Search

検索したいワードを入力してください

ハムスターがトイレで寝る理由は居心地がいいから?しつけの仕方とは

更新日:2022年06月30日

今回はハムスターがトイレで寝てしまうと言う問題について取り上げました。これには種類による問題、飼われている環境による問題など要因はさまざま存在します。その為、自分の飼っている種類はどういった種類でどう対処すべきかを確認できるように心がけました。

ハムスターがトイレで寝る理由は居心地がいいから?しつけの仕方とは

ハムスターにはトイレのしつけができるの?

ハムスターは基本的にトイレをしつける事ができます。

ハムスターを飼われている方の悩みとして、トイレで寝るということが挙げられます。しかし、ハムスターをうまくしつける事ができれば、ちゃんとした場所でトイレをしてくれます。

トイレの場所を覚えないことや、トイレで寝るという行為も理由がありますので、その理由を紹介していきます。

ハムスターがトイレで寝る理由とは

ハムスターは比較的トイレのしつけができていない段階の子は、トイレで寝てしまう子が多く、その理由はひとつではありません。ここでは3つトイレで寝る理由を紹介します。

ハムスターがトイレで寝る理由とは

  • 自分のにおいが好き
  • 狭いところで落ち着く
  • 家だと認識している

ハムスターのトイレのしつけ方1:おしっこの臭いをトイレに付ける

ハムスターはおしっこをするときには、ほとんどの場合一度トイレの場所を決めると、そこからあまり場所を変えることなく、ひとつの場所でトイレをし続けます。

その理由として、おしっこの臭いをいろいろな所にしてしまうと、ハムスターの敵となる違う動物などに自分の場所がばれてしまうため、よほどなれていない限り、一定の場所でおしっこをします。

しかし、それがまだしつけていない段階で、巣箱とする所におしっこをしてしまうと、トイレで寝るという事がおきてしまいます。

ハムスターがトイレで寝る理由2:狭いところで落ち着く

ハムスターはもともと群れをしない動物なので、人間も含めた他の動物との接触を嫌う動物です。したがって、狭い場所で身を隠したりすることが多いです。

しかし、特にハムスターを飼い始めた段階はスキンシップのためにと思い、ハムスターと触れ合おうとしてその結果、巣箱の落ち着いた場所でトイレをしてしまい、そこがトイレと認識してしまうため、トイレで寝るという事が起きてしまいます。

ハムスターがトイレで寝る理由3:家だと認識している

ハムスターは暗く狭いような場所を好み自分の巣箱だと認識し、そこ以外がハムスターにとって快適と感じていない場合は、トイレもそこでしてしまうことが多いです。

それが続くと、トイレで寝ることを覚えてしまいます。ハムスターの種類にもよりますが、人間が愛情表現のためかまいすぎるとその傾向は強くなります。

ハムスターがトイレで寝ないようにするための対策

ハムスターが、まだトイレを覚えず、トイレを自分の寝床と勘違いして寝てしまう際の対策をここではふたつ紹介します。もし、まだ行われていない場合は対策をとってみて下さい。
次のページ:ハムスターのトイレのしつけ方

初回公開日:2019年08月02日

記載されている内容は2019年08月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related