Search

検索したいワードを入力してください

ロングヘアーハムスターの性格とは?ハムスターの種類と性格の違い

初回公開日:2019年08月07日

更新日:2020年02月13日

記載されている内容は2019年08月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ハムスターの中でも毛が長く、温厚な性格で人気を集めているのが「ロングヘアーハムスター」です。ロングヘアーハムスターを飼う場合は毛並みを美しく清潔に保つのが重要なポイントです。今回はロングハムスターの性格や飼育についてご紹介します。

ロングヘアーハムスターの性格とは?ハムスターの種類と性格の違い

ロングヘアーハムスターとはどんなハムスターなのか?

ロングヘアーハムスターの性格とは?ハムスターの種類と性格の違い
※画像はイメージです
ハムスターの中でも最近人気を集めているのが「ロングヘアーハムスター」と呼ばれる種類です。ロングヘアーハムスターとは、ゴールデンハムスターの1種で長い毛並みを持ったハムスターです。

ロングヘアーハムスターの性格はとても温厚なので、初めてハムスターを飼う方にもおすすめの品種です。通常のハムスターよりも毛が長いため、日頃からブラッシングを行いしっかりケアしてあげることが大切です。

品種改良で作り出されたハムスター

現在ペットとして飼われているハムスターには数多くの種類が存在します。ロングヘアーハムスターは、ゴールデンハムスターを品種改良した品種で、体のサイズはノーマルなゴールデンハムスターとほぼ同じです。

ロングヘアーハムスターにはさまざまな毛色のものがあるため、毛並みが長いハムスターを総称してロングヘアーハムスターと呼ばれることもあります。

ゴールデンハムスターが品種改良の元となっている

ロングヘアーハムスターのもととなっているのがゴールデンハムスターと呼ばれる種類です。ハムスターの種類の中でも20種類以上の品種はゴールデンハムスターがもとになっています。

ゴールデンハムスターの毛色は茶色で、毛の長さが種類によって異なります。ロングヘアーハムスターの場合は、ホワイトやグレーなどさまざまな毛色の種類が存在します。
種類ゴールデンロングヘアー
毛色ブラウン多色
毛質中毛長毛

珍しい品種なのでペットショップの中でも割と高価だった

ロングヘアーハムスターは毛並みの長いハムスターとして有名ですが、ペットショップでは高価な値段で販売されています。毛並みの長いロングヘアーハムスターはハムスターの種類の中では希少価値が高く、人気も高いため値段が高騰しています。

ロングヘアーハムスターの価格は、ゴールデンハムスターの1.5倍から3倍程度を目安に考えておくといいでしょう。

可愛いと人気のロングヘアーハムスターの性格とは?

ロングヘアーハムスターの性格とは?ハムスターの種類と性格の違い
※画像はイメージです
小さな体にふわふわとして毛並みが可愛いロングヘアーハムスターは、初めてハムスターを飼う方でも安心できる温厚な性格をしています。ハムスターの中には気性が荒いタイプや攻撃的なタイプのハムスターもいます。

ハムスターは全般的に臆病な動物なので、ハムスターの性格や特徴を理解しながら丁寧に飼育することが大切です。ではロングヘアーハムスターの性格についてくわしく見ていきましょう。

ロングヘアーハムスターの性格1:臆病

ロングヘアーハムスターの性格の1つは「臆病」ということです、ロングヘアーハムスターは、飼い始めたばかりの時期に突然つかまれたり何かされると、すぐに怯えるほど臆病な性格の持ち主です。

ロングヘアーハムスターが飼い主に慣れるまでは適度な距離感を保ちながら、優しく丁寧に接するようにしましょう。また怯えていると噛む場合もありますが、ハムスターが怖いと感じ意思表示していると理解してあげましょう。

ロングヘアーハムスターの性格2:おっとりしている

ロングヘアーハムスターの性格の特徴は、ハムスターの中でもおっとりした性格であるということです。ハムスターの中にはやや攻撃的で活発なハムスターもいますが、ロングヘアーハムスターは比較的大人しい傾向にあります。

日中は静かなロングヘアーハムスターですが、夜間になると活発的に動く場合もあります。ハムスターは夜間に行動する習性があることを覚えておきましょう。

ロングヘアーハムスターの性格3:人懐っこい

ロングヘアーハムスターの性格の3つ目は、愛嬌のある人懐っこい性格という点です。ハムスターは体も小さく臆病な一面もありますが、飼い主や人間になれてくると膝や手に乗るほど懐くハムスターもいます。

またハムスターの中には名前を呼ぶと反応して近くに寄ってきたるすることもあります。飼い始めのうちはなかなか人に懐かないこともありますが、ゆっくり時間をかけてハムスターと仲良くするようにするといいでしょう。

ロングヘアハムスター以外のハムスターの種類と性格の違い

ロングヘアーハムスターの性格とは?ハムスターの種類と性格の違い
※画像はイメージです
小さくて可愛いペットとして人気を集めている「ハムスター」ですが、ハムスターは全般的に臆病で大人しい性格が特徴的です。ハムスターの種類によってはやや攻撃的なタイプのハムスターも存在し、種類によって性格や特徴を把握しておくことが大切です。

次はロングヘアーハムスター以外のハムスターの種類と性格の違いについてご紹介いたします。
種類チャイニーズハムスタークロハラハムスターゴールデンハムスタージャンガリアンハムスター
性格気性が荒いやや攻撃的人懐っこいやや臆病
毛色グレー、ホワイトブラウンブラウン多色
寿命2年半7年2年半2年半
手間丁寧な飼育が必要上級者向け初心者向け飼いやすい
飼いやすさ難易度

ロングヘアハムスター以外の種類とその性格1:キャンベルハムスター

ハムスターの種類の中でも活発なのが「キャンベルハムスター」と呼ばれる種類です。キャンベルハムスターは、アメリカやヨーロッパなどでも人気の高い種類で、ハムスターの中ではやや人に懐きにくい性格だと言われています。

キャンベルハムスターは特に臆病な性格と言われており、飼い主がする行動に対してビックリすることが多い傾向にあります。キャンベルハムスターを飼う場合は、ゆっくり優しく接してあげることが大切です。

ロングヘアハムスター以外の種類とその性格2:クロハラハムスター

ハムスターの種類の中でも大きいのが「クロハラハムスター」と呼ばれる種類です。通常のハムスターは人間の手の平に乗る小さなサイズが一般的ですが、クロハラハムスターの場合は体調が30㎝ぐらいまで大きくなるタイプの品種です。

クロハラハムスターはハムスターの中でもやや攻撃的で気性が荒い性格のことが多い傾向にあります。クロハラハムスターを飼う場合は、ハムスターの特徴をしっかり理解してあげましょう。

ロングヘアハムスター以外の種類とその性格3:ゴールデンハムスター

ハムスターの種類の中でももっとも種類が多いのが「ゴールデンハムスター」です。ゴールデンハムスターの性格は、臆病で人懐っこい性格です。ハムスターを初めて飼う方にもおすすめの種類で、現在はゴールデンハムスターを品種改良したハムスターが数多く存在します。

ハムスターは怯えたり驚いたりすると噛む場合がありますが、ハムスターが飼い主に対して気持ちを伝える行動の1つと理解してあげることが大切です。

ロングヘアハムスター以外の種類とその性格4:ジャンガリアンハムスター

ゴールデンハムスターと同じような性格で人気を集めているのが「ジャンガリアンハムスター」です。ジャンガリアンハムスターは、温厚で人懐っこい性格なのでハムスターを初めて飼う方にもおすすめの種類です。

ジャンガリアンハムスターは夜行性で、夜間になる活発に動く特徴があります。ハムスターのストレスを解消させるためにもハムスターボールを設置して適度な運動をさせてあげるといいでしょう。

ロングヘアハムスター以外の種類とその性格5:チャイニーズハムスター

ハムスターの中でも学習能力に優れているのが「チャイニーズハムスター」と呼ばれる種類です。チャイニーズハムスターは警戒心が強く臆病な性格を持ち、何かに驚くとそのでき事を記憶する習性があります。

たとえば、飼い主が突然ハムスターをつかんだり脅かしたりすると、チャイニーズハムスターは警戒心を抱き人に懐かない場合もあります。臆病で警戒心がある性格を理解し、丁寧に優しく接するよう心がけましょう。

ロングヘアハムスターを飼う際に気を付けるべき注意点4つ

ロングヘアーハムスターの性格とは?ハムスターの種類と性格の違い
※画像はイメージです
毛並みが長いのが特徴的なロングヘアーハムスターは、定期的にブラッシングしてあげることは重要なポイントです。ハムスターは頻繁に毛づくろいを行いますが、長い毛の場合は汚れや細菌が付着しやすい傾向にあります。

特に年を重ねていくとハムスターは毛づくろいをする回数が減り、普段よりもしっかりブラッシングしてあげる必要があります。ではロングヘアーハムスターを飼う際の注意点をいくつかご紹介いたしましょう。

ロングヘアハムスターを飼う際に気を付けるべき注意点1:ブラッシング必須

通常のハムスターであれば比較的毛の長さも短いためブラッシングの必要はあまりありません。ロングヘアーハムスターの場合は毛が長いため、毛づくろいだけでは毛の状態を美しく保つことができません。

ハムスターにブラッシングする際は突然上からブラッシングすると怯えてしまうこともあります。歯ブラシのような小さなブラシでハムスターの視界に入る場所から優しく行うようにしましょう。

ロングヘアハムスターを飼う際に気を付けるべき注意点2:汚れが溜まると病気になりやすい

ロングヘアーハムスターの場合は毛が長いため、床の汚れや自分の糞が毛にからんでしまうことも少なくありません。体の中でもお尻の部分は特に汚れが付きやすく、汚れがひどくなると体調に異変をきたす可能性も高くなります。

ロングヘアーハムスターの場合は飼い主が特に気をつかって毛の状態を清潔にキープしてあげることが重要です。

ロングヘアハムスターを飼う際に気を付けるべき注意点3:小まめに毛の手入れが必要

ハムスターは自分の臭いを体につけ、その臭いで自分の状態をキープする役割があります。ロングヘアーハムスターの場合はブラッシングが必要ですが、シャンプーなどを使用すると自分の臭いまで消えてしまうためハムスターが不安定な状態になることもあります。

ロングヘアーハムスターの場合は優しく小まめに毛の手入れを行い、汚れがひどくて落としきれない場合は毛をカットするのも1つの方法です。

ロングヘアハムスターを飼う際に気を付けるべき注意点4:暑い時期の温度管理

ハムスターは温度や湿度に敏感な動物ですが、ロングヘアーハムスターの場合は特に温度管理に気をつける必要があります。ロングヘアーハムスターの場合は毛が長いため体の体温が上がりやすく、他のハムスターよりも温度に敏感なタイプのハムスターです。

特に暑くなる夏場は室内を22℃~23℃前後にキープしてあげることが大切です。暑すぎる環境ではハムスターが弱り命に関わる場合もあるので注意しましょう。

ロングヘアハムスターの上手なブラッシング方法とは

ロングヘアーハムスターの性格とは?ハムスターの種類と性格の違い
※画像はイメージです
毛並みの長いロングヘアーハムスターは定期的なブラッシングが必要ですが、どのようなアイテムでどのようにブラッシングをしていいかわからない人も少なくありません。

ロングヘアーハムスターにブラッシングを行う場合は、柔らかな毛の小さなブラシで優しく撫でるようにブラッシングを行いましょう。ハムスターは臆病な性格なので力が強かったり、突然ブラッシングを行うと驚き怯えてしまうことがあります。

ブラッシングに必要なもの

ロングヘアーハムスターをブラッシングするには、毛の柔らかなブラシを用意するようにしましょう。ペットショップなどにはハムスター用のブラシが市販されています。

また歯ブラシを代用してブラッシングを行う方もいますが、歯ブラシの毛の硬さに注意して選ぶ必要があります。ハムスターの身体はデリケートですので、できる限り柔らかいタイプのブラシを選んでブラッシングを行いましょう。

ブラッシングのやり方のコツ

ロングヘアーハムスターをブラッシングする場合は、まずハムスターの視界に入る場所からブラッシングしてみましょう。ハムスターは臆病な動物のため、突然上から背中をブラッシングされると驚き嫌がる傾向にあります。

ハムスターは年を重ねると毛づくろいをしなくなり、余計に毛に汚れが付きやすくなります。ハムスターが常に清潔な状態かどうかは飼い主がしっかりケアしてあげることが重要です。

ロングハムスターの性格や手入れ方法をしっかりと覚えよう

ロングヘアーハムスターの性格とは?ハムスターの種類と性格の違い
※画像はイメージです
通常のハムスターよりも毛が長いのが特徴的な種類といえば「ロングヘアーハムスター」です。ロングヘアーハムスターは人なつっこい性格で人気の高いハムスターの種類です。

ロングヘアーハムスターの場合は通常のハムスターよりも毛に汚れやゴミが付着しやすいため日頃からブラッシングしてあげることが重要です。ハムスターは種類によって性格や特徴が違うことを事前に理解しておきましょう。

Related