Search

検索したいワードを入力してください

トイプードルの平均・最高寿命|タイニー/ティーカップ

更新日:2020年09月19日

小さくて、かわいらしいトイプードルですが、平均寿命を知っていますか。飼いやすいことから、の犬種です。トイプードルの平均寿命や長生きさせるためにできること、病気について紹介していきます。しっかり学んで、愛犬の寿命と向き合いましょう。

トイプードルの平均・最高寿命|タイニー/ティーカップ

種類別トイプードルの平均寿命

タイニープードルの寿命って?

タイニープードルの平均寿命は、14歳~15歳といわれています。タイニープードルとは、「とても小さなプードル」という意味で、その名のとおり小さいプードルです。大型犬と小型犬を比べると、小型犬のほうが長生きするといわれています。

性格も、トイプードルとほぼ同じです。賢くて運動神経抜群といわれています。体は小さくても、とても活発なので十分な散歩が必要です。

ティーカッププードルの平均寿命って?

一般的に、小型犬や超小型犬は寿命が長いといわれています。ティーカッププードルの平均寿命は、大体12歳~15歳くらいが寿命だといわれています。ティーカッププードルは、生後6か月~7か月ほどで成長が止まります。

体も小さいので、筋肉も骨もかなり弱い犬種です。体重は2kg以下で、トイプードルの中では一番体重が軽いです。

ミックス犬の平均寿命って?

ミックス犬の平均寿命について説明していきます。例にあげるのは、トイプードルとダックスフンドとのミックス犬「ダップー」です。ダップーの平均寿命は、小型犬と同じくらいの10歳~15歳といわれています。

トイプードルとダックスフンドに共通している性格が、ダップーの特徴ともいわれています。「陽気で活発、人懐っこくて好奇心旺盛」がダップーの性格の特徴です。トイプードルとダックスフンドは、もともと猟犬だったため、運動量は多めです。賢いため、しつけもしやすく飼いやすいです。

トイプードルの寿命をのばす方法

トイプードルの寿命をのばすためにできることって?

犬の寿命は、ここ最近でかなりのびてきています。その理由としてあげられるのが、室内で飼うより外で飼うことによってストレスから解放され、寿命がのびてきたといわれています。

ほかにも、動物病院が増えたことや、栄養のバランスが整ったドックフードが増えたこともあげられます。これから寿命をのばすためにできることを紹介していきます。

食事に気を付けよう

トイプードルの寿命をのばすためにできることの一つは、「食事の管理」です。今では、いろんな場所でたくさんのドックフードが販売されています。値段も量もいろいろあるのでどれがいいのか迷ってしまいます。

愛犬の年齢や不足している栄養素などで、ドックフードを選ぶことが大切になってきます。アレルギーを持っているトイプードルもいますが、最近では無添加、グレインフリーのドックフードも簡単に手に入ります。動物病院で進められたドックフードを選ぶことも大切です。

「愛犬に合ったドックフードを選びましょう」とよく聞きますが、愛犬に合ったドックフードといわれると難しいです。一体どんなものが愛犬に合っているのかしっかり観察することが大切です。ドックフードを食べさせているときの様子をしっかり観察しましょう。

嫌がって食べなかったり、アレルギー反応が出た場合はドックフードを変えましょう。おなかが弱い場合は、ドックフードをお湯でふやかしたりして食べさせてあげましょう。人間の食べ物は食べさせないことも大切です。

栄養素がしっかりしているドックフードを選ぶことと、人間の食べ物を与えないことが寿命をのばすために大切なことです。散歩中にも、除草剤のついた草をなめないように気を付けましょう。

病気の早期発見・早期治療

トイプードルの寿命をのばすためにできることの二つ目は、「病気の早期治療・早期発見」です。長生きしてもらうために、病気には気を付けましょう。トイプードルがかかりやすい病気を説明していきます。

・膝蓋骨脱臼

「膝蓋骨脱臼」という病気は、後ろ脚のひざの関節の皿が脱臼した状態になる病気です。この病気にならないようにするためには、筋肉を付けてあげることや標準体重をキープすることです。トイプードルが滑らない環境で生活することも大切です。

・クッシング症

「クッシング症」という病気は、脱毛、肥満、皮膚が薄くなるなどの症状が起きてきます。6歳以上のトイプードルによくみられます。とにかく、早期発見することが大切です。もしかして、とおもったらすぐに病院へ連れていきましょう。

・外耳炎、内耳炎

「外耳炎、内耳炎」という病気は、たれ耳の犬によく見られる病気です。耳をよくかいたり、臭かったら病気にかかっている可能性があります。定期的な耳掃除や、耳を持ち上げて影通しをよくしてあげることで予防できます。

・皮膚疾患

「皮膚疾患」という病気は、かゆみやふけが出てくる病気です。この病気は、まめにブラッシングしてあげたりシャンプーの頻度を減らしてあげることで予防することができます。

病気の早期発見・早期治療は寿命をのばすことに繋がります。日々の生活で気になることがあればすぐに病院へ連れていってあげましょう。定期検診を受けることも病気の早期発見・早期治療につながります。トイプードルのかかりやすい病気について覚えておきましょう。

ストレスをなくそう

トイプードルは、とても賢い犬種なのでストレスを感じやすいといわれています。運動不足や睡眠不足はストレスに繋がるので気を付けてあげましょう。

どの犬にも言えることですが、犬の主なストレスの原因は「さみしさ」です。さみしさから毛を抜いてしまったり、食事をあまりたべなくなったりすることもあります。これは、ストレスを感じているため起こる症状です。長時間のお留守番を避けたり、一緒に遊んであげることでストレスをなくすことができます。1日でも長生きしてもらえるように、できることを考えましょう。

ギネスに掲載された最高寿命

次のページ:去勢したトイプードルの寿命って?

初回公開日:2017年10月28日

記載されている内容は2017年10月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related