Search

検索したいワードを入力してください

ゴールデンハムスターが噛むのはなぜ?6つの対処法を紹介

初回公開日:2019年08月01日

更新日:2020年09月25日

記載されている内容は2019年08月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ゴールデンハムスターは温厚で飼いやすいハムスターです。しかし、よく噛むので悩んでいる方もいると思います。この記事ではゴールデンハムスターが噛む理由とその対策方法について紹介しています。飼っているゴールデンハムスターが噛むという方はぜひ読んでみてください。

ゴールデンハムスターが噛むのはなぜ?6つの対処法を紹介

ゴールデンハムスターの性格とは?

ゴールデンハムスターが噛むのはなぜ?6つの対処法を紹介
※画像はイメージです
ゴールデンハムスターは騒音も出しにくく飼いやすいペットとして有名ですが、この記事を読んでいる方の中に「ゴールデンハムスターが噛むのを何とかしたい」、「噛む理由を知りたい」、「噛まれない方法を知りたい」と思っている方は多いのではないかと思います。

それらを解決するにはまずはハムスター自身のことを知る必要があります。

理由がわからないうちに叱りつけるなどの方法は1番避けてほしいことです。攻撃手段として噛んでいるという認識から1歩足を引いて別の視点から考えてみましょう。

実際に攻撃として噛むこともありますが、理由さえわかればやめさせることが可能です。

ゴールデンハムスターの性格1:温和

ゴールデンハムスターは基本的に温和でなつきやすい性格をしています。

しかしゴールデンハムスターによくなつく個体が多いとは言え個体によっては臆病な性格をしている可能性も大いにありえます。

全体が温和な性格だとは決めつけず人間の手に慣れるまで触り方や持ち方などに気をつけて様子を見ながら信頼関係を築いていくようにしましょう。

人間を怖いなもの、嫌いなものと認識してしまわないように慎重で強引でない慣らし方をして、例え臆病な個体であっても自分から人間の手に登るくらいに温和で人懐こい性格に導いてあげましょう。

ゴールデンハムスターの性格2:賢い

ゴールデンハムスターは学習能力が高い傾向にあります。

飼い主の声や匂いを覚えて他の人と見分けることもできますし、トイレの場所を覚えることもハムスターの中では最も早く、ゴールデンハムスターは最短で飼い始めたその日の内に覚えることもできます。

しかし、裏を返せば怖い思い出や不快だった出来事から恐怖心を覚えてしまい、臆病な性格であったり噛む性格になってしまうことも十分に考えられます。

怖い思いをさせてしまうことで噛みぐせが1度ついてしまうと大変ですので、十分に気をつけて接してあげましょう。

ゴールデンハムスターの性格3:縄張り意識が強い

ゴールデンハムスターは穏やかな性格である半面、縄張り意識の強い面も持ち合わせています。

激しい縄張り争いが起こる可能性から複数飼育は避けるように、それどころか単独飼育を強く推奨されています。

ハムスターの中では体格が大きめのゴールデンハムスターはケンカになると血を見るほどの激しさになってしまう可能性があります。

大切なハムスターたちが怪我をした姿を、最悪の場合命を落とした悲しい姿を見たくないという方は2頭以上のハムスターを飼うときは必ず飼育スペースを分けて単独飼育をするようにしましょう。

ゴールデンハムスターが噛むとき4パターン

ゴールデンハムスターの性格を理解した上で、続いては4つのパターンに分けて噛む理由や状況について考えてみましょう。

普段温和な性格のゴールデンハムスターが攻撃的になってしまうということは、接する時に注意してあげる必要があります。

恐怖心や威嚇、嫌なことをされて不快な気持ちから噛むという行動は私たち人間から見ても理解できる行動ですが、ゴールデンハムスターとしての本能からほぼ反射的に噛んでいる場合などは理由を想像するのは難しいです。

ゴールデンハムスターの習性について詳しくないという方はその可能性も考えてみましょう。
  1. 縄張りに侵入されたとき
  2. 手を近づけたとき
  3. ケージや巣箱の近くにいるとき
  4. ストレスを感じているとき

ゴールデンハムスターが噛むとき1:縄張りに侵入されたとき

縄張り意識の強いゴールデンハムスターは、侵入した相手にそのつもりがなくても咄嗟に自分の命が脅かされていると感じて噛んでしまっている可能性があります。

縄張りを作る習慣のない人間である私たちから見ると不可解な行動ではありますが、ハムスターにとっては死活問題です。

しかし、野生の名残りなので矯正することは不可能だと考えてください。上手く共存するためにはきちんと理解して、野生下での生活に沿った飼育をしてあげましょう。

もし縄張りに侵入して噛まれてしまっても、落ち着いてこれは習性だと理解するのが理想的です。

ゴールデンハムスターが噛むとき2:手を近づけたとき

手を近づけられたとき、手に慣れていないハムスターや手に恐怖心を抱いているハムスターは噛むことがあります。

何をされるのかわからない状態や危害を与えてきたことのあるものが自分に向かって近づいてくる状況は人間から見ても大変ストレスを感じる状況だとわかるはずです。

その場合は手を見せるだけで危害を加えないことを理解させるところから始めて、ゆっくりと手を近づけるようにしてみたり、好物を与える時は毎回手から与えるようにしてみたりなど工夫しながら慣れさせてあげると良いでしょう。

ゴールデンハムスターが噛むとき3:ケージや巣箱の近くにいるとき

実はケージや巣箱の近くで噛む時も縄張り意識から本能的に噛んでいる可能性が高いです。

散歩をさせた場所を即座に縄張りと決めてしまうことがあるほどですので、ハムスターを普段生活させているケージや巣箱は当然ながら自分の縄張りと認識しています。

よって、噛むのをやめさせたい場合はまずは私たちがハムスターの縄張りの範囲を認識しておくことが必要となってきます。

散歩のコースもあらかじめ決めておいて、縄張りを広げてしまわないように何か危険でない障害物を設置してあげましょう。

ゴールデンハムスターが噛むとき4:ストレスを感じているとき

人間にとっては些細なことでも、ハムスターにとって大きな物音や振動、不適切な環境や温度などはストレスに繋がります。

人間にとっての心地良いものとハムスターにとっての心地良いものは必ずしも共通ではないということを理解して、まずは飼い方から見直してみましょう。

また、餌入れや水の入れ替えやハムスターのトイレの掃除などを怠った不衛生な生活環境はハムスターにストレスを与えるだけでなく病気の元となってしまうので十分に気をつけましょう。

ゴールデンハムスターが噛む理由と対処法6つ

ゴールデンハムスターが手を噛む時のパターンが分かったところで、次はその詳しい理由と対策方法を考えてみましょう。中には悪気なく噛むというケースや、対策しだいですぐに噛む行為が治まるケースもあります。

それぞれの理由にあった対処をしてあげることが望ましいです。
噛み方/感情ハムスターの感情
甘噛み構ってほしい、お腹がすいた等
本気の噛みやめてほしい、怖い等

ハムスターが噛む理由と対処法1:エサと間違える

ゴールデンハムスターは嗅覚が発達していて、嗅細胞の数は人間の40倍以上にもなりますが、対して視力は人間に比べて悪いです。

エサの匂いがついた飼い主の手が近づいてきたとき、「エサの匂いがするからこれは餌かな?」と勘違いして噛んでしまっている可能性があります。

これはハムスターに一切悪気がないケースの1つなので、腹を立てたり怒鳴ったりなどせずに広い心を持って許してあげましょう。

対策として、ハムスターが噛むことのないように手をしっかりと洗ってから触るようにすると衛生的にもハムスターのためになるので一石二鳥です。
  1. 噛まれても手を急いで引くのはやめる
  2. 甘噛み程度なら噛ませておく
  3. ハムスターに危害を与えないことを伝える

噛まれても手を急いで引くのはやめる

ハムスターにとって人間の手がエサか何か結局分からないままの状態で手を引くと、ハムスターはエサを与えてもらえずに突然離されたと勘違いする可能性があります。もどかしさや不信感を抱いてしまうと、ストレスになってしまうので良くないと言えます。

それに加えて、もし振り払った手にハムスターがしがみついてきてしまっていたらハムスターの怪我や事故に繋がってしまう場合があります。

なので、噛まれてしまっても慌てずにやんわりとハムスターから離しながらエサではないということをしっかり認識させるようにしましょう。

甘噛み程度なら噛ませておく

強く噛む場合や痛いように噛む場合は対策が必要ですが、特に痛くない場合は気にする必要はないので噛ませておいても大丈夫です。

ゴールデンハムスターは視力が良くないので確認として噛んでいる場合も考えられますが、撫でられている時に舐めるような感じで軽く噛む時は甘えている可能性もあります。

ハムスターに危害を与えないことを伝える

「エサは食べたいけれどまだ人間が怖い・・・」と感じているハムスターは慌てて素早くエサだけを取って飼い主から距離をとることがあります。その場合、まずは危害を与えないことを伝える必要があります。

手のひらを見せると自分を掴もうとしているのかもしれないと怖がってしまう可能性があるのでまずは手の甲を見せ近づけるところから始め、慣れ始めたら手からエサを与えてみましょう。

ゴールデンハムスターは頭の良い動物なので、人間が自分に危害を与えないと知ったら気持ちも落ち着き手をエサと間違えることもなくなると思われます。

ハムスターが噛む理由と対処法2:動物性たんぱく質が不足している

噛む理由の2つ目として、雑食性のゴールデンハムスターにとって必要な栄養素の1つ、動物性タンパク質が不足したことで気性が荒くなってしまっていることが考えられます。

野生のゴールデンハムスターは昆虫を食べています。その栄養素を手っ取り早く取り入れさせたいという方はできる限りミルワームなどの昆虫をエサとして与えましょう。
  1. 餌は一日一回決まった時間に与える
  2. 成長期に応じて餌の量を変える

餌は一日一回決まった時間に与える

間接的な原因として食生活の乱れが考えられます。いつエサがもらえるかわからないハムスターは、お腹が空くとよく噛む傾向にあります。

その場合、しっかりと1日1回決まった時間に餌を与えることで解消されるでしょう。ハムスターは夜行性なので具体的には夜、特に20時以降がです。

成長期に応じてエサの量を変える

ハムスター用のペレットはゴールデンハムスターはもちろん、ハムスターが必要とする必栄養素をバランス良く調整されて作られていますので、当然動物性たんぱく質もペレットの中に含まれています。

よって、動物性たんぱく質が不足して噛んでいる場合はエサの量が足りていないと考えられます。その場合、成長期に応じてエサの量を変えてあげると噛むことはなくなると考えられます。

しかし、念のためにペレットの原材料を見て粗タンパクがハムスターに必要な16~24%含まれていると書かれてあるかどうか確認するようにしましょう。

ハムスターが噛む理由と対処法3:飼い主に対して怖がっている

冒頭でも述べたようにゴールデンハムスターは賢いので、それが災いして飼い主に対して「怖い」という認識を脳内に刻み込んでしまっている可能性があります。

身を守るために噛むという行動に出ているとすれば、噛むことでさらに自分の置かれている状況が悪くなるリスクを覚悟をしてまで噛んでいるということです。

「小さな体にそれだけの負担をかけてしまうのは避けたい」と思う方は対策を考えましょう。
  1. ハムスターの嫌がることをしない
  2. ハムスターとの信頼関係を築きなおす

ハムスターの嫌がることをしない

ゴールデンハムスターに限った話ではなく、嫌なことをされたら噛むというような動物は少なくありません。

餌を食べる邪魔をすることや、降りたがっているところを無理やり手に乗せるなどの行動は私たち人間からしてもハムスターの嫌がることだと理解することができます。

しかし、私たちの常識の範囲内で察してあげることのできないこともあります。そういったときに手を噛むハムスターを実際に見て、少しずつで結構なので頑張って嫌がる行動を理解できるようになりましょう。

ハムスターが噛むことも自ずと減っていくに違いありません。

ハムスターとの信頼関係を築きなおす

頭の良いゴールデンハムスターから1度信用を失ってしまうと、心を許してくれずよく噛むようになってしまうことがあります。

その不信感を払拭できるように、まずは手からご飯やおやつをあげるところから始めてみましょう。根気強く続けることができたらもう一度ハムスターとの信頼関係を築くことは十分可能です。

ハムスターが噛む理由と対処法4:繁殖期でイライラしている

ハムスターは繁殖期、非常に苛ついています。具体的に言うと、発情期の間は気性が荒くなり、育児期は子供を攻撃されると勘違いして守るために噛むことがあります。

本能から来る攻撃なので、こちらから避けられる接触は避けてあげることが大切です。元々は温厚な性格のゴールデンハムスターの中でも豹変してしまう個体もいるので、注意する必要があります。
  1. なるべく接しないようにする
  2. 多頭飼いならケージを分ける

なるべく接しないようにする

繁殖期は基本的に触る以外にもできる限りのスキンシップを避けた方が賢明です。

それ以外にも出産が近づいたらケージ内の掃除の回数を減らすこと、親のハムスターにストレスを与え過ぎてしまうと子供を食べてしまうこともあるので注意をすることが必要です。

実際に触れなくても巣箱を覗く、物音を立てるなどの行動もハムスターのストレスに繋がってしまうので行ってはいけない行動です。

多頭飼いならケージを分ける

妊娠したハムスターのメスはオスを極端に嫌い、噛みつくことがあります。その状況はメスにとってもオスにとってもストレスになってしまうので、ケージは分けてあげましょう。

ゴールデンハムスターもその例に漏れません。手にオスの匂いがついている場合は間違えて噛まれてしまう可能性があるので、メスからお世話をするようにしましょう。

ハムスターが噛む理由と対処法5:飼い主に何かしらの合図を送っている

言葉を話すことのできない動物が人間に自分の意思を伝える手段は多くありません。ゴールデンハムスターも同じように上手く伝えられない故に最終手段として噛むほかないので、何か意味のある合図として噛んでいる場合が考えられます。

ハッキリと意思を汲み取ってあげることはなかなかできませんが、丁寧に試行錯誤することでハムスターとの意思疎通ができるように頑張ってみましょう。
  1. 手からおろしてあげる
  2. ご飯をあげる

手からおろしてあげる

まだ新しい環境や手に慣れていないハムスターであれば、特に手の上を心地悪いと感じている場合があるので手からおろしてあげましょう。

当然ゴールデンハムスターの中にも個体差もあるので性格によっては苦手な個体も存在します。自分の思い通りにいかなくてもハムスターのペースに合わせてあげましょう。

もしくは「お腹がすいた」、「家に帰りたい」などの手の上では達成できない目的がある場合もそれを訴えるために手を噛んでいる可能性があります。

ご飯をあげる

ゴールデンハムスターがお腹が空いたと訴えて噛んでいる場合は、当然ですがご飯をあげると噛む行為が収まります。

しかし、タイミングを間違えてしまうと賢いゴールデンハムスターは噛むことでご褒美がもらえるのだと勘違いしてしまう可能性がありますので、できるだけ噛まれた直後でなく少し間を開けてからがです。

中見出し:ハムスターが噛む理由と対処法6:興味本位

ゴールデンハムスターが噛む理由には興味から、という場合も考えられます。

前述したように視力の悪いゴールデンハムスターは、持ち前の優れた嗅覚を駆使すること、そして噛むことで自分の状況を確認します。

そして噛む際の力加減が上手くできず、悪気がなくとも飼い主に怪我させてしまっている場合があります。
  1. 心配しなくて大丈夫
  2. そのまま噛ませておく

心配しなくて大丈夫

特に敵意も感じられず、噛む行為が一時的なものであった場合は心配しなくても大丈夫です。

ゴールデンハムスターが周りのものを噛むことで状況を確認する行為は、私たちが周りの状況を噛むわけでなく、視覚で確認する行為と同じように考えてみましょう。

そのまま噛ませておく

そこまで痛くない場合はゴールデンハムスターに自分の状況を確認させてあげるためにそのまま噛ませておくことをします。

ただし、血が出るほど強く噛む場合や我慢できないほど痛い場合、皮膚が薄い子供などが噛まれてしまった場合は無理をせずに直ちにやめさせましょう。

ゴールデンハムスターが噛むのをやめさせるためのグッズ4選

噛むのをやめさせられる画期的なグッズは多数販売されています。

周りのもの、家具や人を噛んでしまうほどのストレスを解消するものや根本的に噛むことからやめさせるためのものまで色々な種類のグッズがあるので、ゴールデンハムスターと楽しく共存するために個体に応じたものを選びましょう。
  • しつけ用塗り薬
  • ガラス水槽
  • ハムスターボール
  • かじり木

ゴールデンハムスターが噛むのをやめさせるためのグッズ1:しつけ用塗り薬

ゴールデンハムスターが手ではなく、金網などを噛むのをやめさせたい場合はハムスター専用のしつけ用の塗り薬がです。

こちらのビターアップルという商品をハムスターに噛んでほしくない部分に塗るだけで簡単に対策できます。

ゴールデンハムスターが噛むのをやめさせるためのグッズ2:ガラス水槽

「金網を噛むのをやめさせたい」という方にはガラス水槽がです。ガラス水槽のように厚みのある飼育ケースであれば、ハムスターが金網を噛むのをやめさせられます。

ただし、ガラス水槽はゴールデンハムスターにとって十分な広さのあるものにはそれだけの重さがあるので、持ち運びなどに少し手間がかかるのでその点も踏まえて購入するようにしましょう。

ストレスで金網を噛んでいる場合はガラス水槽を家にすることに加えて、他のグッズを使うなど対策も同時に考えるようにしましょう。

ゴールデンハムスターが噛むのをやめさせるためのグッズ3:ハムスターボール

ゴールデンハムスターが噛む要因がストレスから来ているという場合には、それを解消してあげる回し車などおもちゃがです。

しかしハムスターボールを使う場合は危険な場合もあるので十分に注意してあげる必要があります。ハムスターが嫌がっている様子と楽しんでいる様子を上手く見極める必要もあります。

ゴールデンハムスターが噛むのをやめさせるためのグッズ4:かじり木

噛む対象をかじり木に移し、上手くいけば手を噛まないようにすることができるので小動物用のかじり木がです。ゴールデンハムスターがこのかじり木を齧るだけで歯の伸び過ぎを防止できることやストレス解消になることがこのグッズの良い点です。

ハムスターが物を噛む癖に頭を抱えている方にとっても、かじるためのグッズはです。すぐには短くなりませんが、消耗品なので上手くいけば買い足しましょう。

噛むと鋭利になってゆき、最終的には釘の部分が露出するので怪我に気をつけてあげましょう。

ゴールデンハムスターの性格を理解して噛むのをやめさせよう!

今回はゴールデンハムスターが噛む理由やその対処法について紹介しました。噛むのにも様々な理由があって、必ずしも悪意を持っているわけではないということを確認して頂けたのではないでしょうか。

きちんと対策をとって、ゴールデンハムスターとあなたとの楽しい生活を作り上げましょう。

公開前に削除してください

公開前に削除してください

公開前に削除してください

公開前に削除してください

公開前に削除してください

公開前に削除してください

公開前に削除してください

Related