Search

検索したいワードを入力してください

ゴリラの握力は成人男性の約10倍!|握力・筋肉発達の秘密

更新日:2020年09月28日

霊長類最強の筋肉自慢と言えばゴリラ。そんなゴリラの握力はどれほどまでに強いのでしょうか。そして強さの理由はいったい何なのでしょうか。この記事ではゴリラの握力と、ゴリラの意外な生態から見た強さの理由について紹介していきます。

ゴリラの握力は成人男性の約10倍!|握力・筋肉発達の秘密

ゴリラについて

生息地

ゴリラは、アフリカの西側と東側に生息しています。霊長目ヒト科ゴリラ属に分類される動物種で、現在は1属2種4亜種が存在しています。大きく分けるとニシゴリラ(学名ゴリラ・ゴリラ)とヒガシゴリラ(学名ゴリラベリンゲイ)の2種類に分けられます。

形態

オスは、体長170~180㎝、体重は150~180㎏にもなり、メスは体長150~160㎝、体重80~100㎏ほどもあります。ゴリラの赤ちゃんは、体重1.8㎏ほどで生まれ、オスは生後13年で背中の毛が白くなるシルバーバックになると言われています。

性格

ゴリラは、ムキムキマッチョな体からは想像できないほど、優しくて繊細な動物です。ストレスに対して敏感で、神経性の下痢になったり、心臓に負担がかかって死んでしまうこともあります。

他の動物に対しても思いやりの心があり、よほどでない限り自慢の筋肉を使って攻撃をすることはありません。海外の動物園で、ゴリラの檻に誤って落ちた人間の子供を、ゴリラが助けたというエピソードもあります。

野生動物界の大物と動物園界の大物の二人による対談。
ゴリラをテーマに動物園のあり方についても語っています(※もちろん野生ゴリラの話もたくさんあります)。

対談式なので読みやすく、ほんの数日で読み終わりました(1日で読みきれます)が、内容は幅広くとても勉強になりました。

個人的にゴリラも動物園も大好きでドンピシャな本でした。今後動物園でのゴリラの研究や飼育技術がさらに発達していくことを期待しています。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%8... |

ゴリラの握力について

温厚で繊細なゴリラですが、いざという時に本気を出せばあのマッチョボディーからどれだけの力を発揮するのでしょうか。気になる握力はどれほどなのかでしょうか。

ゴリラの推定握力

ゴリラの握力の平均は、400~500kgと言われています。

しかし、ゴリラの握力が正確に測られた記録はないので、残念ながら科学的根拠はなく、推定値です。150kgを超える巨体にもかかわらず、腕一本で木にぶら下がることができることから、500kg近い握力があるだろうという結果を導きました。

ゴリラの握力を人間と比べると

男子の平均 47kg
女子の平均 28kg
日本記録 130kg
世界記録 192kg


ゴリラの握力の平均は、400~500kgと言われています。成人男子と比べると約10倍もの握力があることがわかります。

最近握力がとても弱くなってきたので、鍛えるために購入しました。
コツを掴めば使うのが楽しいし、なかなかいい感じに負荷が加わっているのがわかり、なんだか二の腕にも効いてるようです。
これは毎日続けられそうです。

出典: https://www.amazon.co.jp/ACEFITS-%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83... |

他の動物の握力

他の霊長類の動物の握力はどれくらいなのでしょうか。ゴリラと比較してみましょう。

ゴリラ 400~500kg
オランウータン 400~500kg
チンパンジー 200~300kg
ニホンザル 30kg
人間 47kg

世界の動物の握力一覧

世界には、他にも握力の強い動物はいるのでしょうか。霊長類以外の握力一覧です。意外な動物もランクインしています。

1:くま(推定150㎏)
2:オウギワシ(推定140㎏)
3:コアラ(推定20~50㎏)

ゴリラの握力は未知数

ゴリラは、体に似合わず普段は大人しくて、繊細な部分を持っていますが、本気を出すと凄まじい力の持ち主です。

現在は、推定にすぎませんが、今後専門家による研究が進み、何らかの方法でゴリラの握力が正確に測定できる日がくるかもしれません。

今後、動物園で見る時は、優しくて、強くてマッチョなゴリラに、注目してみましょう。人間界では大間違いなしです。

ゴリラは知れば知るほど興味深い動物である

初回公開日:2017年12月31日

記載されている内容は2017年12月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related