Search

検索したいワードを入力してください

タヌキとアライグマの違いは何?見た目や習性・性格・食べ物の違いを解説

更新日:2022年06月01日

タヌキとアライグマの違いはご存じでしょうか?本記事では生物学的特徴や外見、習性などの視点から違いを見ていきます。さらに、捕獲方法や対策を法律に触れながら説明します。タヌキとアライグマの違いや捕獲方法、害獣被害の対策を知りたい方はチェックしてみてください。

タヌキとアライグマの違いは何?見た目や習性・性格・食べ物の違いを解説
「この前見かけたけど、タヌキかアライグマどっちだったんだろう」
「タヌキとアライグマの違いって?」
このように、タヌキとアライグマの違いがわからない方もいるのではないでしょうか。

この記事では、野生生物で見かけることも多いタヌキとアライグマの違いについて解説します。タヌキとアライグマの違いについて、生物学的分類から外見の特徴、習性と被害防止策を見ていきます。

動物にはそれぞれの習性があり、害獣対策をする際はその習性に合わせた対策法が必要です。記事を読むことで、タヌキとアライグマの違いを正確に知り、適切に対応できるようになるでしょう。

タヌキとアライグマの違いが気になっている方や、害獣被害の対策や捕獲方法を知りたい方は是非チェックしてみてください。

タヌキとアライグマの違い【生物学的分類】



タヌキは哺乳綱食肉目(ネコ目)イヌ科に属します。英語名はRccoon Dogといいます。体長はおよそ40~60cmで体重はおよそ3~5kgです。

アライグマは哺乳綱食肉目(ネコ目)アライグマ科に属します。英語名はCommon Raccoonといいます。体長はおよそ40~60cm、体重は4~10kgです。個体によってはまれに20kgまで成長します。

タヌキとアライグマが同じく属する食肉目は、肉を食べる生き物のことを指し、獲物を捕らえるのに必要な身体機能がよく発達しています。

現在はどちらも日本全域で確認されている野生生物です。

出典:侵入生物データベース|確率研究開発法人 国立環境研究所
参照:https://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/10310.html

出典:侵入生物データベース|確率研究開発法人 国立環境研究所
参照:https://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/10150.html

タヌキとアライグマの違い【原産地】

見た目が似ているタヌキとアライグマですが、じつは原産地も異なります。タヌキとアライグマの違いは、原産地の違いによる法律的扱いにも関わってくるため、覚えておきましょう。

タヌキは日本在来種

タヌキは日本の在来種で、日本列島とその周辺離島まで日本全域に分布しています。北海道にはエゾタヌキが、本州などではホンドタヌキが生息しています。

日本以外で分布しているのはベトナム北部、中国東部~東北部、モンゴル東部、ロシア南東部、サハリンです。

アライグマは外来種

アライグマはアメリカやカナダ、メキシコなど北米~中米が原産地です。日本にとっては海を渡ってきた外来種で、主に北米から移入してきています。昭和37年に愛知県で確認されており、その後北海道、本州各地での分布が認められています。

出典:PDFアライグマの生態(参考資料)|茨城県
参照:https://www.pref.ibaraki.jp/seikatsukankyo/kansei/chojyuhogo/documents/araiguma_seitai.pdf

タヌキとアライグマの違い【見た目】



では、タヌキとアライグマの外見的な違いを見ていきましょう。ここからはイラストと写真を使いながらわかりやすく違いを紹介していきます。

タヌキとアライグマはぱっと見ると類似しているように見えますが、細かな特徴はまったく違います。見た目の違いを知って、簡単に見分けるコツを確認しましょう。

タヌキとアライグマはそれぞれ、目の周りの黒い帯の形が違います。タヌキもアライグマも目の周りに黒い帯がありますが、タヌキは顔の真ん中にスジがないのに対し、アライグマは顔の真ん中に黒いスジがあります。

また、アライグマの耳はふちが白色ですが、タヌキは耳のふちが黒色です。ヒゲの色もタヌキは黒色で、アライグマには白くて長いヒゲが生えています。

似ているようで、タヌキとアライグマの顔の特徴はたくさんあります。特徴をつかめば顔を見ると違いがわかるでしょう。

尻尾

じつは尻尾の特徴も違います。タヌキは先端が黒く短い尻尾を持ちます。それに対してアライグマは太くて長い尻尾を持ち、5~10本のしま模様があります。

イラストやぬいぐるみ、アニメのキャラクターでタヌキとアライグマの尻尾の特徴が混同して描かれることもあるほど混同しやすいものです。どちらがどの特徴の尻尾を持つのか、覚えておきましょう。

出典:アライグマとタヌキの見分け方|加西市
参照:https://www.city.kasai.hyogo.jp/soshiki/21/1921.html

次のページ:タヌキとアライグマの違い【習性・性格・食べ物】

初回公開日:2022年06月01日

記載されている内容は2022年06月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related