Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月10日

犬用おすすめの留守番カメラと犬を長時間留守番させるコツ

犬を飼いたいけど、仕事が忙しくて家を留守にしがちという方も多いですよね。今回は、犬用のおすすめ留守番カメラと犬を留守番させるコツについてご紹介します。留守番カメラがあれば、外出先からでも犬の様子が分かることができます。また、コツさえ守れば犬も留守番できます。

犬用おすすめの留守番カメラと犬を長時間留守番させるコツ

犬用おすすめの留守番カメラと犬を長時間留守番させるコツ

犬を飼いたいけど、平日は仕事で家にいる時間が少なくて、留守番させてしまうのがかわいそうで飼う勇気がでない。犬を飼っているけど、外出することが多くて犬を留守番させてしまいがちで心配、という犬好きの方は多くいらっしゃいます。

確かに、カワイイ愛犬だけを家で留守番させてしまうのは可愛そうでなんだか心配です。今回は、カワイイ愛犬を留守番させることが多い方のために役立つ情報をお伝えしていきます。犬を留守番させるコツ、留守番用カメラ、おりこうに留守番できるようにする方法などを紹介します。

子犬に留守番させても大丈夫なのか

犬を飼う際は、ほとんどの方が「子犬」の頃から家族として飼い始めます。犬を飼う時には、それなりの覚悟をもって飼い始めますが、仕事や買い物などでどうしても家を留守にしてしまう時があります。

そもそも、子犬に留守番をさせても大丈夫なのでしょうか。なるべくなら、生後まもない子犬の場合は、留守番をさせずに近くにいるようにしましょう。子犬にとって飼い主は、親のような存在だからです。また犬に留守番をさせるのは、飼い主にとっても子犬にとっても不安で仕方がありません。なにかと、不安があるうちは、なるべく留守番させないようにしましょう。

しかし、どうしても留守番をさせてしまうことがあるときは、しっかりと、留守番ができるように、しつけをしましょう。子犬の頃から留守番ができるように、しつけをすることで、おりこうに留守番をすることができて、飼い主も安心することができます。

犬用おすすめの留守番カメラ

家で犬を一人で留守番させるのがとても不安という方や、犬が留守番してるときにどういうことをしてるんだろうと気になる方は、ぜひ、犬用の留守番カメラを設置してみてはいかがでしょうか。スマホから、家の中の映像を見ることができるので、外出中、仕事の休憩時などに犬の留守番の様子を確認することができます。

無線WiFiカメラ 100万画素 HD IPネットワーク監視カメラ,暗視撮影, 動体検知, ペットカメラ,ベビーモニター

この留守番用カメラは、スマートフォンと連携することができます。スマートフォンの画面を指でスワイプすると、カメラも一緒に動くので、どこに留守番している犬がいるか探すことができます。

家の中に侵入者がきたら通知で知らせてくれて、自分の声を届けることもできるので、防犯用としても使えます。家を留守にしがちな家庭、犬がいる家庭にはオススメの留守番用カメラです。

自宅に居るペットの監視用に手軽に設置出来ると思いこちらの商品を購入しました。
スマホと連動しているのでいつでもスマホ画面で操作することが出来、広角レンズなので広い範囲を見る事が出来ます。スピーカーとマイクも内蔵しているので通話することが出来ます。付属としてmicroUSB線があります。夜間もキレイに映りますし画質もそれ程悪くありません。暗視撮影、動体検知機能、双方向音声可、遠隔制御機能など価格の安いネットワークカメラとしては十分過ぎる程のコストパフォーマンスがあると思います。数ある中からこちらの商品を購入して大変良かったです。ありがとうございました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2QL4KCPMZDY... |

犬を長時間留守番させるコツ

ケージにいれておく!

犬を留守番させている時間が長くなることが予想されるときは、ケージにいれておくようにするようにしましょう。ケージの狭い場所に長時間いれておくのは可愛そうだとは思いがちですが、ケージという自分の部屋にいることで、犬は安心することができます。

また子犬の場合、飼い主がいないときにケージの外にいると、家具や物にぶつかって転倒してしまって転んでケガをする恐れもあります。ケージの中には、愛犬が気にいっているおもちゃやクッションなどを入れておくと、ストレスを感じることなく安心することができるのでオススメです。

テレビをつけておく!

犬はとっても寂しがり屋な性格です。家で犬が一匹でいると、寂しくてストレスを感じてしまうこともあります。少しでも寂しさを和らげるために、テレビをつけて外出するようにしましょう。電気代がかかりもったいないですが、テレビをつけておくと、常に人間の声を聞こえてくるので、犬が安心して落ち着くことができます。

テレビをつけておいて、犬が自宅で一匹でいても、ストレスや寂しさを感じることがないようにするようにしましょう。

犬の留守番は何時間まで平気?

犬は、何時間でも留守番できてしまう動物ですが、一日中、家に1匹でいると寂しくなってしまいストレスを感じてしまいます。犬も人間と同じく、ストレスを感じてしまうと体調を崩して病気になってしまう可能性があります。犬を留守番させている時間は、12時間以内が理想です。12時間以上経ってしまうと、空腹や運動不足になってしまいストレスを感じてしまいます。

子犬のうちは、なるべく留守番をさせないようにするのが理想的ですが、仕事や家庭の事情などで家をあけることが多い場合は、少しずつ留守番を慣れさせるようにしましょう。10分、30分、1時間と少しずつ、犬が自宅に1匹でいることに慣れておけば、長時間の留守番にストレスを感じにくくなります。

また、旅行に行くときには、自宅に置いておくということは辞めましょう。飼い犬は、人間がエサを与えないと生きていくことはできません。旅行に行っている間は、近所にあるペットホテルや獣医、犬好き仲間に預けるようにしましょう。

犬の留守番におすすめのおもちゃ

犬に留守番をさせるときには、少しでもストレスを感じさせないのがポイントです。ストレスを感じさせない方法は「飼い主がいなくても寂しくないようにすること」です。その方法の中で効果的なのは「おもちゃ」です。数ある犬のおもちゃで、留守番時に効果的なおすすめのおもちゃをご紹介します。

Winthome 中小型犬用噛むおもちゃ

「Winthome 中小型犬用噛むおもちゃ」は、ゴム素材で作られているおもちゃです。「Winthome 中小型犬用噛むおもちゃ」の中に、犬のエサやお菓子をいれることができます。コロコロと転がしたり噛んだりしていると、中に入ってるエサやお菓子がでてくるので、留守番の時に寂しい気持ちが軽減することができます。

また、「Winthome 中小型犬用噛むおもちゃ」は噛むことで犬の歯のマッサージにもなっているので、歯垢や歯の汚れが落ちる効果もあり口臭効果の効きめがあるとも言われています。どんなふうにすれば、中に入っているエサやお菓子が出てくるのかを考えることもできるので、犬のトレーニングもむいているおもちゃでオススメです。

犬がお利口さんで留守番ができるしつけ方法

犬は自宅にいるだけで大人しく留守番している、と思いがちですが、しつけをしたり留守番になれさせないとイタズラをしてしまい、帰ってきたら家の中が荒れ放題だったということがあります。犬がお利口さんで留守番ができるように、しっかりとしつけをするようにしましょう。

ストレスや寂しさで家を荒れさせないようにする

犬によっては、留守番のストレス、寂しさで、家にあるティッシュを噛んで破いて、家中をティッシュだらけにしてしまったり、誤って飲んでしまったり、机の上に乗ってしまい、机の上にあったものを落としてしまうなど、家の中を暴れて荒れてしまうことがあります。

そうならないように、家にあるものは触れてはいけないように教えてあげましょう。犬は、かしこいので、しっかりと飼い主が「ティッシュはおもちゃではない」「机の上には乗ってはいけない」ということを教えてあげると、犬は理解してくれます。

一番は、やっぱり留守番の時にストレスや寂しさを感じさせないようにすること。犬が好きなおもちゃやお菓子を与えてでかける、ケージにいれるなどという、飼い犬が好きな環境にしてあげましょう。

留守番のときに、うんちまみれにならないようにしょう!

家に帰ってきたら、犬がケージの中で、うんちまみれになっていたというケースもあります。大事な愛犬が、うんちまみれにならないためぬ、しっかりと「トイレの場所」をわかるようにしてあげましょう。トイレの場所は、犬が排便しやすい落ち着けるところにトイレのシートをひいてあげるだけで大丈夫です。自然とトイレの場所を覚えるようになります。

なかなか、トイレの場所が覚えられないという犬の場合には、トイレのシートを1枚だけでなく、大量にひいてあげましょう。排便をしたシートをトイレの場所に置くと匂いがあるため、徐々にトイレの場所を覚えるようになります。

また、留守番の時に、ケージが狭いと、気がつくと、うんちまみれになっていたということもあるので、なるべくなら広めのケージを用意するようにしましょう。そして、犬がケージのトイレで排便する前に帰宅するように心掛けることも大事です。

犬の留守番にはストレスを感じさせないようにするのが大事!

犬用おすすめの留守番カメラと、犬の長時間留守番させるコツを紹介いたしましたが、いかがでしょうか。なるべくなら犬に留守番させたくないものですが、仕事や買い物などでどうしても留守番させてしまうときがあります。犬に留守番させるときには、ストレスと寂しさを感じさせないように工夫するのが飼い主の役目です。
.
.

Related