Search

検索したいワードを入力してください

ニホンザルをペットにできる?特徴と飼育のポイント7つ

更新日:2020年09月25日

ニホンザルをペットにするための方法と注意点がわかる記事です。ニホンザルについての情報も豊富なので、記事を見てニホンザルの魅力を今以上に知り、飼うために必要な知識や情報を知ることができます。可愛いニホンザルをペットにしましょう。

ニホンザルをペットにできる?特徴と飼育のポイント7つ

ニホンザルをペットとして飼うことはできるのか

ニホンザルはペットとして飼うことができます。

滅多に見かけることはありませんが、ニホンザルを自宅でペットとして飼っている家庭があります。他の種類のサルは、たまにペットとして飼われていることがありますが、ニホンザルはなかなか見かけません。

ペットショップでもなかなか見かけることはありませんが、ニホンザルと一緒に暮らす方法と、飼育の知識を知った上で飼い始めるようにしましょう。

ニホンザルの基礎データ

ニホンザルは日本に生息する、固有のサルです。

ニホンザルは名前のとおり、日本に生息するサルで、人間のように会社のようなグループを作り生活をします。グループは数十から多くて100匹程度の集団で生活します。

群にはボスがおり、ボスを中心に他の猿が生活しています。ボスに力がなくなると、ボスを交代して。群で一番強い猿がボスになります。

人間社会で例えるなら、絶対的な縦社会で、群れのボスに逆らうことは許されません。

ニホンザルの分類・基本データ

  1. 和名・ニホンザル(日本猿)
  2. 学名・Macaca fuscata
  3. 英名・Japanese monkey
  4. 分類・サル目オナガザル科マカク属

ニホンザルの特徴7つ

ニホンザルを飼育したいなら、ニホンザルの特徴を知る必要があります。

ニホンザルは、犬や猫と違い、多く飼われているわけではないので、ニホンザルの飼育情報は多くありません。ニホンザルを飼育するなら、きちんとした知識と環境を整える必要があります。

ニホンザルは犬や猫以上に人に近いので、いいパートナーになってくれます。そこで、ニホンザルについてしっかり知識を持ってから飼い始めるようにしましょう。

ニホンザルの特徴1: 生態

ニホンザルは学習能力が高く、人間のように、会社のような集団を作り生活しています。

ニホンザルは顔とお尻以外に毛が生えており、顔とお尻が赤い猿です。ニホンザルは人間に近く、昼間に行動して、夜はあまり行動しません。

集団で生活し、数十頭ほどで、多い群だと100頭ほどの集団を形成することもあります。人間と生活パターンがにているので、夜に騒いで生活に支障が出ることはあまりありません。

ニホンザルの特徴2: 分布

ニホンザルは、名前のとおり日本に生息する、固有の猿です。

ニホンザルは日本の東北地方から九州にかけて広い範囲で生息しています。餌が豊富な山で生息しています。寒い地域で生息しているニホンザルは体が大きく体毛が多いのが特徴です。

ニホンザルは温度変化に対応できるので、日本ならどの地域でも生き延びることができます。しかし、餌の少ない地域には住みつきません。

ニホンザルの特徴3: 身体的特徴(身長や体重)

ニホンザルは、オスとメスで少しだけサイズが違います。

ニホンザルは、生息している地域によって少しだけサイズが違います。寒い地域では身体が大きく、寒い地域では小柄で毛が短い特徴があります。

地域によって多少サイズは変わりますが、小柄で俊敏に動くのが特徴です。猿以外の動物も地域によって多少サイズや毛並みが異なるので、環境に合わせて生活することができます。
次のページ:ニホンザルをペットとして飼うポイント

初回公開日:2019年08月21日

記載されている内容は2019年08月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related