Search

検索したいワードを入力してください

ハリネズミの寿命とは?長生きさせるために必要なこと5つ

更新日:2020年09月28日

ハリネズミの寿命がどのくらいあるのかご存知でしょうか?ハリネズミは可愛らしい動きとつぶらな瞳を持ち、ペットとしてもが高い動物です。ハリネズミの平均的な寿命を知り、少しでも長く一緒に過ごすため、ハリネズミの寿命を延ばすための方法や注意点をご紹介します。

ハリネズミの寿命とは?長生きさせるために必要なこと5つ
ハリネズミのメスは生後2ヵ月から6ヶ月ほどで性成熟します。性成熟の早いメスのほうがオスに比べて体つきが早く大きくなるでしょう。

メスの生殖器はオスとは違い、仰向けにして肛門に近い場所にあります。オスとメスの見分け方はこのような生殖器の位置の違いでわかりますので、わかりやすいと言えるでしょう。

ハリネズミは1年中繁殖する事が可能ですが、発情期だからといって安易に繁殖させてしまうと飼いきれなくなってしまう事もありますので気をつけて下さい。

ハリネズミを長生きさせるために必要なこと5つ

ハリネズミの平均寿命をのばし、長生きさせるために必要な事をご紹介しますので参考にしてみて下さい。

ハリネズミを長生きさせるためには「栄養バランスを整えてあげる事」「部屋の温度や湿度管理を徹底する事」「適度に運動させる事「飼育環境を生活に保つ事」「静かな環境でストレスなく飼育する事」の5つがポイントです。

ハリネズミを長生きさせるために必要なこと1:栄養バランスを整える

ハリネズミのエサの栄養バランスを整えてあげる事が大切です。ハリネズミはネズミではなくモグラの仲間ですので、地中にいる昆虫や昆虫の幼虫を餌にしています。

生きたコオロギやミルワームなどを餌として与えますが、栄養バランスがとれているとはいえませんので、エサとなる昆虫以外にも、ハリネズミ用のペットフードを用意しましょう。

ハリネズミの栄養バランスを考えたペットフードですので、安心して餌として与えることができます。

ハリネズミを長生きさせるために必要なこと2:部屋の温度管理の徹底

ハリネズミを長生きさせるためには部屋の温度や湿度の管理を徹底しておこなわなければいけないでしょう。

室内飼いをする事が一般的ですが、ハリネズミは冬の寒さや夏の暑さに敏感で寒すぎると冬眠してしまいそのまま死んでしまう事もあります。

部屋の温度は常に25度から29度にしてあげましょう。湿度は40%から70%が適切だと言われており、エアコンなどで室内の温度管理をおこなえば手軽で快適な飼育環境を作る事ができます。

ハリネズミを長生きさせるために必要なこと3:適度に運動させる

ハリネズミにとって長生きさせるためには適度な運動が必要になります。ハリネズミが運動をしなくなると肥満になってしまう可能性があり、病気に繋がってしまうでしょう。

ハリネズミは野生ではエサを探し求めて数キロメートルの距離を移動していますが、室内ではそれほど歩かせる事は難しく、運動不足になりがちです。

肥満にならないようにケージ内に回し車を設置するなど、運動不足が解消できるような環境を整えてあげる必要があります。

ハリネズミを長生きさせるために必要なこと4:飼育環境を清潔に保つ

ハリネズミはとてもデリケートな動物で、清潔な環境を好みますので、飼育環境は常に清潔に保つ事を心がけましょう。

ハリネズミは皮膚病になりやすいため、ケージ内の生活環境を清潔に整えるだけではなく、身体も清潔に保つ必要があります。

足が排泄物などで汚れてしまう事もあり、その場合足が膿んでしまう事もありますので、洗ってあげなければいけません。

砂浴びなどをさせてあげられる環境であればこまめにお風呂に入れたりしなくてもいいでしょう。

ハリネズミを長生きさせるために必要なこと5:静かな環境でストレスを与えない

ハリネズミはとても臆病で警戒心が強い動物ですので、大きい音や振動などでストレスをためてしまう事もあります。

ハリネズミが静かに生活できるような、ストレスのたまらない生活環境を与えてあげなければいけないでしょう。

ストレスを溜めたはハリネズミは体調を崩して病気に罹りやすくなってしまいます。ストレスは寿命に影響を及ぼしますので、ストレスを少しでも減らせるように飼い主として努力する事を心がけなければいけません。

ハリネズミを飼う際の注意点3つ

ハリネズミを飼う際の注意点を3つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。理解しておけば飼育する際に役立ちます。

ハリネズミをはじめて飼育する方にとって気をつけなければいけない事は「ペットとして飼育する際の情報量が少ない事」「海外から輸入された個体は弱っている事」「ハリネズミが夜行性の動物である事」です。

ハリネズミを飼う際の注意点1:ペットとして飼育する際の情報量が少ない

ハリネズミはペットとして飼われるようになったとはいえ、犬や猫に比べるとペットとしての情報量が少ない事も注意しなければいけません。

ハリネズミは動物病院でも診てくれる獣医が少ない事も頭に入れておきましょう。動物病院の中には、ハリネズミの診察を可能としてくれている病院はあまり多くはありません。

ハリネズミを大切に育てたいと考えている方は、ハリネズミを診察してくれるかかりつけの獣医を探しておくと良いでしょう。

ハリネズミを飼う際の注意点2:海外輸入の生体は免疫力が下がっているので注意

次のページ:ハリネズミを飼育する難しさを知っておこう

初回公開日:2019年08月21日

記載されている内容は2019年08月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related