Search

検索したいワードを入力してください

うんちの処理にストレスを感じない!愛犬のトイレの正しいしつけ方とは?

更新日:2020年08月08日

犬にトイレをしつける必要性はあるか、考えたことはありませんか。この記事では、トイレのしつけの必要性と、しつけ方法、成犬のトイレのしつけ方法をご紹介します。さらに、トイレを失敗した時の対処法、しつけが成功するためのコツもお伝えしますので、参考にしてみてください。

うんちの処理にストレスを感じない!愛犬のトイレの正しいしつけ方とは?

トイレをしつける必要性

トイレをしつける必要性は、犬が勝手にやってほしくない場所でおしっこをさせないようにすることが必要だからです。

トイレのしつけをしないでいれば、いつまでもやってもらいたい場所でおしっこができない犬になってしまいます。

すると、飼い主はイライラしてしまい、犬との関係が悪化してしまい、世話をすることが嫌になってしまうことがあります。

また、トイレではない場所におしっこをされればそこが臭くなってしまうので、しつけることが必要です。

子犬のトイレのしつけ方法

  • トイレの場所を決める
  • トイレの場所を認識させる
  • トイレサイン、タイミングを把握する
  • 排便時に声かけをする
  • 成功したらすぐ褒める

子犬のトイレのしつけ方法

子犬と楽しく暮らすためにも、室内でのおトイレを覚えない犬に、しっかりもらすことがなくなるようにしつけたいと強く思う人は多いのではないでしょうか。

それでは、子犬のトイレのしつけ方法を5つ取り上げて、それぞれ詳しくご紹介します。

子犬トイレのしつけ方法1:トイレの場所を決める

子犬トイレのしつけ方法は、トイレの場所を決めることが大切です。いつもトイレの場所が違うと、子犬はどこでおしっこをすればいいのかなかなか覚え難く、いつまでも決まった場所でできなくなってしまいます。

しかし、部屋の右隅をトイレにしたり、廊下のここがトイレの場所としっかり決めておくことで犬も「ここがトイレだな」と覚えやすくなり、トイレも早く覚えるでしょう。

そのため、室内犬のトイレは、トイレサークルやここならしやすいと思う家の中にトイレの場所を決めることが覚えるポイントです。

いつも排泄をする場所におく

犬がいつも排泄をする場所をトイレと決めて、トイレシートを置いておきましょう。いつも犬がおしっこをする場所があれば、その場所にすることが癖となっています。

そのため、癖になっているいつも排出してしまう場所をトイレと決めれば、犬もおしっこをする場所と覚えることができるでしょう。

また、いつも排出するサークルの中などにトイレシートを置いておけば、自然とそのシートのうえでおしっこができますから、なかなか場所を覚えない子犬には方法です。

すぐ行ける場所におく

すぐに子犬が行ける場所をトイレと決めて、トイレシートを置いておきましょう。室内飼いの子犬が「オシッコしたいな」と感じて動いたら、すぐにできる場所にトイレシートを置いておけば、床を漏らさずにできます。

そのため、オシッコシートは、子犬の寝る場所の近くに置いたり、子犬用ゲージの傍に置けばすぐに行けて、おしっこができるようになります。

また、すぐに行ける場所であれば、トイレでしなくなった子犬やトイレトレーニングをしている子犬も覚えやすいでしょう。

子犬トイレのしつけ方法2:トイレの場所を認識させる

トイレの場所を認識させることが、子犬トイレのしつけ方法です。トイレでうんちができない子犬や犬がトイレを覚えないのであれば、「ここがトイレだよ」と何度も教えて認識させましょう。

犬のトイレのしつけ方は、子犬がトイレに行きたそうと感じたら、トイレシートのある場所まで「こっち」と促し、トイレの場所を教えます。

また、賢い犬のトイレのしつけ方は、場所を間違えることがないように、根気よく、何度もトイレの場所まで連れていき、認識させることです。

おしっこが少しついたペットシーツを敷く

おしっこが少しついたペットシーツを敷くことで、子犬にトイレの場所を覚えさせやすくなります。

決められた場所でなかなかおしっこをしない子犬なら、おしっこをシーツにさせて、トイレにしたい子犬の部屋など、ウンチしてほしい場所に置いておきましょう。

この方法なら、自分のおしっこのニオイを頼りに、決められた場所でできなくなった子犬も場所を自分で探し出し、うんちして失敗しないようにできます。

フカフカしたものは近くに置かない

フカフカしたものは、こいぬのへやにあるトイレの近くやお気に入りの場所の近くに置かないようにしましょう。

トイレシーツと同じ色のフカフカしたクッションなどをペットのトイレの近くに置いておくと、子犬がトイレシートと間違い、その上にやってしまうことがあります。

また、フカフカしたものが好きな犬は、トイレに行くとき、そちらに気をとられてしまい、うまく犬のトイレシートまで行けないことがあるので、近くに置かないようにしましょう。

子犬トイレのしつけ方法3:トイレサイン、タイミングを把握する

トイレサイン、タイミングを把握することが、子犬トイレのしつけ方法です。今、子犬がトイレに行こうと、お尻をモゾモゾさせるトイレサインを見逃さないようにしましょう。

そして、おしっこシートまで行くために立ち上がったタイミングでトイレまで促し、そこでやるように教えることがおぼえるポイントです。

また、犬がトイレでしなくなったら、小便をする時間を覚えて、その時間に子犬の動きをチェックしてみましょう。

トイレサインを読み取る

うんちトレーニングをしっかりできるように、犬のトイレのしつけでは、トイレサインを読み取ることも必要です。

トイレに行きたいと感じたとき、犬は全身を左右に動かしたり、足踏みなどをすることがあります。

また、落ち着かない様子からもトイレサインであることが分かりますので、頻繁にこれらのサインを見せるときは、トイレシートまで促しましょう。

おしっこをがまんさせないように、こまめに犬の様子をチェックすることが、うまいトイレ誘導になります。

排泄記録をつけておく

排泄記録をつけておくこが大切です。犬が排泄する時間帯や、おしっこの回数をこまめにメモしておくこで、その時間になったときに犬をおしっこシートまで誘導します。

おしっこやうんちを決められた場所でさせるために、犬のおしっこのしつけでは、うんちは何時にするか、小便は何時にするかなどをこまかく記録しておきましょう。

こまかく記録をとることで、より失敗しないで、トイレをさせることができるようになります。

子犬トイレのしつけ方法4:排便時に声かけをする

排便時に声かけをすることで、子犬にトイレをしつけることができます。まったく声かけせずにいては、子犬もトイレで小便やウンチをすることが覚え難いでしょう。

しかし、排便時に「ここでうんちをしてね」と声かけをすることで、「そっか、ここでうんちをするのか」と覚えて、失敗することが減らせます。

賢い犬のうんちのしつけでは、ひとりでうんちができるまで、何度も声かけして、間違ったらまたやり直しをさせるトレーニングをすることが大切です。

子犬トイレのしつけ方法5:成功したらすぐ褒める

犬のしつけ方法は、成功したらすぐ褒めましょう。ペットのしつけで大切なことは、できたらすぐに褒めてあげることです。

褒めることで外でトイレをしたり、立ちションなどをしなくなりますから、どこでもトイレをしなくなります。

犬がうんちをしないなどの問題が起きたときは、トイレシートのうえで成功したら「偉いね」と撫でながら褒めることで、「ここでやれば褒められるからうれしい」と感じた犬は失敗しなくなるでしょう。

成犬の場合のトイレのしつけ方法

子犬ばかりではなく、成犬のトイレのしつけ方法を学び直したいという人も多いのではないでしょうか。

それでは、飼い主のために、成犬の場合のトイレのしつけ方法を2つ取り上げて、それぞれ詳しくご紹介します。

成犬の場合のトイレのしつけ方法

  • 成犬でもしつけることはできる?
  • 成犬のしつけ方法

成犬でもしつけることはできる?

成犬でもしつけることはできます。子犬よりも飼い主の言うことを理解しやすい成犬は、成果がなかなか出ない子犬よりも覚えるところがあります。

そのため、犬のトイレの回数をしっかりチェックし、その時間になったらすぐにトイレシートまで促し、うんちや小便をさせましょう。

また、きつく叱る叱り方をするよりも、犬のシートにして、成功したらトレーナーとなる飼い主が楽しく褒めることが、賢い犬のしつけ方です。

成犬のしつけ方法

成犬のしつけ方法は、決めたことを何度も教えることが必要です。最初にしっかりうんちのトレーニング方法を決めて、それを何度も繰り返し教えてあげることで成犬がマスターし易くなります。

飼い主がしっかりとうんちのトレーニング方法を覚えておき、順番も決めて教えることで成犬は従いやすく、「覚えたい」と感じるようになります。

また、飼い主が犬にうんちをさせるために教えるんだという気持ちを持ってしつけることでより、成犬は、飼い主の言うことを聞き入れるようになるでしょう。

トイレを失敗した時の対処法

犬が決められた場所にあるトイレでうんちができなかった時、イライラして叱りたくなることがあるでしょう。

しかし、頭ごなしに叱ることは、子犬にも飼いぬしにもよくないので、失敗した時の対処法を学んでおくことが必要です。

それでは、子犬や成犬がトイレを失敗した時の対処法を3つ取り上げて、それぞれ詳しくご紹介します。

トイレを失敗した時の対処法1:叱らなず成功を褒める

トイレマットのうえでうんちや小便ができなくても、叱らず褒めてあげましょう。失敗したからと「駄目でしょ」ときつく叱ることは犬に恐怖心を与えますし、落ち込んでしまい、学習能力を低下させてしまいます。

そのため、うんちを我慢させないよう、トイレとなる場所まで促してあげて、できたら頭を撫でてあげたり、抱いてあげるなどして褒めることが大切です。

褒めることで、しつけしやすい犬でなくても、「ここでうんちをすると飼い主が喜んでくれるし、褒めてくれるから、今度もここでやろう」と覚えます。

また、犬がしやすい場所をトイレとして決めておき、そこでおしっこをさせて、成功したら褒めることが、成犬のトイレトレーニングでは大切です。

トイレを失敗した時の対処法2:覚えなくてもあせらない

覚えなくても、あせらないことがトイレを失敗した時の対処法です。決められた場所で犬がうんちをしないからといって、「バカ」「駄目でしょ」と罵らないようにしましょう。

焦る気持ちは犬を不安にさせるばかりではなく、覚えたいとの意欲を失わせてしまいます。

そのため、飼い主が長い期間をかけて、根気よく、余裕を持って覚えさせようと考えて、トイレのしつけに取り掛かることが大事です。

トイレを失敗した時の対処法3:しつけ期間中は目を離さない

しつけ期間中は犬から目を離さないことが大事です。犬にうんちトレーニングをしている間は、しっかりと犬のトイレの回数を数えたり、行動、表情をチェックして、トイレに行きたいタイミングをつかむようにしましょう。

飼い主がしっかりと目を向けることで犬は頑張ろうと思いますから、早くにトイレの場所をマスターできるようになります。

しつけを成功するためのコツ

しつけを成功させるためのコツは、飼い主がしっかりウンチトレーニングをやるんだとの気持ちを持ちましょう。

しつけを中途半端な気持ちでやらないのと、最後までしっかり教えてあげるんだとの気持ちを持てば、犬も自然とトイレの場所を覚えようと努力します。

また、飼い主がうんちがしたい犬の気持ちをよく把握し、どのタイミングでどこでうんちがしたいのか、どうすればうんちが気持ちよくできるかを愛犬の行動をよく見て考えることも必要です。

トイレのしつけを成功させてストレスなくお世話しよう!

トイレのしつけを成功させて、ストレスなくお世話をしましょう。愛犬が玄関先でおしっこをしたり、大事なソファのうえでうんちをしないようトイレの場所を決めて、そこでやってもらうことが大切です。

ストレスなくお世話するには、飼い主がうんちをしてもいい場所を決めて、さらに犬がしやすいなと感じる場所におしっこシートを置きます。

そして、うんちを失敗してもイライラしないよう、広い心を持ってしつけをするんだとの気持ちを持てば、ストレスなく世話ができます。

うんち

Related