Search

検索したいワードを入力してください

ミシシッピニオイガメは臭い?消臭法や飼育ポイントも合わせて紹介

更新日:2022年08月03日

ミシシッピニオイガメのことを知っているでしょうか。本記事では、これからミシシッピニオイガメを飼育する人に役立つ基礎知識や臭いを抑えるポイントをご紹介します。ミシシッピニオイガメについて疑問や不安があればチェックしてみてください。

ミシシッピニオイガメは臭い?消臭法や飼育ポイントも合わせて紹介
「ミシシッピニオイガメはどんな特徴があるの?」
「ミシシッピニオイガメは飼育すると臭いがあるの?」
「ミシシッピニオイガメの消臭法はあるのだろうか?」
これからミシシッピニオイガメを飼う方は、多くの疑問や悩みがあるでしょう。特に亀の臭いを気にする方も多く、消臭法が気になりますよね。

本記事ではミシシッピニオイガメの基本的な情報に加え、飼育した時に気になる臭いや消臭法や飼育するポイントを紹介します。

この記事を読むことで、これからミシシッピニオイガメを飼う方は、特徴や寿命、どんな飼育環境で飼えば良いかわかります。また、臭いで悩む方は何が原因になっているかを知ることができるでしょう。

この記事を参考に、ミシシッピニオイガメについて詳しく学びましょう。

ミシシッピニオイガメとは

亀はとても多くの種類がありますが、シシッピニオイガメはどんな亀なのでしょうか。亀はとても長生きをする生き物で、ミシシッピニオイガメはどれくらいの寿命か気になる方もいるでしょう。

ここではミシシッピニオイガメの特徴と寿命について、説明します。これから飼育する人は要チェックです。

ミシシッピニオイガメの特徴

ミシシッピニオイガメは頭の部分に2本の白いラインがあって、丸っこい甲羅をしています。小さい頃は、甲羅にキールと呼ばれる3本線があり、大人になるにつれて薄く消えていきます。だんたんと、なめらかな甲羅に変化して10cm前後まで成長するでしょう。

亀の中では比較的小型の種類になり、飼育のしやすさから人気があります。

ミシシッピニオイガメの寿命は?

ミシシッピニオイガメの寿命は、平均15~20年と言われています。人が飼っていると野生の亀よりも長生きすると言われており、外敵もおらず良い環境で過ごすことができます。書籍などでは30年や50年とも書かれていますが、20年程度と考えた方が良いでしょう。

ミシシッピニオイガメは小型種の亀ですから、亀の中では寿命が短いと言えます。

ミシシッピニオイガメの飼育ポイント

ミシシッピニオイガメは、飼育環境が良いと長生きしてくれます。少しでも一緒にいられるように、飼育環境を整えて飼ってあげたいですね。

ここでは水槽の選び方から水質管理、好みのライトを解説します。ミシシッピニオイガメが気持ちよく過ごせる環境を作って、迎えてあげましょう。では、飼育のポイントを調べてみましょう。

水槽の選び方は?

亀を飼育する時の水槽の大きさは、体調の5倍程度で奥行き3倍以上あると快適に過ごせます。ミシシッピニオイガメは大人になると約12cm程度に成長するので、水槽は幅60cm、奥行き36cmくらいがちょうど良いでしょう。

水槽は、傷に強い熱帯魚用のガラス水槽がおすすめです。子供の頃はとても小さいので、20cm程度のプラスチックケースで十分です。購入したら水深を浅めにして、様子を見ながら深くします。個体によっては陸場も必要で、体調不良の時は役立つので設置しましょう。

水替えによる水質管理

ミシシッピニオイガメは低水温に弱いので、飼育する時の水温は23~30度に設定します。冬はやけど防止カバーのついているヒーターを入れてあげましょう。

水の量は、亀の鼻が水面に出せる程度の高さにしておきます。大人になった亀なら、水深60cm程度までなら問題ないでしょう。ほとんど水深で生活をしますが、日光浴をする陸を作ってあげると健康的に生活できます。

ろ過フィルターでの水質管理

ミシシッピニオイガメを綺麗な環境で飼育するには、ろ過フィルターが必要です。亀は排泄物が多く水がすぐに汚れてしまうので、ろ過装置を使ってクリアに保ちます。ろ過フィルターは、能力が高い物を選ぶようにしましょう。

上部フィルターや砂利を使用する場合は、底面フィルターを選ぶと水質をクリアに管理できます。フィルターは多くの種類が販売されていますので、水槽の環境に合ったものを選びましょう。

紫外線ライトとバスキングライトの使用

ミシシッピニオイガメを飼う時は、紫外線ライトを使用して人工的な日光浴をしてあげることが必要です。紫外線ライトはクリップで固定して使用するものが多く、電球を使用しています。紫外線ライトはUVAとUVB照射があり、どちらも必要です。

日の当たらない場所で飼育する時には、バスキングライトを入れてあげると良いでしょう。陸場や浮島があると、そこに乗ってライトを浴びてくれるでしょう。

ミシシッピニオイガメのエサ

次のページ:カメの臭いの原因とは

初回公開日:2022年08月03日

記載されている内容は2022年08月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related