Search

検索したいワードを入力してください

美しいアルビノ動物や生き物20選|アルビノの生態を知ろう

更新日:2020年09月26日

皆さんこんにちは、今回は「美しいアルビノ動物や生き物20選|アルビノの生態を知ろう」と題して、「美しいアルビノ動物や生き物20選|アルビノの生態を知ろう」についての詳細情報のご紹介をはじめ、さまざまな動物に見られる「アルビノの実態」をご紹介します。

美しいアルビノ動物や生き物20選|アルビノの生態を知ろう

アルビノとは

皆さんは「アルビノ」という言葉をご存知でしょうか。「アルビノ」という言葉が実際に日本で頻繁に使われ始めたのは1970年代の終わり頃からで、テレビやラジオ、新聞などにおいて見出しとしても使用されたりし、多くの人々の目に直接触れることとなりました。

アルビノというのは「先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患」により、その体色や髪型、また目の色や他の体の部位などが「白色に近い色」に変色する状態を指します。

アルビノの種類

次に「アルビノの種類」についてですが、まずアルビノという症状は先述しましたように「メラニン組織の生成が特異の経過をたどって変色してしまい、遺伝情報の欠損によってチロシナーゼを生成できなかったり、またはチロシナーゼの不活性によってメラニンを生成できない状態」を言います。

上記を踏まえた上で、眼皮膚白皮症、眼皮膚白皮症I型からIV型、眼白皮症などが見られます。

アルビノの別称

アルビノという言葉は一般的に専門科学用語として用いられているため、日本でも地方独特の言葉や地域限定型の言語・方言などによって別の言い方・呼ばれ方がなされています。最も多く使われているアルビノの別称としては「白子(しらこ、または白子個体)」という呼ばれ方で、これは動物学用語としても広く使われている呼び方です。

または「白化(はくか)」や「白化現象」などと呼ばれることもあります。

美しいアルビノ動物や生き物20選

さて、先述では「アルビノ」という言葉やその状態についてご紹介してきましたが、ここからは実際に「どんな動物にアルビノ種がいて、そのアルビノ種がどのような生態を持っているか」などについてご紹介していきます。

アルビノだからと言ってその動物群の中で特別な生態を持っているわけではなく、むしろ「なぜ体色が変化したのか」ということについて焦点を当てることが大切になります。

動物1:ライオン

いわゆる「ホワイトライオン」と呼ばれている白色のライオンのことを指しますが、このライオンの変種も「アルビノ種によって体色・体毛が白色に変色しており、そのために体内組織を司るメラニン色素や先天性色素欠乏などが大きく影響しているとされています。

ホワイトライオンの生息数は「世界でたった300頭程度」と言われており、非常に稀な個体のアルビノ動物として知られています。

動物2:ワラビー

次のページ:動物3:ハリネズミ

初回公開日:2018年10月22日

記載されている内容は2018年10月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related