Search

検索したいワードを入力してください

ハムスターがなつかない理由とは?懐かせる7つの方法

更新日:2020年09月24日

のペットのハムスターは警戒心が強く、飼いはじめに間違った対応をしてしまうと中々なつかないことがあります。ハムスターが家にきたら手順を踏んで、ハムスターと向き合う必要があります。本記事ではハムスターの正しい飼い方について解説します。

ハムスターがなつかない理由とは?懐かせる7つの方法

ハムスターがなつかない理由とは?

ペットとしてのハムスターは人なつっこい反面、対応を間違えると飼い主に全然なつかないことがあります。ハムスターを飼い始めたけれど、なついてくれないと寂しくなります。

ハムスターがなつかない理由としては、ハムスターの特性や習性があります。飼い主はこのハムスターの特性や習性を理解して、賢く育てていく必要があります。

ここでは、ハムスターがなつかない理由について解説していきます。

ハムスターがなつかない理由1:警戒心が強い

ハムスターは手のひらに収まるほどの小さな動物で、自然界の食物連鎖の中では大きな動物に食べられないかどうかを生き抜いてきてます。なので非常に警戒心が強い動物です。

ハムスターからすると人間も大きな動物なので、はじめて会った時には自分の身を守るために警戒心を強く持ちます。

可愛いからといって不用意に接すると警戒心から心を開かずなつかないので、慎重に接していくことが必要です。

ハムスターがなつかない理由2:天敵が多い環境で生息していた

ハムスターがなつかない理由の一つに天敵が多い環境で生息していたことが挙げられます。

これはハムスターの天敵がフクロウなどの大きな捕食動物であり、これらの捕食動物から自分の身を守るために、穴を掘ったところで生活しているのではないかと言われています。

自然環境では天敵から常に上から狙われるような環境で生息していたため、ハムスターは上から触れられるのをとても嫌がる習性があります。

ハムスターがなつかない理由3:視力が悪いから飼い主と判断できてない

ハムスターがなつかない理由の一つとして視力が悪いことが挙げられます。

ハムスターは天敵のフクロウから身を守るために夜行性になったといわれるように、夜に生活をする動物です。そのため、日中は特に見えにくく周囲の判断が難しくなります。

また、視力が悪いために近くにあるものでさえぼんやりとしか判別できないとも言われているので、飼い主の姿を判別するのは難しいと言ってもいいでしょう。

ハムスターがなつかない理由4:記憶力が悪くて飼い主を忘れてしまう

ハムスターは記憶力が悪いと言われているので、2〜3日接することがないと飼い主を忘れてしまうことがあります。

飼いはじめてからなつくまでに時間がかかるので、「全然なつかない」と諦めてハムスターと接さないと飼い主のことを全然覚えてくれません。

可愛いハムスターに忘れられずに覚えていてもらうためには、警戒心を与えない程度に同じ空間にいるだけでもいいので接点を持つようにしましょう。

ハムスターがなつかないときの行動とは?

ハムスターの気持ちをわかろうとしてもわからないという時があるのではないでしょうか。飼いはじめはまだハムスターが警戒した状態なので、コミュニケーションの取り方がわかりませんよね?

飼い主側はとても優しい気持ちで接しているのにもかかわらず、ハムスターは思うように全然なつかないことがあります。

では、ハムスターがなつかないときの行動とはどういうものかということを説明します。

ハムスターがなつかないときの行動1:巣箱に隠れて出てこない

ハムスターは先ほども紹介しましたように、自然界では天敵のフクロウから自分の身を守るために、穴を掘ってそこで生活しています。

そのような習性があるために、ハムスターがまだ飼い主になつかないのであれば、自分より何十倍も大きな人間を見て警戒をして巣箱に隠れて出てこないことがあります。

巣箱から出てこないからと言って、「嫌われてるんだ」と悲しい気持ちにはならずに中々なつかない習性だと認識しましょう。

ハムスターがなつかないときの行動2:近づけたら手を噛む

ハムスターに餌をあげようと手を近づけていくと、手を噛まれることがあります。これは、まだ飼い主のことを警戒しているよという印です。

ハムスターは「餌は早く食べたいけど、でも。」と警戒しているあまり急いで餌を取ろうと間違って手を噛んでしまいます。

手を噛まれたからといって、大きな声を出したりするとますますハムスターは怖がり、なつかないので、手を噛ませてこの状況は安心できる状況だよと教えてあげましょう。

ハムスターをなつかせる方法7つ

次のページ:子供のハムスターをなつかせる方法も知っておこう

初回公開日:2019年08月06日

記載されている内容は2019年08月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related