Search

検索したいワードを入力してください

バジェットガエルの飼育方法と必要な道具|性格や注意点を詳しく解説

更新日:2022年07月09日

バジェットガエルといわれるカエルをご存知ですか。本記事では、バジェットガエルの特徴について、様々な側面から紹介していきます。バジェットガエルの飼育を考えている方や、生き物好きな方など、色んな方に有用な記事です。是非参考にしてください。

バジェットガエルの飼育方法と必要な道具|性格や注意点を詳しく解説
「バジェットガエルってどんなカエル?」
「バジェットガエルなんて聞いたことないな」
このように、馴染みが薄い方のほうが多いのではないでしょうか。

この記事では、このあまり聞きなれない、バジェットガエルについて紹介します。

バジェットガエルの名前の由来や正式名に始まり、習性や性格などを深掘りしていきます。また、すでにバジェットガエルを知っていて、飼育を考えている方に向けて、飼育方法や飼育に必要な道具なども解説します。

記事を読むことで、バジェットガエルについて深く理解することができるでしょう。

バジェットガエルを知っている方も、知らない方も、興味が出てきた方も、バジェットガエルの理解に是非ご活用ください。

バジェットガエルとは


バジェットガエルは、大きくて平たい口、つぶらな目、光沢があってぬめっとした体を持っています。とても愛らしい姿のカエルですが、特徴は他にもあります。以下でバジェットガエルについて更に深掘りしていきます。

バジェットガエルの名前の由来

バジェットガエル(Budgett's frog)は英名です。「バジェット」というのは、このカエルを記載したイギリスの動物学者、ジョン・サミュエル・バジェット(John Samuel Budgett)に由来しています。

バジェットガエルの正式名称

バジェットガエルの正式名称(学名)は、「lepidobatrachus laevis」と言います。和訳すると「マルメタピオカガエル」です。タピオカガエル属に分類され、タピオカのようなもちっとつるっとした所からこの名がつきました。

バジェットガエルの分布・生息地

バジェットガエルの主な分布・生息地はアルゼンチン、ボリビア、パラグアイといった、南アメリカのグランチャコです。グランチャコとは、南アメリカの中部内陸に広がる平原・湿原地帯で、単にチャコとも言われます。

バジェットガエルの習性

バジェットガエルは、浅い河川や沼地を好んで住みます。水生のカエルのため、ほとんどを水中で過ごしますが、乾季になると泥で繭を作って休眠します。食性は肉食で、沼から目だけ出して獲物を待ち構えて捕食します。

バジェットガエルの性格

ずんぐりとした見た目ですが、性格は獰猛です。おたまじゃくしの時点で鋭い牙を持っており、共食いをするほど攻撃的です。成体でも警戒心が強くて気性が荒いため、基本的には懐きません。また、威嚇する時の鳴き声が特徴的です。

バジェットガエルの寿命

バジェットガエルの寿命は、平均で10~15年程度と言われています。

外国産のカエルはおよそ10年以上は生きるので、バジェットガエルの寿命は平均的な数字と言えます。日本産のカエルの寿命が、大体10年以内であることを考えると、十分長寿だと言えるでしょう。

バジェットガエルの飼育方法

バジェットガエルを飼う時は水深に気を付けましょう。

水深は、バジェットガエルが立ち上がり、呼吸が出来るぐらいの高さにしましょう。足を底につけた時に、目と鼻先が出るぐらいがベストです。水生のため、水もこまめに入れ換えましょう。

飼育に必要な道具

ここからは、実際にバジェットガエルを飼育する時に必要な道具を紹介していきます。

バジェットガエルの飼育道具が、一通り分かるラインナップになっていますので、是非参考にしてください。
次のページ

初回公開日:2022年07月09日

記載されている内容は2022年07月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related