Search

検索したいワードを入力してください

ペットショップの売れ残りのペットはその後どうなるのか

更新日:2020年09月26日

ペットショップで売れ残りとなってしまった動物は、その後どうなるか知っていますか。ペットショップの売れ残り問題は深刻です。ペットショップで売られている動物はとてもかわいいですが、かわいそうな動物を増やさないため、この問題について考えなければなりません。

ペットショップの売れ残りのペットはその後どうなるのか
ペットショップで売れ残りとなってしまたペットたちが、ブリーダーや業者などに引き取られていくということは、すでにご説明しました。しかし、一般の方に引き取られるというケースはあまり聞きません。

ペットショップでは、爪切りやトリミング、飼い主が旅行に行った場合などの宿泊施設として利用されることがありますから、いわゆる常連のお客さんがおり、なかにはペットショップの店員と気心の知れた仲になるということもあるでしょう。

こうしたコミュニティから、ペットの引き取りをお願いされるというケースもあります。もともとペットが好きな人が集まる場所ですから、ペットショップで犬や猫が大きくなってくると気になるという方もいらっしゃることでしょう。無理に行う必要はありませんが、飼い主になれそうな人を探すなどを行うというのもよいのではないでしょうか。

命あるペットを大事にしよう!

ペットショップでの売れ残りをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。日本におけるペットに対する扱いは、外国に比べて遅れているといわれます。例えば、ペットショップでガラスケースに展示するというのは、ヨーロッパではありえない非常識なことです。

ともあれ、ペットの売れ残りの問題は、ペットを愛する心があるからこそ生まれているという複雑な事情もあります。ペットショップの売れ残りの問題に関心をもっていただける方が増えることによって、徐々に状況が改善されていくことでしょう。

初回公開日:2017年11月23日

記載されている内容は2017年11月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related