Search

検索したいワードを入力してください

カブトニオイガメの飼育方法や寿命は?必要なものや混泳についても解説

更新日:2022年05月26日

カブトニオイガメの特徴や飼育の方法をご存知でしょうか。この記事では、カブトニオイガメの生態や分布、性格などの特徴や飼育に必要なもの、飼育方法を紹介しています。飼育する際の注意点も紹介しているため、カブトニオイガメの飼育を検討している方はぜひ参考にしてください。

カブトニオイガメの飼育方法や寿命は?必要なものや混泳についても解説
「カブトニオイガメってどうやって飼育するの?」
「カブトニオイガメの飼育に必要なものは?」
「カブトニオイガメってどこで買えるんだろう」
カブトニオイガメの飼育を検討している人の中には、このような疑問を持つ人も少なくありません。

本記事では、カブトニオイガメの生態や寿命、飼育方法、飼育に必要なものを解説しています。

この記事を読むことで、カブトニオイガメがどのような特徴を持っているのか理解できるだけでなく、混泳の可否や飼育する際の注意点についても知ることができます。その知識をもとに、カブトニオイガメの飼育を安心して始めることができるでしょう。

カブトニオイガメの飼育に興味がある方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

カブトニオイガメとは?

爬虫類に分類されるカブトニオイガメは、ドロガメ科ニオイガメ属に属します。カメの中では比較的小さなカブトニオイガメですが、ニオイガメ属の中では最も大きな種であると言われています。

カブトニオイガメは最大16㎝程度までしか成長せず、カメの中でも飼育しやすいです。以下では、カブトニオイガメの特徴や寿命について解説していきます。

カブトニオイガメの生態

カブトニオイガメは、ゆるやかな沼や池、河川に生息しておりアメリカのミシシッピ川やニューオリンズあたりに多く生息しています。

水中で過ごすことを好み、水深1メートル以上の川でも底を徘徊するように泳ぎ回る姿が見られます。名前の通り、ストレスや危険を感じると悪臭を放つこともありますが、普段はそのような悪臭を放つことはありません。

カブトニオイガメの特徴と性格

カブトニオイガメは、体も比較的丈夫でオスのほうがしっぽが太く長いという特徴を持っています。肉食性の強い雑食で、気性はやや荒めです。

また、餌付けがしやすいという点もカブトニオイガメの特徴と言えるでしょう。

カブトニオイガメの寿命

カブトニオイガメは平均で25年程度生きると言われています。うまく育てられれば30年以上生きる個体もいる長寿の生き物です。寿命には個体差がありますが、20~30年ほど生きればカブトニオイガメとして妥当だと言えるでしょう。

カブトニオイガメの繁殖方法

カブトニオイガメの繫殖期は5~8月です。雌雄の判別は生後1年半程度でできるようになります。

カブトニオイガメは、苔や泥などがある湿った陸地を産卵床に選びます。1度に2~5個の卵を産卵し、孵化まではおよそ2か月程度です。

カブトニオイガメの飼育に必要なもの

カブトニオイガメを飼育する際には、いくつか準備しなければならないものがあります。カブトニオイガメを適切な環境で飼育するためにも、以下で飼育に必要なものを確認しましょう。

水槽

すでに解説しましたが、カブトニオイガメは最大でも16㎝ほどまでしか成長しません。そのため、水槽は60㎝程度の大きさで問題ないと言われています。

カブトニオイガメは泳ぎ回るため、小さくても45㎝ほどの水槽が必要です。
次のページ:ろ過フィルター

初回公開日:2022年05月26日

記載されている内容は2022年05月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related