Search

検索したいワードを入力してください

ボルゾイ犬の大きさや価格はどれくらい?性格や飼い方をご紹介

更新日:2020年08月31日

ボルゾイを飼育してみたいけど、まずどんな犬種なのか分からない方も多いのではなしょうか。この記事では、性格や飼育に関しての注意点、購入方法について紹介します。特徴を知ることでボルゾイ犬の魅力が分かります。ぜひ読んでみてください。

ボルゾイ犬の大きさや価格はどれくらい?性格や飼い方をご紹介

ボルゾイ犬とはどんな犬種?

俊敏なる巨人という異名があるボルゾイは、スタイリッシュな容姿で、ボディラインは流線型、顔は小さく優雅なイメージがあります。

ですが、1936年前まではロシアン・ウルフハウンドという名前で、その名のとおりロシアで狼狩りをするために育てられ、主に貴族の娯楽としての狩りに活躍した犬です。

どんな種類のオオカミより速く走れるので、人間の狩猟が到着するまで攻撃をしながら獲物を生きたまま押さえつけておくのが役目でその容姿から想像できないような歴史をもつパワフルな犬種です。

ボルゾイの大きさ

ボルゾイは成犬だと約70㎝、立ち上がった状態で2メートルにもなる大型犬です。日本ではあまり見かけない犬種ですが、写真でみるよりも実際だと想像以上に大きいです。

標準的なオスは75-85㎝、メスは68-78㎝、体重は大きさにもよりますが、だいたい25-45キロです。大型犬ですが気品がありスタイリッシュな容姿のため、威圧感は感じられません。

ボルゾイ犬の特徴

ロシアでオオカミの狩猟をしていたため、極寒でも寒さに耐えることができ、大型の獲物を追う走行能力を持っています。流線型のスマートな体と小さな顔、豊かな被毛が特徴です。

優雅で気品のある見た目ですが、脚力が強く、全力をだしたら信じられないほど速く走ることができます。

佇む姿は美しく、走る姿もかっこいことからボルゾイを好んで代々飼う愛犬家も数多くいます。

ボルゾイ犬の特徴1:走りが早い

ボルゾイとは、ロシア語で「敏速」という意味があり、最高時速は50キロメートル以上ともいわれておりその名前も頷けるほどです。

世界中の運動能力の高く獲物を追いかける歴史のある犬で速さを調査したら、ボルゾイは3位でした。

100メートル走のタイムは8秒を切るほど速く走ることができます。

ボルゾイ犬の特徴2:寒さに強い

ボルゾイのアンダーコートはやわらかい毛で保湿、保温の役割をもっているため密に生えており、どんな極寒でも寒さに強い特徴があります。

ですが、暑さには非常に弱いのでボルゾイを飼っている家庭の中には、夏の期間は24時間4-5ヵ月間クーラーをつけっぱなしにしているほどです。

冬は暖房をかけてしまうと暑がってしまうため、人間は洋服を着こんで過ごすことが必要になります。その都度、環境に合わせて温度調整しましょう。

ボルゾイ犬の性格

ボルゾイはそのふんわりした見た目どおり、とてもやさしく温厚な性格です。視力がよく、遠くまで見ることができるので、動くものを見ると興奮して追いかける好奇心旺盛なところもあります。

また、ナイーブで自分の意志が強い頑固者という一面もあるため、特徴や考え方を把握して子犬のときからしつけをすることが大切です。

ボルゾイ犬の性格1:温厚

ボルゾイは温厚な性格をしていますが、敏感な感覚をもっているためナイーブになりやすくデリケートです。

家族や信頼できる人に対しては、思いっきりはしゃいで遊ぶことが大好きというチャーミングな部分もあります。

シャイでデリケート、ちょっと癖のある犬種なので、初めて犬を飼う方には難易度が高めの犬です。しかし、しつけをしっかりすれば優秀な家庭犬となるでしょう。

ボルゾイ犬の性格2:好奇心が旺盛

次のページ:ボルゾイの購入価格とは?

初回公開日:2019年08月20日

記載されている内容は2019年08月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related