Search

検索したいワードを入力してください

チャンナ・プルクラの生態と飼育方法|適切な水槽の大きさやエサについても解説

更新日:2022年08月05日

チャンナ・プルクラという熱帯魚を飼いたいが、どんな飼育方法をすればいいのか知りたい方もいるのではないでしょうか。この記事ではチャンナ・プルクラの生態や飼い方について説明します。ぜひチャンナ・プルクラの飼育に役立たせるための、参考にしてみてください。

チャンナ・プルクラの生態と飼育方法|適切な水槽の大きさやエサについても解説
人気の熱帯魚であるチャンナ・プルクラはどんな魚なのかご存じでしょうか。チャンナ・プルクラを購入したいと思っているけど、初めてなのでまずは飼うときの基本情報を知りたいと思っている方もいるでしょう。

ここではチャンナ・プルクラについてや飼育方法など、詳しく解説していきます。適切な水槽のサイズや水温、与えるエサの種類、繁殖についてや混泳飼育する場合などの必要条件や注意するべきポイントも、丁寧にご紹介します。

今回の内容を参考にすれば、チャンナ・プルクラを購入する際にも慌てずにすみ、安心して飼育を始められます。本記事を読んで、チャンナ・プルクラの魅力を知り、ぜひスムーズな飼育ができるようお役立てください。

チャンナ・プルクラとは


チャンナ・プルクラ(Channa pulchra)とは、ミャンマーに生息しているスネークヘッドの仲間です。

他にも通称で、ブルームーンレインボースネークヘッド、ネーブルファントムスネークヘッド、プラクラスネークヘッドなどとも呼ばれています。鮮やかなエメラルドグリーンの体色に、縞模様の胸ビレや体に点在する斑点模様が特徴的です。

ここでは、チャンナ・プルクラについて詳しく解説していきます。

チャンナ・プルクラの生態

チャンナ・プルクラは、スネークヘッドの中では大きくなっても30センチほどの体長で、そこまで成長しません。スネークヘッド全般に見られるように気性が激しい一面があり、縄張り意識も強い傾向があります。

エラ呼吸以外で、人間と同様に肺を使って空気呼吸もできる魚です。また人間に対しては攻撃的な面は見られにくく、人に馴れやすいという特徴があります。

チャンナ・プルクラの生息地

チャンナ・プルクラは、東南アジアのインドシナ半島西部に位置する熱帯地域・ミャンマーが生息地となっています。

実はチャンナ・プルクラが正式に学術記載されてから、そう年数は経過していません。まだ比較的歴史の浅い、新しいスネークヘッドなのです。

チャンナ・プルクラの寿命

飼育する環境にも左右されますが、チャンナ・プルクラの寿命はおおよそ10年と言われています。

飼い始めたときにどれくらいの年月が経過しているのかにもよるので、もし長い期間飼育したいと考えている場合は、より小さめの時期からの購入が望ましいです。とはいえ、小さいと体力がなく途中で弱まったりする可能性も高いので、注意しましょう。

チャンナ・プルクラの飼育方法


ここでは、チャンナ・プルクラの飼育方法について詳しく解説していきます。

適切な環境下で飼育条件を整えることで、チャンナ・プルクラがストレスなく快適に暮らせるようになります。体調や寿命、あの美しいエメラルドグリーンの体色にもいい影響を与えます。

正しい飼育情報を受け取って、いざ飼い始めるときに迷わないように役立ててください。

適切な水温

チャンナ・プルクラを飼育するときの水温設定は、23~27度辺りが好ましいです。これはチャンナ・プルクラが低めの水温(20度前後)には強く、高めの水温(30度超え)には弱い傾向があるためで、スネークヘッド全般に言える特徴です。

日本では夏場に水温が上昇してしまうので、環境によってはエアコンや水槽用クーラーを利用するなどして、適切な温度を保つように心がけましょう。

チャンナ・プルクラの最大サイズ

チャンナ・プルクラは、大きくなっても体長は30センチほどです。稚魚では7~8センチほどしかありませんが、適切な飼育をすれば1年も経たずに20センチまで大きくなります。

またスネークヘッドは、15〜120センチと、大きさもかなり幅がある魚が多いです。そう考えると、チャンナ・プルクラはそこまで大きく巨大化しない魚と言えるでしょう。
次のページ:混泳飼育は難しい

初回公開日:2022年08月05日

記載されている内容は2022年08月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related