Search

検索したいワードを入力してください

柴犬は小型犬?柴犬が小型犬になるのか中型犬になるのかご紹介

柴犬は小型犬か中型犬なのか、ペットショップやペットフードのメーカーでも様々で決まっていません。マンションで飼う場合やペットホテルに預ける時も小型か中型かで迷う人が多いです。正式に決まっていないし、柴犬の小さいサイズが豆柴になります。

柴犬は小型犬?柴犬が小型犬になるのか中型犬になるのかご紹介

柴犬とは?

マンションに迎え入れる前に判断がつかず困るのが柴犬のサイズです。

マンション住まいの場合は「ペット飼育規定」の規約があり、それに沿わない場合は飼育できません。多くのペット可マンションでも同じでしょう。

ペットショップに行くと、柴犬は小型犬という表示もあれば中型犬という表示もあります。さらにペットフードや洋服のサイズ表記なども、メーカーによってまちまちの状態です。

柴犬というのは小型犬より大きく、中型犬より小さいくらいが平均サイズです。境目ラインの犬で分類が難しく、正式な基準が決まっていません。

柴犬の特徴

日本原産の柴犬は、ピンと立った耳、キリッとした顔立ち、くるんと丸まった尻尾が特徴的です。

国の天然記念に指定されている日本犬種のひとつで、ほかの日本犬よりも小型で飼いやすいのがの理由と言えます。日本だけでなく海外からも「SHIBA」と呼ばれ、注目されています。

体つきはがっしりとしていて、筋肉が発達しており、寒さなど環境に順応でき、健康的な犬種です。

昔から猟犬や番犬として活躍していた柴犬は、賢く勇敢な性格で、独立心があり、ガマン強い部分が魅力的です。一方で頑固なところもあるので、子犬のころからきちんとしつけておきましょう。

見知らぬ人には警戒して吠えることもありますが、飼い主には忠実です。

柴犬は小型犬か中型犬か?

柴犬は小型犬?柴犬が小型犬になるのか中型犬になるのかご紹介
※画像はイメージです
結論から言うと柴犬は、公的に小型犬などと指定されているわけではないです。昔は小型犬に分類されていましたが、犬の種類が増えてきたので現在は中型犬に分類されることもあります。

しかし同じく小型犬であるチワワやポメラニアンなどの犬種と比べるとずいぶんサイズが違うと、違和感を覚える人が多いでしょう。

日本犬種6種のうち、柴犬がもっともサイズの小さな犬だったため「小型犬」とされることが多く、いまでもその名残が残っているというのが一番の理由だと言われています。

しかしペットホテルなどでは違うこともあります。

小型犬とは

ジャパンケネルクラブ(JKC)では犬種ごとの容姿やサイズなどによる正式な基準はありますが、大きさでの分類は定義されていないです。

しかし、一般的には成犬体重が10kg未満は「小型犬」、25kg未満は「中型犬」、25kg以上は「大型犬」とされている場合が多く見られます。

ここで問題となってくるのが柴犬の分類ですが、日本犬保存協会が定める日本犬標準によると、柴犬の分類は「小型」です。

しかし、一般的な大きさでみると「中型犬」扱いになっていて、世界的な基準が設けられていないことから、犬の大きさによる分類については曖昧な部分があります。

小型犬に分類されている犬

  • トイ・プードル
  • ポメラニアン
  • ミニチュア・ダックスフンド
  • ヨークシャテリア
  • マルチーズ
  • チワワ

中型犬とは

小型犬に比べると怖がりな子も少なく、バランスのとれた中型犬で、賃貸マンションや賃貸アパートでも最近は中型犬と住める物件が増えて来ています。

「愛犬とは互いにパートナーのような関係を築きたい」「小型犬のような甘えん坊もいいけど、自立心が強い犬にも魅力を感じる」そんな人にぜひしたいのが、中型犬です。

古くは狩猟犬として活躍していた犬は、飼い主さんに従順です。さらに自分で考えて行動するような賢さも持ち合わせていて、 同じ大きさでも、犬種によって特徴や性格はそれぞれです。

また、子ども達との相性も抜群で、の柴犬やフレンチ・ブルドッグもあります。

中型犬に分類されている犬

  • ビーグル
  • フレンチ・ブルドッグ
  • 日本スピッツ
  • ボーダー・コリー

柴犬の分類

柴犬は体高より体長がやや長く、小さな立ち耳で巻き尾、短毛でダブルコートで、JKCの標準では、体高がオス39.5cm、メス36.5cmとなっています。

なお、日本犬保存会の標準は、犬種ごとではなく、大きさによって分類されていて、柴犬の標準体高を満たしていない、小さな柴犬が豆柴です。

猟犬としてウサギ、イタチ、キツネ猟に用いられるほか、愛玩犬や番犬としても飼われている。

かつては岳地帯や山陰地方の山村に純粋種が多く残存していたが、現在は全国的に散在している。

柴犬の色は赤褐色がほとんどで、まれに黒色のものもある。

柴犬のさらに小型犬タイプ「豆柴」とは

豆柴は犬種名ではありません。つまり豆柴という犬種が存在するのではなく、ただ単に小さい体の柴犬が「豆柴」と言われるようになっただけのことになります。

豆柴は小型の柴犬で、昭和の後期になって、誰かが作りだしたと言うものではなく、豆柴の先祖を辿ってみればわかることですが、どこか特定の犬舎だけにたどり着くことはないです。

柴犬は縄文時代の昔から山岳地帯における狸や狐などの狩猟犬として活躍しました。

こうした柴犬のなかに大昔からいた小型の柴犬を、現代の住宅や部屋で飼う犬としての需要に応じて改良繁殖したものが豆柴です。

豆柴の定義

柴犬は縄文のころから狩猟犬として人間と生活をともにしてきたと言われています。体高(30.3cm)以下の小さい犬もいて、それが現在の豆柴のルーツと考えられます。

柴犬の標準に照らして体高が小さい点と、柴犬としてのすぐれた風貌・性質を備えているのが特徴です。

柴犬は国の天然記念に指定された7つの日本犬種の1種であり、小型の柴犬である豆柴もまた国の天然記念です。

豆柴の大きな特徴はその小柄な身体です。その性格は柴犬と同じで、無駄吠えせず穏やかで明るいです。
  体高  体重  価格  寿命
柴犬40cm前後9㎏前後10万円~20万円12~15歳
豆柴34cm以下5㎏前後20万~40万円12~15歳

柴犬は成長によってサイズが変わる!

仔犬のときに給餌量を減らして小さいサイズにしようとするのは愚かなことです。

豆柴だと言われて買った柴犬がどんどん大きくなってくると、給餌量を減らす飼い主がいます。しかし、背骨やあばらが浮き出ている個体などは、見るに忍びないものがあります。

柴犬成長過程に応じてサイズが変わり、柴犬か豆柴かが分かり、小型犬がで日本の飼い犬ではの犬種です。

豆柴が広く受け入れられていて、小型犬なら飼育可能なマンションも増えています。

子どもや女性、お年寄りでもラクに散歩できるので、そういった意味で豆柴は現代のライフスタイルに合った犬種だと言えるでしょう。

Related