Search

検索したいワードを入力してください

リスザルをペットして飼育する!?性格や値段・飼い方を紹介

更新日:2020年09月25日

猿の中でも飼いやすいといわれるリスザルは、小さくてとてもかわいい猿です。遊び好きでいたずら好き、活動的で賢く、ちょっとした芸なら覚えてくれます。しかし犬や猫とはわけが違うため、飼育する前にはきちんと勉強をしてから飼うようにしましょう。

リスザルをペットして飼育する!?性格や値段・飼い方を紹介

リスザルとは?

リスザルとは、南アメリカからブラジルにかけて分布するリスザル科のサルの総称です。リスザルと名付けられたのは、体色がリスに似通っていて、体もリスのように小さいサルだからです。

ペットとしてがあり、飼いやすいサルとも言われています。しかし、飼育しやすいのはあくまでも猿の中ではという意味です。

ペット飼育は難しい部類に入ります。後々のトラブルを防ぐためにも、猿の飼い方をきちんと学んでおきましょう。

コモンリスザルが大!

日本で飼育されているリスザルは、正式にはコモンリスザルといい、リスザル科のうちの一種です。

リスザルとだけ呼ばれる場合にはコモンリスザルのことをさし、そのほかのリスザル科の種類はボリビアリスザルなどの名称で区別されます。

小さくて愛らしいコモンリスザルはマーモセットなどと同じ、オマキザル科の猿で動物園などでもです。

オマキザル科の猿は、家で飼える猿としてもがありますが、その中でもコモンリスザルは遊び好きでいたずら好き、人になついて愛らしいため、飼育しやすさもあってペットとして大です。

リスザルの性格

猿の仲間の中では比較的おとなしく、人懐こい性格をしています。頭がよく、テレビで見かける日本猿ほどではありませんが、手乗り猿のような簡単な芸であれば覚えることもできます。

また、餌をねだったりしてなつくこともあります。飼育下ではマイペースで気分屋、いたずら好きなところもみられる猿です。

しかし感情のある動物のため、嫉妬してしまうこともあり、飼い主に対して敵意を抱くこともあるため、飼育には十分な注意が必要になります。

リスザルの性格

  • リスザルの性格1:大胆で活動的!
  • リスザルの性格2:ストレスを感じづらい
  • リスザルの性格3:攻撃性が低い
  • リスザルの性格4:遊びが大好き!
  • リスザルの性格5:人に懐きやすい

リスザルの性格1:大胆で活動的!

リスザルは、大胆で活動的な性格をしています。野生では木の上で暮らすリスザルは、縄張りをもつことがありません。

数十頭から週百頭の群れを作り、広範囲を移動しながら生活しています。軽くて小さな体で、枝から枝を渡り歩く活動的な性格です。

野生でのリスザルは、ほかの種類の猿の群れともうまく共存し、食事のおこぼれをもらうこともあるようなおとなしい面もある猿ですが、飼育下では飼い主にいたずらをするなど、大胆な面も見られます。

リスザルの性格2:ストレスを感じづらい

リスザルは、広い範囲を渡り歩くため環境に順応しやすく、ストレスを感じづらい性格をしています。しかしリスザルは体が小さく、自分が弱いのだとわかってるため、野生では群れを作り集団で生活しています。

そのため、一頭だけ集団から切り離されて飼育されると、寂しくて孤独を感じ、精神的に負荷を感じることがあります。

リスザルのストレスをためないためには、飼い主がよくそばにいて、孤独を感じさせないようにすることが重要です。

リスザルの性格3:攻撃性が低い

次のページ:リスザルの飼育は難しい?

初回公開日:2019年08月29日

記載されている内容は2019年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related