Search

検索したいワードを入力してください

ハムスターはなつきやすいのか?ハムスターをなつかせる方法6つ

初回公開日:2019年08月01日

更新日:2020年08月08日

記載されている内容は2019年08月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ハムスターは見た目が可愛いだけでなく、飼育がしやすいペットとしてが高いです。また、人になつきやすいこともの理由の1つとなっています。ハムスターがなついたときには、なついた証拠として見られる行動がいくつかあります。

ハムスターはなつきやすいのか?ハムスターをなつかせる方法6つ

ハムスターはなつきやすいのか?

ハムスターはなつきやすいのか?ハムスターをなつかせる方法6つ
※画像はイメージです
ハムスターは見た目が可愛いだけでなく、省スペースで飼育でき、大きな声で鳴いたりなどしないため、飼育しやすいペットとしてが高いです。また、ハムスターはなつきやすいということもが高い理由の1つとなっています。

性別で違いがああるのか

ハムスターはなつきやすい生き物ではありますが、当然ながらすべてのハムスターが人になつくというわけではありません。ハムスターは種類や性別、個体などによってなつきやすさは異なります。

また、ハムスターはそれほど記憶力が高くないため、せっかくなついたとしても、飼い主と何日も会わない日が続くと、飼い主のことを忘れてしまうこともあるので注意が必要です。

オス

すべてのハムスターに当てはまるわけではありませんが、性別による性格もハムスターのなつきやすさの判断材料とされることがあります。

オスのハムスターは基本的におっとりとしていて、マイペースな性格をしています。そのため、人になつきやすいです。ただし、オスは縄張り意識が強いため、敵と認識されてしまうとなつくまでに時間がかかることもあります。

また、ストレスに弱いという特徴もあるため、よくなついていいるからと、あまり構いすぎるとそのストレスで体調を崩してしまうこともあります。

メス

ハムスターに関わらず、メスの生き物は子供を産んで守る必要があるため、神経質です。そのため、おっとりとしたオスよりもなつくまでに時間がかかってしまうことがあります。

また、子供を産むための体を作るために、食欲が旺盛で大きくなりやすいので餌の与え過ぎに注意する必要があります。

ただし、良く食べるため体が丈夫で、子供を産むためストレスに強いという特徴もあります。そのため、メスはオスよりもなつきにくいですが、飼育はしやすいです。

ハムスター がなついた証拠5つ

ハムスターはなつきやすいのか?ハムスターをなつかせる方法6つ
※画像はイメージです
ハムスターがなついてくると、なついた証拠となる行動を見せてくれるようになります。そのハムスターがなついた証拠と判断できる行動はいくつかあります。

ハムスターがなついた証拠

  • 噛まない
  • 手に登ってくる
  • 手でエサを食べてくれる
  • ハムスター なついた証拠5:ラッコ食いになる

ハムスター なついた証拠1:噛まない

ハムスターがなついていない状態で無理に触ったりなどしようとすると、ハムスターは自分の身を守るために噛みつく危険性があります。ハムスターの歯は鋭いため、噛まれてしまうと大怪我をする可能性もあります。

また、ハムスターは臆病な性格のため、自ら攻撃をしないといけないという状況に、大きな恐怖心を持ってしまい、ストレスを感じてしまうこともあります。

もし、触ったりなどした際に、噛んだり、逃げたりなどしない場合には、ひとまずハムスターから敵ではないと認識してもらっていて、なついた証拠となる場合もあります。

ハムスター なついた証拠2:手に登ってくる

ハムスターがなついた証拠となる行動の1つとして、人間の手は敵ではないと理解することがあります。また、餌をくれたり、自分の世話をしていくれる手と覚えると、警戒心も薄れていきます。もし、ハムスターが差し出した手に登ってくるようになれば、完全になついた証拠となります。

ただし、差し出した手に登ってきて、完全になついた証拠が見られたても、ハムスターは匂いで飼い主を覚えるため、お風呂上がりや手を洗った直後などは知らない人の手と勘違いされ、攻撃したり、逃げられたりなどしてしまうこともあるので注意が必要です。

ハムスター なついた証拠3:マーキングしに来る

ハムスターはなつきやすいのか?ハムスターをなつかせる方法6つ
※画像はイメージです
上記で述べた通り、差し出した手にハムスターが登ってくるようになることは、ハムスターがなついた証拠でもあります。

また、ハムスターが手に登ってくるということは、飼い主の手が敵ではないと理解していて、餌などをくれる手でもあるということも理解してきているということでもあります。

餌をくれる手は他のハムスターなどに取られたくないと考えるハムスターは、飼い主の手を自分の縄張りとするために、飼い主の手にマーキングをしに来ているという場合もあります。ただし、単純に甘えてくるハムスターもいます。

ハムスター なついた証拠4:手でエサを食べてくれる

ハムスターも動物なので、安心できない人の手から餌を食べることはできません。中には、安心できない人の手から餌が欲しくて恐る恐る近づいてきて、急いで餌を取って逃げるハムスターもいます。

のんびりと近づいてきて、ゆっくりと手から餌を取ってくれる場合には、飼い主の手に対して不安を感じていないということで、ハムスターがなついた証拠となります。

また、手から餌を取って、その場でゆっくりと食べるようであれば、警戒心もなくなっている状態なので、完全になついた証拠となります。

ハムスター なついた証拠5:ラッコ食いになる

生き物にとって、お腹は弱点のため、攻撃されないように守る必要があります。しかし、ハムスターが飼い主や飼育環境に慣れてくると、敵に襲われることがないと思って、仰向けでお腹を見せたまま餌を食べたりすることもあります。

このようなラッコ食い状態になている場合には、飼育環境に慣れて、飼い主にもなついた証拠となります。

ラッコ食いをするほどリラックスしているハムスターを急に触ろうとしたり、大きな音を立てたりなどすると、ハムスターはびっくりしてしまうので、リラックスしているときはそっとしておきましょう。

ハムスターをなつかせる方法6つ

ハムスターはなつきやすいのか?ハムスターをなつかせる方法6つ
※画像はイメージです
ハムスターと早くスキンシップを取りたいあまりに、なついていないうちに、触ろうとしてしまう人がいます。もし、早くハムスターとスキンシップを取りたい場合はいろいろとハムスターがなついてくれる方法を試しましょう。

ハムスターをなつかせる方法1:良いペットショップで買う

ハムスターを家に迎えるということは家族として迎えるということです。そのため、仲良くなってくれそうなハムスターが見つかるまでペットショップは何件も周るつもりでいましょう。

また、ペットショップでの飼育環境も確認しておきましょう。ケージが常に綺麗なペットショップは店員さんがこまめにお世話をしているため、人の手に慣れたハムスターが多く、初めからなついた証拠となる行動をしてくれるハムスターもいます。

また、お世話をしている店員さんに聞けば、それぞれの個性を把握していることもあるので、非常に参考となります。

ハムスターをなつかせる方法2:慣れるまで触らない

ハムスターを家族として迎え入れたとき、早くハムスターとスキンシップを取りたいと思っていまいます。しかし、飼育環境が大きく変化した直後はハムスターに大きなストレスがかかっています。

その状態で無理に触ろうとすると、飼い主の手を敵と勘違いしてしまい攻撃してしまう可能性があります。そのため、ハムスターが環境に慣れるまでは、触らずにそっとしておいてあげましょう。環境に慣れてくると、徐々になついた証拠となる行動を見せてくれるようになってきます。

ハムスターをなつかせる方法3:声をかけてからさわる

上記で述べた通り、まだ環境に慣れていないハムスターを無理に触るようなことをしてはいけません。いつまでもハムスターを眺めているだけでは、飼い主に慣れることもできません。

そのため、ハムスターが環境に慣れてきたら、手から餌を与えてみたり、軽く撫でてみたりなどしましょう。その際に、ハムスターが驚かないように声をかけながらスキンシップを取るようにしましょう。

慣れてくると徐々になついた証拠となる行動を見せてくれる頻度が上がっていきます。

ハムスターをなつかせる方法4:手でエサをあげる

上記で述べた通り、ハムスターが環境に慣れてきたら、手から餌をあげてみましょう。最初は恐る恐る近づいて、餌を取るとすぐに逃げてしまうという行動を取ることもあります。

しかし、手から餌をあげることを繰り返しているうちに、ハムスターはこの手は敵ではなく餌をくれると覚えてくれます。

飼い主の手が敵ではないと認識して、急いで手から餌を取らずに、餌を受け取るとその場で食べるようになれば、完全に飼い主になついた証拠となります。

ハムスターをなつかせる方法5:ゆっくりと手を近づける

急に触ろうとしてしまうとハムスターは恐怖を感じてしまいます。恐怖を感じてしまうと、その後も飼い主の手からは逃げなければいけないと覚えてしまう可能性があります。

餌をあげるなどして、ハムスターとの距離が縮まってきたら、次はゆっくりと手を近づけて、ハムスターを怖がらせないように触ることを繰り返しましょう。少しずつハムスターに触れることで、ハムスターに手で触られても攻撃されることはないと覚えてもらいましょう。

触ろうとしたときに、何の抵抗もなく触ることができるように慣れば、飼い主になついた証拠となります。

ハムスターをなつかせる方法6:快適な環境を与える

ハムスターに早くなついてもらうためには、まず飼育環境に慣れてもらう必要があります。飼育環境に慣れていない状態でハムスターに触ろうとしてしまうと、恐怖心を与えてしまう可能性があります。

早く飼育環境に慣れてもらうためにも、清潔なケージで、静かで薄暗くして、ハムスターにとって快適な環境を与えてあげましょう。早く飼育環境に慣れることで、なついた証拠となる行動も早く見られるようになります。

ハムスターがなついた証拠を知ろう

ハムスターはなつきやすいのか?ハムスターをなつかせる方法6つ
※画像はイメージです
ハムスターは臆病な生き物です。そのため、なついていない状態で、無理に触ったりなどしてしまうとストレスを与えてしまったり、噛みつかれたりなどしてしまう恐れがあります。

ハムスターを家族として迎えるのであれば、長く一緒に生活できるように、まずは仲良くなって、なついた証拠の行動が見られるようにしましょう。

Related