Search

検索したいワードを入力してください

ハムスターの目やにの対処法とは?考えられる病気や健康チェックの方法も解説

更新日:2022年06月22日

ハムスターについている目やにについて気になったことはありませんか?本記事では、ハムスターの目やにがついている時の健康状態や、注意しておきたいポイントなどを詳しくまとめてあります。ペットのハムスターを末長く可愛がりたい人は本記事をチェックしてみましょう。

ハムスターの目やにの対処法とは?考えられる病気や健康チェックの方法も解説
「ハムスターに目やにがついてるけど、これってどうすればいいの?」
「ハムスターに目やにができる原因を知っておきたい!」
「ハムスターを飼う上で、日頃から気をつけておくことってある?」
ハムスターを飼っていて、このようなことを思ったことはありませんか?

本記事では、「ハムスターに目やにができる原因や考えられる病気、日ごろからできる対策や解決法」を紹介しています。

本記事に目を通すことで、ハムスターを飼う上で直面する問題を解決できるようになります。また、ペットのハムスターの健康状態に対して、より一層気を遣えるようにもなるでしょう。

本記事をチェックした上で、ハムスターの健康管理に対してもっと気を使ってみましょう。

ハムスターは目やにが出やすい?

人間と同じように、ハムスターも目に入った異物などを涙で洗い流そうとします。

その結果、洗い流した後のごみが目元に集まったものが目やにへ変化します。そのため、少量の目やにであれば溜まっていることもあるでしょう。

しかし、その量が目に見えて多い場合は別の原因が考えられるので注意する必要があります。

また、目やにを放置した場合、ハムスターが目元を気にして擦ってしまうこともあるでしょう。その結果、眼球に傷をつけてしまうこともあるので、早めに取ってあげてください。

ハムスターの目やにができる原因

ハムスターの目やにができる原因は、さまざまな要因が考えられます。

それらの原因を理解しておくことで、ハムスターの健康状態を理解することができるでしょう。一つずつ確認した上で、目やにができる原因を究明してみてください。

目が傷ついてしまった

ハムスターの眼球は角膜の領域が広い生き物です。また、黒目がちであることから、ちょっとしたことで目に傷がついてしまう場合があります。

そのような場合、痛みを感じているハムスターは繰り返し顔を洗う仕草をするようになります。早めに目薬で対応するようにして、重症化を防ぐよう心がけましょう。

目にゴミが入った

ハムスターの目は、ゴミが入りやすい構造をしています。また、眼球にゴミがついていてもハムスターはあまり気にすることはありません。

体の構造上、目にゴミが入った場合はハムスターも涙で洗い流します。その不純物が外に流されたものが、目やにとなります。

寝床や床材にわらのようなものを使っている場合は、日頃から目にゴミが入っていないか確認してあげるようにしましょう。

ケージ内が不衛生

ハムスターに目やにができる原因として、ホコリや細菌などがあります。つまり、ゲージ内が不衛生な状態でも目やにはできてしまうのです。

日頃からのゲージ清掃を怠っていたり、ちょっとした温度の変化が原因で目に炎症を起こしてしまうことがあります。

ほとんどの場合は、小まめなゲージの清掃と、ゲージの温度管理や換気などを徹底することで防げるでしょう。

アレルギーによるもの

日頃から目にゴミが入っていないか確認をしていたり、小まめなゲージ清掃を行なっていたりしても、ハムスターに目やにができてしまうことがあります。

このような異常が見受けられるような場合は、巣材にしている素材に対してアレルギー反応を起こしている可能性が考えられるでしょう。

もし数日にわたって目やにができている場合は、巣材を変更してみると改善できることがあります。

病気にかかっている

もし目やにや涙以外の異常が出てきている場合は、何かしらの病気にかかってしまっている可能性が考えられます。

目やになどの異常以外に、「目の色が赤い、または白くなっている」、「眼球が変形、飛び出している」、「まぶたが腫れている」などのような異常がないかチェックしてみてください。

これらの内容は後述する内容にもつながってきます。もし何か当てはまるものがある場合は、注意しておきましょう。
次のページ:【一覧】目やにから考えられる病気

初回公開日:2022年06月22日

記載されている内容は2022年06月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related