れ

群れの匂いも、犬の好きな匂いのひとつに数えられるでしょう。もともと犬は群れを作って集団で生活をしてきた動物ですので、犬などの群れは犬の好きな匂いだと言えます。

社会性を十分に身に着けていて、なおかつ懐っこい性格をしている犬は、他の犬がたくさんいるドッグランなどで群れの匂いをかぎ取り、「なんだか楽しそう」「友達が作れそう」と興奮をします。

犬の好きな匂い5:血液

犬の好きな匂いのひとつとして知っておきたいのが、血液の匂いです。

もちろん全ての犬が血液が好きなわけではありませんが、それでも血液は獲物を射止めた時に嗅げる犬の好きな匂いに含まれると言えます。

つまり、動物の血液は犬の狩猟本能といった野性的な面を刺激するのでしょう。血液の匂いが十分に落ち切っていないお肉や魚は、犬の好きな匂いの代表格に挙げられます。

犬の好きな匂い6:体液

人間の体液も、犬の好きな匂いのひとつとして忘れてはなりません。

飼い主さんや家族のつばや汗などの体液は、大切な家族を直接感じ取ることのできる犬の好きな匂いだと言えます。

飼い主さんが運動をたくさんして汗をかくと、汗の匂いをかぎたがる犬も少なくありません。また、汗がいっぱいしみ込んだ飼い主さんの肌着なども、犬の好きな匂いとして挙げられるでしょう。

犬の好きな匂い7:馴染みのある匂い

犬の好きな匂いのひとつとして挙げられるのが、馴染みのある匂いです。日常的に嗅ぎなれている匂いは、犬にとって落ち着くことのできる好ましい匂いに感じられます。

たとえば自宅の匂いや自分の寝床の匂い、あるいは飼い主さんの洋服の匂いなどが馴染みのある匂いとして挙げられるでしょう。

犬をペットホテルなどに預ける時には、馴染みのある匂いのしみついたブランケットやおもちゃなどを持参すると、犬の不安や緊張を和らげることができるのでおすすめです。

犬の嫌いな匂い

では、犬の嫌いな匂いとは具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

ここからは、犬の嫌いな匂いをピックアップしてご紹介していきますので、犬を飼っている方は特に注意をしてチェックしてみてください。

犬の嫌いな匂いとは?

  • タバコ
  • アルコール
  • 柑橘系
  • 香水

犬の嫌いな匂い1:酢

犬の嫌いな匂いとしてまず挙げられるのが、お酢です。

お酢のすっぱい匂いは人間にとっても刺激的ですが、嗅覚が非常に発達した犬からすると痛みを感じるほどの刺激臭にほかなりません。

このような犬の習性を利用して、お酢を水で薄めたものをスプレーに入れ、犬が問題行動を起こした時にシュッと一拭きをしてしつけるという方法もあります。

犬の嫌いな匂い2:タバコ

タバコも、犬の嫌がる匂いの最たる例として挙げられるでしょう。

タバコは人間にとっても悪臭に感じられますが、優れた嗅覚をもつ犬からすると耐え難いほどの強い悪臭に感じられます。

また、タバコはその悪臭に加えて副流煙によって、犬の心だけでなく体にも悪影響を及ぼします。犬のことを考えるならば、タバコをやめたほうがベターだと言えるでしょう。

犬の嫌いな匂い3:アルコール

犬が嫌う匂いのひとつとして、アルコールも挙げられます。アルコールは犬にとって鼻を強く刺激する悪臭であるように感じられるからです。

加えて、アルコールを少しでも摂取すると犬は体調を崩してしまうため、本能的にアルコールの匂いを嫌うという側面もあります。

そのため、飼い主さんがお酒の匂いをぷんぷんさせていると犬が近寄ってこないこともあるでしょう。

犬の嫌いな匂い4:柑橘系

柑橘系の香りも、犬の嫌いな匂いのひとつに含まれます。私たち人間の感覚からすると柑橘系の香りは爽やかでよいものに感じられますが、犬からすると酸味が強く鼻を刺激する嫌な匂いです。

たとえば、グレープフルーツやミカン、八朔などのフルーツは犬が敬遠する匂いだと言えるでしょう。

また、柑橘系の香料を使った柔軟剤やミスト、ボディ用品なども犬は嫌うことが多いです。

犬の嫌いな匂い5:香水

犬の嫌いな匂いとして知っておきたいのが、香水です。

普段香水をつけない人間からしても香水は嫌な匂いに感じられやすいものですが、嗅覚の鋭い犬にとってはなおさら悪臭に感じられることでしょう。

人間の感覚では「ほのかなよい香り」であったとしても、犬からすると鼻が曲がるほどきつい匂いであることもしばしばです。

香水をつけていると、犬にスキンシップを拒まれることすらあるでしょう。

犬種による嗅覚の違い

犬種によって嗅覚には差があるということをご存知でしたでしょうか?

ここからは、犬種によって嗅覚がどのように異なるのかを2つの事例を上げながら詳しくご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

犬種による嗅覚の違い1:鼻の短い犬は鼻の長い犬種よりも少し劣る

犬種による嗅覚の違いとしてまずご紹介したいのが、鼻の短い犬は鼻の長い犬種よりも嗅覚がやや劣るということです。

匂いをかぎ取るための嗅覚細胞は鼻が長ければ長いほど多くなるので、鼻が短い犬種は嗅覚細胞が少なく、嗅覚がやや劣る傾向にあると言えます。

現に、鼻の短いパグのような犬種よりも、ジャーマン・シェパードのような鼻の長い犬のほうが警察犬や麻薬探知犬として嗅覚を活かした使役犬の役割を務めています。

犬種による嗅覚の違い2:鼻の長い犬は嗅覚に非常に優れている

以上でもご紹介したように、鼻の長い犬は嗅覚に非常に優れていると言えるでしょう。

鼻が長いと嗅覚細胞の面積も広くなりますので、鼻の短い犬が感じ取ることのできないわずかな匂いであっても、敏感にかぎ取ってそこからさまざまな情報を読み取ることができます。

とりわけ、ブラッドハウンドのような犬種は犬の中でもトップクラスの嗅覚を持っていることで知られています。

犬の好きな匂いを知ろう

今回は犬の嗅覚をテーマに、犬の好きな匂いや嫌いな匂いなどについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

犬は鋭い嗅覚を持っているからこそ、私たち人間が想像できないほどさまざまな匂いを敏感に察知し、そこから多くの情報を読み取ることができます。

匂いに敏感な犬のために、犬が嫌う匂いはその周囲から遠ざけるなどの配慮が必要になるでしょう。

Related