Search

検索したいワードを入力してください

ハムスターがトイレで寝る理由は居心地がいいから?しつけの仕方とは

初回公開日:2019年08月02日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2019年08月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今回はハムスターがトイレで寝てしまうと言う問題について取り上げました。これには種類による問題、飼われている環境による問題など要因はさまざま存在します。その為、自分の飼っている種類はどういった種類でどう対処すべきかを確認できるように心がけました。

ハムスターがトイレで寝る理由は居心地がいいから?しつけの仕方とは

ハムスターにはトイレのしつけができるの?

ハムスターがトイレで寝る理由は居心地がいいから?しつけの仕方とは
※画像はイメージです
ハムスターは基本的にトイレをしつける事ができます。

ハムスターを飼われている方の悩みとして、トイレで寝るということが挙げられます。しかし、ハムスターをうまくしつける事ができれば、ちゃんとした場所でトイレをしてくれます。

トイレの場所を覚えないことや、トイレで寝るという行為も理由がありますので、その理由を紹介していきます。

ハムスターがトイレで寝る理由とは

ハムスターは比較的トイレのしつけができていない段階の子は、トイレで寝てしまう子が多く、その理由はひとつではありません。ここでは3つトイレで寝る理由を紹介します。

ハムスターがトイレで寝る理由とは

  • 自分のにおいが好き
  • 狭いところで落ち着く
  • 家だと認識している

ハムスターのトイレのしつけ方1:おしっこの臭いをトイレに付ける

ハムスターはおしっこをするときには、ほとんどの場合一度トイレの場所を決めると、そこからあまり場所を変えることなく、ひとつの場所でトイレをし続けます。

その理由として、おしっこの臭いをいろいろな所にしてしまうと、ハムスターの敵となる違う動物などに自分の場所がばれてしまうため、よほどなれていない限り、一定の場所でおしっこをします。

しかし、それがまだしつけていない段階で、巣箱とする所におしっこをしてしまうと、トイレで寝るという事がおきてしまいます。

ハムスターがトイレで寝る理由2:狭いところで落ち着く

ハムスターはもともと群れをしない動物なので、人間も含めた他の動物との接触を嫌う動物です。したがって、狭い場所で身を隠したりすることが多いです。

しかし、特にハムスターを飼い始めた段階はスキンシップのためにと思い、ハムスターと触れ合おうとしてその結果、巣箱の落ち着いた場所でトイレをしてしまい、そこがトイレと認識してしまうため、トイレで寝るという事が起きてしまいます。

ハムスターがトイレで寝る理由3:家だと認識している

ハムスターは暗く狭いような場所を好み自分の巣箱だと認識し、そこ以外がハムスターにとって快適と感じていない場合は、トイレもそこでしてしまうことが多いです。

それが続くと、トイレで寝ることを覚えてしまいます。ハムスターの種類にもよりますが、人間が愛情表現のためかまいすぎるとその傾向は強くなります。

ハムスターがトイレで寝ないようにするための対策

ハムスターが、まだトイレを覚えず、トイレを自分の寝床と勘違いして寝てしまう際の対策をここではふたつ紹介します。もし、まだ行われていない場合は対策をとってみて下さい。

対策1:巣箱を安全な死角に設置する

ハムスターがトイレで寝ないようにするための対策のひとつは、巣箱を部屋の四隅のどこかに設置します。

そうして巣箱もケージの端に設置すると、人間とハムスターの間に死角ができます。そうするとハムスターは安心し、死角で食事などを行います。トイレで寝るということは減るでしょう。

また、トイレで寝るということを減らしたい場合、トイレと巣箱の位置を遠くすることもひとつの手です。

もともとハムスターは巣とトイレは別という認識であるため、安心できる巣を作ればトイレで寝るという事はなくなっていきます。

対策2:ケージ内が暑すぎないかどうか確認する

夏になるともちろんですが気温が上昇し、ケージ内も暑くなります。

ハムスターは暑いのが基本的に苦手な動物なので、ひんやりするもののところへ行ったり、巣から顔だけ出したりと見れば暑いんだろうという事が一目で分かります。

その時には、部屋の室温を上げてあげたり、ひんやりする商品が売っているので、それを使ってあげると違う場所やトイレで寝るという事は減るでしょう。

ハムスター 涼感プレート ひんやりプレート

こういったハムスター専用のひんやりクッズなどが、Amazonをはじめとするネット通販サイトには販売してあります。

色々種類があるため、実際に近くにあるペットショップなどに行き、実際の寸法などを確認して、ケージの大きさに合うようなものを買ってあげましょう。

ハムスターのトイレのしつけ方

ハムスターがトイレで寝る理由は居心地がいいから?しつけの仕方とは
※画像はイメージです
ここでは「ハムスターがトイレで寝てしまう」「トイレじゃないところで毎回おしっこやうんちをしてしまう」などのトイレの失敗をなくすために、トイレのしつけ方を紹介します。

ハムスターのトイレのしつけ方1:おしっこの臭いをトイレに付ける

ハムスターは基本的にトイレはトイレでしてくれる動物なので、トイレの場所を決めておくとその場所でしてくれるようになります。

もし、間違えた場合はおしっこを綺麗に拭き取り、正しい場所に少しの間拭いたものを置いておきましょう。臭いが付いて、そこを次回からトイレとして認識してくれます。

またハムスターはうんちに臭いがほとんど無いため、しつけることができません。違う場所にうんちをしても仕方ないと思いましょう。

ハムスターのトイレのしつけ方2:遊び場を減らす

飼い主の方は、ハムスターが快適に過ごしてほしいという一心で、色々な遊具や商品をケージ内に設置する傾向があります。

しかし、ハムスターは色々遊ぶ場所があると、どこがトイレか分からなくなります。

したがって、トイレを失敗してしまう子やトイレで寝てしまう、もしくはトイレではない所でおしっこをしてしまうことがあります。

トイレで寝る様でしたら、一度遊具として置いている物を減らしてみるのもいい方法です。もちろん気に入ってそうなものは残しておいてあげてください。

ハムスターのトイレのしつけ方3:餌場から離す

ハムスターは基本的には、おしっこをする場所と自分が寝るところというのは別のものと考える動物です。

もし、寝床とトイレが近くにあるとその場所がトイレと認識せず、寝床だと思ってトイレで寝るということをしてしまいます。

そのため、おしっこをする場所と寝床となる場所を、それぞれケージの対角線上の隅に置いてみると良いです。

またおしっこをする場所にトイレを置くのも方法のひとつです。

そうすることによって、ハムスターは寝床とトイレを区別することができるため、トイレで寝るということはしなくなるはずです。

ハムスターの種類別トイレのしつけ方

ハムスターがトイレで寝る理由は居心地がいいから?しつけの仕方とは
※画像はイメージです
ここではトイレのしつけ方をハムスターの種類別に分けて、その種類に合った対象法を知っていただくために、ゴールデンハムスター、ジャンガリアンハムスター、ロボロフスキーの三種類のハムスターのトイレのしつけの仕方を紹介します。

ハムスターの種類別トイレのしつけ方1:ゴールデンハムスター

日本で最も知られていると言っても過言ではない種類で、ハムスターと言われて浮かんでくるハムスターがゴールデンハムスターです。

このハムスターのおおまかな性格や特徴は、大きな体と温厚な性格が特徴的です。

そして、このゴールデンハムスターの特徴として、単独行動をする種類なのでケージ内で違う種類のハムスターや大瀬のハムスター複数で飼う事はおススメできません。

ハムスターがストレスを感じ、体調を崩してしまいます。またおしっこのしつけは比較的容易な種類であり、もちろん個体差がありますが基本的に四隅で決まった場所におしっこをしてくれる子です。

ハムスターの種類別トイレのしつけ方2:ジャンガリアンハムスター

このジャンガリアンハムスターは、他のハムスターとは少し違って、怖がりな部分が強いハムスターです。人や他の動物が怖く自分の巣箱からあまり出てきません。

そのため、このジャンガリアンハムスターのトイレをしつける際は、良くおしっこをする所に設置したり、巣箱の近くに設置してあげましょう。

そうすることによってトイレで寝るという事は少なくなっていきます。

もし、それでもトイレで寝るようでしたら、人間からの死角を増やして、ハムスターが緊張しない環境づくりに努めましょう。

ハムスターの種類別トイレのしつけ方3:ロボロフスキー

ロボロフスキーはハムスターの中で一番小さな種類のハムスターです。

このハムスターは、ゴールデンハムスターやジャンガリアンハムスターに比べると、あまり見かけることのないマイナーな種類です。

このハムスターがなぜあまり知られていないのかというと一つの理由として、しつけることが難しいという点があります。

何度もハムスターを飼われたご経験のある、上級者向けとでも言えるでしょう。

それこそトイレで寝る子が多いです。しかし、これらはこの種類の習性なので、直すことは難しいです。トイレで寝ることがあっても根気よくしつける事が重要になります。

ハムスターはトイレが居心地よく寝てしまう

ハムスターは自分たちが弱い生き物と思い、そのため自分たちの縄張りや巣箱というのは大切に考えています。

したがって、結果的にトイレと巣箱が同じになってしまい、トイレで寝てしまうという事が起きてしまいます。

その対象の仕方というのは飼っていらっしゃる品種にも左右されるため、自分がどの種類のハムスターを飼っていてどういった対処法がいいのかをもう一度確認してから接してあげてください。

Related