Search

検索したいワードを入力してください

柴犬は外飼いをしても大丈夫?柴犬を外飼いする時の注意点をご紹介

初回公開日:2019年08月30日

更新日:2019年08月30日

記載されている内容は2019年08月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

柴犬は外飼いすることができるのでしょうか?外飼いすることのメリット・デメリットや注意点、外飼いにはどんな犬種が向いているのか、外飼いする時に必要なオススメグッズについて解説します。柴犬を外で飼うか室内で飼うか迷っている方にわかりやすく説明しています。

柴犬は外飼いをしても大丈夫?柴犬を外飼いする時の注意点をご紹介

犬を外飼いするメリットとデメリットとは?

最近は庭で飼われる外犬を見かけることが少なくなりましたが、外飼いで犬を飼ってみたい方もいるのではないでしょうか?

屋外犬として犬を飼うことにはどんなメリットとデメリットがあるのか詳しく説明します。

犬を外飼いするメリット

犬を外飼いするメリットは、人間の居住空間と犬の居住空間を分けやすいことです。

室内で飼育する場合は、人間の生活スペースの中に犬の居場所や行動する場所を確保しなければなりません。

室内に十分なスペースが足りない場合や、犬を飼いたいけれど抜け毛や臭いや汚れなど衛生面が気になる人は多いです。

特に小さいお子さんがいたり、頻繁に人を招く習慣のある方は犬を外飼いする飼い方の方が適している場合もあるのではないでしょうか?

抜け毛の心配がない

柴犬を飼っていると「こんなに毛が抜けるの?この毛でもう一匹柴犬ができそうだわ」と言いたくなるくらい毛が抜ける時期があります。

夏と冬になる前の換毛期は、体を気温に対応させる準備でたくさん毛が生え変わるため、室内で飼っていると柴犬の抜け毛をあちらこちらに見かけます。

外飼いであれば、抜け毛が近所の家の周辺に飛び散らないよう配慮は必要ですが、室内での抜け毛に悩まされることはないでしょう。

犬の臭いがつかない

室内で犬を飼っていると、こまめに掃除していてもどうしても犬の臭いが部屋についてしまうことが多いですが、外飼いでしたらその心配はありません。

柴犬は比較的臭いの少ない犬種で、きれい好きな性格なので部屋ではなく散歩の時に外でトイレをしている子も多いです。

そのため室内に臭いが残りにくいと言われていますが、普段その家に住んでいない人が来たら「犬のにおいがするな」とわかる程度は臭ってしまう可能性があります。

室内のものをイタズラできない

犬を家の中で飼うと、大事なものや犬が誤飲しそうな細かいものなどの管理に気をつけなくてはなりませんが、室外犬の場合はその心配をする必要がありません。

家具の脚などを噛んで傷つけでしまったり、調理中に落ちたりした犬が食べてはいけない食品を誤飲する場合があります。

家具のダメージや犬の誤飲を避けられる点は、犬を外で飼うことの大きなメリットです。

散歩後の汚れ取りをしなくていい

散歩の度に柴犬の足を洗ったり、体をきれいに拭くことは思いのほか重労働です。特に柴犬は散歩が大好きなので、基本的に朝晩1回ずつの散歩が必要となります。

散歩した後室内に入れるとなると、柴犬の足や体をかなり丁寧に拭き、汚れを取らなくてはなりません。

家の外で飼う場合は、あまり神経質にならずにある程度きれいになれば良しとできるため、飼い主の負担を減らしてくれます。

犬を外飼いするデメリット

犬を外飼いすることは、人と犬の生活エリアを分けられることでメリットもたくさんある反面、犬の様子をきめ細かく把握できないことで起こるデメリットがあります。

外飼いで犬の様子が把握しづらい状況だと、不測の事態にすばやく対応できない場合があります。

室内で犬と一緒に過ごすよりも、犬自身の安全を確保しづらい面があることを念頭に置いて、外飼いで柴犬が過ごすスペースの環境を整えていくと良いでしょう。

脱走の危険性がある

庭などのスペースに柴犬を繋がずに自由にしているケースや、繋いでいても何らかの理由で鎖やリードが外れてしまった場合、脱走の恐れがあります。

家族や来訪者の出入りのときに、門扉を閉め忘れてしまうことはよくありますが、柴犬がつながれていないタイミングと重なってしまうと脱走の危険性が高まります。

柴犬が脱走して家に戻れず迷子になってしまうこともあるので、脱走対策はしっかりしておきましょう。

汚れてしまう

屋外で柴犬が過ごすということは、風によって飛んでくる砂ぼこりにさらされやすいため、室内犬よりも体に汚れがつきやすくなってしまいます。

家の周りの環境や風向きで庭に砂ぼこりが飛んで来やすい場合は、犬小屋を風が直接当たりにくい場所に設置するなど検討してみましょう。

散歩が終わったら柴犬の体をブラッシングし、蒸しタオルで拭いてあげると清潔を保てますし、柴犬とのスキンシップにもなるのでおすすめです。

悪天候時に困る

台風の際の暴風雨など悪天候の時、さすがに外で飼う犬をそのままにしておくわけにはいきません。

台風の時の雨風の威力はすさまじく、折れた木や外にある色々なものが飛んできて大変危険ですし、柴犬の体もびしょ濡れになってしまいます。

激しい雨や風の音や勢いに柴犬も「怖いよう。おうちに入りたいよ」と心細くなってしまいます。外で飼う犬であっても柴犬の安全のために、悪天候時は屋内に入れてあげましょう。

よその家に迷惑をかける

柴犬の外飼いをしていて柴犬が頻繁にほえてしまう場合、鳴き声がよその家の迷惑となりご近所との関係が悪化してしまうことがあります。

柴犬がよく吠える原因として、柴犬のストレスが溜まっていたり子犬の頃からのしつけ不足が考えられます。

外飼いでも柴犬が寂しくさせないようできるときは遊んであげたり、しつけに困る時はドッグトレーナーなどのプロに相談してみましょう。

柴犬は外飼いが可能なのか?

結論からいうと柴犬を外で飼うことは可能です。もともと柴犬は外飼いできる犬としての要素を備えている犬種と言えます。

柴犬を飼うことを検討中でしたら、ぜひ外飼いと室内飼いの注意点をチェックしておきましょう。

柴犬を外飼いする時の注意点

柴犬を外飼いする時の注意点で大切なことは、犬が快適に過ごせる環境であるかどうかと犬の安全が確保されていることです。

柴犬の外飼いで具体的にどんなことに注意するかポイントを押さえ理解を深めていきましょう。

柴犬を外飼いする時の注意点

  1. 夏の暑さ対策と冬の寒さ対策
  2. 蚊の対策
  3. 脱走対策

柴犬を外飼いする時の注意点1:夏の暑さ対策と冬の寒さ対策

夏の暑さと冬の寒さの対策は、柴犬が外飼いで快適に過ごす上で欠かすことのできない必須の項目です。

柴犬は比較的寒さには強い方ですが暑さには弱いため、特に夏は日差しが直接当たる場所に犬舎を置かずに日陰を作ったり風通しのよい場所に設置しましょう。

寒さには比較的強いと言っても寒さ対策は必要です。犬小屋に毛布などを入れる、犬舎の周りを段ボールなどで囲うなどすると冷気が入りにくくなるのでおすすめです。

対策をしても暑さ寒さが厳しい時期は、玄関などでもいいので屋内に入れてあげることも検討しましょう。

柴犬を外飼いする時の注意点2:蚊の対策

柴犬を外飼いしていると室内飼いよりも、蚊に刺されるリスクが高くなります。柴犬を外飼いする時は、できるだけ蚊を寄せ付けないようにする対策をとりましょう。

蚊の侵入を物理的に防ぐ方法は蚊帳を張ることです。もし犬小屋の周りを蚊帳で囲めそうであれば夏の間は蚊帳を吊ることがおすすめです。

蚊が嫌う臭いのするハーブを植えたり、犬用の蚊取り線香を犬小屋の周りに置くことも蚊の対策として有効です。

柴犬を外飼いする時の注意点3:脱走対策

柴犬の脱走を防ぐためには、普段から戸締りをしっかり行い、犬舎の周りをケージやフェンスで囲い物理的に犬が通れる隙間をなくすことが最も重要です。

万が一脱走できてしまいそうな隙間ができてしまったときのために、「待て」や「おいで」などのコマンドができるようにしつけることもしておくとよいでしょう。

脱走の理由が発情期の異性の犬のニオイにつられてということもありますので、外で犬を飼うにあたって飼い始めてから一年以内に去勢や避妊手術を済ませておくと安心です。

柴犬を室内飼いする時の注意点

柴犬を室内で飼う時は、犬が安心して過ごせる環境を整えたり人間の生活と線引きをすることが大切です。

室内で一緒に犬と過ごす時間は楽しいものですが、甘やかし過ぎて問題が起きないよう注意点を見ていきましょう。

柴犬を室内飼いする時の注意点

  1. 指定場所を作る
  2. 噛み癖に注意する
  3. 人間の食べ物をあげない

柴犬を室内飼いする時の注意点1:指定場所を作る

犬には自分だけの安心できる場所が必要ですので、柴犬室内飼いケージを使い専用のスペースを部屋の中の決まった場所に作ってあげましょう。

壁にぴったりケージを設置すると隙間から顔を出し壁をかじって壁紙などを傷つけてしまう恐れがあります。壁から少し離して設置できるところを指定場所にするとよいでしょう。

柴犬はきれい好きなので、安心できる寝床でもあるくつろぎのスペースとトイレのサークルなどは別の離れた場所に設置するようにしましょう。

柴犬を室内飼いする時の注意点2:噛み癖に注意する

噛み癖は子犬の頃によく見られますが、ひどくなると室内に落ちている物の誤飲や怪我などのトラブルに発展する恐れがあり、危険ですのでなるべく早めに直すことが理想的です。

子犬の噛み癖の理由は、生え始めの歯がかゆい、コミュニケーション、ストレスなどがありますが放っておくと成犬になっても直らないことがあります。

噛んでもよいおもちゃを与え、それ以外のモノや人を噛む場合ははっきり「ダメ」と示して徐々にしつけをしていきましょう。

柴犬を室内飼いする時の注意点3:人間の食べ物をあげない

いくら人の食べているものを犬が欲しがったとしても、人間の食べ物をあげるのはよくありません。

人間の食べ物は塩分が多く、犬が食べてはいけないネギなどの食品が含まれるものもあり、犬の体にとって良くないからです。

食べ物を欲しがる姿はとてもかわいいですが、柴犬の健康のため心を鬼にして線引きをするようにしましょう。

柴犬以外の外飼いが可能な犬種

柴犬以外で外で飼える犬種はどんな犬種がいるのでしょうか?日本の風土に適応しやすく四季の気候の変化に対応できることが外で飼える犬の条件となります。

外飼い可能な犬種の特徴を具体的に理解していきましょう。

柴犬以外の外飼いが可能な犬種1:日本犬

日本原産の秋田犬、紀州犬、甲斐犬など犬種は、外飼いの犬として適しています。

古くから日本犬は猟犬や番犬といった、人間の良きパートナーとして暮らしてきた歴史がありますので、日本の四季の気候の変化に対応できる性質を持ち合わせた犬種が多いです。

日本犬は独立心の強い性格の犬が多いため、常に家族とべったりではない外飼いの環境でも大丈夫でしょう。

日本犬は全体的に外飼いに向いていますが、犬の性格や体質には個体差がありますので外飼いが難しそうな子であれば室内飼いも検討しましょう。

柴犬以外の外飼いが可能な犬種2:ダブルコート

ダブルコートとは表層の硬めの毛と内側の柔らかく密集した毛の二層構造の毛を持つ犬種のことです。

ダブルコートの犬は内側の柔らかい密集した毛に保温効果があり寒さに強いです。寒さに強くないと外飼いは厳しいので、外飼いするならダブルコートの犬種を選びましょう。

ダブルコートで外飼いに向いている犬種は柴犬や日本犬のほかにコーギー、レトリーバー、ハスキーなどがいます。

ダブルコートの犬は寒さに強い性質がありますが、暑さに弱いという面があります。夏の暑さが厳しいときは環境に気をつけましょう。

寒い地域の犬

日本の寒い冬の季節を外飼いで過ごすには、寒さに強い性質の犬種が良いでしょう。寒い地域が原産の犬は低い気温に適応できる体質ですのでおすすめです。

日本犬だと北海道犬や秋田犬、外国産の犬種ではシベリアンハスキーやサモエド、コーギーなどは寒さに強いです。

寒さに強いといってもなるべく快適に過ごせるほうが犬にストレスを与えませんので、寒さ対策として毛布を入れたり風よけを作ってあげましょう。

柴犬を外飼いする時のオススメグッズ

柴犬の外飼いする時はどんなものを揃えておけばよいのでしょうか?屋外飼育おすすめのグッズを紹介していきます。

飼い始めの時期に揃えておくと安心のグッズを紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。
オススメグッズ種類値段
犬小屋5,000円~30,000円
リード2,000円~4,000円
蚊の対策グッズ1,000円前後

柴犬を外飼いする時のオススメグッズ1:犬小屋

柴犬が外飼いで居心地よく過ごせるよう、まずは犬小屋を手に入れましょう。犬小屋の種類はたくさんありますので予算と快適性を考えて検討するとよいでしょう。

お手頃価格のプラスチック製のものは、軽くて持ち運びしやすく丸洗いできますが劣化しやすいので数年で買い替えが必要です。

木製の犬小屋は通気性がよく快適に過ごせます。重さがあり持ち運びは気軽にしずらいので場所をよく検討して設置するのがおすすめです。

他にもログハウス調や囲いが付いたちょっと高級なものなどがありますので、予算や広さを考えて選んでみてください♪

柴犬を外飼いする時のオススメグッズ2:リード

散歩終わりで何かを取りに行くなど一時的につないでおくなら、散歩用のリードを使っても良いですが、長さが短く犬の自由が制限されやすいので短時間に留めましょう。

犬舎の周りにつなぐ必要がある時は、係留用のリードやケーブルを使うと十分な長さがあるのでおすすめです。絡まり防止の工夫があるポールやフックなどと一緒に使うとよいでしょう。

常時繋いでの外飼いは、柴犬のストレスがたまり問題行動の原因となる場合があります。脱走対策を十分した上で、犬用のスペース内では自由にしておく犬の飼い方が理想的です。

柴犬を外飼いする時のオススメグッズ3:蚊の対策グッズ

手軽にできる蚊よけ対策といえば、蚊取り線香を犬小屋の近くで焚くことです。蚊取り線香には人間用を動物用がありますが、動物用またはペット用のものを使いましょう。

ペットにも使える蚊取り線香は人間用に比べて燃焼時間が長く設定されています。蚊への忌避成分は人間用もペット用も同じ「ピレスロイド」という成分です。

なるべく犬の体に優しいものをお考えならば、除虫菊からの天然の有効成分「ピレトリン」を材料とした製品がおすすめです。

蚊帳や犬用の虫よけスプレーなど、複数の方法を組み合わせるのも良いでしょう。

柴犬は外飼いをしても大丈夫!

元々、柴犬は外飼いに向いている犬種ということがわかりました。犬小屋の置ける庭がある方は柴犬の外飼いを検討してみてはいかがでしょうか?

外の景色や心地良い風、四季の変化を感じられる外飼いは柴犬にとって良い刺激になり退屈しないことでしょう。

状況によっては屋内に入れてあげることも必要ですが、外飼いの注意点に配慮して飼育環境を整え、柴犬の外飼いライフを楽しんでみてください♪

Related