Search

検索したいワードを入力してください

ペットのデグーがなつかない理由とは?なつくまでの対処法紹介

初回公開日:2019年08月03日

更新日:2020年09月25日

記載されている内容は2019年08月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

デグーを飼っている、飼いたいと思っている人に向け、なつきやすいペットであるデグーがなつかない理由とその対処方法をまとめました。デグーの生態と世話のしかた、食べ物の与え方などとあわせて、どうやってデグーに信頼され、なついてもらえるのかの記事です。

ペットのデグーがなつかない理由とは?なつくまでの対処法紹介

なつきやすいデグーがなつかない理由

ペットのデグーがなつかない理由とは?なつくまでの対処法紹介
※画像はイメージです
なつきやすい、と言われるデグーがなつかないのは理由があります。

なつきやすいペット、と言う評判と、ぬいぐるみのような見た目でどんどんが高まっているデグーですが、生き物には個体差があるため、なかなかなつかないデグーもいます。

今回はなつきやすいデグーがなつかない理由となつかせ方を調べてみました。
時期仕種仕種の意味
飼いはじめ物陰に隠れる、逆毛を立てる警戒心MAXです。触られると攻撃される!と思います。
少し慣れてきたころ背中を向ける、大きな音を立てると飛び上がる警戒心は薄れつつあるけど、まだリラックスしていません。
慣れてきたころ隠れない、名前を呼ぶと反応する、手渡しでえさを食べる自分の名前を認識し、飼い主のことを信頼している状態です。
べた慣れ肩や膝に乗る、体にくっついてくる、手のひらの上でえさを食べる飼い主と遊んだり、撫でてもらうのが嬉しくて楽しい!な状態です。

なつきやすいデグーがなつかない理由1:環境になれていない

一般的に小動物は環境の変化に敏感です。デグーは自分の生きる環境に合わせて生活リズムを変えるという説があります。人間だって生活環境やリズムが急に変わればストレスを覚えます。

知能が高く、人間の3歳児と同じくらい賢い、と言われるデグーにとっても新しい環境に慣れるまではストレスが多く、飼い主になつく余裕がない時期です。

どうしてなつかないの?とあまり神経質にならず、デグーが馴染むのを待ちましょう。

なつきやすいデグーがなつかない理由2:飼い主を認識していない

こちらを飼い主とは認識していない可能性があります。

飼い主のことを「なんだかでかくて動いてて、近くに来ると自動的に食べ物が出てくるみたいだけど、これ生き物?もしかして、こういう装置?食べ物は食べるけど、なんだろ?」と思って、なつかない可能性があります。

こういう場合は気長く待つしかないのですが、えさやりマシーンと思われてるのか、とちょっと悲しいですね。なるべく名前を呼び、話しかけてみましょう。

デグーはいつ頃なつき始めるの?

個体差があるため、いつ頃からなつく、とは明確に言えません。

単頭飼いだと早くなつき、多頭飼いだとなかなかなつかない説もありますが、あくまで個体差です。最初から人なつこい子もいれば、なつくまで時間がかかる子もいます。

デグーを懐かせるときの注意点

ペットのデグーがなつかない理由とは?なつくまでの対処法紹介
※画像はイメージです
なつかないデグーを懐かせるときにはいくつかの注意点があります。

デグーに限らず動物全般に当てはまることですが、デグーに「この人は大丈夫」と認識してもらえるために注意すべきことをいくつか調べてみました。

なつかないデグーと接するときの参考にしてください。

デグーを懐かせるときの注意点

  • デグーの気持ちを考える
  • 適切な距離を保つ
  • デグーと仲良くなることを考える
  • 適度なスキンシップをする
  • 強引につかむことをしない
  • デグーの噛み癖は愛情表現の証

デグーを懐かせるときの注意点1:デグーの気持ちを考える

デグーの身になって考えてみましょう。

「まったく知らないところに連れてこられて、大きな生き物にじっと見つめられてる、いきなり攻撃されたらどこに逃げればいいの?ばくんと食べられちゃったらどうしよう!」

飼い主が信頼できるとわかるまでは、こんな気持ちでびくびくして、なつかないのも当然です。

もし、自分が小さな生き物でこんなにサイズの違う生き物と同居することになったら、と考えるとわかりますよね。

デグーを懐かせるときの注意点2:適切な距離を保つ

近づきすぎず、遠ざかりすぎずです。人間にとっては気にならない自分の生活音や匂いも、聴覚、嗅覚ともに鋭いデグーにとって、慣れないうちはストレスです。

そうかと言って、デグーの体調不良や異常に気づかないほど接点がないのでは、飼い主としての責任を果たせませんし、いつまでもなつかないデグーのままです。

お互いにほどよい距離間が、どこらあたりなのかを模索していくのも飼い主の大切な務めです。

デグーを懐かせるときの注意点3:デグーと仲良くなることを考える

懐かせるより、仲良しになりましょう。

「サイズが大きいけど、この人は自分を傷つけたり食べたりしない、むしろ安心できる、もっと一緒にいたいなあ」と思ってもらえるようになれたらしめたもの、もともと群れで行動する習性の生き物であるデグーは、仲間だ、と認識すると警戒心がほどけます。

くっつきたがり、さみしがりが多いデグーが、飼い主にベタ慣れデグーに変化するのも時間の問題です。

デグーを懐かせるときの注意点4:適度なスキンシップをする

触れあう気持ちよさを認識させましょう。群れで行動するデグーは仲間同士でグルーミングしあい、コミュニケーションする習性があります。触れあう心地よさを本能的に知っています。

「なかなか撫でさせてくれない」というときは、撫でる場所や撫で方をこまめに変えて反応をうかがってみましょう。

「この人は気持ちいいマッサージをしてくれる」と気づけば、デグーのほうから撫でてほしがるようになります。

デグーを懐かせるときの注意点5:強引につかむことをしない

デグーの嫌がることはしない、が基本原則です。デグーが怪我をしそう、などのどうしようもない状況以外で強引につかまないようにしましょう。

人間にとってはなにげない行動でも、むんずとつかまれたら、デグーにとっては大ショック、晴天の霹靂です。

記憶力がいいデグーに「強引に嫌なことをされた」という気持ちと飼い主がセットになって記憶されてしまうと、なつかないデグーに逆戻り、信頼を取り戻すのに時間がかかります。

デグーを懐かせるときの注意点6:デグーの噛み癖は愛情表現の証

甘噛みは、あなたが大好き、の表現です。なつかないときはともかく、仲良くなり、触れ合っているときに噛むのは「好き好き!大好き!」の気持ちをデグーなりに表現しています。

あまり強く噛むようなら、痛い、と低く静かな声ではっきり伝えましょう。何度か繰り返せば、デグーは頭がいいので覚えます。

デグーはワクチン予防接種などが必要ないペットですが、人間のほうは、噛まれたらきちんと消毒などのケアをしましょう。

なかなか懐かないデグーの懐かせ方

懐かないデグーの慣らし方を調べてみました。デグーは個性豊かなペットなので、それぞれに好みやペースがありますが、基本的にここを抑えればという点をまとめました。

基本を抑えつつ、デグーをよく見て、合わせてあげてください。

なかなか懐かないデグーの懐かせ方

  • 2~4週間以内に集中してなつかせる
  • デグーに飼い主だと認識してもらう
  • ケージの外から自分の手でご飯・おやつを上げる
  • 手のひらに乗せてご飯・おやつを上げる
  • 焦らずにゆっくりとなつかせよう
  • スキンシップしているときはデグーの感情に注目しよう
  • 多頭飼いなら一匹一匹丁寧に扱おう

なかなか懐かないデグーの懐かせ方1:2~4週間以内に集中してなつかせる

最初が肝心です。

この時期はデグーの様子を窺い、居心地よい住空間を作ることに手間をかけます。また、賃貸物件に入居している場合、お迎え前とこの時期で、住居マナー問題対策をしっかり行いましょう。

ケージ内のレイアウトやケージを設置した位置がデグーにとって快適、かつ、デグーが鳴いたり、回し車で走って近隣に迷惑がかからない場所か確認します。

せっかく慣れた場所からまた移動させるのはかわいそうです。

なかなか懐かないデグーの懐かせ方2:デグーに飼い主だと認識してもらう

ちゃんとお世話してもらえる飼い主だと認識してもらいましょう。

具体的には、ある程度決まった時間にごはんをあげ、ケージの掃除や砂風呂の準備など、デグーの身の回りのお世話をして「この人、あてにしていい」と思われるようにすることです。

お世話するときに名前を呼び、優しく話しかけ、食べ物が出てくるマシーンでなく飼い主なんだ、と思ってもらえるよう、緩やかにアピールして、なつかないデグーに信頼されましょう。

なかなか懐かないデグーの懐かせ方3:ケージの外から自分の手でご飯・おやつを上げる

最初のうちはケージの外からご飯、おやつをあげます。

デグーが喜ぶご飯やおやつをあげ、食べている最中に、急に動いたり、大きな声を出さないようにして、デグーが落ち着いて食べられる環境を作ってあげましょう。

名前を呼び、デグーの中で「自分の名前+飼い主の手+おいしいご飯・おやつ」が結びつくようにします。

なつかない子でも、この認識ができれば、飼い主が近づいただけでケージに張りついてご飯を催促しはじめます。

なかなか懐かないデグーの懐かせ方4:手のひらに乗せてご飯・おやつを上げる

手のひらに乗せてご飯・おやつをあげます。ケージの外からもらうご飯に慣れてきたら、手のひらに乗せてご飯・おやつをあげてみましょう。

ケージの外からあげていたときと一緒です。急に動かず、大きな声を出さず、デグーを落ち着かせながら食べさせてあげてください。

落ち着いて、おいしいご飯を食べた記憶が積み重なれば、なつかないデグーでも「この人の手のひらの上にはいつもおいしいものがある」とインプットされていきます。

デグーが好んでいるおやつを上げよう

デグーの好きなおやつを上げてみましょう。デグーにはそれぞれ食べ物の好みがあります。よく見ていれば、あなたのデグーがどんなおやつが好きかはわかります。

もともとアンデス山脈の厳しい環境に適応していたデグーは粗食で生き抜く完全草食です。食べ物を与えすぎると糖尿病や脂質異常症の原因になります。きちんと意識して情報を集めてください。

栄養管理に気をつけながらも、デグーの好きなおやつを上げましょう。

手のひらに乗せて安心させよう

飼い主の手のひらが安全な場所だとわからせてあげましょう。

そうっと手のひらに乗せ、静かに話しかけ、指で優しく撫でます。このとき、飼い主自身がリラックスしてください。デグーは飼い主の気持ちを敏感に読み取る賢い生き物です。

飼い主がゆったりしていれば、デグーも「あ、落ち着いていいんだ」と認識します。いやがるようならすぐに放してあげましょう。無理強いすると手のひらに近寄らなくなってしまいます。

なかなか懐かないデグーの懐かせ方5:焦らずにゆっくりとなつかせよう

焦りは禁物です。なつかないペットと暮らすときに大切なのは焦らないことです。人間にそれぞれ個性があり、ペースがあるように、デグーにも個性があり、ペースがあります。

焦っていては、デグーの個性やペースを見極めることが難しくなります。

落ち着いて、よく観察し、「へ~、うちの子はこういうタイプなのか、なるほど。わかった、わかった、あわせるよ~」というくらいにのんびり構える気持ちを保ってください。

なかなか懐かないデグーの懐かせ方6:スキンシップしているときはデグーの感情に注目しよう

デグーは感情表現豊かなペットです。どこを撫でてもらうと気持ちいいのか、どこを触られると落ち着かないのか、見ていると面白いほどわかります。

また、仕草だけでなく「アンデスの歌うネズミ」と呼ばれるほど多彩な鳴き声で、喜んだり、甘えているときは「ぴぴぴぴ」とか、さみしいときは「きゅいきゅい」とか、感情を表現するのが上手です。

反応を見て、喜ぶスキンシップを繰り返してあげましょう。

なかなか懐かないデグーの懐かせ方7:多頭飼いなら一匹一匹丁寧に扱おう

一匹一匹に個性があります。

デグーが仲間同士でコミュニケーションしている姿も愛らしくて癒されますが、一匹一匹と触れ合う時間をとって、それぞれがどんな性格で、なにが好きなのか知ってください。

体の小さいデグーにとって負担が大きいので、デグーの避妊・去勢手術はモルモットやハムスターと同じく一般的ではありません。

多頭飼いで、増やすつもりがないなら、オス・メスを別々のケージに入れて飼いましょう。

デグーがべた慣れしてなつくときの仕草

デグーがべた慣れしてきたら、どんなふうになるのかまとめてみました。

デグーが安心してべた慣れしているときの仕草には特徴があります。よく動画サイトにアップされている、あの状態です。こんな仕草を見せるようになれば、デグーとあなたは相思相愛です。

デグーがべた慣れしてなつくときの仕草

  • 手のひらに乗ってくる
  • なでてもらうことを求めてくる
  • 散歩させていると膝の上に乗る

デグーがべた慣れしてなつくときの仕草1:手のひらに乗ってくる

最初はおそるおそるデグーから手のひらに乗ってきます。飼い主はじっと待って、デグーが手のひらの上で落ち着いたら、なるべく態勢を変えず、喜ぶ場所を撫でてあげてください。

安心させてあげ、降りようとしたら、すぐ降ろしてあげます。「あなたのいやなことはしないよ」と態度で示しましょう。

なつかないデグーでも、これを何度か繰り返すうちに、ベタ慣れ手乗りデグーのできあがりです。

デグーがべた慣れしてなつくときの仕草2:なでてもらうことを求めてくる

慣れてきたら、なでてもらいたがります。なつかないデグーが慣れてきたら、「ぴゅよぴゅよ」「ちゅちゅ」と鳴いて、飼い主の手に体を押し付け、なでてもらいたがるようになります。

このとき、飼い主のお腹に乗ってなでてほしがる子がいますが、温かく柔らかい場所に乗って、気持ちいいマッサージをされたいのでしょう。

うっとり目を細め、全身をてれ〜ん、とさせてリラックスしているうちに眠ってしまい、寝言をいう子もいます。

デグーがべた慣れしてなつくときの仕草3:散歩させていると膝の上に乗る

デグーは慣れてくると膝の上に乗ってきます。部屋んぽ(部屋の中をさんぽ)するときに、飼い主の膝に乗るようになったら「ぜひぜひ、どうぞどうぞ」とデグーに膝の上を提供しましょう。

まったりくつろぐ子もいれば、飼い主の膝をアスレチックフィールドと解釈する子もいます。なつかない子だったデグーが飼い主を信頼しきっている姿を愛でましょう。

デグーは基本的にトイレを覚えません。膝上デートのときは汚れてもいい服を着てください。

デグーをなつかせるおやつ

なつかないデグーをなつかせるために、おやつを使いましょう。

デグーそのものをつかみあげてはいけませんが、デグーの胃袋はつかみましょう。「私(飼い主)と仲良くするとおいしいものが出てくるよ〜」作戦で、なつかないデグーを籠絡します。

デグーをなつかせるおやつ

  • 乾燥野菜や野草
  • ハーブ
  • えん麦
  • ヒマワリの種

デグーをなつかせるおやつ1:乾燥野菜や野草

完全草食のデグーの主食です。野菜ならなんでもOKでなく、食べさせてはいけない野菜もありますので注意してください。

また、生野菜は下痢をする原因になります。与えるのなら少量でよく様子を見ましょう。

「ペレット」というデグーの好きなチモシーやアルファルファなどの牧草と乾燥野菜を固めたチップもあり、ペットショップやネットで購入可能です。

栄養価が高いので補助食品として与えます。

デグーをなつかせるおやつ2:ハーブ

おやつ、補助食品として与えます。オレガノ、イタリアンパセリ、ミント、バジル、レモンバーム、コンフリー、コリアンダーなど、デグー用のハーブとして販売されているものをあげてみましょう。

なつかないデグーも、ちょっと目先の変わったおやつに喜びます。

好き嫌いがあって、あまり食べない子もいますが、乾燥野菜や牧草で栄養は摂取できるので、無理に食べさせる必要はありません。

デグーをなつかせるおやつ3:えん麦

えん麦はデグーがとても喜ぶおやつです。カロリーも脂質も高く、粗食体質のデグーにたくさんあげ過ぎると栄養過多になります。体重の5%が適正量です。

1日ひとつまみを目安に、様子を見ながらあげてみてください。普段は小出しにしておいて、芸を覚えさせたり、部屋んぽから呼び戻すときに使う飼い主さんもいます。

なつかないデグーと仲良くするためにぜひ揃えておきたいアイテムですが、与え過ぎに注意しましょう。

デグーをなつかせるおやつ4:ヒマワリの種

脂質の高い食べ物なので、適量を守って与えてください。えん麦と同じように普段は小出しにして、いざというときの切り札に、という与え方もできます。

おおよそ体重の2パーセントくらい、えん麦の半分未満くらいが適量とされています。

あきらめずにデグーをなつかせよう

なつかないデグーがずっとなつかないまま、ということはありません。生き物のお世話に大切なのは安定した環境と飼い主の忍耐と首尾一貫です。

個体の様子を見守り、柔軟な対応をする事も必要ですが、いつももらえるものがもらえなかったり、褒めたり叱ったりが一貫していないと頭のいいデグーは却って混乱します。

まずは飼い主が根気強く、デグーの信頼を勝ち取ることに心を砕き、諦めずにデグーと仲良くなってください。

Related