Search

検索したいワードを入力してください

犬の水飲みにグッズ・適切な水飲み量と飲みすぎの原因

更新日:2020年09月15日

犬の「水飲み」は人間と同じく生きていくうえで欠かせないものです。今回は、犬の「水飲みグッズ」の紹介いたします。また、水飲みに最適な高さ、犬が水を飲みすぎてしまう原因などについても説明いたします。犬の「水飲み」のことをしっかりと把握しましょう!

犬の水飲みにグッズ・適切な水飲み量と飲みすぎの原因

犬にとっても「水飲み」は大事!

最近、自宅で犬を飼っているという方はたくさんいらっしゃいます。犬を飼う際に必要なグッズはゲージ、散歩用のリード、首輪、エサなどとたくさんあります。たくさんある犬のグッズでも「水飲み」に使う道具が犬にとって大事ということは知っていましたか。

私たち人間は「水」は生きていくうえで、なくてはならないものです。犬にとっても「水」は生きていくうえでなくてはならないもので、喉が渇いたら水を飲みます。

犬の「水飲み」は、飼い主がしっかり水を与えないと飲むことができません。また、「水飲み」に適した高さや形状を守らないと、犬は水を飲むことができません。

今回は、犬の「水飲み」になグッズや適切な水飲み量などについて説明いたします。

犬の水飲みにグッズを紹介!

犬の「水飲み」に相応しいグッズを紹介します。犬によって水飲みがしやすいグッズやかわいいグッズなど、犬の水飲みグッズがたくさんあります。自分のかわいい愛犬がとって、似合う水飲みグッズを探してみては、いかがでしょうか。

お皿

5ivepets 犬 ボウル ステンレス & ボウル

シンプルなデザインの「水飲み」を置きたいという人には「5ivepets 犬 ボウル ステンレス & ボウル」が。お皿が二つ付いているので、愛犬にエサと水を同時に与えることが出来ます。

軽量で錆びにくいのもするポイントのひとつです。軽くて、犬が勢いで水飲んでしまい、お皿が動いちゃうかもと思いがちですが、お皿を乗せている台には滑り止めがついているので、お皿が動いてしまう心配はありません。

「5ivepets 犬 ボウル ステンレス & ボウル」は洗いやすいので、忙しい家事の合間でサッと洗うことができます。

ペットボトル

犬用自動給水器

この水飲みはペットボトルを差し込むだけの犬用自動給水器です。水が少なくなると、自動的に水を容器にいれてくれます。

仕事が忙しく家にいる時間が少なくて、犬の水があるかどうか心配になってしまう人や、うっかり犬に水を与えるのを忘れてしまいがちの人にな水飲みグッズです。

猫につかうことができるので、犬と猫を一緒に飼っている人にです。

見た目も綺麗で、愛猫も早速飲んでくれました。
たくさん入るので長時間のお留守番にも安心です。
一つ感じた事は、一緒に泊まりに持って行く際にボトルの水が出ないようにキャップなどが付いているともっと便利だと思いました

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1K08DGYYHPP... |

ノズルタイプ

【ligangam】ウォーターディスペンサーヘッド

「ウォーターディスペンサーヘッド」は、犬のゲージにつけることができる水飲みグッズです。ペットボトルを差し込むだけなので、毎回、水を入れ替えるという手間がかかりません。

水を飲むところがノズルになっていて、犬が舌をつけると水を飲むことができます。気がつくと、ポタポタと水が垂れていて、ゲージが水浸しになっていたということがありません。

外出しているとき、寝ている時は、愛犬をゲージに入れているという方にな水飲みグッズです。

おしゃれ!

1stモール 【 安心安全 ステンレス製 】 動物用 自動給水器

犬の水飲みグッズをおしゃれなものにしたいという方には、1stモールの「動物用 自動給水器 ハート型MA-DOUMIZU」はいかがでしょうか。

ペットボトルを差し込んでノズル形式で水を飲むこともできますし、お皿に水をいれて飲むこともできます。自分のかわいい愛犬が好きなように水を飲むことが出来ます。

お皿は、ハート型になっているのもポイントです。特徴的な水飲みグッズとしてがあります。

犬の散歩時に携帯用水飲みグッズを紹介!

ペット 携帯給水器

暑い夏の日の散歩や犬と一緒に旅行に行くときには、携帯用の水飲みグッズを持ち歩くようにしましょう。

この「ペット 携帯給水器」は軽く、リュックやカバンにぶら下げることができるので、外出先の犬の水飲みグッズに最適です。犬が水を飲みやすいようになっているのも嬉しいです。

犬の水飲みに最適な高さや形状とは?

犬の水飲みグッズを選ぶときには、飼い主の好みに合わせて選んでしまいがちですが、一番はかわいい愛犬のことを考えてあげましょう。

水飲みグッズには、ノズルタイプやお皿タイプなどさまざまなタイプがあります。愛犬の大きさや性格にあった水飲みグッズを選びましょう。

スタンドの水飲みグッズを選ぶ場合は?

スタンド形式の水飲みを選ぶ場合には、高さがカンタンに調整できるかどうかを確認するようにしましょう。

スタンド形式で、高さをだしてしまうと、犬が水を飲みにくくなり首が疲れてしまいます。また、低すぎても犬が猫背になって水の飲むことになってしまう可能性もあるので、カラダが疲れてしまいます。

最適な高さは、犬が少し首を上げる程度です。負担にならないような高さで水が飲めるように設置するようにしてください。スタンド形式の水飲みを購入したら、愛犬の大きさに合わせて、高さを調整するようにしましょう。

台がある水飲みグッズの場合は?

水を飲むお皿をのせることができる台がついてる水飲みグッズは、とてもがあります。多くの台がある水飲みグッズは、お皿が2枚乗せられるようになっています。エサと水でわけることができて、便利ですが、間違えてエサを入れているお皿にお水をいれないようにしましょう。

台がある水飲みグッズの場合は、床にそのまま置くことができます。わざわざ片づける必要もなく便利ですが、購入時に台が滑りにくいかどうかを確認するようにしてください。犬が水を水を飲み終わってから、家中はしゃいだときに、台がある水飲みを倒してしまうときもあります。

滑りやすいと、水飲み器に入っていた水がこぼれてしまいますし、犬もつまずいて転倒してしまう可能性があります。犬がはしゃいでも邪魔にならない場所に設置しましょう。また、滑りにくい台を購入するようにしましょう。

犬の一日の適切な水飲み量

犬は人間と同じく、喉が渇いたときや暑い日に水を飲みます。しかし、愛犬が一日にどれぐらい水を飲んでいるのか把握していないという飼い主の方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

犬の水飲み量は決まっている!?

実は、犬には一日で水を飲む量が決まっています。日本の獣医医師会は「132×体重kgの0.75乗」という犬の水飲み量を発表しています。

いちいち計算してられないという方は、犬に水を与える際にペットボトルから水を水飲み器に注ぐようにしてみましょう。ペットボトルから水を注いで、注いだ量のところにメモリをつけていくと、どれぐらい愛犬が水を飲んだかを把握することができます。

犬は、体重1kgにつき、1日100ml以上の水の飲んでいる場合は、飲みすぎな傾向があります。犬が水を飲みすぎると、糖尿病や慢性腎不全などの病気になっている可能性があります。

犬が水飲みすぎる原因と対策

犬が水を飲みすぎてしまうと、下痢や嘔吐をしてしまうことがあります。ただの水の飲みすぎだと思ってしまいますが、実は、大きな病気が隠れている可能性があります。

犬が大量に水を飲んでいることが多くなり、下痢や嘔吐をしてしまったら、すぐに獣医さんに相談するようにしましょう。

下痢や嘔吐を繰り返している原因とは?

犬が水を飲みすぎて、下痢や嘔吐を繰り返していたら、糖尿病や甲状腺機能亢進症などの病気や泌尿器系の病気になっている可能性があります。複数の病気を抱えている可能性もあるので注意が必要です。

ただ、真夏の暑い日には、人間と同じく居ぬお多くの水を飲みがちです。日ごろから、どれぐらい水を飲むのか、どういう時に水を大量に飲んでしまうのかを把握してあげることも大切です。

対策はあるのか?

対策としては「いつもより異常に愛犬が水を飲むようになるようになったら、すぐに獣医さんに相談しにいく」ことです。

大切な愛犬です。体調の変化にすぐ気づくようにすることで、病気の進行を防ぐことができます。それぞれの病気によって、治療方法があるので、愛犬の大著が少しでもおかしかったら、獣医さんに相談する習慣をつけるようにしましょう。

犬の「水飲み」をしっかり確認しましょう!

犬のな「水飲み」グッズや水飲みの適切な量、水飲みすぎる原因と対策について説明いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

犬にとって「水飲み」は、私たち人間と同じぐらい大事なことです。いつも愛犬と一緒に暮らしていると、犬の「水飲み」は当たり前になってしまいますが、毎日どれぐらい水を飲んでいるかを確認するようにしましょう。

初回公開日:2017年11月03日

記載されている内容は2017年11月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related