Search

検索したいワードを入力してください

一人暮らしで犬を飼う際の対策や注意点|犬種などもご紹介!

更新日:2020年08月30日

一人暮らしでも、犬と一緒なら寂しがり屋な方も、家に帰ったら自分を待ってくれる存在が出来ます。勿論、犬が好きで一人暮らしでも犬を飼いたい人もいるでしょう。では、一人暮らしで犬を飼うにはどうすれば良いのか、犬種など、知っていきましょう。

一人暮らしで犬を飼う際の対策や注意点|犬種などもご紹介!

一人暮らしで犬を飼うことはできるか

一人暮らしでも、犬を飼う事は出来ます。そのためには、自分のライフスタイルの中で、犬という存在が中心になります。

金銭面や、賃貸について知っておくべき知識をとりいれていきましょう。

犬を飼う前に知っておくべき必要最低条件

一人暮らしで犬を飼う場合には、必要な条件があります。一人暮らしなので、誰かが犬の面倒を見てくれているわけではありません。

金銭的余裕や、賃貸に関しても、一人暮らしだからこそではなくとも大変な面が多くあります。

必要最低条件

  1. 金銭的に余裕があるか
  2. 犬中心の生活スタイルにする覚悟
  3. 自分自身と犬の寿命
  4. 引越しの予定が当分ない
  5. ペット可の賃貸物件に住んでいる
  6. 留守番ができるようにしつける

必要最低条件1:金銭的に余裕があるか

犬を飼うにあたり、金銭的に余裕がないといけません。単純に今の生活に、犬の生活費がプラスされます。

例えば、犬のための食費や首輪やオモチャなどの雑費、フェンスやリード、他必要なものは沢山あります。

犬も人と一緒で、病院に行かないといけないこともありますし、大切に育てたい人ならばペット保険に加入することもあるでしょう。

必要最低条件2:犬中心の生活スタイルにする覚悟

一人暮らしだからこそ、犬中心の生活スタイルになります。誰かが、犬の面倒を見てくれるわけではないので、犬の世話は自分がやるしかないといっても過言じゃありません。

例えば、ペット同伴のオフィスもありますが、そういった職場でない限り四六時中見れるわけではありません。最低限家で留守番をしている犬のための環境は用意する必要があります。

今では、家でのペットの行動を監視するためのネットカメラなどが普及していますが、そういった生活環境作りが必要となります。

必要最低条件3:自分自身と犬の寿命

犬の平均寿命は、12~15年といわれているので、犬の一生を自分自身が共にする必要があります。

自分がいなければ犬を世話する人はいないので、自分自身の健康も大切にする必要があります。

一人暮らしだからこそ、風邪などの病気に気をつけ、犬の体調管理もしてあげる必要があります。

必要最低条件4:引越しの予定が当分ない

犬は環境変化に大きなストレスを受けてしまいます。一人暮らしで犬を飼う際に、引越しの予定が当分ないか、今の仕事は頻繁に出張があるような仕事でないかを考える必要があります。

頻繁な引越しが犬のストレスになり、それによって犬自身が病に伏せてしまったら、とても可愛そうですし、あなた自身にとっても苦しいことでしょう。

必要最低条件5:ペット可の賃貸物件に住んでいる

先ず何よりも、ペット可の賃貸物件に住んでいないと一人暮らしで犬は飼えません。今の賃貸が、ペットを飼ってもよいかを確認しましょう。

ペット不可の物件で、犬の存在を隠しながら飼っても、犬は吠える動物ですし、絶対にどのような形でもバレてしまいます。

そして、自分自身も一人暮らしをするにあたり不自由ない物件を選びましょう。

必要最低条件6:留守番ができるようにしつける

犬に留守番をしてもらわなければならない事は多々あります。仕事へ出かけたり、買い物などに出かける際にも、犬が留守番できるようにしつける事が大切です。

勿論、犬が留守番できるような環境作りが必要になります。犬が留守番できるような環境と、留守番できるようにしつけることにより、一人暮らしでも犬を飼うことが出来ます。
次のページ:一人暮らしで犬を飼う際に必要な費用

初回公開日:2019年08月01日

記載されている内容は2019年08月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related