Search

検索したいワードを入力してください

ハリネズミの寿命とは?長生きさせるために必要なこと5つ

更新日:2020年09月28日

ハリネズミの寿命がどのくらいあるのかご存知でしょうか?ハリネズミは可愛らしい動きとつぶらな瞳を持ち、ペットとしてもが高い動物です。ハリネズミの平均的な寿命を知り、少しでも長く一緒に過ごすため、ハリネズミの寿命を延ばすための方法や注意点をご紹介します。

ハリネズミの寿命とは?長生きさせるために必要なこと5つ
ハリネズミを飼う場合、基本的にはペットショップで購入する方がほとんどになりますが、ペットショップのハリネズミは海外からの輸入個体がほとんどです。

ペットショップで小さい赤ちゃんを求めて購入する方もいますが、基本的には生後2ヵ月からの個体を選ぶようにして下さい。

海外から輸入されたハリネズミは輸送の際に過度なストレスの影響を受けている可能性があります。他にもあまりにも早く親から引き離された赤ちゃん個体は免疫力も低く、気をつけなければいけません。

ハリネズミを飼う際の注意点3:夜行性であることを理解しておこう

ハリネズミは基本的に夜行性の動物ですので、無理に昼行性にしようとしないでください。

夜中に回し車を使って運動する事もありますし、昼間のうちは巣箱にもぐって出てこないという事も考えられるでしょう。

飼い主がハリネズミの生活に合わせてあげる事や、回し車などのグッズも夜中に回してもうるさくないようなアイテムを選ぶ事をします。

懐いてほしいあまり、昼間に触れあおうと無理をしてしまうとストレスになりますので気をつけてください。

ハリネズミを飼育する難しさを知っておこう

ハリネズミはとても可愛らしく、ペットとして飼いたいと考える方は少なくありませんが、ハリネズミの飼育は犬や猫と同じというわけにはいかず、難しい部分も多くあるでしょう。

ハリネズミは温度の変化に弱く、常に温度が26度程度で湿度が40%から60%という数値を保っていなければいけません。

寒すぎると冬眠してしまい、そのまま最悪の事態になってしまう事もありますので、温度管理は徹底しておこなわなければいけない事です。

ハリネズミをペットとして飼う際に必要なもの

ハリネズミをペットとして飼う際に、必要なものをご紹介します。ハリネズミの生活環境を整えてあげる事で、ハリネズミの寿命は変わってくるでしょう。

ハリネズミがストレスを溜めずに快適な生活を送るためには「体の大きさに合ったケージ」「寝床となる小屋」「足を怪我しないための床材」「ストレスを溜めないようにするための遊び道具」などを用意して下さい。

ハリネズミは清潔を好む動物ですので、毎日水を交換し、静かな環境で飼育する事が寿命を長くするポイントです。

ハリネズミの飼育に必要なもの

  • ケージ
  • 小屋
  • 床材
  • 遊び道具

ハリネズミの基本的な飼い方

ハリネズミは飼い方に寄って寿命に違いがあらわれます。ハリネズミの寿命を延ばしてあげるために、基本的な飼い方やしつけの方法などを頭に入れておきましょう。

ハリネズミの基本的な飼い方として、「放し飼いにはしない」「ケージの蓋が外れないように気をつける」「寝床にはペレットや新聞紙を敷く」「ケージ内はいつも清潔に保つ」などを守るようにして下さい。

ハリネズミに必要なしつけ

ハリネズミに必要なしつけはどのような種類があるでしょうか?

ハリネズミは基本的には気まぐれな動物で、懐かせたりする事が難しい部分もありますが、キレイ好きなため、決まった場所で排泄する事を上手く利用してトイレを覚えさせることができます。

トイレの位置は寝る場所とは離れさせるようにし、夜中に動き回っても問題ないようにしておきましょう。トイレを踏んでしまってケージ内が汚れてしまう事もあります。

しつけでストレスをためてしまい寿命を縮めてしまっては意味がありませんので、飼い主が歩み寄るようにしてみましょう。

ハリネズミの飼い方次第で寿命が変わる

ハリネズミの性格や特徴、寿命などを中心に、飼い方やしつけの方法、寿命を知って長生きをさせるための工夫などをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

これからハリネズミを飼おうと考えている方にとって、飼っているハリネズミと一緒過ごす時間を少しでも伸ばすために、ハリネズミの寿命を知る事は大切なことです。

飼い方次第でハリネズミの寿命は変わりますので、飼育環境を整えてあげる事やストレスを与えないようにする事などを心掛けて下さい。

初回公開日:2019年08月21日

記載されている内容は2019年08月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related