Search

検索したいワードを入力してください

ペットとしてのカワウソは販売されているのか|値段/購入/いくら

更新日:2020年08月08日

動物園で大のカワウソ。まんまるの顔立ちにくりんとした目に癒される方も多いでしょう。今回はそんなカワウソをペットとして飼えるのか、ペットとして迎え入れる場合、何を気をつけたらいいのかなどをご紹介していきます。ペットにしたい方はぜひ参考にしてください。

ペットとしてのカワウソは販売されているのか|値段/購入/いくら

カワウソってどんな動物?

カワウソというと、ラッコをイメージする方も多いでしょう。カワウソは川辺に生息し、イタチ科の動物なんです。まず最初にカワウソは一体どんな動物なのか紹介していきます。

カワウソはイタチの仲間

カワウソは、ネコ目イタチ科カワウソ亜科に属する哺乳動物です。カワウソ亜科にはニホンカワウソやラッコなどが属しています。 泳ぎが得意で、水中での生活していますが、カワウソは陸上でも自由に行動することができます。

南極、オーストラリア、ニュージーランドを除く、世界全域の水辺や海上で生息しています。日本ではかつて、日本固有の種類としてニホンカワウソが全国で生息していました。しかし乱獲などで数が激減し、1979年以降は目撃されていなく、2012年に絶滅危惧種に指定されました。

日本で多く流通しているコツメカワウソはワシントン条約で輸入が制限されているため、人間の飼育下で繁殖された個体のみが流通しています。カワウソは漢字で書くと「川獺」「獺」と書きます。「嘘の皮」という言葉の語源が「カワウソの皮」を指すことからきています。

昔の中国や日本でタヌキ、キツネなどのように人間を化かす生き物と考えられていたことから、川に住み嘘をつく(人を化かす)生き物としてカワウソと呼ばれるようになったと言われています。

カワウソの特徴

カワウソの手足には水かきがあり、胴体は細長く見た目はイタチに近いです。体は毛で覆われており、この毛によって水中で体温が奪われることを防いでいます。頭の上部は扁平で、耳、目、鼻が同一線上に並んでいるため、水に潜りながらこれらの感覚器を水面上に同時に出し、外の様子をうかがうことができるようになっています。

また、水中では耳孔や鼻孔を閉じることができます。肉食性で、ザリガニ、カエル、魚などを捕まえて食べています。鋭い歯があるため、噛み砕いて食べることができます。

カワウソってペットとして飼えるの?

動物園ではよく見かけるカワウソですが、では実際にペットとして飼うことはできるのか、どこで販売しているのかなど、紹介していきます。

カワウソの値段

カワウソは一部のペットショップで販売されています。値段は最低でも60万円〜で、赤ちゃんになると100万円前後になります。ペットショップで販売されているカワウソは『コツメカワウソ』という種類のカワウソになります。

かつて日本では野生でニホンカワウソが生息していましたが、2012年に絶滅してしまいました。現在販売されているコツメカワウソは東南アジアに生息し、輸入が難しいことから国内での繁殖に頼るしかなく、希少価値が高いためこの値段となっています。

カワウソの購入方法

カワウソはペットショップで販売されていますが、数も少ないため予約販売されているところが多いです。大手のペットショップというよりは、小動物専門や熱帯魚などを扱うペットショップで販売されています。一部のペットショップでは、会員制のところもあるので、事前に問い合わせをしてから行くと安心でしょう。

カワウソをペットとして飼うには何が必要?

カワウソをペットとして迎え入れるには、生活環境を整えてあげる必要があります。実際に何が必要なのか、ご紹介していきます。

ケージ

カワウソは好奇心旺盛な動物なので、外出時など生活の軸となるケージを用意してあげましょう。ケージの中にはフード皿やトイレなど、飼い主が留守にしていても生活できる環境に整えてあげてください。広めのケージを用意してあげて、なるべく野生に近い状態にしてあげることがベストです。

トイレ

次のページ:ペットとしてカワウソを飼うのに適している方

初回公開日:2017年10月30日

記載されている内容は2017年10月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related