Search

検索したいワードを入力してください

【種類別】金魚の平均寿命・人間との比較|金魚すくい

更新日:2020年09月29日

金魚の寿命をご存知でしょうか。小さく可愛らしい姿から儚く短命なイメージがありますが、実は私たちの身近なあのペットたちと同じくらい長生きする生き物なのです。今回は金魚の寿命と、長く金魚を飼育するためのポイントをご紹介します。

【種類別】金魚の平均寿命・人間との比較|金魚すくい

金魚の平均寿命はどのくらい?

金魚といえば、鮮やかな色合いと優雅に泳ぐ姿で古くから愛されるお馴染みの魚です。お祭りの出店ですくってきた金魚を飼育していた、という経験をお持ちの方も多いでしょう。ただ、その金魚が長生きしたという人はなかなかいません。そのため「金魚は寿命が短い」というイメージをお持ちの方も少なくありません。

しかし、本来の金魚はそのイメージに反して長生きしてくれる生き物です。品種によって変わってきますが、一般的には10〜15年が寿命だと言われています。金魚はフナが突然変異したものを品種改良して誕生した種です。フナは平均寿命が20〜30年と長寿な魚で、フナに近い種ほど長寿の傾向にあります。

最もフナに近いのは最初に誕生した和金という種ですが、この金魚は適切な環境下で飼育すれば10年以上の寿命を持つ丈夫な金魚です。

大きさと寿命の関係は?

金魚といえば小さくて愛らしいイメージがありますが、元がフナであるため、長生きすることでかなり大きくなります。上でご紹介した和金ですが、この金魚は20年以上かけて30cmを超える大きさにまで成長します。

金魚の寿命を左右する要因はやはり環境が一番ですが、種として寿命が長いか短いかを決めるのは前述のとおりフナに近いか(品種改良がどのくらいされているのか)どうかで決まります。そのため、大型の金魚は寿命が長いというわけではなく、寿命が長い金魚が大きくなる、というのが適切な表現でしょう。

金魚すくいでとった金魚の寿命は短い?

それでは、本来寿命が長いはずの金魚なのに、なぜ金魚すくいの金魚は後持ち帰ると寿命が早く来てしまうのでしょうか。その要因は、やはり金魚すくいという特殊な条件下に置かれていること、そしてその後の環境にあります。

ストレス

金魚すくいでは大勢の人間がポイを水の中に入れ、金魚を追いかけてることになります。それにより金魚は多大なストレスを受けることになってしまいます。また、水槽近くで交わされる会話や通るときの足音なども、金魚にとってはストレスの要因となってしまいます。人間と同じように、金魚にとってもストレスは寿命を縮める要因となってしまいます。

病気

金魚すくいの金魚には病気になる要因が複数あります。全ての金魚が病気になっているわけではありませんが、なりやすい環境であることを頭に置いておき、すくってきた後はよく観察して必要な処置を施してあげましょう。

病気は寿命を縮めるとても大きな要因です。早めに気づいてきちんとケアしてあげることで、金魚の寿命を延ばすことができます。

雑菌

金魚すくいの水槽にはさまざまなものが入ってしまいます。お祭り参加者が意図せずゴミを落としてしまったり、小さな子供が手を入れることもあります。そういったものが原因で雑菌が繁殖し、病気の原因となってしまいます。

また病気以外にも、そういった水槽の混入物やポイが原因で金魚の体にダメージを負ってしまうこともあります。そのダメージも金魚の寿命を縮める要因となってしまいます。

体力の消耗

ポイから逃げている金魚は、その分体力を消耗し、病気に対する抵抗力が落としてしまいます。雑菌が繁殖している水槽の中で抵抗力を落としてしまうことで、通常家庭で飼育されている金魚に比べて病気にかかりやすくなってしまいます。

大群での飼育

大きな水槽の中に大群で入れられることにより、1匹が病気にかかるとそれが他の金魚に感染してしまいます。前述のとおり、病気にかかりやすくなっている環境下のために感染が広がりやすくなっているため、すくった金魚を飼育するときには病気になっていないか、他の個体と比べて違った点はないかをよく観察してあげましょう。

飼育環境の準備不足

次のページ:金魚の種類別寿命と飼育ポイント

初回公開日:2018年02月01日

記載されている内容は2018年02月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related