Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月19日

ペットとしてのうさぎの種類と特徴|値段/寿命/保険/名前

うさぎはペットとして人気のある動物です。ですが、ちゃんとした環境のもとに飼育をしなくては長生きできない動物でもあります。飼育する上で必要な環境や、万が一の時のペット保険に関する事も含め、可愛いうさぎをお迎えするにあたっての心構えの対処法をご紹介します。

ペットとしてのうさぎの種類と特徴|値段/寿命/保険/名前

ペット不可物件はうさぎもダメなのか

ひとえにペット不可物件と言ってもさまざまです。一般的にペットというと今までは犬・猫・鳥というように分かれていました。犬・猫・鳥のいずれも鳴き声がするため、近所迷惑になるからという理由で飼育禁止となっています。

またその他の理由として、噛んだり引っ掻いたりするために部屋が傷むため禁止とか、最近ではアレルギー持ちの人が多く、次の入居者や近隣の住人に被害が及ぶためにペット飼育不可となっています。

ただ、ここ数年でうさぎ・フェレット・ハリネズミ・ハムスターなど、小動物のペットを飼育する人が増えて来ました。これらの動物は鳴き声を発しませんが、どうなのでしょう。これはその物件の大家さん次第になります。建物が古かったり、大家さんが動物好きで大目にみてくれて飼育許可がでる場合もありますが、はっきり言ってあいまいなグレーゾーンです。

ペットとしてのうさぎの種類

うさぎにはたくさんの種類があります。一般的にペットとして飼育されている種類は、ざっと10種類以上は名前が挙がります。皆さんの知っているうさぎも出てくるでしょう。

ネザーランドドワーフ

一般的に知られているうさぎで特に有名なのが、ピーターラビットのモデルになったと言われている「ネザーランドドワーフ」です。比較的小さい種類なので場所をとらずペットとして飼育しやすいとされています。また、非常に好奇心旺盛かつ神経質ですが、人懐っこい性格のため人気がある種類です。

ホーランドロップ

ホーランドロップは、ネザーランドドワーフとフレンチロップを掛け合わせて誕生しました。顔を見るとネザーランドドワーフと同じ顔ですが、耳が垂れ下がっているのが特徴です。品種としては小さめで、ネザーランドドワーフに比べ性格も穏やかなため、ペットとしての人気が高くなってきています。

ミニウサギ

ミニウサギとは、いろいろなうさぎの混血種・雑種の事をいいます。日本ではうさぎは小さい動物というイメージがありますが、本来はヨーロッパなどで食用として育てられている動物であり、肉を取るためにそれなりの大きさに改良されてきました。

そのなかで、大きさよりも小型化して作られたうさぎの事をミニウサギと呼びます。そのため、ミニウサギという名前だから大きくならない、というわけではありません。ミニウサギは生まれた時は手のひらに乗るくらい小さいですが、平均すると30~40㎝くらいにまで成長し、体重も3㎏オーバーになるものもいます。

性格は掛け合わされている種類によって異なりますが、平均すると穏やかな方で価格も安価なため、ペットとして飼育されやすい種類です。

ライオンラビット

ライオンラビットは、全体的にふわふわとした長い毛足と、特に顔回りがライオンのたてがみのように長くたっているということが特徴です。この品種も比較的小さいのですが、これよりも小さい品種はドワーフライオンという種類になります。また、耳が垂れているライオンロップと呼ばれる種類もいます。

ライオンラビットは他のうさぎに比べると体温調整が苦手なため、温度管理をしっかりとしてあげないといけません。

フレミッシュジャイアント

ペットショップではほとんどど見かけず、うさぎ専門店でも展示用に一匹いるかいないかくらいという珍しいうさぎです。ジャイアントとつくように、他のペット用のうさぎの平均的な大きさが30㎝であるのに対して、フレミッシュジャイアントの場合は大きいもので130㎝オーバーになるものもいます。また、体重は20㎏超となります。

大きいため、小さいうさぎのように飼育に神経質にならなくても良いところが魅力となります。

チンチラウサギ

チンチラという名前は聞いたことがある人も多いでしょう。チンチラというのは南米に生息していたネズミのことで、灰色の毛並みの質が非常に良いため、毛皮に加工するなどして乱獲が問題視されたことがある動物です。

チンチラウサギはチンチラと同様の毛並みを目的に品種改良されたことから、この名前が付けられました。他のうさぎに比べると非常に頭がよく、飼い主の声をしっかり覚えて甘え上手なところがあり、ペットとして飼育しやすいとされています。

ミニレッキス

ミニレッキスは、レッキスといううさぎとネザーランドドワーフを掛け合わせて誕生したうさぎです。レッキス自体は3㎏~5㎏と大きい種類のうさぎですが、ミニレッキスはネザーランドドワーフと掛け合わせてペット用としてつくられたうさぎです。

ミニレッキスの特徴は、尖った耳と綺麗な被毛です。触り心地は他のうさぎよりも上質です。性格は好奇心旺盛で甘えん坊なため、典型的な寂しがりやです。そのため、ペットとして飼育したい場合、いつも一緒にいてあげられる環境をつくらないと育てるのが難しい品種です。

ダッチ

ダッチという名のとおりオランダ産のうさぎで、欧米では古くからペットとして飼育されてきました。色は白黒のツートンで、別名パンダウサギとも呼ばれています。性格は人懐っこいため、日本でも人気は高く、ペットとして飼育している人が多い品種です。

ドワーフホト

ドワーフホトとは、ネザーランドドワーフとホワイトラビット、ホトを交配させて作られたペット用うさぎです。ドワーフホトの最大の特徴は目の周りのアイラインのような毛色です。全体的に白い被毛に、正にアイラインと言っても良いくらい黒目の周りにくっきりと入っています。

性格はネザーランドドワーフの部分が強く、好奇心旺盛で神経質なところがあります。甘えん坊で構ってほしがるタイプですので、ペットとして飼育するならば可愛いでしょう。

ジャージーウーリー

ジャージーウーリーは名前のごとく、毛足が長く8㎝くらいにまでなる個体があります。被毛自体がふわふわしてとても手触りが良いのが特徴です。性格は穏やかで、他のうさぎに比べると抱っこも簡単にさせてくれますので、ペットとして飼育するには良いでしょう。

ペット用のうさぎの値段

ペット用のウサギの値段もさまざまで、ウサギの種類や月齢によって価格が違ってきます。安いうさぎの場合、雑種のミニウサギで5,000円~で、人気のネザーランドドワーフやホーランドロップは20,000円~80,000円位が主流です。ただし、フレミッシュジャイアントなどの大きな品種ですと100,000円~150,000円位はします。

うさぎは品種により価格が異なり、さらに純血か混血かによっても価格が違ってきますので一概にいくらとは言えません。そのため、購入する際にはお店の人にそのうさぎについて良く確認する事をお勧めします。

うさぎのペット保険の比較一覧

ペットを飼育している人ならば解っていることでしょうが、ペット保険に加入をしていないと病気やケガをした時に動物病院に連れて行くと万単位のお金を支払わなくてはならなくなってしまいます。それも、手術して通院となれば10万円以上は確実にかかります。

そんな時の備えにペット保険というものがありますが、ほとんどのペット保険では犬と猫しか取り扱っておりません。しかし、ごく少数ながら、うさぎを初め小動物までカバーしてくれる保険があるため、ここで紹介していきます。

アニコム損害保険株式会社

アニコムでは「どうぶつ健保ふぁみりぃ」という犬・猫・鳥・うさぎ・フェレットの5種類向けの保険があります。この保険には「ふぁみりぃ70%プラン」と「ふぁみりぃ50%プラン」の2種類があり、それぞれ保険料は保険金のカバー率に応じて異なります。(ぷちというプランもありますが、入院・手術のみのプランになります。)

70%プランでは、入院した場合1日につき最高14,000円まで保障され、50%プランでは1日につき最高10,000円まで保障されます。

契約条件はまず健康体であることが基本で、犬・猫ならば7歳11ヶ月まで、鳥・うさぎ・フェレットの場合は3歳11ヶ月までに加入する事になります。ただし、その月齢までに加入すれば終身継続が可能です。

ペットライフジャパン

ペットライフジャパンでは、「ペットライフ健保」という、犬・猫・うさぎ・鳥の4種類向け保険があります。この保険には4つのプランがあり、定額保障プラン2種と定額率保障プラン2種があります。

定額制の場合、掛け金に応じて一定額の保障があり、例えばスタンダードの場合は掛け金一律1,900円で、入院すると1日につき5,000円が保障され、スペシャルの場合は掛け金一律3,000円で入院した場合は1日につき7,500円が保障されます。

定額率の場合、掛け金に応じて一定率の保障があり、例えばサポート55の場合は治療費のの55%、プレミアム70の場合は治療費の70%が保障されます。通院および入院の場合は1日につき最大10,000円まで保障。掛け金はペットの種類と年齢に応じて差があり、また保証率が55%か70%で異なります。

契約条件は健康体であることが基本で、犬・猫の場合は生後4か月~7歳11ヶ月まで、うさぎ・鳥の場合、生後4か月~4歳11ヶ月までとなります。ただし、その月齢までに加入すれば終身継続が可能です。

日本アニマル倶楽部株式会社

日本アニマル倶楽部では「プリズムコール」という保険があります。

犬・猫をはじめ、「うさぎ・小動物プラン」というものがあり、うさぎの場合は満11歳未満、フェレット・チンチラの場合は満5歳未満、ハリネズミ・リス・モモンガの場合は満4歳未満、モルモットの場合は満3歳未満、ハムスターの場合は満2歳未満までと幅広くカバーしてくれます。うさぎが11歳未満まで入れるのはここの保険だけです。

プランは4種類で、通院や入院全てをカバーしてくれる保険から、入院メイン、通院メインのプランがあります。何を重視するかで保険料の月額が1,910円~4,230円と変わってきます。最大保障の「グリーンプランⅡ」では、入院日額10,000円まで、通院日額5,000円まで、手術1回90,000円までとなっています。

ペットとしてのうさぎの平均寿命

一言でうさぎの寿命と言っても品種や個体差があり、一概に何年とは言い切れません。一般的に言われている平均寿命は、ネザーランドドワーフやドワーフホト、ミニレッキスなどが5年~10年とされています。

しかし、ストレスなどの影響による個体差もあるため、長生きするうさぎでは13年以上生きたうさぎもいます。また、ミニウサギの平均寿命は8年と言われていますが、10年以上長生きするうさぎもいます。

大きいから長生きしそうなフレミッシュジャイアントですが、意外にも寿命は短く、おおよそ7年~8年と言われています。これも個体差により10年以上生きているうさぎもいますが、大きさほど長生きするわけではありません。

東京にあるうさぎのペットショップ一覧

中野区にあるLove Rabbit

JR中野駅から徒歩15分、西武新宿線新井薬師駅・沼袋駅から徒歩5分の立地にあります。店の形態はペットショップですが、うさぎの販売だけではなく、うさぎのホテルやグルーミングもおこなっています。また、うさぎの爪切りも500円でやってくれます。うさぎ自体の販売はお店での直接購入になりますが、その他のうさぎグッズは通信販売も行っています。

練馬区にある空飛ぶうさぎ

西武池袋線練馬高野台駅から徒歩5分の立地にあります。平成7年にオープンしてから20年以上うさぎ専門店をやっています。ここでも簡単なグルーミングや爪切りが500円でやってもらえます。また、うさぎのホテルも1500円から受け付けています。

うさぎの入荷情報をホームページから見る事が可能ですので、どのようなうさぎが入ったのか価格も併せて見られます。購入自体は店頭での直接販売になります。その際に、15分~30分の簡単な講習を受けてからの引き渡しになりますが、講習を受けることでわからない事が多いうさぎ初心者の人でも安心してお家にうさぎをお迎えする事ができます。

江戸川区にある小岩ペット

JR小岩駅から徒歩4分の立地にある、創業46年の実績と信頼のうさぎ・フェレット・モルモット専門店です。うさぎ自体の販売は店頭での直接販売になりますが、フードやさまざまなグッズは通信販売にて購入することが可能です。

時間帯にもよりますが、即日出荷もできるので、フードがなくなって困った時や、急にボトルが壊れてしまった時など早急に商品が必要になった場合でも大変助かります。

ペットのうさぎ用のおすすめグッズ

ヒーター

うさぎは暑さにも寒さにも弱い動物ですから、冬は暖房用品は欠かせません。お家の中で飼育されている場合は、最初にケージ内に「うさちゃんのふんわりマット」のような厚めのマットを敷いてあげると良いでしょう。

また、ペット用ヒーターを入れてあげると良いです。うさぎ用ヒーターも数多く販売されていますので、それぞれの環境に応じたものを使用してください。一番簡単なものでしたら、うさぎ用のケージ内で使用する、リバーシブルでふたとおりの温度を選べるパネルヒーター「ラビんぐウサポカヒーター」がお勧めです。

また、電球タイプのストーブで「保温電球」というものがあります。これは、電球自体は光らないため明るくはなりません。

シーツ

うさぎはトイレを覚える動物です。そのため、トイレにシーツを敷いているだけでうんちやおしっこの臭いを軽減する事ができます。うさぎ自体は汗をかいたりしないため無臭ですが、うんちやおしっこの臭いは気になってしまいます。最近ではかなりクオリティの高いペットシーツが出てきていますので、トイレに敷いてみると良いでしょう。

ペットのうさぎのよくある名前

ペットを迎えた時に、名前をどうしようか悩みます。いつかうさぎをお迎えした時に困らないように、うさぎの名前をいくつかご紹介します。オスの場合は、ショコラ・マロン・ラビなどが多いです。メスの場合はあんこ・モカ・ちいちゃんなどがよく挙がっています。

うさぎがペットシーツを食べてしまった時の対処法

ペットシーツは一般的にポリプロピレン不織布や綿状パルプ、吸水紙、高分子吸収材で作られています。それを食べてしまっては危険ですので、もしうさぎがペットシーツを食べてしまった形跡があれば、速やかに動物病院を受診することをお勧めします。うさぎはかじることが大好きな動物です。色々なものをかじりますので、それ相応の注意が必要です。

ペットのうさぎも大切な家族です

ペットとは人間にとって、とても癒しになります。犬や猫は昔から人間の良い相棒となってくれていました。現在の住宅事情では犬や猫の飼育が難しいために、うさぎやハムスターなどの小動物がペットとして人気を呼んでいます。

うさぎは簡単にペットショップで購入できる反面、最後まで面倒をみずに飼育放棄をしてしまう人が多いのも確かです。うさぎも人間もいのちのある生き物です。飼育する際には最後まで面倒をみることを念頭においてお迎えする事を願います。
.
.

Related