Search

検索したいワードを入力してください

チワックスは失敗なの?性格や飼い方のポイントも合わせて紹介!

更新日:2022年06月29日

チワックスが失敗と言われてしまうのはなぜなのでしょうか。本記事では、チワックスが失敗と言われてしまう理由や、チワックスの特徴や性格、飼い方などを紹介していきます。チワックスに興味があるという人は、ぜひチェックしてください。

チワックスは失敗なの?性格や飼い方のポイントも合わせて紹介!
「チワックスは失敗って聞くけど本当?」
「どういう性格の子が多いの?」
「チワックスのくわしい飼い方が知りたい」
このように、チワックスを飼うことを考えている人には多くの不安や疑問があるのではないでしょうか。

本記事では、チワックスが失敗と言われてしまいがちな理由や、チワックスの性格をはじめとする特徴、飼育する際に知っておきたいポイントなどを紹介します。

この記事を読むことで、チワックスがどのような犬なのかを知ることができます。その知識をもとにして飼育に臨めるため、チワックスとのより良い共同生活が送れるようになるでしょう。

チワックスについて知りたい人や飼育を検討している人は、ぜひこの記事をチェックしてください。

チワックスってどんな犬なの?



チワックスは、チワワとミニチュアダックスフンドがかけ合わされて生まれた犬種です。日本ではチワックスと呼ばれることが多いですが、欧米ではチワックスフンドやチウィーニーと呼ばれます。

チワワとダックスフンドという小型で可愛らしい犬種のミックスであるため、小さくて愛らしく、人気も高い犬種となっています。

そんなチワックスのことを、もっとくわしく知っていきましょう。

大きさ

チワックスは小型のミックス犬であるため、全体的に小さめのサイズの子が多いです。しかし、純血種に比べると大きさにはバラつきが見られ、個体差があります。基本的にはチワワより大きく、ミニチュアダックスフンドよりは小さいです。

体長はダックスフンドに似て胴が長めで、成犬になると21~22cmほどになります。体重は3~4kgほどです。

毛色

チワワもダックスフンドも、毛色が豊富な犬種です。そのため、チワックスも様々な毛色の子を見ることができます。

例を挙げると、レッド、クリーム、チョコレート、ブラック・タン、フォーンなどです。白色をベースに1~2色のまだら模様が入ったパーティーカラーの子もいます。

特徴

チワックスの外見は、顔はチワワ、体はダックスフンドによく似ている子が多いです。チワワのように丸く大きな目をもち、ダックスフンドのように長い胴体と短い足をもっています。

しっぽは細長く、ゆるく曲がっているものがよく見られます。毛質の種類はロング、スムース、ワイヤーに分けることができ、ダックスフンドの毛質を受け継いでいる場合が多いです。

しかし、どちらかの特徴を必ず受け継ぐ部分があるわけではありません。個体によって、どちらの特徴をどう受け継ぐのかは変わってきます。マズルが長かったり短かったり、耳が立っていたり垂れていたりと様々です。

性格

チワックスは純血種ほど決まった性格があるわけではなく、個体によって性格が変わってきます。ただ、チワワとダックスフンドに共通している性格については受け継ぐことが多いです。

チワワもダックスフンドも、防衛本能が高く警戒心の強い犬種です。そのためよく吠え、番犬として優秀に働いてくれます。

一方で、好奇心旺盛で人なつっこい犬種でもあります。飼い主に対して深い愛情をもち、なつっこく甘えてくる姿を見ることもできるでしょう。

平均寿命

チワックスの平均寿命は、13~15歳ほどです。これはあくまでも目安で、チワワとダックスフンドの平均寿命に依拠しています。

体が丈夫で長生きの子であれば、15歳を過ぎても元気な様子を見られることもあります。

歴史

チワックスが生まれたのは、2000年代のミックス犬ブームがきっかけです。チワックス以外の多くのミックス犬も、このブームにより誕生しています。

チワワもダックスフンドも既に人気の小型犬で、どちらの犬種の魅力も受け継いだチワックスも人気になりました。アメリカでブームになったのがはじまりで、そこから日本でも人気が広まっています。

チワックスが失敗したと言われてしまう理由

チワックスは、2種の犬の魅力を十分受け継いだ犬種です。それにも関わらず、チワックスは失敗だと言われてしまうことがあります。

どうして失敗と評価されることがあるのか、理由をくわしく見ていきましょう。

片方の特徴が強く出てしまうから

次のページ:実は犬の中でも人気が高い?

初回公開日:2022年06月29日

記載されている内容は2022年06月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related