Search

検索したいワードを入力してください

ドラゴンの様にかっこいい爬虫類はペットにできる?トカゲの飼育方法についても!

更新日:2022年06月28日

トカゲをペットとして飼育できることをご存知ですか?本記事では、トカゲを飼育する上での基本情報や、ドラゴンの様な見た目をしているトカゲを紹介しています。これからトカゲを飼育してみたいと考えている人は本記事をチェックして勉強してみましょう。

ドラゴンの様にかっこいい爬虫類はペットにできる?トカゲの飼育方法についても!
「トカゲってゲームに出てくるドラゴンみたいでかっこいいから飼ってみたい!」
「YouTubeでトカゲを飼育している人を見かけるけど、初心者でも飼えるのか気になる」
「爬虫類をペットして迎え入れるときの注意点を知っておきたい!」
このように、爬虫類をペットして迎えてみたいと思ったことはありませんか?

本記事では、トカゲの基本情報や、ペットとして迎え入れるときの注意点などを中心に紹介しています。

本記事を通して、初めてトカゲをペットとして迎え入れようと思っている人や、既にペットして飼育している人にとって必要不可欠な知識をつけられるでしょう。

トカゲを飼ってみたいと思っている人は、さっそく本記事に目を通してみましょう。

トカゲはペットに向いている?

一般の家庭でペットして迎え入れるのは犬や猫がほとんどでしょう。近年では、犬や猫のような哺乳類のように、手間がかからないペットとしてトカゲが注目を集めています。

しかし、手間がかからないといえど、哺乳類とは違う形でしっかりと管理してあげなければなりません。

まずは、そのトカゲに対する基本情報や飼育するときの注意点について詳しく掘り下げていきましょう。

トカゲの特徴

多くのトカゲは長い尻尾を持っていて、四本足で歩行します。その出立ちはドラゴンのようにも感じるでしょう。

実際、トカゲの祖先は白亜紀末期頃から存在します。白亜紀といえば、恐竜がまだ存在していた時代なので、現代を生きる恐竜といっても良いでしょう。

また、トカゲは身の危険を感じると尻尾を切って逃走します。これは自然界においてトカゲが生き抜くために生み出した防衛手段です。

そのため、強いストレスを感じた場合、尻尾に触れていなくても自切することがあります。

トカゲの性格

多少の個体差はありますが、基本的にトカゲは温和で穏やかな性格をしています。

特にペットとして人気があるイグアナやフトアゴヒゲトカゲ、ヒョウモントカゲモドキなどは人懐っこい性格をしています。そのため、人間に慣れてきた場合は手に乗せることもできるようになります。

しかし、いくら穏やかな性格をしているといっても産卵期や発情期は神経質になります。このときに必要以上に構いすぎてしまうと、手を噛まれて怪我をすることがあるので気をつけておきましょう。

トカゲの寿命

基本的に爬虫類の寿命は長い種類が多い反面、トカゲの寿命は平均10年程度になります。

あくまで平均なので、個体や育て方によっては10年以上生きることもあります。ヒョウモントカゲモドキだと15年ほどは生きられるでしょう。

トカゲを長生きさせるには、飼育環境をしっかりと整えてあげることが大切です。しっかりとした環境を用意した上で、末長く愛してあげましょう。

トカゲの値段

トカゲをペットショップで実際に購入する場合、個体によって価格は違いますがおよそ数千円程度から購入することができます。

種類別で見ていくと、ヒョウモントカゲモドキやオニプレートトカゲが5000円程度から購入することができます。価格が高い種類の場合、フトアゴヒゲトカゲやグリーンイグアナは10000円程度で購入できるので、比較的リーズナブルといえるでしょう。

もちろん、ショップによっても価格は大きく変わってくるので、事前に爬虫類を取り扱うペットショップへの確認は必要になります。

トカゲを飼育する際の注意点

犬や猫のような哺乳類とは違い、トカゲのような爬虫類は人間の生活環境には適応できません。

そのため、専用の飼育環境をしっかりと作ってあげる必要があります。それ以外にも、必要な知識をつけておく必要もあるでしょう。

知らなかったでは済まされないことばかりなので、下記の内容をしっかりと覚えておきましょう。

デリケートな生き物であることを理解する

トカゲをペットとして飼う以上、ハンドリングして可愛がりたいと思う人も出てくることでしょう。しかし、トカゲの性格上、それは非常に難しいことは理解しておいてください。

人と接触しても嫌がらない種類や個体もいるので、訓練することでハンドリングができる様になる場合もあります。しかし、トカゲのほとんどは臆病な性格をしているので、体に触れられることすら嫌がることが多いでしょう。ハンドリングができない種類も少なくないです。

トカゲを飼育する上では、哺乳類のペットのように構いすぎてしまわないことが大切です。

餌に抵抗はないか

トカゲの種類にもよりますが、ほとんどが生きた昆虫やピンクマウスが餌になるでしょう。

トカゲ専用の人工餌もありますが、個体によっては思うように食べてくれない場合もあります。工夫次第では最終的に食べてくれるようになる場合もありますが、昆虫しか食べてくれないこともあります。

昆虫やピンクマウスを与えることに対して抵抗が無ければ問題はありませんが、少しでも苦手意識がある場合は気をつけておきましょう。

爬虫類を診てもらえる動物病院が近所にあるか

トカゲは非常にデリケートな生き物なので、こまめに体調をチェックする必要があります。もしそれで異変を感じた場合は、動物病院で症状を診てもらうようになるでしょう。

そのため、トカゲをペットとして迎え入れる前に、爬虫類を診てもらえる動物病院がどこにあるのか事前に把握しておくと良いでしょう。そうすることで、万が一のときに病気や怪我の悪化を防げるようになります。
次のページ:ドラゴンの様にかっこいい爬虫類3選

初回公開日:2022年06月28日

記載されている内容は2022年06月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related