Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月15日

ホワイトシェパードはしつけがしやすい!性格や特徴・販売価格

ホワイトシェパードはジャーマン・シェパードドッグの中でホワイトの毛色を持つ個体で、ヨーロッパなどで人気です。穏和な性格で優しく大人しい、飼い主に対する忠誠心が強いです。室内外することができますが運動をたっぷりとり頭を使うゲームをしてあげるといいでしょう。

ホワイトシェパードはしつけがしやすい!性格や特徴・販売価格

ホワイトシェパードとは?

シェパードというと一般的には、ドイツのジャーマン・シェパードドッグのことを思い浮かべる人が多いです。ブラック&タンや均一なブラックの毛色を持つものがほとんどですが、まれにホワイトの毛色を持つ個体が生まれることがあります。

ジャーマン・シェパードドッグの中から生まれたホワイトの毛色を持つ個体をホワイトシェパードと言います。

ホワイトの個体は一般のシェパードと区別して、ホワイト・スイス・シェパード・ドッグやアメリカン・カナディアン・ホワイト・シェパードという別の犬種として繁殖されることもあります。

ホワイトシェパードの歴史

ジャーマン・シェパードドッグは19世紀末、多くがホワイトの個体またホワイトの血を引く個体も多くいました。

1912年にはアメリカに輸出されるなど人気がありましたが、ホワイトの毛色であることや穏和であることから軍用犬などの番犬には適さないと判断され劣勢個体という認識ができました。

1960年代にはヨーロッパでホワイトシェパードはほぼ絶滅してしまいました。しかし一部愛好家がアメリカなどで保存活動を行い、再びヨーロッパに渡り人気になりました。

日本には1990年代に輸入がはじまり人気がではじめています。

ホワイトシェパードの習性・生態

ホワイトシェパードはジャーマン・シェパードドッグから生まれたホワイト種であることからその習性や生態はおおよそ同じです。

性格は非常に安定したもので、すぐれた牧羊犬や軍用犬などの使役犬を誕生させることを目的に交配されてきた歴史があるため警戒心が強く初対面の相手は信用しない一面があります。

大型犬ではありますが非常に冷静で落ち着きがあり、穏和な一面もあります。愛情深く甘えん坊なところもあり、特に子供には友好的です。

ホワイトシェパードの身体的特徴

ホワイトシェパードは大型犬に分類される犬種です。

体重は25kgから40㎏程度、体高は55㎝から70㎝程度で体高より体長がやや長いです。体長が体高より約10%から17%程度長い個体がよいとされ、ドッグショーなどで高評価を受けます。

腰がやや下がった体型が印象的で、使役犬らしい筋肉質な締まった体をしています。大きな立ち耳も特徴的で、オオカミに似た顔立ちをしています。

ホワイトシェパードの身体的特徴

  • 真っ白な被毛
  • 太い尻尾

真っ白な被毛

ホワイトシェパードの最大の身体的特徴は、真っ白な被毛です。純白の個体の方がよりよいとされており、美しい白が出てくるように交配が重ねられています。

真っ白で美しい被毛は、ダブルコートで密集して生えています。ダブルコートであるために換毛期(毛が生えかわる時期)が年に2回訪れます。多くの毛が抜け落ち生えかわりますので、ブラッシングが必須となります。

ロングタイプとミディアムタイプの2タイプの被毛の長さの個体がいます。

太い尻尾

ホワイトで引き締まった体は立ち姿が非常に美しいとされていますが、その美しい立ち姿を引き立たせるのがホワイトシェパードの尻尾です。

ホワイトシェパードは特徴的な太い尻尾を持っています。太い尻尾は、セント・バーナードやシベリアン・ハスキーなども持つ垂れ尾といわれるお尻の下にだらりと垂れ下がった形をしています。

犬の尻尾にはさまざまな形がありますが、すべての犬の尻尾は感情表現としての役割を担うだけでなく、走ったりするときにバランスをとる役割や寒い日に保温の役割、虫を追い払う役割を担っています。

ホワイトシェパードって賢いの?

犬の賢さは犬種により違い、牧羊犬として活躍するボーダーコリーや鳥獣狩猟を行うプードル、盲導犬などとしてゴールデン・レトリバー、警備犬や労働犬として活躍するドーベルマンなど使役犬として活躍している犬種が非常に賢い犬種であるといわれています。

ホワイトシェパードも軍用犬や牧羊犬として交配を重ねられてきた犬種ですから賢いのか非常に興味があります。ここでは、ホワイトシェパードの賢さについてみていきます。

ホワイトシェパードは賢い?

  • 空気を読むことができ
  • 聡明

空気を読むことができる

シェパードは犬の中でもボーダーコリーやプードルについで非常に賢い犬種です。ホワイトシェパードもそれにあてはまり、頭の回転が早く周りの空気を読むことができる賢さを持っています。

飼い主の態度や表情から気持ちをくみ取ることができ、その場の雰囲気に合わせて行動することができる犬種です。

飼い主に何か悲しいことがあり落ち込んでいるときなどには、空気を読み寄り添ってくれるような優しさを持っていますので賢い犬だということがわかります。

聡明

ジャーマン・シェパードドッグは元来聡明な犬種ですから、そのホワイト種であるホワイトシェパードも聡明さを持っている賢い生き物です。

聡明さがなければ使役犬として活躍することができませんが、賢さがある一方で自立心もある犬ですから、飼い主をきちんと主人であると認識させる必要があります。

主人であると認識させるためには子犬の時期からきっちりトレーニングを行う必要があります。成犬になってからトレーニングは難しいので飼い主がしっかりトレーニングを行うようにしたいです。

ホワイトシェパードの性格

犬種により性格はさまざまです。素人でも飼いやすくしつけのしやすい性格の犬種、経験者向けの少し手ごわい性格をした犬種、ファミリー向けの活発な性格をした犬種など犬種によりどんな性格をしているのかをおおまかに言うことができます。

もちろん個性や環境に左右される面もあり性別でも若干の違いが見られます。ここでは、ホワイトシェパードの性格についてみていきます。

ホワイトシェパードの性格

  • 優しい
  • 大人しい
  • 忠誠心が強い

優しい

シェパードというとドイツでは軍用犬として、日本では警察犬として活躍しているため獰猛な性格をしているのではとか攻撃的な性格をしているのではと思われがちです。

しかしホワイトシェパードは獰猛さや攻撃的な面はなく、非常に優しい性格をした犬種です。

飼い主が悲しい時には悲しみに寄り添うことができる優しい性格をしていますので、きちんとしつけをすることができれば子供がいるファミリーでも飼いやすい犬種であるということができます。

大人しい

シェパードは警察犬などとして活躍しているので、攻撃性があり吠えるのではというイメージや体が大きいので活発であるというイメージを持たれがちですが非常に穏和で大人しい性格をしています。

ジャーマン・シェパードドッグは使役犬として攻撃性を強調するように交配をされてきました。

一方、ホワイトシェパードはジャーマン・シェパードドッグと犬種として確立するまでの歴史に違いがあり、使役犬としてより愛玩犬として交配が重ねられてきましたのでより温厚で大人しい性格になりました。

忠誠心が強い

ホワイトシェパードに限らずシェパードは、飼い主に対する忠誠心が非常に強いことで知られています。忠誠心が強いからこそ人間とともに暮らし、一緒に仕事をすることができる要因です。

一度信頼関係を結ぶと最高のパートナーになりますが、見知らぬ人から与えられる餌は食べない、はじめてのものに警戒心を持つ性質もあります。

ホワイトシェパードは、飼い主からの指示に忠実に従うことができますし、遊ぶことも好きですが仕事を与えられることに喜びを感じるので、家族の一員として役割を持たせ可愛がるといいでしょう。

ホワイトシェパードの価格

ホワイトシェパードの子犬は、25万円前後の価格で販売されることが多いです。

ホワイトと名がつくほどですから、被毛が真っ白であればあるほど個体の価値が上がります。被毛にクリーム色やグレーなど白以外の色が混ざった個体はミスカラーと言われ若干価格が下がる傾向にあります。

ミスカラーだからと言ってホワイトシェパードが持つ優しさや大人しさ、忠誠心に変わりはありません。

ホワイトシェパードはペットショップで販売されることもありますし、ホワイトシェパードを専門にブリードしている専門店もあります。

ホワイトシェパードの飼い方

ホワイトシェパードは大人しく賢い犬種であるため飼い方も難しくなく、しつけのしやすいのが特徴です。

子犬を迎える際には、ドッグフード・サークル(犬小屋)・ベッド・水入れ・餌入れ・ペットシーツ・犬用トイレ・おもちゃ・シャンプー・首輪・リード・犬用ブラシ・爪切りなどを用意します。

ホワイトシェパードは胃腸が弱い繊細な子が多いのでドッグフードは高たんぱくで低炭水化物のものを選ぶと良いです。

ホワイトシェパードの飼い方1:室内で飼育する

ホワイトシェパードはゴールデンレトリバーなどと同じように穏和で大人しくしつけがしやすいため室内で飼育することができる大型犬です。

大型犬の多くは狭いところで飼育すると運動不足などによりストレスを感じ体調を崩してしまいがちです。しかしホワイトシェパードはストレスを溜めにくいといわれているため、室内飼いにむいています。

室内で飼う場合にはフローリングで滑らないようにジョイントマットを敷いたり、換毛期には毛が大量に抜け落ちるので定期的なブラッシングが必要です。

ホワイトシェパードの飼い方2:運動の時間はたっぷりとろう

ホワイトシェパードはジャーマン・シェパードドッグよりも大人しいですが運動量は変わりません。ストレスも溜めにくいですが室内で放置するのではなく運動の時間はたっぷり取ってあげる必要があります。

どれぐらいの運動をすればいいのかといいますと、1日に朝夕2回、1回あたり1時間を目安に散歩をしてあげましょう。日ごろの運動は散歩でいいですが、時々犬が自由に走り回ることができるドッグランなどで運動をしてあげましょう。

穏和な大型犬ですが運動が必要であることを理解しましょう。

ホワイトシェパードの飼い方3:頭を使うゲームをしてあげよう

ホワイトシェパードは体を使う運動も大好きですが、賢い犬種ですから頭を使うことも大好きです。ホワイトシェパードを飼う場合には頭を使うゲームをしてあげるといいでしょう。

頭を使うゲームは場所を問わずにできますし、しつけにも役立ちます。

犬と一緒にできる頭を使う遊びの代表的なものとしては、宝探しゲームがあります。大好きなおもしゃやおやつを隠して探させるゲームです。単におもちゃで遊ばせるだけでなく、探すことを加えることで頭を使い楽しさをアップさせることができます。

ホワイトシェパードは温厚な性格なためたいやすい犬種

ホワイトシェパードはジャーマン・シェパードドッグのホワイトの毛色として劣勢個体と認識され排除された時期もありましたが、一部の愛好家による保存活動により人気となっています。

シェパードは攻撃的なイメージがありますが、空気を読むことができ聡明で賢く、優しく大人しい忠誠心が強い犬種であるためしつけやすく飼いやすいです。

室内飼いもできますが、運動の時間を確保し頭を使うゲームをあげるようにすれば飼育は難しくありません。

ホワイトシェパードは温厚な性格であるため飼いやすい犬種であるといえます。

Related