Search

検索したいワードを入力してください

犬用リュックキャリー・電車に乗ってもいいのか

更新日:2020年09月15日

犬を愛する愛犬たちの中で、犬用のリュック型キャリーが流行中です!この記事では、犬用のリュック型キャリーをたくさんご紹介します。あなたとあなたの愛犬が気に入るリュック型キャリーを探して、一緒にお出かけを楽しみましょう!

犬用リュックキャリー・電車に乗ってもいいのか

大の犬用リュックキャリーのは?

犬用のリュック型キャリーが大流行しているのをご存じでしょうか。犬用のキャリーといえばキャリーケースが定番でしたが、ケース自体が大きく重量感もあり、せっかくの犬とのお出かけをしても、キャリーケースを運ぶだけで疲れてしまうことも少なくありませんでしたが、最近犬用のリュック型キャリーが出始め、愛犬家達からのが高まってきています。

リュック型ならではメリットとして、両手が空くことや、デザイン性も高いものが多くファッションアイテムとしても愛されている、犬用のリュック型キャリーについて、を紹介します。

中型犬用

Moregem ペットキャリーバッグ 犬 猫用キャリー 肩掛けもできる ペット鞄 組み立て・折りたたみが簡単 リュック中型犬 拡張可能 通気性抜群 旅行バッグ お出かけ便利 5way仕様

中型犬のような重さと大きさを持ち合わせている犬の場合は、リュック型の中でも多様性のあるものがです。背負うこともできて、もちろん手提げのキャリーとして使用することもできます。長時間リュックの中にいなくてはならないのは、犬にとっても狭くてストレスになりかねませんので、こちらの商品のような縦型にも横型にも使えるキャリーのほうが犬への負担も少ないでしょう。

また使用しない時はコンパクトに折りたたんで収納することも可能ですので、お出かけにはピッタリな犬用のリュック型キャリーです。

おしゃれなリュック

Ange do Roses ペットキャリーバッグケース 犬 猫 兼用 小型犬キャリーケース リュック腰ベルト付き お出かけ便利 おしゃれ 通気性抜群 折りたたみ式食器付き

一見しても犬用のリュック型キャリーだと気が付かない人も多いであろうこちらの商品は、ファッションにこだわりのある飼い主達からのが高いです。シンプルなデザイン性は飼い主の洋服を選ぶこともありません。内容量も大きく、犬にとっても居心地の良い空間になるでしょう。

また、こちらの商品は価格も手が出しやすく1980円で購入することができます。リュック型キャリーに興味があるけど、犬が気に入るかどうかわからない場合、お試しで購入してみるにもちょうど良い価格でしょう。

君のベイマックス ペット用品 キャリーバッグ・スリング  宇宙船カプセル型ペットバッグ 犬猫兼用 ペット専用バッグ ネコ ニャンコ 犬 リュックサック ペット鞄 (ゴールド)

宇宙服を彷彿とさせるデザインの犬用のリュック型キャリーです。こちらはSNSでに火が付き、流行に敏感な飼い主達からのがとても高いです。プラスチック製の窓から、中にいる犬の様子が一目瞭然でわかりますので、飼い主の安心感も高いでしょう。

こちらの商品はカラーバリエーションも豊富です。お気に入りのカラーを見つけて、犬と楽しいお出かけをしてみるのはいかがでしょう。

耐荷重10kg

10kg程度の重さがある犬にはこちらのリュック型キャリーがです。こちらの商品の場合は、リュックの底面にキャリー用のタイヤが付いていますのでカートとして転がして歩くことも可能な2wayタイプです。犬と一緒に旅行に出掛ける時にも便利でしょう。

耐荷重は10kgまでですので、中型犬にもできるリュック型キャリーです。カラーバリエーションもありますので、犬の毛色に似合ったカラーを選ぶ楽しさもあるでしょう。

montbell

アウトドアや登山用品などでも有名なmontbellからも犬用のリュック型キャリーは販売されています。こちらの商品は一度使用してみると「さすがmontbell」と声を漏らしてしまいそうなクオリティです。リュック自体の内容量も大きいので、犬もリラックスできる姿勢で眠ることができます。キャリーケースには入りたがらない犬も、この商品なら入ってくれたという飼い主の喜びのコメントも多く寄せられています。

他の商品と比べると値段は少し高めですが、納得の安心感と信頼できる商品です。

犬用リュックにつけるハーネス

犬をリュック型キャリーで運ぶ際には、万が一の犬の落下防止のためにもハーネスをつけることがです。ではどのようはハーネスがなのでしょうか。

サイズが選べるハーネス

(DauStage) ハーネス リード 首輪 セット デニム 素材 選べる 4色 4サイズ 小型 中型 大型 犬用 トートバッグ付き (L, ブルー)

犬用のリュック型キャリーにつけるタイプのハーネスは多様な使い方ができるものがですが、リュックにハーネスを引っかけるような金具を付ければどんなハーネスでも付けることは可能ですので、犬が付けても嫌がらないハーネスを探してあげることが大切です。

こちらのハーネスはサイズを選ぶことができ、小型犬から大型犬まで対応可能です。また、ハーネスタイプと首輪タイプがセットになっているので、ハーネスが苦手な犬には首輪を、首輪が苦手な犬にはハーネスをつけてあげることができます。ハーネスと首輪、どちらにも犬にとってもメリットとデメリットが存在していますので、使用用途に従って選択をしてあげてください。

手作りリュックに犬を入れられる?

リュックではありませんが、リュックと同様に両手が空く犬を運ぶグッズの中で、手作りが可能なものがあります。それがドックスリングです。

ドックスリングとは、人間の赤ちゃんの抱っこ紐のような感覚のもので、布1枚で使用することができ、縦型の抱っこや横型の抱っこなどさまざまば体制に対応できる便利なアイテムです。それを犬も使用できる形にしたのがドックスリングです。

ドックスリングは手作りすることも可能です。大好きな犬のための手作りも楽しいでしょう。型紙を販売しているサイトもありますので、裁縫が得意な方は挑戦してみるのはいかがでしょうか。

犬をリュックに入れて電車に乗ってもいい?

犬と一緒にお出かけをする中で、電車に乗る機会もあるでしょう。他のキャリーと同様に、リュック型キャリーに犬を入れても電車に乗ることは可能です。キャリーケースの大きさ制限や、犬の運搬をする為の費用等は、利用をする鉄道会社への確認を忘れないでください。

犬を公共の乗り物に乗せる際は、できるだけ電車の空いている時間を選んだり、空いている車両に乗り込むことが大切です。電車には犬が苦手な人や犬のアレルギーを持っている人が乗っていることもありますので、犬の飼い主として責任を持ち、周囲に迷惑がかからないように配慮しましょう。

ただし、介助犬や補助犬の場合は条件が異なることが多いですので、電車を含む公共機関の乗り物を犬と利用する際には、利用前に利用の条件などを確認して、安心できる状態で乗り込みましょう。

犬用リュックで自転車に乗るときの注意点!

犬用のリュック型キャリーを背負えば両手が空くので、自転車に乗ることも可能です。どんな注意点があるでしょう。

まずはスピードを出しすぎないことです。慣れた道でついついスピードを出してしまいそうになるでしょうが、安全運転を心がけてください。更に、自転車で感じる段差は犬にももちろん衝撃を与えますので、段差を通過する場合にはより一層注意をし、犬がびっくりしてしまうことのないように、気を付けましょう。

またハーネスを付けることを忘れないでください。走行中の自転車から犬が落下してしまう事故を防ぐためにも、必ず忘れずに装着し、大切な犬を守ってあげましょう。

犬の避難時にはリュックが?

近年、災害が起きた地域で迷い犬となってしまった犬がいます。悲しいことのように聞こえますが、飼い主もそうしたくてしている訳ではありませんので、誰かを責めることはできません。しかし、そのような現状を踏まえ、できれば何か起きた時に飼っている犬と一緒に避難したいと考える飼い主は多いでしょう。

そんな時にも犬用のリュック型キャリーは力を発揮することができます。避難時に飼い主の両手を空けることができますし、リュックに犬の災害グッズを入れておくことも可能です。餌やトイレ用のシートなどと一緒に身軽に避難することができるのでです。

犬用のリュック型キャリーで楽しいお出かけを!

犬を飼っている人にとって、犬は大切な家族の一員です。そして犬も、家族である飼い主を一緒にお出かけできることをとても喜んでくれます。そんな時には便利なアイテムとして、犬用のリュック型キャリーを使用してみましょう。今まで感じていた煩わしさから解放され、犬とのお出かけをより一層楽しいものになるでしょう。

犬をリュック型キャリーに入れる時は、犬の様子を確認してあげることも大切ですので忘れないでください。夏の場合は暑いこともありますし、リュックの中で無理な姿勢になってしまっている可能性もあります。犬は言葉を話すことができませんので、飼い主として観察を忘れずに、楽しいお出かけをしましょう。

初回公開日:2017年11月28日

記載されている内容は2017年11月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related