Search

検索したいワードを入力してください

ハムスターが脱走した時の対処法7つ|5つの防止策を紹介

初回公開日:2019年08月06日

更新日:2020年08月08日

記載されている内容は2019年08月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ハムスターは賢い生き物です。そのため、飼い主が油断をしているとケージから脱走してしまうこともあります。もし、ハムスターがケージから脱走してしまった際には、いくつかのことに注意しながら、ハムスターを探さなければなりません。

ハムスターが脱走した時の対処法7つ|5つの防止策を紹介

ハムスターは脱走したら大変

ハムスターが脱走した時の対処法7つ|5つの防止策を紹介
※画像はイメージです
ハムスターは省スペースで飼育することができ、大きな声で鳴いたりなどもせず、見た目も可愛らしいため、ペットとしてが高いです。

しかし、もしケージから脱走をしてしまうと、非常に大変なことになります。

素早い

ハムスターは小さくて、性格もおっとりしている個体が多いため、あまり素早く動くことが少ないです。

しかし、ハムスターは素早く動くことが少ないだけであり、素早く動くべきときや、素早く動こうと思ったときには、素早い動きをすることができます。

普段は素早い動きをしないため、油断をしてしまう飼い主もいます。

もし、油断をしていると、ハムスターが脱走をしてしまった際に、とっさに捕まえることができずに、行方不明になったり、手の届かない隙間に逃げ込まれたりなどしてしまいます。

警戒心が高い

なついたハムスターであれば、警戒心なく近づいてきてくれることもありますが、基本的にハムスターは臆病で警戒心の強い生き物です。

そのため、飼育を始めて間もない時期で、まだ飼い主に対して警戒心を持っているハムスターが脱走してしまった場合、追いかけてくる飼い主を敵と勘違いして必死に逃げてしまうことがあります。

また、人の手の届かない狭い隙間に入り込んで、出てこなくなってしまうということもあります。

狭いところに逃げる

上記で述べた通り、脱走したハムスターは飼い主から逃げるために、人の手が届かないような狭い隙間に逃げ込んでしまいます。

また、よくなついたハムスターであっても、ハムスターは狭くて暗い場所を好むため、気がつかないうちに脱走をして、狭い隙間に潜り込んでしまうこともあります。

部屋などの密室であれば、狭い隙間に潜り込んでも出てくるまで待ったり、引っ張り出したりなど手段はありますが、場合によっては人の入り込めない場所に入り込んでしまうと救出不可能となってしまう場合もあります。

コードなどを齧る

ハムスターにとってケージの外は危険な物が多いです。特に、ハムスターは何でも齧ってしまうため、電気の通ったコードは非常に危険です。

電気が通っているため、ハムスターがコードを齧ってしまうと感電してしまう恐れがあります。また、齧られたコードは火事の原因となってしまうこともあります。

他にも、机の上などから物が落ちてきたり、害虫用の駆除剤を食べてしまったりなどの危険もあるため、ハムスターが脱走してすぐに捕まえられなかった場合には、周囲の安全を確保することも重要です。

頬袋に入れてしまう

脱走したハムスターは餌になりそうな物や、巣の材料になりそうな物などを見つけると頬袋に入れてしまいます。上記で述べた通り、もし害虫の駆除剤などを餌と間違ってしまうと非常に危険です。

また、硬い物や尖った物を頬袋に入れようとしてしまい、口や頬袋を傷つけてしまう危険性もあります。

ハムスターは何でも頬袋に入れてしまうため、出そうした際には何かを頬袋に入れてしまう前に捕まえることが望ましいです。また、捕まえたあとは体だけでなく、口の中まで怪我などをしていないか確認しましょう。

大量にうんちをする

ハムスターを飼育しているとよくわかりますが、ハムスターは非常に大量のうんちをします。また、おしっこと違って、うんちは決まった場所でしないことも多いです。

そのため、もし脱走してすぐに捕まえられなかった場合、部屋で大量のうんちをされてしまう可能性があります。

ハムスターのうんちは小さいため、非常に掃除が大変です。また、人の手の届かない場所でうんちをされてしまうと、掃除ができないということになってしまう場合もあります。

ハムスターが脱走したときの対処法8つ

ハムスターが脱走した時の対処法7つ|5つの防止策を紹介
※画像はイメージです
ハムスターが脱走してしまうと、ハムスターにとって非常に危険な状況となってしまいます。

そのため、もしハムスターが脱走してしまった場合には、ハムスターの安全を確保するためにも、適切な対処が必要です。

ハムスターが脱走したときの対処法1:部屋の扉は閉める

ハムスターが脱走してしまった場合には、まず扉を閉めてハムスターが部屋の外に出られないようにしましょう。

もし、ハムスターが部屋から出てしまうと、どこを探せば良いかわからなくなってしまう可能性があります。

また、部屋から出られる隙間があったり、扉などが閉められない場合には、物などを置いてハムスターが部屋から出られないようにしましょう。

ハムスターは小さくて、狭い隙間に入り込むため、部屋からも逃げてしまい、見失ってしまうと見つけることが困難になってしまいます。

ハムスターが脱走したときの対処法2:ケージの入り口は開ける

普段生活をしているケージ内は自分の匂いがするため、ハムスターは落ち着くことができます。

しかし、脱走をしてしまうと、どこにも自分の匂いのする場所がなく、ハムスターにとって落ち着かなかったり、不安を感じたりなどします。

そのため、非常になついたハムスターや、飼育期間の長いハムスターなどは自分の匂いをたどってケージに戻ってくることがあります。その際に、ケージの入り口が開いて入れば、自分からケージに入ることすらあります。

ハムスターが脱走したときの対処法3:他のペットを近づけない

ハムスターを飼育している人の中には、ハムスター以外のペットも飼っているという人もいます。

ペット同士の仲が良いという場合もありますが、基本的にはハムスターは生き物として弱い立場のため、普段から他のペットを近づけないようにしておく方が望ましいです。

また、脱走をしたハムスターを他のペットがハムスターを見つけて、攻撃をしてしまう可能性を避けるために、部屋の扉を閉めて、ハムスターが部屋から出られないようにして、他のペットも入ってこれないようにしましょう。

ハムスターが脱走したときの対処法4:警戒心をなくす

ハムスターが脱走した時の対処法7つ|5つの防止策を紹介
※画像はイメージです
ハムスターが脱走をした際に、人の手が届かない隙間などに入り込んで出てこなくなってしまうこともあります。

このとき、無理にハムスターを捕まえようとしてしまうと、ハムスターを警戒させてしまい、さらに捕まえることが困難になってしまうことがあります。

そのため、もしハムスターが隙間に入り込んでしまった場合には、警戒心がなくなって、隙間から出てくるまで、静かに待つということが必要となる場合もあります。

ハムスターが脱走したときの対処法5:音を聞く

ハムスターが脱走したことにしばらく気がつかないということも多いです。その際、脱走に気がついたときは、まず静かにして音を聞きましょう。

ハムスターが動いて入ればガサゴソと音が聞こえてくることがあります。

ただし、狭い隙間などで落ち着く場所を見つけてしまった場合には、寝てしまって物音を立てないこともあります。そのため、あくまでも脱走したハムスターを見つけるための1つの手段です。

ハムスターが脱走したときの対処法6:おやつでおびき寄せる

脱走したハムスターが狭い隙間に入り込み、出てこなくなってしまった場合には、警戒心がなくなって出てくるまで待つことが必要となる場合もあります。

しかし、ハムスターも狭い場所でじっとしているだけでは、餌を食べることができずにお腹が減ってきます。

そのため、隠れた隙間の出口辺りにおやつを置いて、お腹を空かせたハムスターをおびき寄せましょう。

ただし、おやつでおびき寄せて、捕まえることに失敗してしまうと、さらに警戒心を強めてしまう可能性もあるので、できれば1回で捕まえるようにしましょう。

ハムスターが脱走したときの対処法7:フンの跡を追う

ハムスターが脱走をして、どこに行ったかわからなくなってしまった場合は、まずハムスターのフンを探すようにしましょう。フンがある場所は最低でも1回は通った場所ということがわかります。

また、多くのフンがある場所は何度も通っている通り道にしている可能性があったり、近くに隠れている可能性もあります。

さらに、いつ頃にしたフンであるかを状態から確認することで、いつ頃にその場所を通ったかも判断することができます。

ハムスターが脱走したときの対処法8:軽いわなをしかける

ハムスターが脱走して見失ってしまった際には、いくら探してもハムスターが見つからないということもあります。そのような場合は罠によって捕獲するという方法もあります。

ただし、ネズミ捕りのような駆除目的の罠ではハムスターが危険なため、餌を取るとつい立が倒れるカゴの仕掛けや、虫かごの中に餌を置いて段差を登らせて餌を取りに入ると出られなくなるなどの軽い罠が良いでしょう。

罠であればハムスターの隠れてそうな場所にたくさん設置できるため、効率良く探すことができます。

ハムスターが脱走したときの4つの注意点

ハムスターが脱走した時の対処法7つ|5つの防止策を紹介
※画像はイメージです
ハムスターは賢い生き物のため、油断をしているとケージから脱走してしまうことがあります。もし、ハムスターが脱走をしてしまった場合には、いくつか注意しておくべきことがあります。

ハムスターが脱走したときの注意点

  • 気温
  • 移動
  • 登れる場所

ハムスターが脱走したときの注意点1:夏場と冬場の気温

ハムスターは暑さにも寒さにも弱い生き物です。もし、逃げ出した季節が夏であれば、夏バテを起こしたりする危険性があります。

また、冬であれば餌が足りないことや、気温が低すぎることで疑似冬眠をしてしまう危険性があります。

そのため、ハムスターが脱走をした際には、まず部屋から出られないようにして、捕まえるまでに時間がかかりそうであれば、室温をハムスターが過ごしやすい温度に調節してあげましょう。

ハムスターが脱走したときの注意点2:移動は慎重に

ハムスターは小さいです。また、種類のよっては白や茶色など、壁やカーペットなどに近い色をしているものもいます。

そのため、ハムスターが脱走している最中は、足元に注意して移動をしないと、踏んでしまったり、蹴ってしまったりなどしてしまう危険性があります。

ハムスターの小さな体に、人間の大きな足が勢いよく当たってしまうと大怪我となってしまうため、必ず移動は慎重に行うようにしましょう。

ハムスターが脱走したときの注意点3:高いところにいたときは要注意

ハムスターは器用で身軽です。そのため、床に物が置いてあったり、棒状の物があったりなどすると、脱走したハムスターはそれらを利用して飼い主が驚くような高い場所に登ってしまうことがあります。

もし、ハムスターが高いところから落ちてしまうと、大怪我をしてしまう危険性があります。

そのため、高い場所で脱走したハムスターを発見した際には、落としてしまわないように慎重に捕まえる必要があります。

ハムスターが脱走したときの注意点4:大きな音をたてない

脱走したハムスターは知らない匂いばかりする環境の中で不安になり、警戒心が高くなっている可能性があります。

警戒心が高くなっている状態で大きな音を立ててしまうと、ハムスターはさらに恐怖心が強くなり、出てこなくなってしまう可能性があります。

そのため、脱走したハムスターを探す際には大声を出さずに、優しく呼びかけるような声で探すようにしましょう。

脱走したハムスターを捕まえるわなの作り方

ハムスターが脱走した時の対処法7つ|5つの防止策を紹介
※画像はイメージです
先に述べた通り、脱走したハムスターを捕まえるために軽い罠を利用すると良い場合もあります。

しかし、市販されているネズミ捕りの罠では危険なため、ハムスターの安全を確保するために、自作することがです。

アルミ箔トラップ

脱走したハムスターを見失ってしまった際は、餌などで隠れた場所からおびき寄せることが有効です。

その際に、餌入れとしてアルミホイルを利用すれば、餌を食べに来たときに音で判断するうことができます。アルミホイルはできるだけ音が鳴るように、シワを作ったりなど工夫しましょう。

また、どこにいるのかわからなくなってしまったときには、複数箇所にアルミホイルに入れた餌を配置しておくことで、どの辺りに隠れているのか検討をつけることができます。
必要な物費用用途
アルミホイル120円ハムスターがアルミホイルの上を歩くと音が鳴る
餌や巣の素材など300円ハムスターをおびき寄せる

小麦粉トラップ

脱走したハムスターがどこにいるのかわからない場合には、まずどの辺りに隠れているのかを把握する必要があります。

そのため、まずはハムスターが隠れていそうな場所に餌を設置しましょう。また、その餌の周りに薄く小麦粉を撒いておきましょう。

小麦粉を撒いておくことで、餌を食べに来たハムスターの足やお腹などに小麦粉が付き、その小麦粉が足跡やお腹を擦ったあとなどを床につけてくれます。小麦粉の跡をたどることでハムスターの隠れている場所を見つけることができます。
必要な物費用用途
小麦粉120円体に付くと、移動形跡がわかる
300円ハムスターをおびき寄せる

バケツトラップ

ハムスターを探す罠ではなく、捕まえる罠であればバケツトラップがです。バケツトラップは、バケツの中に餌を入れておき、バケツの外側に階段のような段差をつけておきます。

餌を取ろうとして、バケツに入ったハムスターは外に出ることはできません。しかし、バケツは高さがあり、危険なため、下にクッションとなる材料を敷いておきましょう。または、バケツよりも深さの浅い虫かごや水槽などを利用しましょう。
必要な物費用用途
バケツや虫カゴ500円ハムスターを捕獲する
階段となる足場0円バケツなどに入るための足場、足場になれば家にある物で良い

ハムスターの脱走防止策5つ

ハムスターが脱走した時の対処法7つ|5つの防止策を紹介
※画像はイメージです
ハムスターが脱走してしまった場合には、いろいろなことに注意しながら捕まえる方法を考えないといけません。しかし、そもそもとして脱走をしないように脱走防止策をしっかりと行っておくこの方が大切です。

ハムスターの脱走防止策1:脱出口を修理する

ハムスターが脱走する原因の1つに、ハムスターによるケージの破壊があります。ハムスターの歯は非常に鋭く、木などの硬い物でもガリガリと削ってしまいます。

ハムスター用のケージはハムスターの歯に耐えられる強度となっていたり、齧ることができないようになっていたりなどします。

しかし、ケージが古くなってくると、傷んだ部分を見つけてハムスターが破壊してしまい、脱走してしまうことがあります。

そのため、普段からハムスターがよく齧る部分などは点検をして、必要があれば随時メンテナンスを行うようにしましょう。

ハムスターの脱走防止策2:外側から錠をかける

ハムスターは賢い生き物です。そのため、鍵がかかっていないと自分でケージの入り口を開けて脱走してしまうことがあります。

ハムスター用のケージであればハムスターが開けられないような鍵の役割も持つ出入り口となっていることが多いです。

しかし、水槽や衣装ケース、鳥かごなどでハムスターを飼育する場合には、ハムスターが自分で出入り口を開けたり、自分から出ていけないように外側からも鍵をかけたり、蓋に重しを乗せるなど工夫しましょう。

ハムスターの脱走防止策3:ケージの置き場所を見直す

ハムスター用のケージは、ハムスターが簡単に脱走できないように、天井に出入り口がついている物もあります。しかし、巣箱や回し車などの配置によっては、それらを足場にして出入り口まで登ってしまうことがあります。

特に、衣装ケースや虫かごなどで飼育している場合には、足場に登って天井の蓋を齧って穴を開けてしまうことがあります。

そのため、巣箱や回し車などのケージ内での配置はケージの深さや出入り口の配置などを配慮して決めるようにしましょう。

ハムスターの脱走防止策4:住処の環境を快適にする

先に述べた通り、飼育期間が長いハムスターであれば、脱走するよりもケージ内の方が快適に過ごせるということを理解していることもあります。

そのため、ケージ内を快適に過ごせるようにしておけば、ハムスターは脱走したとしても、ケージに帰ってくるようになる場合もあります。

ハムスターの脱走防止策5:ストレスがたまらないように遊ばせる

大きなケージで飼育をしていても、同じケージ内でだけで生活をしていればハムスターもストレスが溜まります。

そのため、適度にハムスターをケージから出して散歩させて、ストレスが溜まらないようにしてあげましょう。

散歩の際は電気コードを齧ったり、狭い隙間に入らないように常に見張っておくようにしましょう。

飼い主が目を離して、ハムスターを自由に移動させたいのであれば、ハムスターボールを使うことがです。

ハムスターが脱走しないための便利グッズ3選

ハムスターが脱走した時の対処法7つ|5つの防止策を紹介
※画像はイメージです
ハムスターは賢い生き物のため、飼い主が油断すると脱走してしまう可能性があります。ハムスターの脱走を防ぐために、いくつか便利なグッズがあります。

脱走防止に役立つグッズ

  • 陶器製のハウス
  • ハムスターボール
  • フェンス

ハムスターが脱走しないための便利グッズ1:陶器製のハウス

ハムスターは巣箱を足場にして脱走をしてしまうことがあります。しかし、天井が丸い形をした陶器製の巣箱であれば、ツルツルと滑るため、ハムスターは巣箱を足場にすることができ無いため、脱走防止となります。

ただし、陶器製でも天井が平らでは足場にできてしまうので、陶器製のハウスを脱走防止で購入する場合は形に注意しましょう。

ハムスターが脱走しないための便利グッズ2:ハムスターボール

先に述べた通り、ハムスターを散歩させることはストレス発散となり、脱走防止に役立ちます。しかし、ハムスターは意外と素早いため、散歩の際に飼い主の目を盗んで狭い隙間に入り込んでしまうことがあります。

このようなことを防止するために、ハムスターボールは有効です。ハムスターボールは球体の中にハムスターが入ることで、ハムスターは自由に動き回れますが、隙間などに入ることができなくなります。

ハムスターが脱走しないための便利グッズ3:フェンス

ハムスターは散歩させている際に、飼い主の目を盗んで、狭い隙間に入ってしまうことがあります。そのようなことを防ぐために、散歩をさせる前に隙間に入らないようにする必要があります。

その際に、フェンスなどを利用すると設置も片付けも簡単です。また、費用の面でも安く済ませることができます。

ハムスターが脱走した際は落ち着いて対処しよう

ハムスターが脱走した時の対処法7つ|5つの防止策を紹介
※画像はイメージです
ハムスターは賢い生き物です。そのため、飼い主が油断をしているとケージから脱走してしまうこともあります。

しかし、ハムスターが脱走したからと、焦って動き回ったり、大きな声を出したりなどすると、ハムスターが危険な状態になってしまうこともあります。

孫と雨、ハムスターが脱走した際には、焦らずに的確に対処するようにしましょう。

Related