Search

検索したいワードを入力してください

野良猫は普段は何を食べているのか?場所や食べ物を上げる際の注意点

更新日:2020年09月21日

野良猫はどのような生活をしているのかご存知でしょうか?野良猫たちは自分で食べ物を調達し、身の安全も自分で守っています。寿命が短く、事故や病気で亡くなることが多い野良猫たちは毎日どのように生活しているのか、どのようなものを食べて生きているのか紹介します。

野良猫は普段は何を食べているのか?場所や食べ物を上げる際の注意点

野良猫はどのような生活をしているのか?

野良猫たちが普段どのような生活をしているのかをご存知でしょうか。野良猫たちは、暑い夏や寒い冬でも季節ごとに棲みやすい環境を考えて寝床を変えています。

野良猫たちはどのようなものを栄養源としているのか、どのような場所でくらしているのかなど猫の栄養面も含めて紹介します。

猫が迷子になったときにその場所を探せば見つかることでしょう。参考にしてみてください。

野良猫の栄養源とは?

猫は通常肉食動物のため総合栄養食のキャットフードは肉をメインに高タンパクに考えられて作られています。

しかし、キャットフードを食べられない野良猫たちは自分で探すしかないため生きるために、肉以外にも様々なものを栄養源としています。

自分で鳥を捕ることもありますが、多くは生ゴミを漁り、食べられそうなものを探します。

野良猫は普段どんな場所にいるの?

野良猫たちは人間が寝床を提供しない限りは自分たちで寝床を選びます。

場所としては、誰も使っていない空き家や軒下など隠れやすい場所が多いです。寝床は季節ごとにも変わることがあり、夏は風の通りやすい場所、冬はこもった暖かい場所を探します。

猫は縄張りを大切にする動物のため安心な寝床を見つけることは生きるために非常に大切なことです。

野良猫の健康状態はどんな感じ?

野良猫は、家猫のように栄養の整った餌を食べることができないため栄養状態はかなり悪く、痩せ細り、毛艶も悪いことが多いですが、中には野良猫でもご飯をくれる人間がいる場合は、通常体型の野良猫もいます。

しかし基本的には野良猫は自分でなんとかするしかなく、毎日ご飯を食べることができない猫が多いため健康状態が悪い野良猫も多いです。

野良猫の寿命が短い理由として栄養不足も原因の多くを占めています。

野良猫は普段何を食べているのか?

野良猫の普段の食べ物

  • ネズミ
  • 小鳥
  • 人間の食べカス
その他にも多くのものを食べて生きています。野良猫は生きるために、家猫が食べないようなものでも食料にしなければ生きていくことができません。

以下で野良猫が普段食料としている食べ物に関してそれぞれ説明します。

ネズミ

肉食動物の猫にとってはネズミは食料になります。猫はネズミのすばやい動きにも対応でき、一気に距離をつめて捕獲します。

しかし、下水溝などで生活しているネズミたちは不潔なネズミも多いです。

小鳥

野良猫にとって1番の食料で、小鳥は新鮮で良質なタンパク質として栄養状態も良くなります。ただ、小鳥は飛び立ってしまうため、すばやい野良猫たちでも捕獲が難しいです。

そのため、鳥を狙うときはひな鳥を狙うことが多く、親鳥がいないときにひな鳥を落として食べます。時々、親鳥に見つかった場合は攻撃を受ける場合があります。

猫は爬虫類や小動物だけではなく、昆虫でさえも食料にして生きています。

家猫がゴキブリで遊んでいる姿を見たことがある飼い主も多いかと思いますが、野良猫は
ゴキブリでさえも食べてしまうのです。

特にバッタを好む猫は多く、その他にもセミやカマキリなど様々なものを食べています。健康状態を不安に思う方も多いことでしょう。

人間の食べカス

次のページ:野良猫に食べ物を上げる際の注意点

初回公開日:2019年08月01日

記載されている内容は2019年08月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related